気功師から見たバレエとヒーリングのコツ~「まといのば」ブログ

四ツ谷にありますバレリーナ専門の気功整体「まといのば」のブログです。
気功師から見たバレエとヒーリングのコツを公開します。
「まといのば」では、バレエ・ヒーリング・美容の各種セミナーを行っております。


テーマ:
バレエで良い姿勢と言うと「胸を張る」ものと思いがちです。
そう教えられます。

しかし厳密には少し違います。

実際にバレエダンサーを横から見ると、胸を張っているというよりは猫背です。一流の武道家も猫背です。宮本武蔵の有名な自画像も猫背です。

でも前から見ると、胸が張られているように見えます。


多くの姿勢矯正のクラスや施術でも胸を張るように指導されます。「猫背はいけない」と教えられます。

それはおうむ返しに「正しい姿勢」を教えていて、超一流の身体を知らないからです。習ったことを教えているだけです。その正しさを疑わずに。聖書ではない
ですが、「盲が盲を導いている」のです。一緒に穴に落ちないように気をつけなくてはいけません。

ただほとんどの方の猫背は問題外です。身体の使い方以前です。ですが、だからと言って、より力を入れる「胸を張る」という指導が正当化されるわけではありません。

では、良い姿勢にするにはどうすればいいでしょう。

基本的には足裏から順に作っていくことでしょう。自分の中にあるスコトーマ(盲点)と洗脳(社会的常識)を一つ一つ外しながら、自分の癖(ホメオスタシス)を書き換えていくことです。

胸について言えば、ハラができていなければ手をつけるべきではないと思います。
ハラと言うのは腸腰筋であり、骨盤、仙骨、ハムストリングスです。そしてもちろん足裏、膝、股関節がきちんと作られていることが前提です。

そこまでできてからムネには手をつけるべきだと考えます。

もしもきちんとした土台ができているのでしたら、ムネを作ります。

中丹田(ハートのチャクラ)を活性化させることで、胸全体をゆるめることです。そのとき後傾している肋骨を少し前傾させるイメージです。深く脱力すると前傾します。

ため息をついたり、落ち込むポジションです。そこが実は正しいポジションです。

その上で、ワキを作ります。
脇を触ってRをゆらがせ、脱力します。
脇を締めなさいという体育や学校教育はとても効いていて、脇は締まっています。脇を締めてはいけません。

脇は徹底的にゆるめます。

脇から入る気が胸を作ります。

バレエのポジションで脇が締まっているポーズはありません。

脇を締めず、懐が深い人になることです。物理的に広がっていても、力んでいれば脇は閉じてしまうので、ゆるめて開くことです。

そのようにして胸を作ります。気が満ちると周りから見ると胸が張れているように見えます。でも実はゆるんでおり、ポジションとしては前傾した猫背なのです。

施術所ではバレリーナの写真を見せてその説明をよくします。本当にバレリーナは猫背なんだと気付きます。思い込みというスコトーマが外れると、世界はもっとよく見えます。

胸を張ってはバレエは踊れません。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

バレリーナ専門気功整体「まといのば」さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります