音楽家の居る庭 ~mathis~

訪問ありがとうございます。音楽のこと、本のこと、日々感じていること、他愛もなく書き綴ります。


テーマ:
僕のささやかな春休み、リフレッシュ休暇も終わろうとしています。

仕事のことはすっかり忘れて、と言いたいところ、実際は会社から急な呼び出しを食らって、金曜日にちょこっと仕事をしてきました(まったくもう)。でもまぁ楽しく休みを過ごせました。



この休みを利用して、平日に浜松へ出かけました。


150326_1520~01.jpg


春休み中の娘と、姪っ子甥っ子を連れて、浜松科学館に行ってきたのです


150326_1157~01.jpg


科学を利用した様々なハイテクアトラクションに、3人は大はしゃぎ

150326_1230~01.jpg

150326_1242~01.jpg

150326_1231~01.jpg

一緒に科学館のプラネタリウム鑑賞を楽しみました

150326_1353~02.jpg


今日は娘が欲しい本があるというので、一緒に本屋さんへ


せっかくなので、僕も本を物色&購入

150328_1957~01.jpg

150328_1631~01.jpg

ああ、嬉しい。本を衝動買いすると心から幸福感に包まれますね。


明日は法事のため、1日あたふたします。音楽仲間たちが明日はそこかしこでイベントに参加しているみたいで、うらやましい。応援に行きたいけど今回は仕方ないですね。


ですので、のんびり春休みは今夜まで。良いリフレッシュ休暇となりましたよ



庭から見える山桜がきれいです

150326_1715~01.jpg


と、ここまで書いて終わろうとした時、奥山会長より5月のライブのお誘いを頂きました


アコ企画7周年の、恒例のマラソン音楽イベントです。今年も参加させて頂くこととなりそうです。詳細は決まり次第報告します




マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

僕はソウル・ミュージックはそれほど詳しくないのですが、ソウルフルな歌声は聴いていてしみじみと《良いなぁ》って思います。

では、“ソウルな歌声”とは、どんな歌声のことをいうのか?僕は感覚的な感想でしか言えないのですけど、

腹の底から絞り出す声。声質のそればかりではなく、発声方法、それと歌い回しですよね。魂を震わす歌唱というのか


黒人ならソウルってわけじゃない。ナット・キンブ・コールの歌は素晴らしいけど、ソウルとは歌い方が違う気がしますし、僕の大好きなディオンヌ・ワーウィックもソウルって感じじゃない。


有名どころではアレサ・フランクリン、サム・クック、レイ・チャールズ、オーティス・レディング、ソロモン・バーク、B・Bキングなどなど、ゴスペル、ブルーズシンガーにはソウルな歌い回しが多いですね。


僕の大好きなスモール・フェイセズのスティーヴ・マリオットはソウルフルです。若き日のスティーヴ・ウィンウッドの歌い方も大好き(もちろん今も良いけど)。

日本人なら、忌野清志郎は高い声だけどソウルフル。あとは演歌か。北島三郎や都はるみはソウルな歌い方だなーって思う。

実はこの考え方は、ピーター・バラカンの名著「魂のゆくえ」を読んでの、自分なりの判断基準があるのです。


バラカンさんは《ジャクソン5の頃の幼いマイケルの歌声にはソウルを感じる》とか、《ウィットニー・ヒューストンはデビューした途端に歌声からソウルが失われた》などと、“ソウル”な歌声の定義について分かり易く例を挙げてくれてます。影響大です。


ならば


【問】白人のヴァン・モリスンの歌にはソウルがあるか?


当然あります!


ホワイトソウルの重鎮、ヴァンはソウルミュージックというよりは、


“VAN is VAN!”


、ヴァン・モリスンというジャンルがあると考えた方が僕はしっくりきます。


今日、ヴァン・モリスンの新譜『Duets』を買ってきました

150325_1651~01.jpg

ヴァンが自身のナンバーを豪華ゲストとデュエットした企画アルバムですが、これがもう、ゴキゲンなアルバムで!頭っから痺れてしまいました。

前作『Born to Sing:No Plan B』も大好きだったけど、またまた傑作が出ちゃいましたね。こいつは明るくてすごく親しみやすい作品だと思う。


選曲がまた渋い。全16曲のうち“ヴァンといえばこの曲!”って人気曲が一曲も入ってない。ゲストも何人かは名前も知らない人だけど、どの歌も本当にいい。沁みるし、血が騒ぎます。

大地のごとく温かく豊かなヴァンの声はいまだ健在です。

若い頃の“声で聴衆をなぎ倒す”ガトリング砲級のパワーシャウトは聴けずとも、70歳の今は、まるで重い石をズシンズシンと聴き手の胸に置いてゆくような、インパクトのある歌唱なのです。


帰り道の春の日差しの中、車でこれを聴いてひたすら至福でしたチョキ


これ、きっと夏なら夏で、情熱的な歌が僕らの魂に火を着けてくれることでしょう。


秋の夜長なら、これほど心に深く染み入る音楽はないですし

冬には心と身体を心底温めてくれるに違いないです。



まさに春夏秋冬ヴァン・モリスン!





マシス

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
今週は準夜勤です。明日から、なんと三日間リフレッシュ休暇をいただいております。

子供の春休みに合わせたものですので、一緒に遊んでるうちにあっという間に終わっちゃうでしょうが、自分の時間が少しでも取れたらいいな。

録音を進めたり、CD屋さん行ってヴァン・モリスンの新譜を買ったりしたい。


で、休みとは言っても、三月をめどにした仕事の資料作成が終わりゃしない。おかげで一週間前より残業三昧です。今日はどこまで進められるやら


出勤前の日中、のんびり体力を温存している僕の隣に、娘がいます。春休みですので、当然います。だいたいゲームしてます。

友達も用事があったり、母さんが仕事に行ってしまってたりで、一人で退屈してますね。どこかへ連れて行けーとせがまれる。

まて、明日からなら連れて行ってやる。


庭で一緒にサッカーボールを蹴ったりしてました。本音は仕事前ですのでグータラしてたいけど、娘サービスです。小一時間も遊んでたら汗をかいてしまいました。


病み上がりで体力が落ちてたせいか、ヘトヘトです。でも良い運動になりました。

先日まで、およそ一週間ほど病んでいたおかげか、正月に増加した体重が落ちてくれて《おお、痩せた》とちょっと喜んだけど、食えるようになったらたちまち元に戻りました。当たり前だ。ダイエットは身体を使って健康的に痩せなきゃいけません



WOWOWで放送されたmusicarsのトリビュートライブの模様を観たのです(録画消化)。


ポール・マッカートニー

ブルース・スプリングスティーン

スティービー・ワンダー


トリビュートライブ自体の感想は、どれもそれほど面白くない。ポールもボスもやはり本人が歌ったのが一番いい


強いていえばスティービーのが面白かった。スティービーの曲は誰が歌ってもカッコいいですね。オープニングでビヨンセの「フィンガーステップ」がいきなりの迫力で、度肝を抜かれました。

ドリームガールズ仲間のジェニファー・ハドソンも出ていたけど、このライブに関してならビヨンセ圧勝ですね。やるじゃんビヨンセって思いましたよ。

でもジェニファー・ハドソンは本当に素敵です。何を歌ってもそつがない。聴く度にカッコいいなーって思います


今年のmusicars受賞者はボブ・ディランです。早くこれも放送して欲しいな





マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(0)


テーマ:
いま、気分がいいです。良かった良かった。なんとか復活できそうですよパー


いやいや、自分でもビックリです。フリーダムフォーク集会の席で、あんなにみっともなくダウンしてしまったなんて、

昨夜フリーダムに来られた皆様におかれましては、マシスが情けない姿を見せて失礼しました。

お店のトイレで食べたモノは殆ど戻してしまうわ、頭がガンガンするわで、どうしようもなかったのです。

でも、倒れたのが歌い終えてからでせめてものでしたよ。
(体調不良のところに歌ったから具合が悪くなった、とも言える?)


帰宅してから、とにかく水分取って、塩と蜂蜜を舐めて、ひたすら寝て、日曜日に起きてからは少しずつ食べ物を口に入れつつ、夜に夕飯を腹に収めた辺りから、身体に力が戻ってきました。やれやれひと安心です。

今は爽快です。でも、今日はしっかりゆっくり身体を休めて、摂生&養生します。


日曜日の昼間は、そんな調子でしたから、グダグダしつつも、お袋が襖の紙を張り替えてるのを見てました

150322_1406~01.jpg


これは連れ合いの実家の襖です。49日の法要までに張り替えを業者に頼まなきゃ、と連れ合いのお母さんが言ってたのを、ウチのお袋が聞いて、“あたし等でやるかね”と進言しまして、この運びに


襖って、自分たちで張り替えられるものなんだ!と、僕なんか軽く驚いたワケですが、お袋の手際を見てますと、お袋の世代では家庭で日常的にやってたことなのだろうなぁって思って、感心しますね。職人みたいだ。


仕上がりも素人にしてはなかなかで。業者に頼むことを思えばメチャ安く上げたものです。十分だよね。


僕は何もしてないです。身体が起こせるようになってから、働いた皆さんにお茶菓子を買って訪問しただけ


働いてる横でグダグダしてて、申し訳なかったです



追記

昔、少年サンデーに連載されていた「うしおととら」という漫画に“ふすま”という妖怪が出てきました。

ファイル0001.jpg

こんなの

いま大人気の「妖怪ウォッチ」について《妖怪のデザインが水木しげるの影響を全く受けてないのが新しい》と評価されていた文章を読んだことありますが、「うしおととら」の妖怪も結構ぶっ飛んだ造形があったなーって、覚えてます




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
昨夜は奇数月第三土曜日、袋井市のジャズ喫茶【マムゼル】にて、フリーダムフォーク集会が開催されました。

フリーダムもなんと今回が140回。年に6回のイベントですから、ざっと四半世紀の歴史があるのですよ。

僕が通い出してからでも19年になりますから、長いですよね。


この日の一番手は【T&O】

150321_1932~01.jpg

“ママはフォークシンガーだった”って歌が良かった。誰の歌だろう


【楽人】

150321_1952~01.jpg

一曲よしひろさんとのデュエットもありました。


御前崎からのお二人(名前失念スミマセン)

150321_2009~01.jpg

斉藤和義とスピッツを素敵なハーモニーで聴かせてくれました


【ラフレシア】

150321_2027~01.jpg

新曲やフックブックローのナンバーを御披露目です


【マシス】

1427006094062.jpg
(撮影夢華さん)

1427005895629.jpg
(撮影kakuaさん)

この夜は僕が一次会のトリとなりました。三曲入魂で良い感じで歌えて良かったです。

いや、ここだけの話。三曲目を歌ってたら頭痛がひどくなって、残りの曲はカットさせてもらいました。スミマセン


二次会はお久しぶり!黒岩靖子先生から

150321_2118~01.jpg


“オータムパパ”秋山正明

150321_2130~01.jpg

“砂布巾”山本先生

150321_2148~01.jpg


と、ここまで観て、僕は体調が悪化しまして、どうにも我慢ならず帰宅させて頂きました。


そしてなんと、僕が帰ってすぐに伊藤優亮君が来店したそうです


優亮君、この春より再び歌で勝負をする為に東京へ行くそうで(凄い!)お別れの挨拶に来てくれたとか。会いたかったな。

約束のCD、確かに受け取ったからね

150322_1904~01.jpg


頑張れ優亮君!




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
少し風邪気味です。昨夜は久々に飲み会でお酒を飲んで、ふらふらになりました。声が枯れてしまってます。今週末土曜日のフリーダムフォーク集会では元気に歌えるよう、養生して治したいと思います。




さて、僕の最大のヒーロー、佐野元春の2015年最初のシングル「君がいなくちゃ」が発売になってます。

https://youtu.be/9_w21tNz4W0


ituneのみの販売だそうで、配信のみの音源をいまだ買ったことのない僕は、「誰かの願い叶うころ」と同様、この歌も買ってません。CDで出てたら即買いなのにな。でも、こうしてyoutubeでPVを観れて、聴けて嬉しいです。カッコイイですね。


この楽曲、元は元春が高校生の頃に作った歌で、その頃に作ったデモテープが元春の学校の寮で出回っていたせいで、デビュー前なのに一部の音楽サークルで愛唱歌になっていた、というのは知る人ぞ知る話。


そのエピソード、僕はこのラジオで知りました


https://youtu.be/Cn8QqmHLk_8



去年のライブで聴いた記憶と比べても、今回のシングルは結構ロックなアレンジだな、と思いました。オリジナルと比べて、元春はずいぶんと歌詞やコードを変えてます。新しい歌詞の方が、僕は好みです。


今回、youtubeを観ていたら、なんとそのデモテープ音源があがっていて(!)びっくりしました。音があまりよくないけど、これは貴重な音源ですよ。


https://youtu.be/vo5fcte-gtA



10代の元春の声!なんとも良いですね。オリジナルの歌詞が若い、というか、あまり洗練されてなくて青臭い感があるのですけど、このデモヴァージョン、結構良いじゃん!と思っちゃいました。
(早々に削除されちゃいましたね。当然ですが、残念)


今年の初夏にはCOYOTE BANDとの三作目のアルバムが出るそうです。そして、なんと来年に佐野元春のソロ名義のアルバムも出る計画があるとか!嬉しい。楽しみで仕方ない。待ち遠しいです



今秋には全国ツアーもあるみたいだし、30周年記念の時の興奮よ再び、ですね。デビュー35周年、気持ちが俄然盛り上がって来ました。


いろいろな音楽が好きだけど、やはり佐野元春の新作を聴ける喜びは格別です。こうして元春のことを書くだけで、心が高揚する。自分でもどんだけ好きなんだって思いますが、好きなんだから仕方ない。“佐野元春”って口ずさむだけで胸の一部が疼くってくらい、愛があります。

サノモトハルって響きこそ、僕の永遠のマジックワードと言えそうです





マシス
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
2015年3月11日、20時より今年もMusic Hugが開催されました。

150311_2129~02.jpg


掛川駅の連絡通路の壁には、昨年、薫さんたちが石巻市へ募金を届けに訪れた時の写真が飾られました。現地の及川さんからの手紙も


150311_2129~01.jpg


出演者は敬称略にて


【楽人】
150311_2028~01.jpg

【マシス】
写真なし

【taketake】

150311_2042~01.jpg

【TARK】
150311_2044~01.jpg

【HeartWarmCompany】
150311_2050~01.jpg

【HIRO】
150311_2105~01.jpg

【今駒泰之】
写真なし

【喜貴&SHIN】
150311_2114~01.jpg

【素すう】
150311_2127~01.jpg

【Penbro】
150311_2139~01.jpg

【下尾真秀】
150311_2142~01.jpg

【橋本薫】
150311_2202~01.jpg


寒い中、たくさんの方に足をとめて頂き、感謝です

150311_2105~02.jpg


昨夜、二時間で集まった募金は、合計58836円だそうです。


発起人のユズちゃん、お疲れ様でした

150311_2206~01.jpg


集まった皆さん、お疲れ様でした


150311_2230~01.jpg


そして、終了後も余韻覚めやらず歌っていた人達、お疲れ様!

150311_2239~01.jpg
150311_2238~01.jpg


また来年、きっとパー




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

明日は東北復興支援イベント、Music Hug 2015が掛川駅北口のサンクン広場にて行われます。

時間は20:00~22:00の予定。出演者の詳細をメールで頂いたので、以下転載します


橋本 薫
楽人
喜貴&SHIN
taketake
TARK
下尾 真秀
今駒 泰之
マシス
HIRO
Penbro
HeartWarmCompany
素すう


計12組。出演順番は当日決まるそうです。平日ゆえ、仕事を終えてから来る方は定刻に間に合うか分からない、との理由なので、御了承のほどを。


今まで、音楽のチャリティーイベントに関して、決して肯定的ではなかった僕です。そんなお前が何しとん?と言われたなら、

大好きな人達が一生懸命に頑張っていることをお手伝いしたい

という一言につきます。

結果、僕なんかがほんの僅かでも、東北復興のお役に立てたなら、嬉しい。

あの、他人事じゃない未曽有の災害を僕自身忘れないためにも





土曜日、ナガスパから帰宅してそのまま、録画してあった二時間ドラマ《天才探偵ミタライ~傘を折る女》を観ました

ファイル0002.jpg

ファイル0001.jpg

島田荘司が生んだ名探偵、御手洗潔シリーズの初映像化です。


既にもう原作ファンより、いろいろとクレームが出ているようですが、僕の感想は


《これはこれで、楽しい》

楽しめました。


まーァ、それでも、御手洗が寡黙すぎるとか、“演出家、頭悪いんじゃないか?”と突っ込みたくなるほどの陳腐なシーンが目についたりとかあったけど、肝心のストーリーは原作に添ってやってくれましたし、いちいち目くじら立てず、これはこれで、ということで


原作にないキャラクターで、坂井真紀さんが頑張ってました。

この女性キャラが御手洗という人物について、視聴者への通訳係をしてた。御手洗の天才ぶりと奇人ぶりを分かり易く説明する役を担ってたのですが、

はっきり言ってそれ、石岡君と男性刑事がやるべき役目なのですね。坂井真紀さんに何の罪もないのですけど、彼女がいない方が良かったな、と僕は思いました。



小説の御手洗を知らない視聴者が、これを観て原作に手を伸ばすきっかけになったらいいと思います。





マシス

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
前日記からの続きで、あすとらの歌を貼らせてもらいます。



「青空」



僕の歌の中では珍しいAメロ、Bメロ、サビがある、J-POPっぽい構成の一曲。出だしが僕、ブリッジが相棒、サビが二人で歌うという、掛けあってハモる、の典型的なパターンです。相棒の高い声が活きるので、重宝して歌ってます。相棒の歌の上手さに比べて、僕の歌は音程がフラットしています(悲しい)。伴奏はギターとベースのみ。コーラスは僕が入れてます。



「迷彩の壁紙」



歌詞に僕の趣味がよく出ている、変な内容の歌。サビの歌詞は今でも気に入っています。録音はシンプルなアレンジにコーラスをたくさん重ねたもの。間奏で一部タンバリンの音が消えかかるのは、コーラスを何度も重ねているうちにMTRのテープが伸びてしまった為!当時のMTRは市販のカセットテープで録っていたのです。


「ミルククラウン」



好きな歌です。4つの循環コードで、コーラスとカウンターヴォーカルで遊んでいます。録音はヴォーカルも僕一人の多重録音ですが、ライブでは二人でコーラスを手分けしながら歌ってます。



「時代の淘汰」



とあるライブイベントで“時代”をテーマにした歌を一曲歌えと言われて、作った歌。読んでわかる通り、おふざけというか言葉遊びの歌詞です。この音のミックスは気に入ってます。これもドンカマなしでエイヤと録ったもの。



発表したものに言葉を添えるのは蛇足かとも思いますが、そう滅多ない機会ですので駄文を添えさせて頂きました。聴いていて、僕も作った時の思い出が溢れてきたもので、懐かしかった。


なかなか最近ライブはしていない《あすとら》。相棒の歌を楽しんでいただけたら、幸いです。

100717_2320300001.jpg




マシス
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
前日記で、僕の歌グループ《あすとら》のことを書かせてもらいました。で、せっかく相棒が《あすとら》の映像を作ってくれましたので、もっといっぱい貼らせてもらおうと思います。

音源は全て、あすとらの音源『ホームメイドⅠ』からです。

150309_1703~01.jpg

150309_1703~03.jpg



僕達の録音は打ち込みはなし、演奏出来ない楽器は使わずに、下手なりに全部の音を二人で作ろうと決めて録ったものです。


「合言葉」



歌っていて楽しい、元気な歌です。ギター、ベース、タンバリンと、僕と相棒の歌。この歌はハモリもコーラスもなく、ユニゾンで掛けあいながら歌ってます。この演奏を録る時はドンカマ(リズムガイド)を聴いていません。勢い重視です。



「はじまりはすべて」



ライブの1曲目で歌う歌を意識して作りました。音源ではギターが中央、左右から三つ流れてきて、一番の後の間奏で、ずっと中央にいたアルペジオのトラックがストロークのトラックと位置が入れ替わります。二番から勢いのつくイメージにしたかったからです。

ハモリは相棒が上、僕が下を歌ってますが、“焦ってばかり”の歌詞のところでユニゾンになり、“いつまでも”で上下が入れ替わります。コーラスアレンジを凝ろうとしたわけでなく、ラストまで下でハモリのラインを拾えなかった未熟さゆえです。



「地平線のうた」




とても気に入っている歌で、3コードで作りたい歌、書きたい歌詞を作れた満足があります。ギター、ベース、タンバリン、イントロにシンセのオルガンを薄く被せてあります。相棒が力強く歌ってくれてます。


「遠回りしながら」



マイナーコードで情緒的な内容の歌です。クサ過ぎるか?と作った当初は思いましたが、相棒がとても気に入ってくれて、人前で何回も演奏するようになりました。

今でも相棒といきなりステージに上がることにでもなったら、「はじまり」か「遠回り」のどちらかを演奏すると思います。いきなりでも大丈夫なほどに歌い込んだ歌です




続く





マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇