音楽家の居る庭 ~mathis~

訪問ありがとうございます。音楽のこと、本のこと、日々感じていること、他愛もなく書き綴ります。

NEW !
テーマ:
佐野元春のアルバム『VISITORS』が発売30周年ということで、BSプレミアムで特番が放送されました

140922_0209~01.jpg

140922_0206~02.jpg

140922_0203~01.jpg

NHK偉い。一つのアルバムの素晴らしさを伝えるために、ここまで掘り下げたドキュメント番組って、邦楽ではちょっとないでしょ。

元春の最高傑作であり、最大問題作の『VISITORS』。

観始めは僕、過度に期待してなくて、結構冷静に観てたのだけど、いやー、興奮したな。素晴らしいです。これ観て『VISITORS』聴きたくならないヤツいないですよ。元春ファン垂涎の内容なのはもちろんのこと、邦楽ファンには絶対に観るべき、老若男女に観て欲しい。


昔の元春ってカッコイイね、だけで終わってない。おいおい佐野元春、相変わらずカッコイイな!って思ってしまう。それが嬉しいです。

俺が好きな元春だもの、カッコイイんだよ。でも、いつも心に居るはずなのに、しょっちゅうは思い出さない。そんな僕でも、これ観てひさびさに《元春ファン》の血が騒いだな。テレビ観ながら心臓ドクドクゆってたのがわかった。


僕にとっての『VISITORS』は元春の一番好きなアルバムでは決してないけど、『VISITORS』がなかったら今の佐野元春はない、ってのはよくわかるのです。

あの時、『VISITORS』なんてとんでもないモノを作っちゃった佐野元春だからこそ、僕は今でも敬愛してやまないのだと思う。

安住の地に留まらず、新しい場所へ行くことを恐れないあの精神に、心底感心したのですね

『VISITORS』を知ったことで、他のどんな音楽を聴いても、保守的なヤツばかりだなーって思えた。保守的が全て悪ではもちろんないのだけど、音楽を聴く耳がスレてしまった。

佐野元春のおかげで、音楽の聴き方まで変わってしまったのです。

番組で元春が言っていた《アンユージュアル(個性)》、村上春樹のいう《シグネチャー》ですよ。

もしかしたら、僕の作ろうとする音楽の精神的な柱みたいなものは、此処あたりにあるのかもしれません


10月に浜松窓枠に元春が来ます。いやいや、ライブ前に良い前哨戦を頂いちゃった。窓枠、盛り上がっていくぞ




マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(2)
NEW !
テーマ:
お彼岸ということで、午前中にお墓参りをして、午後から食料品その他の買い出しに出かけました。


プレ葉ウォーク浜北を訪れると、いきなり歌声が耳に飛び込んできました。

140921_1625~02.jpg

140921_1337~01.jpg


シンガーソングライター小林さやさん企画のイベントが行われていたようです。

140921_1337~03.jpg


小林さやさんの歌を聴くのは初めてです。素晴らしい歌声にたくさんのお客さんが足を留めて聴き入ってました。

昨夜もお会いしたすいかさん、カメラを構えたお馴染みまさよしさんの姿も見えましたよ。


プレ葉の二階に上がると、こちらでも歌声が聞こえる

140921_1424~02.jpg

こちらでは浜名湖フォークジャンボリーの告知イベントが行われていました。
(僕も昨年歌わせてもらいました)

親分こと、名倉まことさんにちょこっとご挨拶。

140921_1528~02.jpg

森ほたるでおおやさんと共演したお話を伺い、あれが最後だったのかなとしみじみおっしゃってました。


買い物を済ませて、娘と遊んで、さて帰ろうかと出口へ向かうと、歌声がまた聞こえてきます。


140921_1625~01.jpg

ノーザンスターさんが歌われてました。やはり初めて聴きましたが、なんとも素敵な心地よい声をされてます。

客席に浦山修司さんを発見したので、ちょこっとご挨拶。隣のすいかさんと談笑されてました。


柱の影で出番を待つ未来ちゃんの姿も見つけたので、こちらにもご挨拶。明るいオーラいっぱいの素敵なコです(もちろん歌も素敵です)。聴けなくてゴメンナサイと謝って、プレ葉を後にしました。


プレ葉ウォーク浜北、地元ミュージシャンのイベントに力入れてますね。ありがたいことです。ぜひまた僕もお世話になりたいものです。




マシス


追記


【橋本薫と愉快な仲間たち】(あってる?)の皆さん、東北遠征お疲れ様でした!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
袋井市のジャズ喫茶【マムゼル】にて、奇数月第三土曜日の恒例のフリーダムフォーク集会に行ってきました。


先日亡くなられた大矢さんがいつも座っていたソファーには、久美さんが花を置いてくれていました

140920_1933~02.jpg

こんなん見たら、つい泣きそうになる。

きっとこの夜もソファーに身を沈め、聴いてくれていたことでしょう(時々うたた寝しながら)。


この夜も、一次会、二次会と初参加の方を含めて、たくさんの演奏が聴けました

140920_1933~01.jpg

140920_1944~01.jpg

140920_1956~01.jpg

140920_2008~01.jpg

140920_2034~01.jpg

140920_2111~01.jpg

140920_2152~01.jpg

140920_2212~01.jpg

140920_2233~01.jpg

僕も二次会で歌わせてもらいましたよ

DSC_0650.jpg



旧友の下尾真秀が遊びに来てくれて、久し振りにワイワイと話し込んだのです

140920_2028~01.jpg

喋った喋った。すいかさんや良康さん、バナナンの西田さんやクロールさんを交えて、昭和歌謡やらアイドルのこと、地元の音楽事情と、まァ次から次へと話が尽きない。

ついバカ盛り上がりしちゃって、さぞや煩かったことと思います。演奏者の皆さん騒がしくしてスミマセン


で、なぜか下尾から、地元のFMラジオ番組【神谷幸恵の独立宣言】に一緒に応募しよう!と誘われたのです。

ラジオなんて、僕みたいなモノが出れるものか?

盛んに誘ってくれまして、なら応募だけでも、という気になってきました。


ラジオなんて、18年前にFMharoに相棒と二人で出た以来です。もし決まったら、ちょっと楽しみかも




マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
前の日記で、山下達郎のコンサートの感想を書いたのですが、まだツアー中のため限定記事にさせてもらいました(そのつもりでした)。

ところが僕、書いた時に寝ぼけてたのか、うっかり翌日の昼頃まで一般公開にしちゃっていたようです。

慌てて限定記事に切り替えましたが、読まれた方もいるかもしれません。

《これからコンサートに行くのに内容を知っちゃったじゃないか》《知りたくなかったどうしてくれる》って方には、大変失礼しました。お詫び申し上げます。

限定記事のコンサートの感想は、ツアーが終わった頃にあらためて一般公開に切り替えます。



娘に誘われて、久し振りに砂遊びをしました。

140920_1524~01.jpg

富士山を作る、と作業を始めてたのをポーッと見ていたら、父さんも手伝って!と言われまして

最初は普通に砂を集めて盛っていたのです。

で、思いつきで、砂をかき集めた先に造形を掘ってみました


140920_1546~03.jpg


??ケロロ軍曹のつもりだったのですが、

140920_1546~01.jpg

絵を描くのと違ってどうも似てくれません。妙に生々しくてシュールなモノになってしまった。


そのうち娘が《怖い、見たくない、潰して!》と嫌がられたので、元の砂地に返しました。

力作のつもりでしたが、失敗です。でもせっかく作ったものを潰す時はなんとも悲しい気持ちになりました。残念


話替わって


先日観た掛川ミュージックストリームinつま恋にて、終演後にアンケートを書いてきたのです。

そしたら

140915_1211~01.jpg

140915_1211~02.jpg

アンケートの抽選で、なんと地元温泉の入浴券が当たりました。やったー


せっかく貰ったのだから、使わなきゃ。和の湯、しばらく行ってないな



マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

車で高速を飛ばして、およそ90分、


140918_1648~01.jpg

名古屋国際会議場に来ました。

140918_1649~01.jpg


センチュリーホールにて、これから待ちに待った山下達郎のコンサートです。


心配されたチケットの本人確認はとてもスムーズに済みまして、一安心です。


140918_1713~01.jpg

ずらりと並んだカウンター嬢にチケットと身分証を見せて、チケット購入者の名前と一致していたら、嬢が手ずからリストバンドを付けてくれます。


140918_1717~01.jpg

これも日替わりで色が違うようですね。今日はオレンジ。ちなみに昨日はホワイトだったらしい。

これがないとグッズの列にも並べません。グッズのみセシメヨウというお客はお断りなのですね。徹底してますね。


本人確認は会場一時間前より始まるというので、だいぶ早めに会場に来たのですが、わけなかったですね。

しかしグッズの列は相変わらず大変なことになってます。



時間があったので、僕も列に並んでパンフレットを買いました。


(開場前にグッズが帰るなんて、とてもありがたい)


140918_1723~01.jpg


グッズの列をふと見ると、掛川兵藤楽器の店長さんが既に並んでいらして、おおっ、と驚きつつ会釈。ひょんな所で出会ってしまいました。


買ったパンフをパラパラと楽しみつつ、コーヒーを飲みながらこの日記を書いているのですが、


どうやら、開場したようですね。


うーん、入場の列も長蛇ですが、そろそろ並ぶかな


待ってろ達郎


今行くぞ




マシス

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ピーター・セテラが「素直になれなくて」を歌っている映像を見つけました。2008年のアイスショーでの模様みたいです。



懐かしいですねぇ。この歌は耳タコになるほど聴いたものです。「Hard To Say I'm Sorry」を「素直になれなくて」って邦タイトルに訳したセンスはいいですよ。


僕がこの歌を知った時は、すでにピーター・セテラはシカゴを脱退してましたので、ライブ映像では後任ベーシスト(ジェイソン・シェフ)の歌声ですっかり認知してしまってました。

http://youtu.be/9YDOKZbya9Y



こうやって比べて聴くと、歳をとってもピーター・セテラがオリジナルの歌い回しだということがよくわかります。後任さんも素晴らしい歌声なのですけどね。ベース弾けて歌も歌えるヤツ
なんて、よく見つけたなと思います。


男性のハイトーン・ヴォイスには有無を言わさぬパワーがあります。高音でガツンとヤラれると《参りました》って気になるものです。

高けりゃ良いってもんじゃない、という奥田民生の名言もありますが、これは民生が高い声を出せるからこそ説得力がある言です。

僕の歌を聴いて、高い声ですねーと言って下さる方がたまにいますが、キーとしては僕はそれほど高くないです。声が細いので高く聞こえるだけで、一般男性のキーに毛が生えた程度しか出ません。

自分の声をハイトーンとはおこがましくて言えません。出たらいいな、とは思うのですけどね。


こんな声してますので、どちらかというと太くて丸い凛とした声の方が憧れはあります。あとはしゃがれ声。絶対自分には出せませんからね。


僕にとってのハイトーンヴォイスは、なんといってもエアサプライです。洋楽ファンから《なんだいあんな商業ロック》と馬鹿にされるかもしれませんが、エアサプライ大好きなんですよ。


エアサプライの、グラハム・ラッセルのハイトーンを堪能するならやはり「渚の誓い」でしょう。

http://youtu.be/z4OL027LMgQ



訳詞付きの映像はありがたいです。この歌は歌詞もすごく良いんです。

英語のタイトルは「making love out of nothing at all」。歌詞には渚は全く出てきませんが、エアサプライが夏、海に似合うというイメージから《渚の誓い》なんでしょう。

サビの、これでもか!と言わんばかりの言葉の畳み掛けにはカタルシスがあります。でも、歌う側としては有り得ないほど難しい歌です。

よしんばこのキーが出る人でも、サビの“ダダダダダダダ”って言葉の連打を歌えっていうのは無茶いうなって話です。初音ミクじゃないんだから。まさに、高けりゃ良いってもんじゃない。

この不可思議な曲の佇まいはJポップにどこか通じますね。

さすがのグラハム・ラッセルも近年は高音が苦しくなったようで、「渚の誓い」もライブではキーを下げてうたっているようです。他の歌は結構原曲のキーでがんばってますから、やはり「渚の誓い」がずば抜けた難曲ということでしょう。


あと、日本人に馴染みといったらこれか。これもすごい邦タイトルだ。《潮風のラヴコール》「Just As I Am」




僕が1994年に友人と二人で歌い始めた時、男性二人組、一人がギターで二人でハモるとなれば、僕等を当時サイモン&ガーファンクルとかエヴァリ・ブラザーズを例えに出してくださった方がいたのですけど(畏れ多い!もったいないことです)、

僕がイメージしていたのは、実はエアサプライだったのを告白したいです。これは相棒にも言ったことないかも。


僕がエアサプライを聴いてガツンとやられたように


相棒の高音ヴォーカルで、聴く人をガツンとやりたかったのですね




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

森博嗣の小説「すべてがFになる」が10月にテレビドラマ化されるらしいです。



140914_2233~01.jpg

この本の表紙、タイトルに胸がときめくノベルスファンはたくさんいると思います。

森博嗣の本は、特に犀川先生と西之園さんの活躍するS&Mシリーズは大好きで、思い入れがたくさんあります。

この本が出版された1996年当時、森博嗣と京極夏彦の両作家にはどれだけ楽しませてもらったことか!

とにかく二人とも(特に森は)新作のリリースが早くて、次々と出版される新作に驚きつつも、嬉々として買ってきて読み耽りました。


ちなみに連れ合いは僕以上に筋金入りの読書フリークなのですが、

今思えば、僕も彼女も森博嗣と京極夏彦のファンだったということが、結果として縁結びのきっかけでもありましたので、

その意味で?「すべてがFになる」のドラマ化はウチら夫婦にとって捨て置けないニュースなのです。


しかし何で今頃これを実写化?

そんな話題が最近多くないですか?ルパン三世しかり、ホットロードしかり

企画を考えた人は、今の時代性も考えずに、自分が学生時代に夢中になってたモノを出してきただけなんじゃ、とか思っちまいますよ。でも、案外ホントにそんなとこじゃないのかな。


マンガや小説の実写化は、常に原作ファンの反発があるものと想像します。絶対に誰が演じたって文句出ないはずないもの

連れ合いから「すべF」の実写ドラマ化の話を聞いた時、やはり反射的に《誰が犀川先生?萌絵ちゃんは?》と、キャストの心配を訴えましたよ。


ちなみに今回、犀川創平先生を演じるのは



綾野剛


西之園萌絵は



武井咲



うーん


本を未読の人には、この二人が役に合ってるかどうかもわからないでしょうけど

二人とも僕のイメージとは違いますね。

でも、ありか無しか問うなら、僕は《あり》だと思いました。

武井咲ちゃんは文句なく美人ですし、知的なセリフも似合うことでしょう。


綾野くんは、よく知りません。連れ合いいわく、ハンサムすぎないのはとりあえずOK、とのことです。


僕の思う犀川先生は佐野史郎を若くしたイメージ。いまなら柄本佑とかいいんじゃないか、と思うのですけど、どうでしょうね。萌絵ちゃんは誰でも違う気がします。出来るなら宮崎あおいが10代の時なら合ってたかな。



それよりも肝心の真賀田四季は誰が演る?


(ネットでは栗山千明が最有力との下馬評でした。仲間由紀江とか真木よう子も)


国枝さんは?

(一見男にしか見えない女性、いっそ男に演らせるとか?)

喜多先生は?

(成宮君とか?)

諏訪野さんは?

(藤村俊二?)


気になることはいっぱいあります。登場人物みんな、大好きでしたからね。


なによりも、あの原作のイメージをどこまで愛情持って映像化してもらえるのか

正直、不安は募るのですが


普段まったくドラマを観ない僕も、放送を楽しみに待つことにします






マシス



余談


竹内まりやの新作『TRAD』は大変楽しめました。芳醇な15曲を幕の内弁当のごとく堪能して大満足です。「静かな伝説」「Your eyes」「いのちの歌」の並びには泣けました。




いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
娘から、袋井市にあるネコカフェに行きたい、とせがまれました


140906_1350~01.jpg

【MILK】には娘は三回目、僕は二回目の訪問となります


140906_1407~01.jpg


ここには子猫ってほど小さいコはいなくて、猫は割と愛想なしです。娘が撫でようとしても皆が皆は触らせてくれない。ある意味正しく猫と接するカフェです。

そんなんでも、たくさんの猫たちに囲まれて娘は楽しそうでした


今回は一匹だけ、僕の膝に乗ってきたコがいました。

140913_1438~01.jpg

時間内ずーっと、人の膝に陣取ってくれて、僕もまったく動けなかった。水を飲みに降りても、すぐに戻ってくる。そのうち抱き上げてもされるがままにしててくれました。


懐いた、というほどではないけど《悪くない寝床だ》くらいに気を許してくれたのでしょうか。

おー可愛い、と嬉しかったですけど、こいつがまた、他の猫がせっかく寄ってきても威嚇して追い払っちゃう。

せっかくネコカフェに来たのだから、いろんなコと触れ合ってみたかったけど、

マァ、複数にペタペタ触って回るより、一匹にしっぽりと懐かれる方が稀なことですし、乙な体験だよなと思いました。


ネコカフェを後にして、TSUTAYAに寄ったついでに

140913_1711~01.jpg

竹内まりやの新譜『TRAD』を購入しました。


実は僕、竹内まりやのCDをちゃんと定価で買うのは初めてです。

今まではレンタルで『Request』を借りたりとか、中古CD屋の安カゴで見つけた『ボナペティ』を買ったりはしてたのですけどね。

前作の『デニム』なんていまだに聴いてないくらいの浅い思い入れなので、達郎まりやファンから怒られそうですが

今回は達郎のラジオ(まりやさんとの夫婦放談)を聴きまして、ああ、いいなぁと思いまして、ちょっと買ってみたくなったのです。

初回限定付録のDVDも良さそうです。今夜じっくりゆっくり鑑賞したいと思います。

(追記。ライブ映像のまりやさんがとても可憐です。バックでギターを弾く達郎の勇姿も観れます!)


18日の達郎のコンサートには、道中これを聴きながら高速を飛ばして行こうかな




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
140911_1807~01.jpg

山下達郎の名古屋公演が、いよいよ来週に迫ってきました。

マニアック・ツアーと銘打った今回のツアー、いったい達郎がどの歌をセットリストに持ってくるか!?と、始まる前からファンの間で期待の声があがっていました。すごく楽しみです。

もう既に、何本かツアー日程は消化されていて、ライブを観たファンのレポートをいくつかネットで読ませて頂きました。

期待通りの凄いステージのようで、僕の期待値もあがってます。


ネタバレ厳禁なセットリストも、ついついチェックしちゃったりして
(我慢できなかった)


僕は事前に、達郎に演奏してほしい曲を予想しつつ、候補曲をいくつか挙げてみたのですが

当たりは二曲だけのようです。それでも嬉しいですよ。


名古屋国際会議場センチュリーホール、この会場に行くのは元春のライブ以来かな。

三階席です。ぜいたくはゆえない。取れただけでもラッキーと思って楽しんできます。


今回のチケットは初の本人認証システムだそうで、身分証明書は免許証でいいのかしら。よく調べてから出かけなければ


来週の達郎のライブを楽しみに、今日も明日も頑張っていきます。

達郎のライブが終わったら、10月の元春のツアーを楽しみに生きてゆく、

その他の時は、自分のライブ予定でも楽しみに暮らしていこうと思います。


ボーッとしてると、時はやたら早く過ぎるから、こうやって日々のポイントに楽しみを置いて、待ち遠しいなぁーと思いながら過ごすのは、時の流れが長く感じられて良いと思う。

待ち遠しいって思えるイベントは大事です。人生にたくさんあった方がいい


僕にとってライブは純粋なる楽しみですので、定期的にあの空間に行くことがガス抜きになってます。

自分のライブでも、今のところは緊張はしてもプレッシャーはない。気楽なものです

プレッシャーを常に自分のライブに課しているミュージシャンは大変です。エラいと思いますね。

音楽だけは苦しい思いをしながらやりたくはないな

アマチュアだからこその、揺るーく音楽をやらせてもらえている状況を、ありがたく思います

(もちろん緩くても真剣に音楽やってない意味ではない)




マシス


追記

チューリップの安部俊幸さんが今年7月に亡くなっていたと、一昨日のニュースで知りました。R.I.P


いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード