天底の見極め方がわかる方はいますか?
わからなければこちらをご覧ください。
ということで、

今回は天底をいかにして見極めるかというお話。


はい。


では、
天井の見極めかたは置いておいて
「置いておくんかい!」
底の見極めかたの方について
お話をしたいと思います。


ここで重要なのは、
出来高です。



日々の出来高の増減に着目することで
明らかに戦いを有利に進められます。


はい。

 
ある意味、秘伝を教えます。

ここからがある意味秘伝なんですけど
”アキムレーション”と”ディストリビューション”


これすごく大事。

 
・アキムレーション
→前日比で出来高が増え
株価が上昇した日

・ディストリビューション
→前日比で出来高が減り
株価が下落した日


私はいつもこの日数をカウントしています。
日経平均株価や、あなたが持っている個別株の
カウントしてみるとたぶん発見があります。



機関投資家がこぞって売却していれば
株価が下がる可能性がかなり増えていることが想像できる。
では、逆に機関投資家がこぞって買い付けていれば
株価は上がっていくんじゃないかと考えられる。



直近1ヶ月くらいの日足でやってみるべきでしょう。
これは、イメージですが、


アキムレーションが多いと
機関投資家買い付いている。

ディストリビューションがい多いと
機関投資家手放してつつある。


と理解すべきですね。

 
フォローアップとは

この、アキムレーションと
ディストリビューションが基本なのですが
ここを踏まえていきなりですが、
”フォローアップ”の話をしたいと思います。


フォローアップとは、


このサインは、
底値圏にある株価が反転し上昇するタイミングで
ほぼ必ず出てくるサインです。


※日経平均株価 日足

簡単に、
必ず”日経平均株価”でカウントしてくださいね。
赤の矢印のところが安値として
数日間の株価の上昇が確認できますね。


上昇が確認できたら
まず、安値を1日目として数えていきます。



安値から4日目~7日目の間で
アキムレーション日が現れます。
その時、株価の上昇率を確認ください。
上昇率が1.6パーセント以上の上昇が
確認できましたか?



その日がフォローアップ日です。


このサインが現れたら
私のアゲアゲ気分確実です。

ここら辺はどうでもよいですが。


皆さん、
このサインが現れたら
ほとんどの株は上昇に転ずると考えてください。


また、このサインが現れたら
真っ先に新高値を更新する株が
あなたの利益を最大に増やしてくれる
株だと思いますよ。



逆に、このサインがあったら
空売りは真っ先に手じまいを
しなければなりません。



あとね。
フォローアップは1日目から3日目までに
出現するとフォローアップ失敗の
可能性があるみたいですよ。
いずれにしても、
私感覚ですが、
90パーセントくらいの確率で
成功する感覚があるので
試してみてくださいね。


はい。
参考になりましたか?
ではまた。

 

お問い合わせはこちら

※メールフォームが別ウィンドウで開きます。

いただいたメールは、

すべて大切に読ませていただいています。

できる限り、ご返信させていただいてますので

どうぞご意見くださいますようお願いいたします。

AD