青い鳥

テーマ:
今、息子が朝読(中学校の朝の読書タイム)で読んでいる本は
重松清さんの「青い鳥」。

本棚を見て、たまたま目に入ったのが「青い鳥」だったらしいけど、
すっかり惹き込まれて、夜寝る前にも読んでいる。

軽くさらっと読める本ではない。
吃音でうまく話せない村内先生と中学生の物語。
いじめられる子、いじめる子、子どもたちのやるせない心の声が響く。
と同時に、自分の奥底に眠っていた触れられたくない感情が見えてきて、
読んでいると、ずんずん心が重くなってくる。
でも、ふっと軽くなる瞬間があり、ぽろっと涙が出てくるときもあった。

ここ2週間くらいは、息子から
今読んでいるあらすじ(8つの話がある)を教えてくれたり、

「ああいう気持ち、なんか分かる気がするわー」
「村内先生ってええよな」
「どこが一番重かった?」

と、「青い鳥」の話で盛り上がった。
昨日から、最後の話「カッコウの卵」に入ったそうだ。

さて、次の本は何にするか。
ムスメと盛り上がった(これも中学校の朝読だったような?)
重松作品「きみの友だち」はどうかい?と、勧めているところ。
AD

ようこそ

テーマ:
5月はじめ、2人の赤ちゃんとご対面した。生まれたばかりの、ちっちゃな、ちっちゃな手。

だんだん×日常×アルバム。-手


ようこそ!

君たちのこと、ずっとずっと待ってたよ。祈るようにして。
君たちが安心して育っていける世界を作っていかなくちゃと思う。大人の責任として。

AD

まぶしい週末

テーマ:
「フィールドオブクラフト倉敷」はお天気に恵まれ(1日目の風は強くて大変でしたが…)無事終了。

だんだん×日常×アルバム。-クラフト


普段は室内ばかりいるので、お天道様の下は気持ちよかった。

だんだん×日常×アルバム。-Tシャツ


Tシャツ配給要員(焼き菓子屋)として任務を遂行。ものすごい勢いで売れていきました。
その後は、会場をぐるぐる回って物欲上昇…。けど、今年はずっと欲しかった前掛けを手に入れたので、
あとは我慢、我慢。

だんだん×日常×アルバム。-小さじたち


とんとん、かんかん、ワークショップで小さじづくり(銅+真鍮)も楽しみました。屋号入りだよ。

夏休みみたいなまぶしい週末。おかげで月曜はちょっと抜け殻状態で会社に。
1週間が過ぎ、ようやく元通りになりつつあります。
AD

フィールドオブクラフト倉敷

テーマ:
ぎりぎりになって…のお知らせデス。
この週末、倉敷市芸文館前広場にて、「第6回 フィールドオブクラフト倉敷」が開催されます。
全国のクラフト作家が集う野外イベント。作品の向こうに作り手さんがいて、お喋りしたり、美しい
手仕事を目の前で見ることができたりと贅沢なひととき。おいしいもの、楽しいこともたくさんです。
心配していた雨も上がり、天気になりそうでよかった。

だんだん×日常×アルバム。-FOC


「第6回 フィールドオブクラフト倉敷」

と き:2011年5月14日(土)・15日(日) 10時~17時
ところ:倉敷市芸文館前広場


だんだん×日常×アルバム。-ひつじクッキー


私は焼菓子屋(木鳩屋)の一員として会場にいます。ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

英単語

テーマ:
先日のこと。
「かあさん、びっくりせんでな…」と、
息子が神妙な顔つきでやってきて、
「英語のテストが0点かもしれん…」と告白。

テストというのは、授業の最後にあった単語テスト。
宿題でノートに何回も書いていた単語が
テストでは全く書けなかったとかで、
しかも自分の名前の綴り(ローマ字)も違っていたらしい。

ローマ字もおぼつかない息子、
片やすらすら英単語が出てくる同級生。

かなりショックだったようで、
夫にもお風呂でこっそり告白したみたい。

昨日、英語の宿題プリントに何回も綴りを書いてましたが、
後で問題を出してみると全く覚えてない。

小学校のときの漢字練習、
ただひたすら書いてマスを埋める…という感覚に近いのか、
覚えようという意識がないのか。

中1の英単語ならまだまだ私もいけそうだ、
ということで、家の中では英単語が飛び交っています。