引っ越しで

テーマ:

昨夜、久々に夢を見た。

引越しの夢。


辞令があり、社宅を引っ越さねばならなくなった。

社宅は隠岐の社宅だった。

りっちゃん家族やひろりん家族と別れるときがつらかった。


引越し先の社宅に来てみたら、

ものすごい古くて、壁はひび割れ、蔦が張っている…

部屋にはトイレがなく、洗濯機も共有。

いつの時代だったのか?

でも、なんだかいいねえ、と思っている私もいて。

さて、トイレに行こうかと思ったら、

小学生達がどどーっとやってきた。

おいおい、トイレはいつ行けるの? と、あせる私。


そして、社宅の住人にはまだ会ってなかったけど、

どんな人が住んでいるんだろう? と不安になっている私。


とてもリアルで、ドギマギして目が覚めた。


なんであんな夢を?

あ、息子の友達が明日引越しをするそうだ。

その話を聞いていたからかな?


息子が仲良くなった友達は、次々に引越しをしていく。

春にも、夏にも、そして今回も一人。

転勤族が多い地なのでしょうがないけど、寂しいね。


しんみりした朝でした。

AD

でっかい器

テーマ:

今日も帰るなりきょうだい喧嘩。


残っていたチョコがない、誰が食べた?

1個残っているアイスを食べるのは誰だ? とか。


もう、勝手にやってよ、という感じだけど、

体操に出かける5分前から始まり、どんどんヒートアップ。


罵声に、涙に、キックあり…

もうーーーーっ あんたらってばっ

 

冷静になればなんてこたーない話だけど、

その時は、あの怒りの渦にすっかり巻き込まれて、

こっちも血圧上昇。 


夕方、友人と話していたら、

テーブルにこぼれた醤油を息子が制服の袖で

拭いたからと、ゴリラみたいに吠えて怒った、という。

あとから思えば、洗濯すりゃいいことなのにって。


本当にちっぽけなことなのだけどねえ。

でっかい器になりたい。

AD

遺伝

テーマ:

小学校3年生の息子の宿題は、

「自分と家族・親戚が似ているところを書きなさい」というもの。

目の形など見えるもののほかに、クセでも良いらしい。


用紙を見ると、欄は10行あり、1行しか埋まってなかった。


似ている人→お母さん

似ているところ→顔が大きいところ


もうそれ以上は「分からん!」と息子。

確かにワタシは顔がでかいが、息子はどうよ、でかいか?

(…というか、もっと別のことで書いて欲しい!)


「でも、じゃあ、どこが似てるん?」 

と聞かれると、答えに詰まってしまい…


クセというのも、息子のクセって何があったけ?と、

それも答えられない。


娘のクセならすぐに思いつくのに。

(すぐ匂う。食べる前に茶碗やお皿の下を必ず見る)


お姉ちゃんに声が似ている!

お父さんに目が大きいところが似ている!

(ついでに朝が弱いところも似ている…が、

 これは遺伝ではなく生活習慣だものね)


結局、それ以上は出てこなかった。

案外と分からないものだな。


今日、また何か見つかるかしら? 

AD

さばける

テーマ:

同業者の人に会った。

年数からいくと、3倍も先輩。

(でも、年齢は私より4つ下です)


仕事と私生活のバランス、人との付き合い方、

ネタの拾い方など参考になること多々あり。


でも、何よりも”さばけた感じ”がまぶしかった。

いつか、あんな風になれるといいな♪

図書の本

テーマ:

息子が借りてきた「じゃがいぬくん」。


「4コマ漫画なんじゃけど、おもしれぇーんよ」

と、キャラクターを教えてくれた。


コーンきつねくんに、なすいぬくん。

ほお、動物と野菜がセットになっているのだね、ふむふむ…


で、ついでにそれが登場してくる場面も教えてくれる息子。


ニョキニョキ生えてきたしいたけ。

実は、しいたけろ(カエル)。

ケロケロ鳴いたら、そのうち雨が降り始めた。


とか、


あれ? キューリバード? と思ったけど、

なんだかシワシワ…。

おじいちゃんのゴーヤバードだったのさ。 


とか。


キューリのおじいちゃんがゴーヤかあ。

うまいこと考えてるなぁーと感心していたら、

じゃ、今度も借りてきてあげるわ、ということになった。