音楽家の居る庭 ~mathis~

訪問ありがとうございます。音楽のこと、本のこと、日々感じていること、他愛もなく書き綴ります。

NEW !
テーマ:
今日(土曜日)は家族にムリを言って、半日だけ一人時間をもらいました。

雨が降ってるのに、と家族に呆れられながらも(朝は雷が鳴ってたらしい)、静岡のCD屋まで出かけて行ったのです。

大きなCD屋さんの棚を眺めて、たっぷりとエネルギーを充電してきました。

もちろん衝動買いも数枚。地元でも買えるようなブツには目もくれず、慎重に厳選しました。

こういうことで悩むのは実に楽しい。


コレクターズの新譜は、とりあえずスルー。おじゃる丸のエンディングが一曲目なのが、ウーン、吉と出てると良いけど

あと、浅井健一の新譜が出てたとは知らなかった。これはチェックしてみたい。

ベンジーのソロはファンからの評判がマチマチで、聴く前にレビューを見てしまうと《良くないのかしら?》と不安になるのですけど

僕のお気に入り『スフィンクス・ローズ』でも、結構に辛辣な感想があったりしますので、

“他人の意見は当てにならない”ってことですね。ことベンジーに関しては特に。


道中、車を運転しながら、歌を一曲作りました。

短めの、テーマだけで肉付けが終わっちゃうような歌です。自作でいうと「背の高い影法師」を作った時と感覚が似てる。

こういう歌を以前はしょっちゅう作っていた気がしますが、最近じゃ珍しいです。何にしても歌が出来るのは喜ばしいことです。


最近はどうも、意識しないと歌詞が長くなりがちで、マズいと思っているのです。

だんだん歌詞が饒舌になるのは、(僕の場合は)書いていて言葉の収集がつかなくなるせいですが

“長い歌より短い歌の方がエライ”ってのが僕の持論で、歌とは三分間のポップスこそ最高だと思ってるのですね。


矢野顕子が細野晴臣のソロ曲を称して言った名言、《歌が歌としての愛らしさを持っていた!》

ミスチルで例えるなら、「君がいた夏」「Replay」の愛らしさかな

キャリアを重ねていくと、作る歌詞の内容どんどん壮大深遠になっていって、この手の楽曲の愛らしさは失われがちになります。

それはソングライティングの成長であって、仕方ないことなのですが

愛らしい歌が好き、という原点を忘れないでいたいと思うのです
(スピッツがいまだそれを忘れないように)



外出ついでに、不調だったアンプを修理に出しました。

140823_1717~01.jpg


ヤレヤレだぜー




マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

ネットの小説ファンのコミュニティーにて、こんなアンケートのお題目が出ていたそうです。

《タイトルがときめく小説を10冊あげよ》


連れ合いがアンケートを見て、悩んだついでに僕にも聞いてきました。

で、僕も考えはじめたら,、止まらなくなった。

ときめく小説のタイトルって、これは迷いますね。確かに上手いタイトルってのはあります。

でも、多くの場合が小説の内容に感動したことで、タイトルの印象まで美化してしまい、ときめくんじゃないかと。内容ありきなのですね。


例えば、ぱっと頭に浮かんだダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」。

この小説を読んだ人なら、タイトルだけでグッとくることでしょうけど、未読な人にどこまで魅力があるタイトルか?ちょっと疑問です。


読んだことない人に、《お、面白そう。ちょっと読んでみたいかも》と思わせるタイトルこそいいんじゃないかと


そこで、内容ありきでなく、純粋にタイトルだけでときめく小説、をルールとして考えてみました。

(暇な夫婦です)


まぁ、センスの問題ですから、個人の好みを言い出したら、とても決定打は出ません。

二人して、あれはどうだこれもあるぞ、と、いろいろ協議してみて、

連れ合いも僕も《これは文句無し!》とたどり着いた小説は


「吾が輩は猫である」夏目漱石


ありでしょう。

古今東西、このタイトルに勝るタイトルはないだろう、というのが僕と連れ合いの意見です。


次点


「銀河鉄道の夜」宮沢賢治


これ、絶対良い小説だろ!ってタイトルだけでわかる。こんな素敵なタイトルを思いついたら、小説の内容が悪くなる訳がないのです。


「風の又三郎」「グスコーブドリの伝記」「注文の多い料理店」など、賢治のタイトルのセンスは大好きです。


ちなみに僕の一押しは


「獄門島」横溝正史


「八つ墓村」「犬神家の一族」「悪魔が来たりて笛を吹く」などなど。横溝正史の小説のタイトルはどれもケレン味たっぷりで、読む前から内容を妄想させてくれます。

ミステリーには名タイトルが多いですよ。乱歩とか凄く良い。「陰獣」「人間椅子」「屋根裏の散歩者」などなど、素晴らしい。


そう、連れ合いは短大の時、太宰治でレポートを書いたらしいのですが

僕が《太宰なら「人間失格」かね》、と聞くと、連れ合いは

《太宰なら絶対に「斜陽」だ》

、と言い切りました。なるほどー


ネット上では、江國香織、恩田陸の小説が名タイトルとして人気が高いようです


考えるほどに、10冊選ぶのはなかなか難しいですね



追記


僕の個人的な思いで選ぶ、優れたタイトルの本、


以下、むりくり選んでみました




「獄門島」横溝正史

「悪魔が来たりて笛を吹く」横溝正史

「銀河鉄道の夜」宮沢賢治

「吾輩は猫である」夏目漱石

「陰獣」江戸川乱歩

「魔界転生」山田風太郎

「サラダ記念日」俵万智

「月に吠える」萩原朔太郎

「スプートニクの恋人」村上春樹

「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦

「博士の愛した数式」小川洋子






マシス

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
夏休みも終わり、昨日より通常の生活が戻ってきました。

お盆の接待、その合間をぬって家族サービスも楽しんだりと、《何かをした!》っていう充実感でいっぱいのお休みとなりました。

今回は僕の個人的な楽しみをしてる暇がないな、と思ってたら、17日、半日ふっと時間が空いたので、

家族を誘って浜松美術館へ行ってきたのです。

140816_1412~01.jpg

話題の『ウルトラマン創世記展』です。

140816_1413~03.jpg

ウルトラマンは男の子の永遠の憧れです。ずっと気になっていた催しなのです。

着いてみたら駐車場は全て満車。市役所の駐車場から歩いていくことに

入場すると、カネゴンが出迎えてくれました

140816_1413~02.jpg

来場者2万人突破とか。スゴイ。大盛況なのですね。

実際に使われた台本、科特隊基地のミニチュアや制服、スパイダーガン、懐かしい小物がズラリ並んでます。

金城哲夫のストーリーメモ(アイデア帳)の自筆の書き込みを見た時は震えました。

あとは撮影に使われた特撮セットや着ぐるみの展示、ウルトラマンや怪獣のマスク、怪獣の一部(撮影が終わると再利用されたり、記念に関係者が切り分けて持ち帰ったりと、丸々はなかなか残ってないみたい)。

【当時撮影使用】と書いてあるヤツは【同じ型より復元】したというレプリカと比べて、やはり迫力が違います。ウルトラマンや怪獣の顔がハンサムです。

会場内を歩きながら僕は《うわーコレ本物か!》と興奮しっぱなしでした。

140816_1507~02.jpg

初代ウルトラマンから、ウルトラマン80まで、大好きなウルトラマンの世界を堪能出来ました。

俳優の黒部進と森次晃嗣が来場した日に来たかったですね。トークショーに参加したかった。


美術館を出て、ついでに浜松城の周りも久しぶりに散策

140816_1527~01.jpg


帰りは

140816_1616~01.jpg

いもねこショップでお茶してきました。


浜松に出たついでに、前日壊れたアンプを島村楽器に修理に出してくれば良かった、と後で思いました



マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
8/17(日)掛川ヤマハリゾート【つま恋】にて、歌わせてもらってきました

140817_1010~01.jpg

つま恋名物のプールサイドでの演奏です。

前日の天気予報では降水確率100%で、コリャだめかなと思いましたが、いざフタを開けてみればピーカンの夏日。まさにプール日和となりました。

入り口で関係者の許可証を頂き、ウォーターパークの近くまで車を持っていけるのは優待されてる気分です。


11時よりラフレシアの演奏

140817_1116~01.jpg

14時から僕、マシスでした

1408252742635.jpg


プールサイドにいた家族連れと若者達、いきなり僕が歌い出したものですから、《何事よ?》という視線が刺さりました。お騒がせしました。耳を傾けていただいて感謝です。


今回、始まる前は、プールで水遊びを楽しんでいるお客さんを前に何を歌えば良いのかしら、と、ちょっと考えてしまいましたが


でも、いざ歌い出したら楽しかった。


【演目】

In The Flight(フィッシュマンズ)

フキゲンワルツ(初音ミク)

ヤマハ発動機社歌(谷山浩子)

夢のなる樹(マシス)

音楽の続き(マシス)


カバー曲多めにしましたけど、自作曲をいつも通りやっても案外いけたんじゃないか?と、終わってから思いました。カバー曲は一曲で良かったかも

もちろんカバーも自分の好きな歌をやったので、お客さんに日和ったつもりはないのですけど、

自分はリゾート地に似合わない、という思い込みで、始まる前から呑まれてましたね。自信たっぷりの顔でいつも通りやるべきだった、と反省です。


しかし、暑かった。歌い終えたらシャツが汗でグッショリ。着替えが欲しかったです。


夏休みの行楽地とあって、やたら知り合いに会ってしまいましたが、

(お盆にお経をあげてくれた若和尚さん夫婦も来てた)

以前マムゼルでお世話になった、日本チャチャチャオールスターズバンドの村松夫妻がいらしてたのにはビックリ。久しぶりにご挨拶出来て嬉しかったです。


つま恋は何をやるにもお金がかかりますが、遊んでいて文句なく楽しい。良い所です。


つま恋関係者の皆様、貴重な1日をありがとうございました。



マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ばあちゃんの初盆が終わりました。なんとか無事に済んでホッとしてます。

準備と片付けも含めて、月火水木金土とお盆づくしの夏休み。たいへんでした。


初盆のお宅を子供達が念仏を歌って歩くという、地元の風習【盆車】を、今年ウチは迎える側だった訳です。


今では盆車をやる地区も少なくなりましたが、僕の地元は子供念仏を引き継いでやっています

140813_2218~01.jpg

140813_2229~01.jpg

ちょっと遠くの地区の盆車も歌いに来てくれました

140814_1824~01.jpg

140814_1825~01.jpg

雨が降ったり止んだりで、子供念仏もたいへんですよ。


そして、念仏といえば、【遠州大念仏】があります。

140814_1436~01.jpg

140814_1455~01.jpg

140814_1438~01.jpg

140814_1449~01.jpg

140814_1449~02.jpg

この辺りの【地域無形文化財】にも指定されている、伝統ある風習です

140814_1518~01.jpg

140814_1521~02.jpg

子供念仏の一曲「そもそも遠州」の歌詞にも出てきます


/そもそも遠州浜松の
/大念仏の始まりは
元亀三年申の年
/申は五月の下旬にて
/武田信玄、家康公
/三方ヶ原にて戦して

という具合に、史実に基づいた風習らしいですが、この舞が具体的に何を意味してるとか、よく知りません。

でも、群舞と太鼓と銅鑼のパフォーマンスは、なかなか見応えあるものです。


大念仏が来るとあれば、一目見ようと見物人が集まりますので、初盆の家はお菓子や飲み物を配ります。

ぶっちゃけ、いろいろとお金はかかりますが、それも故人への供養なのですね。



さぁ、明日17日はつま恋プールサイドにて歌います。14時からです。雨が心配!




マシス
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
今年のお盆は僕のばあちゃんの初盆です。

唐突ですが、森ほたるでも演奏してくれているオカリナ奏者【えんじろう】さんは、実はウチの親戚です


昨年、ばあちゃんのお通夜の時、そのことに気づいた我が家は、

えー、○○君がオカリナ奏者?森ほたるにも出演している!?

と、静かに盛り上がりました。


なんせ僕にしても、彼が5歳くらいの時に会った以来でしたから、

歌の場で偶然に会っていたとしても、お互い気づいてなかったでしょう

《ばあちゃんの巡り合わせだね》と、言ってくださった方もいてくれて、本当だよな、と思いました。


そして今年の初盆の集まりに、えんじろうさんは来てくれました。


そして、こともあろうに

DSC_0509.jpg

演奏して頂きました

DSC_0508.jpg

なんて贅沢な!


酒の席でオカリナ演奏をさせるなんて、ホント申し訳ない限り。

うるさい中でも演奏はさすがの素晴らしさ。酒席の面々も(聴いてた人は)その音色に感じ入ってましたよ。

演奏中、僕に向かって《お前はギターでセッションしないのか》と囁く従兄弟に、無理無理と手を振りました。

一緒にやれたら素敵ですけど、ねぇ、恐れ多いですよ。いつかね


僕の親父がですね、えんじろうさんの事を知ってから、昨年の森ほたるの演奏に始まって、菊川でのホールコンサートにも追いかけていったりして

《こういう、オカリナとか、ばあちゃんの初盆の時に演奏してもらうのも良いな》

とか言い出して

本人に、図々しくも頼んでしまったのですね。

また、えんじろうさんも快く引き受けてくれちゃって

えんじろうさん無理言ってゴメンね。ありがとね


お盆二日目の夜、家族はだいぶくたびれてきてます。

お客さんの接待やら何やら、ずっとバタバタしております。たいへん忙しいものですね。


昨日、初日の朝には隣家の方々がセガキ台?を作ってくださるのを見てました

140813_1217~01.jpg

140813_1039~01.jpg


ここに位牌を置いて、13日に読経と焼香を行います。

隣家の付き合いで、今後は僕も作る機会があるかもしれません。勉強になりました




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
明日から三日間、お盆です。ばあちゃんの一周忌、初盆です。いろいろ準備が忙しかった

今日は親父がナスとキュウリで馬と牛を作るのを見てました。


140812_1324~01.jpg


ナスの牛が山椒魚みたいですが(ウーパールーパー?)、なかなか可愛い顔してると思います



8/12(火)森ほたる見にイベント12日目は、雨天のため中止となりました。

本日の歌予定は、昭和音楽堂/おおや(本町、松浦茶店前)、とんぼ玉/大須賀義明(開運町、鈴木土建前)となってましたが、うーん残念。また是非来年、よろしくお願いします。



そう、今日の昼間、西尾楽器&袋井楽器主催のSummer live 2014の予定表が送られてきました

140812_1712~01.jpg

思えば僕、袋井楽器でのイベントは初めての参加となるのです。

タイムテーブルを見ると、新撰組以外は聴いたことないミュージシャンばかりです。楽しみですね

summer liveは8/31(日)袋井楽器にて14:30より始まります。僕の出番は16:00からとなってます。先の話ですが、お時間のある方ぜひお運びくださいませ


その前に今週末ですよ。日曜日につま恋のプールサイドでの歌があるのでした。

プールサイドで僕、何を歌えばいいのか、選曲にちょっと迷ってます。

すでにつま恋プールで演奏された方々のセットリストを参考にしようと、いろいろと検索してみたりしましたが


あまり参考にならないですねぇ


当たり前です。セットリストは人それぞれなのですから


弾夢弦気さんに森ほたるで会った際、どんな感じだったかお話を聞いたのですが、

《プールサイドは子供いっぱいだから、ジブリの歌を演るといい》

とアドバイスを頂きました


去年の夏は僕も、荒井由実の「ひこうき雲」とか歌ってましたけど、今年はもういいかな。

僕がいま演ってみたいジブリの歌って、「時には昔の話を」(/加藤登紀子)くらいか。でも夏のプールサイドには似合わないでしょう


夏のプールサイドに似合う歌?そんなこといちいち気にして選曲してもどうしようもないですね


いつもの自分で演ります

(多少はTPOを考えつつ)




マシス
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
8/11(月)蒸し暑い一日でしたが、夜は涼しい森町でした。森ほたる11日目、見にイベントの報告です。

この夜は城下でキエロス/S&A、仲横町にて大塚友紀/だいちーずの演奏がありました。

僕は石川園冷蔵庫前(仲横町)でのパフォーマンスを見に行きました

140811_1941~01.jpg


19時半に現地に着いた時には、大塚友紀さんのワンステージ目が終わってました。早めに始まった?見逃した。


演奏したのは、愛知県知立から来てくださった

【だいちーず】

140811_1942~01.jpg

140811_1945~01.jpg

親しみ易い選曲と凛とした歌声、なにより親しみ易いお喋りはお客さんにたいへんウケてました。

【大塚友紀】

140811_2009~01.jpg

140811_2024~01.jpg

大塚さんのセカンドステージはしっかり観ることができました。

今年二回目の森ほたる出演となる大塚さん。たくさんの出演ありがたいことです。

歌い出した途端にホンワカした独特の空間が生まれ、お客さんを引き込んでいきます。優しい歌声にみんな聴き入ってました


撮影隊も前に進み出ます

140811_2025~01.jpg

一人は森ほたるスタッフの亀沢さん、もう一人は橋本薫さん(この夜も一輪車)

皆さんお疲れ様でした。


今、窓の外を見ると結構雨が降ってます。今夜の森ほたるは大丈夫だろうか


明日からお盆です。ウチはばあちゃんの初盆なので、今日はいろいろと準備をしていて忙しないです。

明日から三日間、家でばあちゃんを偲びます




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
森ほたる見にイベント2014でのラフレシアの演奏を、オザワヨウイチくん(僕の高校の同級生、森ほたるのスタッフ)がyoutubeにアップしてくれました。


「心 密かに」ラフレシア 
/2014.8.5



https://www.youtube.com/watch?v=WbbDyUsTm4s


堕ちた花びら
深紅のゆりかごの中
今 君に 託してゆく

涙に触れた
まつ毛の先に風花
今 君に 託してゆく

譲れないのは
認めてるから
忘れないのは
求め合うから

君と二人

足りない言葉
間際の唇でさえ
まだ 君に 託してゆく

手をほどくなら
目にもの見せてあげるよ
その胸を 切り開いて

埋もれてみたい
溺れてみたい
いずれ 逢うなら
ここで 逢うなら

君と二人

寄り添い
心 密かに 夢を見る
つたなくても
そこに愛がある
狂おしく


譲れないのは
認めてるから
忘れないのは
求め合うから

君と二人

寄り添い
心 密かに 夢を見る
つたなくても
そこに愛がある
狂おしく

心 密かに 歌い
心 密かに 夢を見る
つたなくても
そこに愛がある
狂おしく
惹かれてゆく

惹かれてゆく

狂おしく


堕ちた花びら
さやかな水面に 浮かぶ
あの 夢に 溺れてゆく



mathis



「心 密かに」は僕のストックしてあった未発表歌でなく、純粋にラフレシアに書き下ろした曲です。歌詞もメロディも気に入っています。

印象的なピアノのイントロと夢華さんの歌唱が楽曲のイメージを底上げしてくれました。僕が歌ってもここまで伝わる演奏は出来なかったと思う。歌ってもらえて感謝です。


頼まれもせずにこの歌を作っちゃったことで、ラフレシアの二人に《作ったからオリジナル曲あげられるよ》と、楽曲提供を持ちかけたわけですが、

僕の歌をラフレシアが歌ってくれたことで、Heart warm companyへの「新しい風」の提供に繋がり、その後、池谷さんから歌詞に曲をつけてくれ、という相談を伺ったりと、いろいろなきっかけへの枝葉が広がったのです。

なんでもやってみるものですね。ありがたいことです



マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

140725_1631~01.jpg


夏休みに入ってから、キャロル・キングの自叙伝を読んでます。ずっと読みたかった本で、ようやく購入したのです。

ゴフィン/キングのソングライター・チームの作品は僕も大好き。もちろんソロの名作『つづれおり』も、その次の『ミュージック』も好き

「ロコモーション」「ナチュラル・ウーマン」「ユーヴ・ガッタ・フレンド(君の友達)」、etc.名曲が山ほどあるキャロル・キング。彼女の逸話は、まんまアメリカンポップスの歴史です。どこを切っても面白いエピソードに事欠かない。

惜しげもなく文中、きら星の如くスターが登場します。盟友ジェイムズ・ティラー、ジョニ・ミッチェル、ポール・サイモン、リトル・リチャード、ジョン・レノンにポール・マッカートニー、U2、ボブ・ディラン、ヴァン・モリスン、エルビス・コステロ、etc.

みんながキャロルの音楽(キャロルの人となり)を愛していて、キャロルもまた周囲のミュージシャンへの愛情を隠さない。その姿がなんとも好感なのですね。

キャロル自身が音楽ファンで、愛する音楽のことを語る口調の熱っぽさは、読んでいて気持ちよいものです。

(ボブ・ディランがいかに優しい男かわかる逸話があります。いいんですよ)


台風11号も過ぎて、また蝉の声が戻ってきました。

昨日はおとなしく一日中ウチにこもっておりまして、(僕は本を読んでいたのですが)

窓の外の嵐を怖がりつつ、録画してあったテレビ番組をゴロゴロしながら観て、ウトウト昼寝したりと、花火見物の疲れのままにグータラしてました


見にイベントの見学もお休みさせて頂きました。

森ほたる見にイベント10日目は行われたはずです。

昨夜の歌予定は

大須賀義明/村松・島・松井トリオ(仲横町、堀内茶店)、


BITTER JAZZ TRIO/アンサンブルU(天宮神社舞殿)

以上でした。

雨天時は屋内で行われる段取りのようでしたが、どうだったのかな。皆さんお疲れ様でした。


今夜の森ほたる見にイベント11日目の歌予定は、


大塚友紀/だいちーず(仲横町、石川園冷蔵庫前)、


キエロス/S&A(城下、藤江善郎邸)

となっております。

今日は良い天気でバッチリでしょう。たくさんのお運びをお願いしますパー




マシス

いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード