帰還、新入り

テーマ:
$だんだん×日常×アルバム。-ヤモリ

一目ぼれして買ったヤモリ君。
我が家に来て1週間もたたないうちに、
息子の投げたボールが当たって、足が4本も折れた(涙)。
どうしよう…と思って1年間放置していたのですが、
この度、入院を経てようやく帰還。
部屋の片隅でじーっとみんなのことを観察しています。

$だんだん×日常×アルバム。-木の鳩

こちらは焼き菓子屋からやってきた鳩さん。
雲の上から見守ってくれています。

そうそう、焼き菓子屋はこの7月にめでたく5周年を迎え、
友人たちと記念冊子を作りました。
乙女心をくすぐる可愛らしいモノができています(と、自画自賛)。
興味のある方はぜひ、お店の方へ行ってみてくださいませ。
(倉敷市えびす通り商店街 「木鳩屋」です)
AD

夏本番

テーマ:
去年はずるずるといつまでも梅雨が明けませんでしたが、
今年はぱっかーんと竹を割ったような、分かりやすい梅雨明けでした。

$だんだん×日常×アルバム。-夏空

写真は学校の終業式(16日)の空。
太陽サンサン、雲がもくもく…すっかり夏ですね。
かき氷が食べたい。

夏休みに入り、子どもたちは毎日1.5ℓのお茶を持っていきます。
だから、朝と晩に2回お茶を沸かす→汗をかく。
ご飯を作るのにひと汗、アイロンして、ひと汗。
首にタオルが欠かせません。

そうそう、自転車で出かけるときには、
サンバイザーにアームカバー、ストールに日傘が必需品です。

この前ふと思ったのだけど、ここ数年、
この梅雨明けの時期が私にとっては一年で一番過酷なときでした。

ぐわっと気温が上がるのと、ガラッと変わる夏休みの生活に体が慣れず、
ちょうど同じ時期に娘の大会も重なって、わが子と他の子の結果を比べて、
一体私は何を子どもに望んでいるのだ? と自問自答してはぐちゃぐちゃして、
いつものごとく母に愚痴の電話をかけていた。
本当に体も心もヘロヘロになってたなぁ…と。

今年はね、そこからちょっと抜けた気がしました。
体はやっぱりバテ気味だけど、それもここ数日でだいぶ持ち直し、
わやわやになっていた部屋の片付けに取り掛かれるようになったし。
何より、気持ちが安定している。

一体何をしょってたんだろう、あのときは…と不思議だけど、
やっぱ娘の成長は大きいかな。
いや、私が距離を置いて娘を見れるようになった、ということか。

去年まで娘がよく使っていた「ムリ~」という台詞を言わなくなった。
「ありがとう」という言葉を前よりも聞くようになった。
ちょっとしたことなんだけどね、私の態度も変わったのかもしれない。

$だんだん×日常×アルバム。-レオタード

夏休みの宿題。
暑さにへこたれず、がんばってスパンコールつけました(追加分の金色)。
いよいよ来週に出発。
沖縄(インターハイ)に向けての買物もしなくては…!
AD

まつこ

テーマ:
テストも終わり、インターハイに向けて
朝から晩まで練習尽くしの娘。
昨日は右ひざから足首にかけてどでかいあざができていた。

そのあざは手具(フープ)で出来たらしいんだけど、
新体操をやっている子たちにはよくある話で、
ただ、他にもあちこち(肩や腕など)あざが出来ているので、
下手したら虐待と間違われるんじゃないかと、
保護者は病院に行くとき、特に緊張するのです。

で、そのあざを見て「まっぴー、どしたん?」と
クラスの男子にも心配された。

…という話を娘から聞き、
反応してしまったのは「まっぴー」という愛称。

ルンルン、きゃんきゃん、女子高校生だね~♪
って感じの呼び方だけど、名づけたのも呼んでいるのも男子だけで、
クラスの女子はみんな名前(呼び捨て)らしい。
可愛らしいね。男子高校生諸君。

ちなみに娘の中学時代の呼び名、女子からは「さらちゃん」、
男子からは「まつさく」(苗字と名前を合体させた)。渋いな。

息子にも聞いてみたら、ほとんどが名前の呼び捨て。
あと、学校で浸透している「○○(苗字)さん」。
少数派として、背が高くかっこいい女子からは「まつこ」と呼ばれているって。
彼女から見れば、男子はみんな可愛らしいお子ちゃまなのかも。

で、これを聞いて、思わず「噂の刑事トミーとマツ」を
思い出してしまったけど、もちろん子どもには伝わりませんでした。
AD

みどりみどり

テーマ:
帰省アルバム。

$だんだん×日常×アルバム。-田んぼ

家の前の田んぼです。稲が伸びてた。
風が吹くと稲が揺れて、気分は大草原。

$だんだん×日常×アルバム。-紫陽花

裏の畑の紫陽花。私の背丈よりも高くなっていてびっくり。
やっぱり今年は紫陽花が豊作(?)なんですね。
勢いよく咲いてました。

$だんだん×日常×アルバム。-どくだみ

雨の後だったせいか、青っぽい匂いがぷんぷん。
犯人は紫陽花の根元で咲くどくだみ。可愛らしい白い花。
臭いといわれるけど、私は結構好きです。湿っぽい、どくだみの匂い。

$だんだん×日常×アルバム。-レモン

レモンも小さい実をつけていました。

$だんだん×日常×アルバム。-キウイ

キウイも小さい実がいっぱいなっていた。
こうして写真を並べてみると、緑色のなんと力強いことよ。
畑も雑草に覆われて緑一色だったし、
梅雨時期は本当に世界が「みどりみどり」してますね。

脱ぼっとん

テーマ:
先週末(土日)は実家に帰省。
実は、先月まで実家は「ぼっとん便所」でした。

昔ながらのあれです。
でも、バキュームカーが我が家に来たことは一度もなくて、
農家だったので、肥えは父が畑にまいていたのです。

でもね、時代は流れ、今や町内のほとんどが
浄化槽になったとかで、この6月工事をしたのでした。
ついでに、外にあったトイレや風呂も家の中へ、
キッチンも新しくやり変えてバリアフリーに。

GW(田植え)に帰ったとき、
棚にあった山ほどの食器をダンボールに詰め、
工事が終わった今回、父が使う分だけを
ぴっかぴかのキッチンに収納しました。

絶対に使わないだろうと思われる食器や
キッチン器具、鍋は、ダンボール約10箱分。
そのまま使わない部屋に山積みにしてあります。

お風呂もトイレもぴかぴか。
トイレの蓋が自動で開く。すごいなぁ。

それにしても、外に出なくてトイレに行けるって、
なんて楽チンなんでしょう。

何より、怖くなくていい。
前のトイレは裏山に面してて、夜は妖怪でも出てくるんじゃなかろうかというくらい
雰囲気たっぷりで、何か視線を感じる…と思ったら、闇の中で猫がじっと見ていたなんてこともありました。

子どもたちも相当に怖かったみたいで、
新しいお風呂やトイレの話をしたら(今回は私一人で帰省)
「早く行ってみたい~!」とほっとした表情でした。

キッチンも、魚料理しかしない父には
もったいないくらい広かった。
そうそう、「野菜は作らん!」と言っていた父ですが、
なすびときゅうりを少し植えてました。

$だんだん×日常×アルバム。-野菜

畑でとれたきゅうりとなすび。
きゅうりは、四葉(すーよー)という品種。
支柱を立てるわけでもなく、土の上ににそのまんま実がなっていた。
父らしい。

イボイボが多くごっついけど、
浅漬けにしたらめっちゃおいしかったです。
なすびも、いくつかなったんだけど、
取るのを忘れてたら腐ってしまったって。

取って刻んで塩に漬ける。
魚をおろすよりもずっと簡単なのに、
野菜は料理するのがめんどくさいそうで、
味噌汁しか作ってないみたい。

しっかりと野菜を食べてほしいんだけどなぁ。
まぁ、元気そうで何よりでした。