音楽家の居る庭 ~mathis~

訪問ありがとうございます。音楽のこと、本のこと、日々感じていること、他愛もなく書き綴ります。

NEW !
テーマ:
娘のピアノ発表会を観て、半日微笑ましい気持ちになれました。

ちびっ子の一生懸命な演奏は聴いていてすごく楽しい。正直、講師の方の演奏より面白い。

上手な演奏って、気持ち良くてつい眠くなるけど(すみません)、その点ちびっ子の演奏はスリル満点です。心の中で頑張れーって応援しながら凝聴してしまうのです。たどたどしさに美がある?

発表会はコンクールと違うので、誰が一番とか順位はないのですが、どのお宅も《ウチの子供が一番!》と思って聴いていたことでしょう。もちろん僕もウチの娘が一番良かったと思ってますよ。


ピアノと言えば、最近読んだ本の中でも「セロニアス・モンクのいる風景」はとびきり面白い本でした。

141215_0729~02.jpg


これ、筋金入りのジャズファンである村上春樹が、所蔵しているたくさんの音楽本の中からセロニアス・モンクについて書かれた文章のみを抜き出して集めたものとか(もちろんご本人も文章を寄せている)。

選者、訳者、著者の三役を務めただけあって、小説でなくても隅から隅まで村上春樹ファン納得の面白さに溢れてる本です。もちろん音楽ファンにも楽しめること間違いなし。


僕自身はモンクについて大ファンだと言えるほどには聴き込んでいませんが、モンクの曲、イメージにはずっと憧れがあります。

独自の音を目指し、ひたすら自作曲のみを演奏し続けた姿勢とか、その飛び抜けた個性はジャズに耳慣れていない僕にも分かりやすく興味をひくものでした。

一部の理解者を除いて、最初は誰もモンクの音楽を相手にしないのだけど、次第にモンクの作る曲を演奏する人が増え、どんどんスタンダードとして浸透していく。決してモンクは自分を曲げることなく、世間がモンクの才能を発見したのです。

洒落者で変わり者、世の流れに迎合しない意志って、まるで佐野元春みたいですよね。


以前も日記に書きましたが、僕はマシスと言う名前を考えた時、他の候補としてモンクというのも考えていました。

モンク、もんく、文句、どれでも良かったけど、漢字の《文句》はちょっと気に入っていたのです。

異議申し立ての意味の《文句》、文章の一文の《文句》、セロニアス・モンクと同音の《文句》、いいじゃないか!と。

結果は本名をもじってマシスにしたのですが、今後の何かユニットにでも使ってみようかと夢想したりします




マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
日曜日(12/21)は娘のピアノの発表会なのです。

その会場が例年の豊田町ゆやホールではなく、今回は磐田ワークピアとのこと。

磐田ワークピア、場所はどこにあるっけ?と考えてみたら、なんと、僕は昔その会場で歌ったことがある、ということを思い出したのです。

あれは1995年の7月?8月だったか?磐田フォークジャンボリーと銘打って、ワークピアを会場にイベントを行ったのでした。

下尾真秀、紅どん、近ちゃん、加藤さん、早房さん、とても才能のある皆と顔を突き合わせてリハーサルして、チケットを売って、当日の本番から打ち上げまで、すべてが楽しかった。若さゆえの無謀さも含めて、懐かしいな。


ピアノ発表会前日にリハーサルを行うと聞いて、今回19年ぶりに、娘と連れ合いに付いて磐田ワークピアの中に入ってみました

141220_1743~01.jpg


懐かしい。ここを楽屋にして、ここからステージに上がって、と一瞬で記憶が蘇ってきた。

ピアノの音も凄く良かったです。客席の造りが無機質なのが相変わらずですが、思い入れのある会場なのです。いつかまたここで歌えたら良いな



昨年亡くなられたドラマー青山純さんの追悼番組がBSフジで放送されて、ドラムに無知な僕も食い入るように観入ってしまいました。

たくさんの関係者のコメントと青山さんの仕事の解析の素晴らしさ、これほどまでに丁寧にドラムという楽器を掘り下げて放送した番組って、ちょっと観たことないです。観逃した方は再放送を期待して要チェックですよ。青山純がいかに希有な才能のドラマーだったかがよく解ります。

青山さんの息子さん三人のうち、二人がプロのドラマーになってるなんて、親の影響ってやはり凄い。息子さんを含めての仙波清彦とドラマー達の連弾曲は、ただただ圧巻!

青山さんの唱えた“一つ打ち”の極意、一打一打がちゃんと歌ってないといけないってのは、決してドラムにだけに限ることでない話だと思いました





マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
18日のせっかくのお休みは何してようかな、と数日前より楽しみにしてました。

録音を進めようか、録り貯めた録画番組を消化しようか、いっそ買い物でも行こうか、などとあれこれ夢想していましたら、連れ合いより

《『WILLPOLIS』でも観てきたら?》

と提案されまして、そりゃいい、と。

BUMP OF CHICKENの最新ツアーと東京ドーム公演の模様を映画化した『WILLPOLIS 2014劇場版』は、公開日が18日までとなってる。おお、まるで狙ったかのようだ。

これは行くしかないと一人、ららぽーと磐田のTOHOシネマズへ出かけてきたのです。


141218_1559~01.jpg

上映10分前に入場してみると、館内にポツポツと座って見えるのは女の子ばっかり(もしくはカップル)

四十過ぎの男が一人で来てるのはおそらく僕だけ。男いない?バンプのファン層は若い男の子いっぱいかと思ってたのですけど、

静岡の映画館の入りってこんなモノなのかしら。


先日NHKで放送された東京ドーム公演の演出陣のドキュメント番組は大変面白いものでしたが、あれが結果としてこの映画の良い予告編となってます。

オープニングのショートムービー完全版が良かった。テレビで観た時はCGの動きがいささか目に障ったけど、映画館のスクリーンで観たら全く自然でした。三丁目の夕日の監督、やりますね。

肝心のライブ映像は音の迫力におおっと思いました。この音圧は我が家のDVDデッキじゃ味わえない。映画館コンサートのごとく臨場感に興奮しましたよ。

と言いながら、蜷川実花の映像の辺りでウトウトしちゃったのですけど(気持ち良かった)

映画館の大音量と暗闇に紛れて、幾度かバンプの楽曲に泣く四十四歳です。ああよく泣いた。バンプ良いな。


映画が終わって再び館内を見回したら、何人か男性客の姿が見えました。男性ファン来てるじゃん、と、ちょっと安心。


帰ってからは、昨夜WOWOWで生中継されたTHE BOOMの解散コンサートの録画を観て、やはりホロホロと(先ほどまで)泣いてました。

ドラマー栃木さんがメンバー皆に《出会ってくれてありがとう》《皆の背中越しに観てきた景色~》の台詞には参った。泣く。


ラストライブを観て、改めて良い歌を作ってたな、惜しいなと思いました。25年間お疲れさまでした




マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
18日木曜日に休みが取れまして、

なら、水曜日は夜更かしできるから、

仕事が終わったら水曜アコ企画を見に行こう!

と思い立ちました。


歌う予定でなく、純粋なお客さんとしてON THE ROADに訪れるのは久しぶりです。

演奏する時は平日の夜でもヒョイヒョイ出かけることあるのですが、聴く側として一人外出なんてめったにないですし、しっかり楽しんでやろうと思いました。


この日の出演者も個性派揃いで、足の運び甲斐があるってものなのです


【鈴木健太郎】

141217_2020~01.jpg

何気ない口調を歌い上げながら、練って練って練り上げたカスタードクリームのごとくコッテリした世界を醸し出す。爽やかでいて、濃い、健太郎くんです。


【クロール】

141217_2058~03.jpg

いきなり「北風小僧の寒太郎」でカマシてくれましたクロールさん。「深海魚」「河童」なんて歌を聴くほどにヤラれたなーって思う。“こんなの、面白いでしょ?”とニヤリとされている感ありありです。


【浦山修司】

141217_2142~01.jpg

暖かい声、暖かい楽曲。ブレない揺らがない浦山さんのステージは毎度しっかりお客さんに向けて歌いかけます。曲間のお喋りも含めてステージなのです。

浦山さんの三曲目から、withすいかの編成になりました

141217_2151~01.jpg



そしてそのまま、飛び入り演奏ルゥさんへ

141217_2212~01.jpg


最後の写真で浦山さんのギターが変わってるのは、四曲目で弦を切ってクロールさんのギターを借りたからです。


以上三組。皆さん緩い雰囲気と言いながらもスゲー完成度の高い30分を作って、恐れ入ってしまいました。僕みたいな行き当たりばったりと違うのです。スゲー。


僕はこの日、ルゥさんとずっとテーブルをご一緒しながらの鑑賞でした。《私、右折車線を曲がれないのよー》と突拍子ない話を振りまいて(!)おっかしかった。気さくに話しかけてくださって楽しかったです。


たくさんの人と《今年もお世話になりました》挨拶を交わしました。気づけばそんな時期なんですね




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

日曜日に浜松へ出かけてきた際、久しぶりに懐かしいアルバムを積んでいきました。



141215_0729~01.jpg

『SYMPHONY♯10』/杉真理

『3rd BREAK』/BARBIE BOYS


どちらも僕の大好きなアルバムです。

車の中、杉真理の「KEY STATION」がかかって、“佐野元春はいつだって味方だよ”のフレーズが流れた時、連れ合いが

《これって本人?だよね》

と気付いてくれました(!)。御明察。この歌の“アィワナビーウィズユートゥナイ、ベイビー”の台詞は佐野元春本人です。

よくわかったね!と誉めてあげました。僕は普段から、そんな彼女を尊敬を込めて《声のソムリエ》と呼びます。

いきなり余談ですが、連れ合いは人の声の認識能力に長けていて、一度覚えた声は聞き間違えないという特技があります。

テレビのナレーションやらアニメの声優やら、○○の声がする、と教えてくれるのです。佐野元春の呟きを当てるなんて朝飯前でしょう(聴かせて気付かせて、してやったり)


杉真理は『ミストーン』こそ最高傑作!との声を聞きますけど、僕は『SYMPHONY♯10』も大傑作だと思う。

「アニーよ目をさませ!」「K氏のロックンロール」「恋愛狂時代」「交響曲第十番」「センチメンタル・ダンシング」、、こうタイトルを書くだけでときめくのですよ。



若い頃、誰かの車に乗せてもらった時、そのカーステから流れる音楽に影響を受けました。

自分で免許を取ってからは、自分のセレクトする音楽を同乗する友人に聴かせる楽しみを覚えたわけですが

僕が高校生の頃、当時一緒にバンドを組んでいた社会人のお兄さんお姉さんの車に乗って移動することがあって、そんな際に車で聴かせてもらった音楽って、いまだに格別な思い入れがあるものです。バービーの『3rd BREAK』も、そんな一枚。


もう、思い入れあり過ぎちゃって、いくらでも言いたいことがある。一曲目の「離れろよ」についてだけでも一時間喋り倒せるくらい好きなアルバムです。

「離れろよ」「はやまったらいやだぜ」「STOP!」「ラサーラ」、カーステから繰り返し流れるこれらの歌に、全く飽きることがなかったものでした。

『3rd BREAK』をよく聴かせてくれたお姉さんは「ショート寸前」がやたら好きだったので、僕にとっても「ショート寸前」は思い出の一曲なのですが、当時は良さがあまりわからなかった。今あらためて聴くと、本当に良いですね


バービーの楽曲には僕、たいへん影響を受けてます。いまみちともたかの作る歌詞は僕にとって歌モノのライミングの教科書でした。


韻を踏みまくりつつ、バービーの楽曲は決して散文詩や個人吐露の歌世界に行かずに、徹頭徹尾、最後まで男と女のいざこざを歌い続けたのが素晴らしいのです




ここまで書いて、ちょっとamazonのページを覗いてみたら、なんと杉真理が今月アルバムを出してた!おお、それは知らなかった。どこかで見つけたら買おう






マシス

いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
職場の忘年会で浜松の街に来ています

久しぶりの夜の浜松、イルミネーションが綺麗です

141212_1804~01.jpg


駅を出て、宴会会場を目指して歩いていると、あきらかに生演奏!って音が街中で聞こえてきました


141212_1808~01.jpg


ZAZAの前でクリスマスソングをバンドが生演奏していたのです。寒い中、足を止めて聴いている人が結構いましたよ。


141212_1809~02.jpg

そして音楽に混じって、選挙活動の演説も聞こえてます。スピーカーからの声が割れんばかりに大音量で語ってます。


ちょくちょく思うことですが、選挙活動に一生懸命なのはさておいて、音楽を生演奏してる傍で演説を始める神経はろくでもないことこの上ないです。

路上でイベントをやっていると、選挙カーがわざわざ通るとか(人が集まっているので)結構よくあることなのです。


この演説の人にまったく個人的な感情はないですけど、音楽を邪魔する方に僕は投票したくないと思う

とりあえずは忘年会です。お酒を飲みます




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
NHKのカバーズスペシャルで野宮真紀さんの歌う姿を観れてしびれました。相も変わらず素晴らしい歌声で、ピチカートファイヴに夢中になっていた頃を思い出しました。


渋谷系、の言葉はどうも好きではないですが、俗に言う渋谷系の音楽は大好きでした。


「スイート・ソウル・レビュー」/ピチカートファイヴ



これ、僕が初めてピチカートにのめり込んだ歌で、当時8cmCDのシングルを買っちゃいました。初めて聴いた時は、“好きなの見つけたー!”って、物凄く興奮したものです。メロディも歌詞も声も音も、隅から隅まですべてが好きだ!と思いましたね。完璧じゃないか、と。


こちらもやはり大好きな歌。フリッパーズギターのシングルヒット曲。

「恋とマシンガン」/フリッパーズギター



やられたなー、と思いました。こうやれば良かったのだと。こんな風な音楽が出来たらどんなに素敵だろう、と頭の中でボンヤリと夢想していた音楽が、いきなり目の前に現れた感じ。

もちろん、先に思いついたとしても僕にはコレは出来ませんでしたよ。才能が違います。フリッパーズの二人は僕と同い年なので、同世代にこんな才能が出てきたか、と驚いたものです。

ちなみに僕が夢想していたのは、“スタイルカウンシルみたいな音楽を日本語でやりたい”という、ざっくばらんとしたイメージで。それって、あながち的外れな夢想ではないですよね。考えてみると、スタイルカウンシルって渋谷系の元祖に思えてきます。


フリッパーズギターの音楽って、実はアマチュア時代のオリジナル・ラブ(田島貴男)のやっていた音楽の影響が大だと、オリラブとパーフリ双方が公言してます。小澤健二と小山田圭吾はとにかくオリジナル・ラブのファンで、ライブでは最前列でラジカセで録音しながら鑑賞していたほどのフリークだったとか。

田島貴男がフリッパーズを聴いて、俺のやってたことそのまんまで、フォロワーに先にデビューされちゃった、と苦笑気味に語ってました。おかげで自分のデビューの時には路線を修正しなければならなかったと。

田島貴男はオリジナル・ラブのメジャーデビュー前にピチカートファイヴのヴォーカルもやってましたし(オリジナル・ラブの活動と並行して)、そう思うとこの辺りの系譜は繋がるのです。


オリジナル・ラブは『風の歌を聴け』が一般的な傑作ですが、僕は2ndの『結晶』が大好きで、アホなほど聴いたものです。

大名曲「スクランブル」を貼り付けようとしましたが、リンク禁止の動画しか見つかりません。どうか「スクランブル」はぜひとも検索して聴いて下さい。とにかくご機嫌ですから。


フリッパーズからは小山田君がコーネリアスに、オザケンはソロにて活躍。コーネリアスが渋谷系なのは1stまでで、その後はどんどん前衛意的な音をめざし世界レベルでの人気を得てます。我らがオザケンの大ブレイクは御存じの通り、日本をひっくり返す勢いのお祭り騒ぎでした。


小山田圭吾の系譜でいうと、カヒミ・カリイも忘れられません


「若草の頃」/カヒミ・カリイ



とてもチャーミングな一曲です。作曲は小山田君。デュエットの相手はムッシュかまやつ御大です。


この時期の女性ヴォーカルですとラブ・タンバリンズも思い出しますが、僕は当時から英語歌詞だけの邦楽はイマイチだったので、のめり込むほどではありませんでした。でもラブ・タンバリンズの登場は、その後の数多出てくる女性ヴォーカリストの形の先取りをしていたと今は思います。


そしてやはり系譜から、カジヒデキ。


「ラ・ブーム~だってMY BOOM IS ME」/カジヒデキ




こうやって並べて聴くと、いくら好きでも少し食傷しますね。オッシャレーでも耳にもたれてきます。音楽は難しい

この手の音楽で今、なかなか目覚ましい新人の話を聞きません。根強いファンがいるはずなのに、逆を言えばここが今、音楽をやる側としたら穴場とも言えそうです。コレが好きな人は勝負に出た方がいいかもしれません。

音楽に限らず、何かををやるなら、他人がやらないことをやった方がいい。流行っているジャンルを追いかけようとした時点で、もう遅いのだという言もありますし。

だからと言って、奇をてらって目立て!って訳じゃなくて、心から自分が好きなことをちゃんと見据えて、踏まえて、行動する。


もし自分の好きな音楽をやる人が周りに見当たらなかったなら、それはチャンスです。最初は異端扱いでも、もしこちらへ振り向かせたらダントツになれますものね。




マシス
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
日曜日から仕事をしてましたが、週末はそれなりに遊びました

141206_1142~01.jpg

浜松美術館での、光のアート《魔法の美術館》です。各地でたいへん評判になっている催しのようで、すでに観られた方もいるかもしれません。

連れ合いが始まる前からが観たがっていまして、おふくろもこれは行きたいというので、土曜日にみんなで出かけてきました。


20141208_124204.jpg

真似してみた(スミマセン)


タイトル通り、魔法のごとくハイテクな光のおもちゃが並んでました。

141206_1146~01.jpg

141206_1213~01.jpg

自分の影が触れた光の玉が跳ねたり、映像の残像がダンスしたり、来場者参加型の展示物ってのは大人も子供もはしゃいでしまいますね。



週末は遊ぶだけでなく、地域の防災訓練に出たり(寒かった)

141207_1007~01.jpg

市町対抗駅伝をテレビで応援をしたりと(娘の知ってるコが選手に選ばれたそうなので)、

141206_0959~01.jpg


準夜勤へ行く前の一コマですが、これはこれで、実に日曜日のお父さんらしい?日曜日だったのではないかと思います。


休みの話ついでですが、職場に有給休暇の届けを出しました。

ホントは所用があったのですけどポッカリ予定が空いたので、この一日は自分のためのお休みにしちゃおうと思います。

録音もしたい、フラッと街に買い物にも行きたい。マッサージも行きたいし寝てるかもしれない。何をするかは未定。



で、今は昨夜録画したWOWOWでのザンジバルナイトを観ています。

リリー・フランキー主催のイベントで、たくさんの出演者が好きな懐メロを歌い倒すという、NHKのカバーズの拡大版みたいな催しのようです。

増子直純(怒髪天)の「おふくろさん」、安藤裕子の「世情」が素晴らしい出来。クラムボン原田郁子のパフォーマンスがとんでもねぇ。

ひさびさに小谷美紗子の歌う姿も見れたし、あと、峯田和伸(銀杏BOYZ)のすべてが凄い。峯田最高だよ。銀杏の新しいアルバムやはり買わなきゃな




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
先日、娘と二人でカラオケに行く機会がありました。

連れ合いが朝からバレーボールの試合でして、応援にいくか、もしくは父さんと1日遊びましょ、ということになりまして

娘の行きたいという場所へ片っ端から出かけたのです。

141130_1043~01.jpg

ボーリング行って、ご飯食べて、公園へ行って、カラオケ行って喫茶店でお茶して、何てことなしに過ごしたのですが、まぁヘトヘトになりました。


カラオケ屋さんは、僕はずいぶんと久しぶりでした。いつ以来だったのだろう。昔は毎週のように行ってた頃もありましたが、最近はお誘いもなくご無沙汰してます。

まさか娘と行くようになるとは、なんとも不思議な気分です。

娘はきゃりーぱみゅぱみゅと初音ミクを楽しそうに歌ってました。入力も一人でリモコンをせっせと操作します。僕よりぜんぜん手慣れてます。

しかし初音ミクみたいにアクロバティックな歌を、よくも歌いますよ。

声の出し方はさすがにまだ知らないので、歌声が話し声より大きく出せない。音程を追うので精一杯ですが、それでもずいぶんと上手になった。

発声の方法とかトレーニングは僕はうまく教えてあげられません。僕自身ちゃんと出来てる自信ないですし。民謡教室みたいな所があれば、そういう所で正しく教えてもらった方がいい。今ならボイトレ教室もあるか。

もし仮に娘から《上手く歌えるようになりたいから教えてくれ》、とでも言われたなら、そういう指導も考えなくはないですけど、

そうでなければ歌は自由に歌ってくれたら良いです。調子外れでも発声が間違っていても、楽しければOK。幼稚園児が一斉にギャーッて歌う合唱、僕は大好きなのです。

レッスンを課して歌うなんてのは、今のところ学校の音楽の授業で十分。



以前にテレビで、子供が童謡を歌うコンクールの模様を観たことがありましたが(その昔、はいだしょうこさんも出場常連だったとか)、あれは良かった。

歌謡曲ののど自慢と違って唱歌のソロ歌唱ですから、ちびっ子それぞれの個性がよくわかるのです。

みんな発声がとにかく綺麗で、聴いていて心が洗われるようでした。

でも、ああいうコンクールなんて、もの凄いレッスンの時間をかけて仕上げて出場するのですよね。指導する方もご両親も想像するだに大変。なかなか出来ないことですよ




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
職場の輩で何人か、香水をつけてるヤツがいます。

あれは何でしょう。体臭が気になる年頃なのでしょうか。でも僕より若いヤツもつけてます。そちらは洒落っ気か。


よその部署の方で一人、僕にはどうしても苦手な匂いを振りまくヤツがいまして、

別に彼の人間性がどうとか言う訳でなく、その匂いだけでお近づきになりたくない、と思ってしまうのです。

女性の香水が香ってくるならまだしも、ヤローのコロンの匂いなんて嗅ぎたくない。心に喰らうダメージが大きいのですよ。

みんな《あの匂いはないよなぁ》って、もっと言うと思ったのに、不思議と誰も何も言いません。

僕が過敏に反応してるだけ?実際は大した匂いではないのかしら。

僕はどうもダメでして。その人が近くに来るとすぐわかりますし、去った後も残り香が気になる。


昔から匂いにはどうも神経質になってしまいます。


これでも大人になって、飲み会で酔っ払いの介抱やら後始末をやったり、赤ん坊のおしめも替えたりと、だいぶ匂いに耐性がついたつもりなのですけど、

化粧品売り場とか、前を通るとウワッと思うことは今でもよくあったり。あと、新車の車内の匂いとか、ホント苦手です。


その昔【好きな匂いは?】の質問に対して、佐野元春が《パンを焼ける匂い》と答えていたのを覚えています。

僕もパンの匂いは好きですね。パン屋さんの空間って、いるだけで幸せになります。

玄関を開けたらカレーの匂い、ってのも良いな。

花なら、やはり金木犀の匂いが香ってくると嬉しい。

近年ですと、今のギターLJXを買った時、ケースを開けた瞬間のあの匂い、あれは忘れられない。新しいギター独特の匂いなのです。あれは接着剤か、それとも塗料の匂いか?

新品のギターの愛おしさは匂いとセットで記憶されていて、ギターのことを頭で考えると、ギターの匂いまで鼻腔に甦ってくるのです。


音や嗅覚は映像記憶を呼び覚まし、その逆も然りです。



昨夜、BSプレミアムで放送された佐橋佳幸の芸能生活30周年のイベントの模様を観ました。

いつも誰かのサイドにいる佐橋佳幸が、この日ばかりは終始センターの位置で主役!あの笑顔がひときわ嬉しそうで、その姿を見てるだけでジンときました。達郎や桑田佳祐のコメントも良かったな

それにしても、元春はリハーサルでもステージさながらにお洒落で、なんか微笑ましかったです




マシス
いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード