まとりかりあ写真教室横浜ブログ

横浜駅東口徒歩5分、まとりかりあ写真教室横浜で『あなたの「好き」「美しい」と感じる気持ち』、写真で表してみませんか?




画像をクリックすると、HPに飛びます。




テーマ:
 

 【 時を乗せて・ヨコハマ氷川丸 】 
教室主宰者のつぶやき

 
毎週日曜日は、写真教室主宰者のつぶやきと写真を掲載しています。
 
今月は写真講座の生徒のみなさんと、ヨコハマ山下公園に停泊している
氷川丸を撮影してきました。
 
1ヶ月の間に5回足を運びましたが何度行っても飽きない、大好きな場所です。
 
子供の頃、遠足かなにかで来た覚えがありますが、
その当時はレストランも併設されていたような覚えがあります。
 
その当時は少し暗くて怖いイメージだったけれど、
今はとても懐かしい気持ちになる場所です。
 
 
窓の傷に惹かれて1枚。
 
 
 
温かいランプの色。
 
 
横浜育ちの私にとっては、「みなとみらい」の新しいヨコハマよりも
氷川丸やマリンタワー、ニューグランドホテルや、元町、
伊勢佐木町や野毛が懐かしい景色として記憶に残っています。
 
いつか年をとったら、氷川丸の汽笛が聞ける場所に住みたいなあ♪
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

シャッタースピードモードで撮り鉄!

入門クラスの生徒様といっしょに、教室ちかくの踏切で
撮り鉄を楽しんできました。
 
今日はシャッタースピードの練習です。
 
私、鉄道大好きなんですよね!教室からは、横浜駅に集結する電車が
市営地下鉄以外すべて眺められる好立地!
 
ずっと見ていても飽きないんです。特に京急がいいですね~!
 
今日はみなさんとお出かけして、撮り鉄を楽しんできました。

 
 
 
 
大ヒットしたドラマ「逃げ恥」で、石田ゆり子さんが
年下のイケメン彼氏に告白されるシーンの陸橋がすぐ近くにあるので、
そこから車も撮影してみました。
 
 
余談ですが、石田ゆり子さんとほぼ同年代のわたくし。
いつまでも可愛いアラフィフになりたいものです(*^^*)
 
 
余談はさておき、生徒のみなさんもとても上手に撮れましたよ!!
 
午後は入門午後クラスのみなさんから、撮影された写真を
見せていただきましたが、とーーっても素敵な写真に感激。
 
素直な感性っていいな!
 
生徒のみなさんから豊かな感性をおすそ分けしてもらえた1日でした。
 
初心者の方大歓迎!
(横浜駅東口・徒歩5分)
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
IMG_20170126_212335188.jpg
当教室で一番人気、ニコンD750 フルサイズカメラ。
価格.COMで本体のみ17万円前後
 

カメラが売れない訳は?

カメラの残念な話が聞こえてくるこのごろ。
 
もうすぐ毎年恒例の、横浜みなとみらいで開催される、カメラの祭典
CP+(シーピープラス)が開催されます。
 
私がいつも注目しているのは、各社出展ブースの配置やスペースです。
 
それにより売れているか、売れていないか、今後縮小傾向にあるのか、が
なんとなくわかるのですね。昔、コンパクトデジカメの大きなブースがあったのに
翌年はかなり縮小され、その翌年はブースが消滅していた、なんてこともありました。
 
 
(当教室で次に人気の、ニコンD5500 価格はレンズ込で8万円前後)
 

 

 スペックが飽和状態

先日、ある資料を作成するためにカメラ販売数調べたところ、

年々減少していることがわかりました。

 

なぜかというと、スマホ写真のクオリティが上がったことにより、

初心者がカメラを買う必要がなくなったためだと思われます。

 

以下の表からわかることは、カメラを買う人が年々減少していること。

 

一番右の紫色の部分がそれを物語っています。2014年のデータなので、

さらにこの数字が増えていることが予想されます。

 

データはマイボイスコムさんからお借りしました。

 

私のようなカメラマニアたちが上位機種(10万以上するようなカメラですね)を

喜んで買いますが、流石にそうそう買い換えられるほど

余力がない・・・となると、販売数も減少してくるのは仕方がないこと

なのかもしれませんし、

 

ハイスペックカメラももう見飽きた・・・ことも理由なのかもしれません、

またフィルムカメラ人気が出てきているのも、その理由の一つだと私なりに

感じています。

 

 

当教室のカメラ機種の比率

少し話が離れますが、当教室の生徒様がお持ちのカメラは、レベルごとに別れます。

 

入門クラスでカメラを初めたばかりの生徒様は、一眼レフカメラの場合レンズ込みで

8万円前後のキャノンEOSKissや、ニコンD3300、D5500、

またオリンパスPEN、OM-Dが多く、

 

上級クラスになると画質やレンズにもこだわってこられる生徒様が多くなり、

途中でフルサイズに買い換えられる方が多く見られます。

 

機種としては、一番人気のニコンD750、次にキャノン6D、その他D800や
SONYα7、ライカ等が挙げられます。

 

カメラが売れていないのが嘘のように、生徒の皆様がお買い替えになられるので、

常に私自身も新しい機種のリサーチはかかせません。

今日も日経新聞に、キャノンEOS M6発売の記事が掲載されていました。

 

私もキャノンからニコンに乗り換えようか検討中です、が、

さてキャノン用のたくさんのレンズはどうしましょうか?悩ましいところです。

 

ゴールは「何を撮りたいのか?」

カメラを購入すれば、すぐにでもキレイな、イメージした写真が撮れると
思いがちなのですが、実は買ったときがスタートで、カメラのスペックが全てではありません。
 
カメラにプラスして、撮影する人の思いや、視点が必要になってきます。
 
良いカメラはもっているけれど、何が撮りたいのかわからない・・・
しかもボタンがたくさんあってどう使っていいのやら・・・
となると、安くてキレイに撮れるスマホのほうがずっと現実的ですよね、たしかに・・・
 
海外旅行の景色でもよし、日常のなにげない景色や、室内のモチーフ、
ペットやお子さんなど、まずは撮りたい被写体があると
カメラを楽しみながら撮ることができて、もっとキレイに撮りたい!という思いが
上達に導くきっかけになるのではないでしょうか?
 
そうなると、スマホでインスタントに撮るだけではなく、
カメラでしっかりとキレイに、美しく撮っておきたい!そのような思いが購買率を
あげてくれるかもしれません!
 
 

まとめ

もしかしたら、カメラで撮影することの楽しさを発信しつづけていけば、
殺伐とした世の中も少しは良くなっていくのかも?(大げさかな)
 
私自身は、スペックにあまり振り回されず、何をどんなふうに撮りたいのか、を
常に考えながら撮影を楽しんでいきたい、そう思っています。
 
また今年のCP+で私なりにリサーチし、ご報告していきます。
 
 
4月生募集中! 初心者大歓迎!
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)