勝負

テーマ:
昨夜は息子の友達と夕ご飯を食べた。
彼は将棋好きで、息子と対戦しても、あっという間に勝負がつく。

私とも一戦やって!とお願いしてみた。
8時には帰るというので、時間はあと20分。

息子と私の場合、勝負がつくのにものすごい時間がかかる。
20分で終わったことなんてないから、勝負つくかなぁなんて心配してたけど、
彼は強かった。

無駄な手はひとつもなく、淡々と、
とられたら取り返すからと潔く、駒を進めていた。

私は絶えず責められ続け、何も仕掛けられないまま、
こてっと負けた。時間にして10分少々

息子と私は弱いもの同士だから、
何をどうしていいのか分からず、だらだら時間だけが経つのか。

あそこであーしていたら、こーしていたら、
今なら他の手が思い浮かぶのに…と、負けず嫌いの血が騒ぐ。

またいつか相手してもらおうっと。
AD

月見うどん

テーマ:
いよいよ明日、娘が国体に出発します。
今日は1年生部員で食堂で必勝祈願。
「月見うどん」を食べるのだそう。

なぜにうどん?
月見→金メダル、というつながりらしい。

実は春の大会前に、「勝つ!」にちなんで
カツ丼を食べたのだけど、量が多くて食べきれず、
部活のときも、まだお腹がくるしくて大変だったとか。

みんな細いからさ、胃袋もちっこいのよね。

今度の大会で団体メンバーは解散。
3年生が引退して、寂しくなります。
先生にしごかれ、毎晩遅くまで練習してきた子どもたち。
最高の演技ができますようにと、願うばかりです。

AD

ベランダ花便り

テーマ:
9月もあと5日。
すっかり涼しく、いや、朝晩は寒いくらいで
一昨日も昨日も、夜は鍋にしました。

季節は秋だけど、我が家のベランダはまだ夏です。
8月から咲き始めた朝顔がとっても元気で、
青や紫、ぴんく色、カラフルに咲き続けています。

そして、今年一番元気だったのはこの人!

$だんだん×日常×アルバム。-ヘチマの花

ヘチマさん。去年、息子が持ち帰ったもの。
こぼれた種から目が出たのですが、
つるがどこまでも伸びていき、洗濯物スペースにまで。

$だんだん×日常×アルバム。-ヘチマさん


黄色ってエネルギーある。
一輪咲いてるだけでも、ぱっとそこが明るくなります。

$だんだん×日常×アルバム。-オリーブ実

数は少ないけど、今年もオリーブの実がなりました。

$だんだん×日常×アルバム。-ローズマリー

新入りのローズマリー。
息子は「草」としか呼んでくれないけど、大きくなってね。

$だんだん×日常×アルバム。-アロエ

ベランダの主、アロエさん。
彼らは強い。何があってもへこたれない。
ぎゅうぎゅうでしんどそうなので、今度植え替えてあげなくては。

涼しくなったので、ベランダでお茶もいいな。
AD

風の変化

テーマ:
昨日から風が変わりました。
昨晩は窓全開で寝ていたら、
朝になって寒くなり、押入れの毛布を探してました。

毎日、体育館で練習しているムスメも体感した様子。
「昨日から動いても汗が出んようになった。
これから気をつけんと体重増えるわ~」って。

そう、そうなのよ。
涼しくなって、食欲もぐんぐん上昇傾向。
20世紀梨もご飯もおいしいのなんのって。

今日は珈琲焙煎の取材へ。
芳しい珈琲の香り…あぁ、なんて贅沢な時間。

$だんだん×日常×アルバム。-焙煎豆

おいしく飲めるのは焙煎してから2日後だそう。
珈琲の恋しい季節にも突入ですね。

台風前に

テーマ:
台風が過ぎて、風が一気に涼しくなりました。
これでぐーんと過ごしやすくなる…はず。わーい。

さて、台風が来る前の土日、
実家に農作業の手伝いに帰ってきました。

コンバインで刈った稲を脱穀し、乾燥させたものを籾米といい、
それを玄米と籾殻に分ける作業を籾摺り(もみすり)といいます。
籾摺り自体は機械がじゃんじゃんやってくれるのですが、
最後の計量、袋詰めを1人でやるのは大変なので、手伝いに帰りました。

$だんだん×日常×アルバム。-稲刈り

稲刈り後の田んぼ。
少し残っている稲はもう少し熟れてから父が刈るそうです。

$だんだん×日常×アルバム。-はかり

お米30キロを計る秤。昔ながらの。
私が生まれた頃から使っているものだと思う。

$だんだん×日常×アルバム。-島根米

農協に出すお米です。島根だから出雲大社キャラクター。
中身はコシヒカリ30キロ。

籾摺りは米作りの一番最後の仕事で、
無事に収穫が終わり、(父親的には)嬉しさいっぱい、
充実感たっぷりの仕事なのですが、ものすごーく力のいる作業です。

籾米が入っている袋が約50キロ。それを運んで入れる。
米袋30キロを計って持ち上げる。積み上げる。

さて、現場にいるのは73歳の父とアラフォーの私、2人のみ。

「おりゃ!うりゃ!」と心の中で叫びながら米袋を運ぶ。
気持ちはあっても、持ち上げられなかったり、ヘナヘナになりながら…
それでも、やるっきゃないので、特に父は相当頑張っていたと思う。
腰に負担がこないといいけど。

汗が噴きだし服はビチョビチョ。
昼は水分(ビールやお茶)を十分補給し、風呂に入って汗を流す。
すると、じわじわ力が湧いてきて、昼からの仕事に向かえるのです。

$だんだん×日常×アルバム。-お米

がんばりました。30キロ袋×64袋。占めて1.92t!
これで1年間おいしいお米が食べられる。
夜のビールがおいしかった。

山陰は火曜日に台風が来て、大雨だったとか。
よかったです。いいときに終わって…。

新米もらって帰ったから、ありがたくいただきまーす。