音楽家の居る庭 ~mathis~

訪問ありがとうございます。音楽のこと、本のこと、日々感じていること、他愛もなく書き綴ります。


テーマ:
いただいていた有給休暇の消化休み(まわりくどい)も、なんてことなしに終わりそうです。

地元の老人ホームの納涼祭があるというので、家族で行ってきました。

140727_1704~01.jpg

田舎な地元の催しなので、露店とかしょぼいのかしら、と、あまり期待せずに行ったのですが、これがなかなか活気ありまして、ちゃんとした納涼祭でした。

どのお店も値段が安い。儲け出ないだろ?と心配になるほどの安値です。

子供に風船やお菓子を配ってたり、ヨーヨー釣りとか輪投げとかも無料です。会場内をボランティアの方が冷たいお茶を配って歩いているので、ジュースを買う必要ない。これじゃ飲み物売れないですねぇ

ボランティアの中高生がかわいらしい声で呼び込みをしています。みんな笑顔で楽しそうなのが見ていて気持ちよいです。若者が夏休みにボランティアなんて素晴らしい。若者バンザイ

よさこいグループの踊り、和太鼓や弾き語りの演奏など、ゲストによる賑やかしも楽しかった。

140727_1817~01.jpg

140727_1803~01.jpg

140727_1834~01.jpg


弾き語りの方の名前は聞きそびれましたが、「ふるさと」や「上を向いて歩こう」を素敵な声で歌ってました。


ホームのおじいちゃんおばあちゃんも楽しそうでした

140727_1850~02.jpg

最後は盆踊りで締め。

140727_1850~01.jpg


風も心地良く、良い夕べでした。

行く前はちょっと面倒くさかったけど、いざ行けば予想以上に楽しかった。なんでもやってみるものですね。

出不精なもので、ついつい引きこもりがちな僕ですが、娘がいてくれるおかげでいろいろと出かけてます。休み中に日焼けもしました。夏休みっぽいです。



ロディ・フレイムの新譜、我慢できずにAmazonで注文しちゃいました。

140727_1330~01.jpg

娘がいるので、まだ聴けていません。

連休最終日、今日はあとで一人で外出させてもらうつもりです。車でロディをガンガン聴こう




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)
PR
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
西岡楽器主催の夏のライブイベント『summer live 2014』の申し込みハガキが、数日前にウチに届きました。

ご丁寧なことに往復ハガキにて“出演されるか否か返信を下さい”、みたいなことを書いてあったので、すぐに記入したのです


ところが僕、そのハガキをうっかり出し忘れてまして、今日、出してきました。

もとのハガキが行方不明で、内容をしっかり覚えてないのですけど、締め切り過ぎてたような気がする?

もし無事に受理されたなら、8月31日(日)に袋井楽器にて『summer live 2014』に出れる、かもしれません。

なにぶん、僕がまだ出たことないイベントですので、どんな感じなのか?楽しみにしたいと思います。

初めてのハコですし、まだ聴いたことない人の演奏が聴けると良いな。


実は今日、ハガキを出したついでは、コンビニにて佐野元春のチケットをゲットした帰り道だったのでした

140726_1016~01.jpg

10月4日、浜松窓枠での佐野元春チケット、取れました!良かった良かった

あと2ヶ月ちょい、また窓枠に戻って来てくれるのを指折り待ってるぜ。窓枠を選んでくれてありがとう元春


金曜日エムステのBUMP OF CHICKENは楽しく拝見しました。民法テレビのライトの下で、ずいぶんと藤君の顔色が良く見えました。




マシス
いいね!した人  |  コメント(2)
PR

テーマ:

大人エレベーターが書籍化されたみたいよ、と、連れ合いに教えてもらったので、本屋に行って買ってきました。

140725_1621~01.jpg

《大人》をテーマに、もしくは《人生》を切り口に話をしていくというビールのCMの書籍化で、妻夫木聡さんを聞き手に、そうそうたる面子が対談相手に名を連ねてます。

僕は佐野元春の出演をきっかけにCMを知ったのですが、なかなか素敵な内容でした。放送で流れなかったノーカットのバージョンをYouTubeで観れたりして、とても面白かった。

このCMが書籍化されて、内容が全て手元において読めるってのは、ちょっと良さそうです。


地元のめぼしいCD屋でロディ・フレイムの新譜を探しまくったけど、見つかりません。

《休みはロディ・フレイムをじっくり堪能する》という計画は早くも頓挫しそうですが、大人エレベーターをじっくり読みたいと思います。


そう、今、有休消化のための休みをもらってるのですが

昨日は家族サービス、娘のたってのリクエストで

140724_1642~02.jpg

熱海へ行ってきました

140724_1643~01.jpg

秘宝館にはもちろん行きません。


ウチの7歳児が何故に熱海に惹かれたか?



実は熱海後楽園ホテルにて“こびとづかん”のフェアをやっているのです。



140724_1344~01.jpg

140724_1223~01.jpg

ホテル内、さまざまな場所にいる“こびと”達を探して、

140724_1634~01.jpg

全部見つけると、こびとづかんの認定証が貰えます。

140724_1347~010001.jpg

ノリノリで楽しむ娘。こびとはレアなやつほど変な所にいて、なかなか見つけられない(ほとんど連れ合いが見つけました)。まさか!?と思う場所に居たりして、目線を変えるって大事ですよ。頭が固いとダメです。


他、ホテルのプールで泳いだり、お昼にカレー・ビッフェでおなか一杯カレーを食べたり、後楽園ホテルで一日楽しみました。



その後は、せっかくの熱海に来たのだからと、日帰り温泉に入って、夕飯に魚を食べて来ました。



140724_1827~02.jpg

何も調べずに、いきなりふらっと入った居酒屋でしたが、さすが魚うまい!


娘はもともと刺身が大好物。お寿司が食べたいというので娘だけお寿司頼んだのに、僕の海鮮丼を味見させたら、もっと食べるといいだして、


結局、海鮮丼も半分以上平らげてました。そんなに食べて大丈夫か?と、ちょっと心配になるほどの食べっぷり。よほど美味しかったのでしょう。


他にも熱海、車で通りすぎる看板に面白そうなものがいっぱいありました。熱海、なかなか楽しそうです。また来たい。






マシス

いいね!した人  |  コメント(6)
PR

テーマ:
連れ合いが拾ってきてくれました

IMG_21091212050004.jpg

フジロックのリハーサル中だそうです。

カッコイイ


秋のツアーの浜松窓枠公演、一般発売は今週土曜日です。

なぜ窓枠だけ先行発売を見落としたのか?

あまりにもキャパが小さいので、先行はなかったのかしら

ホントにそうなのか?


なんにしても、元春を窓枠で観るチャンスは逃せない。チケット取れると良いな

山下達郎のツアーも今週から始まります。ファンのページではネタばれトピックスが既にあがってます。見たいような見たくないような。

たぶん我慢できずに見ちゃう






マシス
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
この連休は休日出勤もありましたが、のんびりと休めました。

僕自身の音楽活動はなかったけど、刺激的な音楽の夜もあり、日曜月曜はひたすらグータラして疲れを取ったのです。取り切れてないですけど、休めました。


実は今週、さらに少しだけ連休を頂く予定なのです。

前々から決まっていたヤツで、子供の夏休みに合わせてのこの時期の有休取得です。家族サービスがメインとなりますが、僕自身のやりたいこともしたいと思っています。

かと言って、一人で今一番やりたいことは録音でして、それは娘がいるとちょっと難しい。

娘は僕がギターを弾いてる時はほっておいてくれますが、録音機材を出してくると寄ってきます。

で、あっちいけとも言えないので、今まで録った音を聴かせたりマイクで遊ばせたりと、まぁ作業になりません。

録音は家族が留守の昼間にコソコソやるしかないようです。


この休みはCD屋にも行ってないのですけど、今ちょっと買いたいCDがあります

ファイル0001.jpg

ロディ・フレイムが八年振りの新譜を出していたのに、偶然今日気づいてしまって、ひそかにコーフンしているのです。

ロディ・フレイム。元アズティック・カメラというバンドのヴォーカル&ギターで、僕は彼のソロになってからのアルバムが大好きなのですね。

特に前作が、僕にとって最高の音楽でした

ファイル0002.jpg

『ウェスタン・スカイズ』/ロディ・フレイム

ここ十年で、こんなに好きになったアルバムはないかもしれない。それぐらいハマったアルバムです。

それまでなんとなく好きだっただけのロディが、この一枚で僕にとっての佐野元春やボブ・ディラン、ギルバート・オサリバンと並ぶ特別な存在になりました。

ロディ・フレイムの熱烈なファンからは《地味だ》《渋すぎる》との声もある一枚ですが、


このアルバムは僕の一つの理想です。


叶うものなら僕はこんな風にギターを弾けるようになりたい、こんな曲を書きたい、こんな音で録音したい。憧れの全てがある。ホント参っちゃいますよ。

聴く度に、まるで十代の頃に音楽を聴いたように胸がドキドキしちゃうもので、こんな風に音楽を聴ける気持ちが懐かしくも嬉しいのですね


ロディの新譜を休暇にのんびりと聴き込むのが楽しみです



マシス
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

奇数月の第三土曜日は、袋井市ジャズ喫茶マムゼルにてフリーダムフォーク集会の日です。

7/19(土)僕は休日出勤のため、20時まで会社に居て、終わってから速攻マムゼルに向かいました。

今回のフリーダムでは、橋本薫率いる伝説のバンド【くつ下】が出演するとあって、なんとしてもこれには間に合いたい、と泡食って来てみたら



140719_2044~01.jpg

ちょうど始まるところにギリギリで飛び込めました。セーフ



140719_2049~01.jpg

カッコイイ!

フルメンバーでの演奏は何年ぶりなのでしょう。ブランクを感じさせない迫力のステージを見せつけてくれました。

5人の音圧が凄かった。袋井南公民館でのくつ下解散ライブの時のことを思い出しました。

くつ下復活のワンマンライブは、菊川ひょうたん島にて8/17(日)13:00からだそうです。

8/17(日)の13:00?僕、つま恋ウォーターパークでの演奏時間と丸かぶりだよ。行けないじゃん!

薫さんに《13:00を16:00からにしましょうよ》とお願いしましたが、無理無理とすげなく手をヒラヒラされました。残念。



この夜は僕が着く前にsinging birdsとHEART WARM COMPANYの演奏がされたようです。

くつ下の熱演に続いて、一次会のトリは、クロール・バタフライ・レーベル

140719_2112~01.jpg

クロバタは二次会で演る予定が、一次会の出演者に欠員があったため、急遽、繰り上げのトリ演奏とか。

ルーナ姫、《くつ下には、、負けません!》と気合いの挨拶。やるなぁ


そして二次会の出演者は


義弘さんペア
140719_2143~01.jpg

秋山さん
140719_2158~01.jpg

高田さん
140719_2209~01.jpg


全ての演奏が終ったのが22時半、フリーダムにしては割と早めに終了したので、その後は皆さん客席でゆっくりお喋りしてました。

僕はクロールさんの席でこの際とばかりに、一度クロールさんに聞いてみたかったこと、とりとめなく聞いてしまいました。


前々から興味があったのです。作詞作曲の話とか、ステージのこと、音楽活動への意気込みとか、好きなベーシストの話とか、


さながらクロール独占インタビューの体でした。クロールさんもはぐらかさず、僕の不躾な質問に気さくに答えてくださって感謝なのです。


マーカス・ミラー、帰ってから検索してみました。うーん、かっこいい。


高田さんも話に加わって、いくつか個人的にも参考になる意見を頂いたり、たいへん励みになりました。


歌をやっていて、僕はあまり褒められることがないので、褒めてもらえたらやはり嬉しい。


それでも、そこを褒められてもどうしよう?と思うことも、あります。でも、それも周囲の評価には違いないので、そこは自分で咀嚼して受け止める。


皆さん、僕の持っていない能力をたくさん持っています。音楽に精通した人達と話すのは刺激的で、いろいろと考えさせられました。



皆さんお疲れ様でしたパー



マシス

いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
今年の森ほたるの開催まであと10日ちょいとなりました。

森ほたる音楽スタッフのブリコさんの日記に昨夜、今年の出演者一覧表が乗りましたので、僕の日記にも転記しておきます。

出演予定の皆さんは自分の演奏日を確認してみてくださいね。


【8月1日(金)】
・下尾真秀/ユングフラウ
・すいか/Heart Warm Company

【2日(土)】
・TARK/坂羊一
・鈴木美也子/かんくろう
・みゅーず/
・ベリーダンス/

【3日(日)】
・クロール・バタフライ・レーベル/弾夢弦気
・おおや/橋本薫

【4日(月)】
・こだま商店/えんじろう
・大塚友紀/キエロス

【5日(火)】
・大須賀義明/橋本薫
・ぶりこら/ラフレシア

【6日(水)】
・かわせみ/taketake

【7日(木)】
・ルゥとYopy/浦山修司
・磐田フォークソングクラブ

【8日(金)】
・マシス/ユズ
・Issa高橋/Woody Bell

【9日(土)】
・夢ネコリン/無限時空
・shinji澤中/遠藤彰

【10日(日)】
・大須賀義明/村松有二/島謙三
・BITTER JAZZ TRIO/アンサンブルU

【11日(月)】
・大塚友紀/だいちーず
・キエロス/

【12日(火)】
・昭和音楽堂/おおや
・とんぼ玉

【13日(水)】
・山神バンド/村松克子
・パンゲアーノ/山住昌孝

【14日(木)】
・楽人/HASSY
・TO


【15日(金)森ほたる音楽祭】
MOZU/TARK☆/橋本薫/坂羊一/こだま商店/Spoon/スーダラボーイズ/カラフルパレット/音心/Heart warm company





6日、11日、12日、14日はまだ出演者募集中となってますね。もし出演希望の方いらしたら、僕宛てで良いですから連絡ください。もしくはブリコさんの日記のオーナーメッセージまで。(マイ・ブリコラージュ)

一覧表は《18日現在》とありますので、細かい変更はあるかもしれません

今年は僕、最初の打ち合わせに行けてなくて、例年以上に調整の進捗状況がわかってない。本当スミマセン。

それぞれの演奏場所の詳細はまだ調整途中とのこと。連絡がギリギリで大変ご迷惑をおかけしますが、楽しいイベントになるよう何卒ご協力願います。




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
辻仁成が自腹切って単身ツアーを敢行する、というニュースを観ました。

チケットを買ってくれたファンのため、マネージャーもローディも連れず、本当にひとりで回るらしい。

まるでアマチュアじゃん


そういうことなら、義によって是非とも応援に駆け付けてやりたい、と名古屋公演の日付を調べたら

平日で森ほたるの日で、ちょっと行けそうにない


オーノー

うーん残念。上手くないですねぇ

行ける方は僕の代わりにぜひ得三へ足を運んでやってください


頑張れ仁成




話変わって

今週末の土曜日、7/19は袋井市ジャズ喫茶マムゼルにて、フリーダムフォーク集会が開催されます。

チャージは500円、19:30より開演予定で、今回は伝説のあのバンドが出演予定なのです

が、

僕はその日、休日出勤のため20:00まで会社につめていなくちゃならんことになりました。

オーノー

もちろん仕事が終わり次第、速攻マムゼルに駆け付けるつもりですが

伝説のあのバンドの出番に間に合うだろうか。不安ですよ。

実は昨日、僕の親父が腸ヘルニアの手術のため入院しまして、説明を聞くとか何とかで僕、仕事を休ませてもらったのです。

手術は今日の午後に無事済んで、今日は病院から直で準夜勤に来たのですが

昨日休んだせいか、仕事の計画が著しく遅れてしまったとか。で、休日出勤が確定したという次第


こちらも上手くないですねぇ

なんとか頑張って、当日を心置きなく楽しみたいところです。


今週末土曜日、お時間のある方々は是非ともマムゼルにお運びくださいね。僕も8時半には絶対に行くようにします



マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ビートルズの「ディス・ボーイ」や「オー・ダーリン」みたいな、三連譜のバラードが好きです。いわゆるロッカバラッドというやつです。

8分の12拍子、タタタ・タタタのリズムで、要は《チークタイムでかかる曲》といえばわかりやすいか。つのだ☆ひろ「メリー・ジェーン」みたいな。

僕は自分ではロッカバラッド作ったことないですから、余計に憧れがあります。

ライチャス・ブラザーズの「アンチェインド・メロディ」(映画「ゴースト」の主題歌)や、プラターズの「オンリー・ユー」が有名ですね。

ビーチボーイズの「サーファー・ガール」も典型的です。ロッカバラッドは渚にも実によく似合うのです。

最近の若手のミュージシャンでロッカバラッドやってるのを聞きません。何故でしょう。ちょっと前の世代だと皆やってるのに

元ちとせに「六花譚(ロッカバラッド)」って素敵な歌がありますけど、僕の思うのとはリズムが違います。


ロッカバラッドは50~60年代の洋楽の影響が大きいでしょうから、リアルタイムで聴いてきた音楽の違いかもしれません。
(あとチークタイムの需要が減ったせいか)


浜田省吾とかサザンはロッカバラッドの曲をめちゃ作ってます。桑田佳祐も省吾もああいうの好きなんでしょう。

サザンのロッカバラッドの中で、僕が特に好きなのは「恋はお熱く」です。鼻歌でよく口について出ます。「涙のアベニュー」「栞のテーマ」もそうですね。「栞のテーマ」はホント素晴らしいな。大好き。


省吾は選ぶのが困るほどあるけど、「sweet little darling」「センチメンタル・クリスマス」の出来が良いと思います。他にも「二人の夏」「汐風の日々」「さよならに口づけ」「傷心」「ガラスの部屋」と、たくさん作ってます。


他の人でも、例えばRCサクセションなら、「モーニングコールをよろしく」。「スロー・バラード」も一応そうかな

矢沢永吉なら、「I love You OK」「引き潮」「長い旅」

山下達郎「おやすみロージー」

竹内まりや「リンダ」「恋の嵐」

もちろん、加山雄三の「君といつまでも」は名曲。「僕の妹」も



つま恋ウォーターパークでの歌イベントが決まって、さぁプールサイドの歌って何かな?と考えたら、真っ先にイメージしたのがロッカバラッドでして

ちょっと今回、どんな歌があったっけなーと、想いを馳せてみたのです



マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
氷室京介、引退の意向を表明 25周年ツアーにかけた想い

ソロミュージシャンの引退宣言、なんか不思議な気持ちがします。角松敏生の活動凍結を思い出しますね。

最近は聴いていなかったから、思い入れの程なんて言えないですけど、《氷室京介を卒業する》ってのは何なのでしょう。

文字通り、次のステージへ向かうという意味か、単にAKBを真似て冗談めかしたのか?

ステージ活動だけ封印するってこと?よくわかりません。拓郎みたいにまた復活してくれるならいいけど

でも、氷室京介の今の年齢で、数年後いざ活動再開するとなっても、休止前の状態に身体を持っていくのはかなり大変だろうなと想像します。

僕は昔、森昌子の歌声のファンでしたが、引退前と復帰後では比べるのもつらいほど声が出てなくて。あれは悲しかった


例えば、加齢による体力、気力の衰えで、とてもファンの望む氷室京介をやれない、って美学で辞めるなら、活動再開はないのかもしれません。

それ以外の理由のリタイアは、ファンはちょっと容認し難いですよね。ずっと応援してきたファンの手を放す理由をちゃんと説明して欲しい、って思うでしょう


25周年ツアーの最終日の模様はWOWOWで放送されるらしいので、それはチェックしたいと思います。

BOΦWY解散を宣言した1224のコンサートを思い出しますね。でも今回は氷室は泣かないかも


ずっと氷室京介は聴いてない、と書きましたが、シングル「wild romance」を聴いた時はとてもかっこいい曲だと思いました。あれももう10年前なのですね。これだけキャリアを積んだその上で、まだこんな風通しの良いメロディが紡げるなんて、なかなかのモノだと感心してしまいました




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード