回路の切り替え

テーマ:

旅行帰り、帰省した日の夜は、大荷物の片付けに

追われて、絶え間なく動いている。


洗濯機を何回もまわし、荷物を片付け、

ご飯にお風呂。


旅行(帰省)中は洗濯や料理から開放され、

いい思いしたんだから、仕方ないっちゃあ

仕方ないんだけど、、


横で家族がのんびりとテレビを見ていたりすると、

怒りがフツフツと湧いてきて、

くそお~ あんたらも手伝いなさい!と、

怒りを爆発させていた。

(…というか、体からフキゲンオーラを発しているので、

 それ以前に分かるケースもあるけど)


帰省後はいつもフキゲンな私。


一旦外に出ると、”私がしなくちゃ”という

回路がはずれてしまう。

それを、切り替えるのにいつも時間がかかるんだよな。

”一体、この大荷物、誰が片付けやるの? 私?” から始まり、


”そもそも、なんで私がしなくちゃならないの? ”

と、怒りモードに転換され(この時家族にあたりまくる)、


”ああ、ここ(家)では私がやらなくちゃ終わんないのか…”

とあきらめモードに落ち着く。


そこまできたら、”やるっきゃないかあ”とエンジンが付き、

やりはじめたら、しめたもの、、

その時の処理スピードったら、いつもの数倍で、

頭は冴えまくり、家族は寝ても1人だけおきてたりして。


はじめっから、”やるっきゃないか!”モードに

変換すればいいんだけど…


怒ったり、あきらめたり、ぐちゃぐちゃと

あがいてしまうのだよな。

まだまだ、甘えている部分があるのかなぁ。


あさってから帰省。

今度はシャキシャキっと回路の切り替えを

すばやくしたいものだ。

AD

リベンジ

テーマ:

三連休は大阪へ遊びに行ってきました。

1日目はUSJ、2日、3日目はいとこ宅。

なんともメリハリのある3日間だったなあ。


…というのも、1日目は(当たり前だけど)ずっと外。

空は晴れてはいたけど、冷たい風が吹きぬけて、

めちゃくちゃ寒かった。& よく歩いた!


に対して2日目、3日目はいとこ宅にこもりっきり。

子供たちは子供たちで盛り上がって、部屋から出てこないし、

大人はテレビをつけて、スケート見て、駅伝見て、G1見て、

(ああ、まるでお正月だね)ぬくぬく…と。

昼ごはんのたこ焼きを作ってた時なんて、汗かいてたし、ね。 



実は、去年の冬にUSJに遊びに行ったとき、

昼食を食べ過ぎたのか、スパイダーマンの乗り物に酔ったのか、

順番待ちのときの人に酔ったのか、(これが一番可能性高いかな)、

ポップコーンの甘い匂いに酔ったのか、

夕方に体調を崩して嘔吐で苦しんだ私。

(お食事中の方、ごめんなさい)


せっかく遊びにきたのに、ずっとホテルで休んでいた…という

カナシイ思い出があり、今年はどうかな、、と少し心配だったのだけど、


大丈夫でした。

ご飯も軽めにして、スパイダーマンも乗るのはやめたし。


今年はちゃんと楽しめたぞって、嬉しかったけど、

それ以上に嬉しかったのは、娘や息子が

食べた後に乗り物に乗るのはやめとこう、とか、

ポップコーンの甘い匂いには気をつけろ、とか、

彼らなりに気を遣っていてくれていたこと。


何歳になっても、心配してもらえるってのは、

嬉しいもの、でした。

AD

シメダシ?

テーマ:

やらかしちゃいました。


昨晩は息子を寝かしつけていたら、

私も一緒にウトウト…と。


あらら、気づいたら午前1時前。

何やら電話が鳴っている?


そう、昨晩オットは忘年会。

鍵を持たずに出ていたのでした。


オット、11時半にはマンションについたものの、

ベルを鳴らしても反応なし。


たまたま同じマンションの人が帰ってきて

中には入れたのだけど、家の中に入れない!


玄関でベルを鳴らし、ドアを叩き、電話をかけ…

何やらあったのか、と不安は増すけど、連絡つかず。


こちらは昨日にかぎって、いつもと違う部屋に

布団をしき、ドアを閉めて寝ていたもんだから

ベルの呼び出しも電話の音も聞こえず…(夢の中)


朝気づいたのだけど、留守番電話には26件も

着信が…(大汗)


深夜、寒空の中で1時間半!?

想像もできんくらい(←想像するのが怖くて)過酷な状況。


オット、家に入れた頃には怒りも消え、

あきらめの境地になっていたとか。


はあ~ 年末になんたることでしょう。

あと一週間、気合を入れてすごそ。

AD

カタとひら

テーマ:

カ と か 


小1の息子。

お風呂の壁に「か」の字と「カ」の字を

書いて説明しはじめた。


「なぁなぁ、、カタカナは簡単よなぁ。

 字がまっすぐで、カタイが。”カタ”じゃからな。


 でな、ひらがなは”ひら”じゃから、ひょろひょろしとるんよ。

 だから字も、ちょっとまあるいがぁ」


ほほう、、、字の特長をがしっとつかんでるじゃん。

ちょこっと感心。


…じゃ、漢字はどうなんよ?


自分でも説明できんよな、、と思いながらも

聞いてみた。どんな風に答えるか、興味があって。


かんじかあ、、、

 ”かん”じゃからなあ、

 かんじはな、なんよ。

 森は木が三本あって森になったんじゃ。

 じゃから、  ”かん”…”かん”なあ。 

 …よう分からんわ」


国語の授業、まじめに聞いてんだな。


毎日、漢字の宿題がでる。

息子はゆっくりと時間をかけて一字一字、

それは丁寧に書いていく。


は花丸もらったんでぇ~。青山さんのじゃ。

 すげーじゃろっ(←鼻が10センチは伸びている)」


新しいことを覚えていくってのは、

喜びだよなぁ…、息子を見て思う。


渋好み

テーマ:

今日は娘の新体操の発表会だった。

場所は御津町の体育館。


朝9時前に家を出たのだけど、

昨晩から降り積もった雪で、道路は真っ白。


そんな寒い寒い中、新体操クラブの子は

レオタードで踊る! しかも暖をとるのはストーブのみ。

(リボン演技があるので、エアコンは入れられない)


背筋をのばしてピンっと・・

去年よりも少し成長した娘がいた。


さて、帰り道、スーパーに寄ってお菓子を買うことに。


「あ、コレ好きなんだよね~」


そこにあったのは「雪の宿」というおせんべい。


「あ、コレも」


じんろく豆。


「これ、これ!」


カリカリ梅。


おにぎりは必ず梅干、お寿司はマグロ…という娘、

かなりの渋好みではあるけど、、、、


「おばあちゃん家で食べたよね。

 また正月に食べるかな?」


ルーツはそこか、、