区切りの季節

テーマ:

4月から営業日を変えたんです。

週休2日だったんだけど、いろんなことが

溜まってきて、結局3日間営業にして、

あとは予約制。そう、決めただけで楽になったわー。

…という元気な家具屋の女店主。


自分の制作活動にじっくり向き合いたいので、

しばらく展覧会はお休み。

心の声に素直に従おうと思って。

…と、造形作家さん。


7年間続けていたお店を閉めると決意した友人。

おつかれさま。


なんと、札幌に引越しが決まった友人。


下の子が小学校にあがるので、

4月から朗読やナレーション活動を始める幼馴染み。


春は区切りの季節。

いろんな人の話を聞きながら、

今いる場所を再確認している今日、この頃。



AD

深呼吸

テーマ:


菜の花


今日は仕事で山の上の神社までウォーキング。

往復8キロ。


土筆やタンポポ、スミレを見つけたり、

ウグイスの鳴き声が聞こえてきたり、

山の空気をいっぱい吸って、気持ちよかったー。

AD

混声合唱

テーマ:

大雨が降った水曜日、

中学校(1年生)の合唱コンクール(参観も兼ねて)があった。


子どもたちの歌声って、本当にまっすぐできれい。

成長を感じると共に、その歌声に癒されましたです。はい。


そう、ちょうど1年前の小学校の卒業式じゃ、

みんなきれいなソプラノ声だったはずなのに、

男の子たちは声変わりして、混声合唱になっていた。


びっくりしたのは男の子たちが大きな声で歌っていたこと。

5クラスのうち、3クラスは女子よりも男子の声が大きかったぞ。

恥ずかしがって声を出さないのかと思ったら、そうでもないのだね。


ピアノ伴奏をした男の子、かっこよかったわ!

(ただのミーハーなオバちゃん…)


娘のクラスは前日の予行練習のときには

優勝候補だと言われていたのに、

結局、よそのクラスが優勝をもっていかれてしまい、

なので、金曜日の球技大会は燃えるそうです。


(期末テストが終わったら給食もナシ、授業もナシ、

小学生より早く帰ってくるのでびっくりしたよ)


3学期もあと少しでおしまい。

4月にはクラス替えがありますねえ。

1年間早かったなあー。親も。

AD

山の上の墓

テーマ:

この土日、母の見舞いとお墓参り

(先週の金曜日は祖母の三回忌)に

実家に帰ってきた。


父と一緒に墓そうじをする。

山の上にあるお墓。


ひいじいちゃんは私が小学3年生の頃に

亡くなったけど(99歳だった)、土葬だった。

丸い棺おけに座るようにして入っていたことを、

よく覚えている。


風があたたかく穏やかな夕方だった。

ぷーんと緑色(山)の匂いがした。


母は見るからに気力が落ちており、食欲がなくて、

でも、前の晩に父がアマダイのお汁を作ったら、

全部食べていたというので、私が行った晩も

父がアマダイの汁を作ってくれた。


夕方には、親戚のおばちゃんと母の友人から

おかずの差し入れがあった。

本当にありがたいことだ。


父は母が弱っている分、気が張っているみたいで、

食事作りや庭そうじ、農作業などを淡々とこなしていた。

食べ終わったお茶碗を洗っていたのには驚いた。

(今の今までそんな姿を見たことなかったので)。


私はといえば、トイレや洗面所、家の中を掃除しまくった。

できることといったら、それくらいだったから。


今日から母の病院治療がはじまった。

少しでも回復に向かいますように。

そして、何よりも母の心に光が増しますように。

コワイオシラセ

テーマ:

娘を車で送っている途中に電話がかかってきた。

息子から。初っ端に「怖いお知らせです」って。


何が起こったのよ? と聞き返したら、

ベランダで飛ばしていた弓矢(息子作)が、

隣のベランダに入ったんだと。


木の棒を削って弓矢にしたもの。

息子はすぐさま隣のベルを鳴らして

取りに行こうとしたんだけど、留守だったそうで、


「母さんが帰ってきたら一緒に行ってくれん?」

という電話だった。


はぁ~よかった。下の駐車場に落ちなくて。

(車にでもぶつかっていたら大変なこと!)


にしても、この前の公園での出来事

(ボールが庭に入ってお詫びに行ったこと)

が役に立ってるじゃないか。おし、おし。