夏休みの最後に

テーマ:

7月30日。

「夏休み最後の思い出を作りたいからー!」

と娘の願いで、お泊り会をすることに。

泊まりにきてくれたは以前、社宅で

一緒だった小学2年生の女の子。

家に帰り(夜の8時過ぎ)、お風呂タイム。

バラの香りがする入浴剤をいれ、

3人でキャイキャィ大騒ぎした後、


その子が持ってきた夏休みのプリント

学習&残りの宿題に励むこと、1時間。


静かに机に向かっている、息子も。

…すごいぞ。

そして、10時半から人生ゲーム!

3人ともはじめはニコニコ顔だったが、

だんだん雲行きが怪しくなる。

目をウルウルさせていた息子、

しばらくして、ポトリ、ポトリ、と大粒の涙が…。

後で理由を聞いてみたら、

定職に就けなくて、お金がもらえなかったんだって。


終わったのが12時すぎで、

翌朝は7時半に起きて朝食を食べ、

またまた、ベンキョータイム、1時間。

9時半から11時半まで「チョコレート工場」のDVDを観て、

またまた、人生ゲーム開始!

…が、やっぱりダメなんだよなあ。

息子が荒れはじめて、途中やめ。

いつになったら、冷静にゲームを楽しむことが

できるんだろう?


小6の娘も、一昨日、その子の家でゲームをした時、

負けそうになって、涙を流した…らしい。


午後からは、近くのデパートに行き、

プリクラ撮って、しばらく遊んでバイバイ!

なんか、合宿みたいな緻密なスケジュールで、

最後の1日が終わりました。


明日から学校です。

夕方からは、雨が振ってきた。

(そういや、夏休みのはじまりも雨だったけ、か)


雨が上がったら、ますます涼しくなるだろう。


朝顔の花です


そうそう、わが家のベランダの朝顔は、

今日から驚くほどに花を咲かせています。


暑い夏が終わるのを、じっと待ってた、みたいに。

AD

秋風

テーマ:

夕方の寄り合いで麦酒ジョッキ2杯をいただき、

娘のお迎えは自転車で。


「なんか、風が涼しくねえ~? 気持ちええよなぁ」

と、ママちゃりの後ろに乗っている息子。


確かに、もう秋風、

鈴虫も鳴いていた。


夏休みも残すところあと2日だし、

そろそろ、秋ですな。



…と、風情を感じながら、家に帰ったら、首がなんだかかゆい?

なんと、アセモができていたのでした、私。 トホホ、、




AD

古畑さん

テーマ:

あれほど大騒ぎした腹痛も、

朝起きてみたらケロッと治っていた息子。

一体、何だったのだろう?

昼から、子ども達だけで図書館へ。

帰ってから、娘が興奮しながら教えてくれた。

ギブス姿の息子に声をかえてくれたおじさんがいた、という。

「大丈夫か? 今度から気をつけてな」と。

…それが、古畑任三郎にそっくり!だったんだって。


遠目には怪しそうだったけど、近づいてきたら、

優しい目をしてた~、と娘。

「ああ、サッカーの宮本選手にも似てたよね」と、息子。

ってことは、あれかい、

古畑任三郎と宮本選手が似てる…ってこと?

ま、普段ではお目にかかれない髪形(?)をしていた、ということか。

AD

後遺症

テーマ:

午前中はあーんなに動き回っていた息子が、

夕方から腹痛を訴えてきた。


いつもなら、まぁまぁ様子を見て…とか、なんとか

いっているうちに治るのだけど、下痢ピーでもベンピでも

ないし、右側が痛いというので、も、もしや…と、過敏に反応。


この前、盲腸で入院した子のお母さんに電話して

症状をきき、一応、行ってみる?? と、8時半に救急病院に。


着いてみると、すんごい人で溢れかえっていた。

熱を出してる子、赤ちゃん、怪我の子?

事故の後だったのか、いちゃもんをつけているオヤジ、などなど。


名前を呼ばれるたびに、次はうちか?と、期待するけど、裏切られ、

そのうち、疲れて、息子も眠り始める。

こっちは慌てて、救急で来てるのに、

診てもらえるまでって、どれくらいかかるのー?

で、待つこと2時間半。 (ふーーーーっ)


結局、盲腸ではなく、ただの胃腸炎ではないでしょうか、

ということで、診療は5分で終わり。ふう、、

ま、たいしたことないからよかったけどさ。


過保護になっている。たぶん。

「まさか…」が、本当になったらヤダナと、

いつも以上に弱気になっている…? みんな。


で、妄想だけ異常に膨らむ、のだ。

行きの車の中では、みんなが”盲腸モード”になっていた。

「入院したら、誰がどうみるのか?」とか、

「しゅじゅつってどれくらいかかるの?」(息子)とか、

「いたくない? プラックジャック先生がいる?」、

「私、来週、きょうかちゃん家に遊びに行きたいのに!!」(娘)とか。

(今になってみると、笑えるけど…)


うーん、やっぱ、これって、コッセツの後遺症か。

公園で

テーマ:

小さな家


広葉樹で小さな家を作ろう ワークショップに息子と参加。

公園(おーぷんかふぇ)でありました。


木陰


公園では、セミがジージー、ミーミー大合唱。

でも、時折吹いてくる川風が気持ちよかったー。


息子はあーっという間に完成させ、公園を散策。

塀をよじ登ったり、滑り降りたり…(ああ、けが人の自覚ゼロ)

さすがに、木登りはできなかったけど。


丸太


丸太ももらえる、というので、カブトムシの絵を描いた息子。

描いたら、まーた、どこかに行ってしまった!

(探し出した時には、木をひろって忍者ごっこしてた)


…いい汗かいた朝でした。