音楽家の居る庭 ~mathis~

訪問ありがとうございます。音楽のこと、本のこと、日々感じていること、他愛もなく書き綴ります。

NEW !
テーマ:
ムーミンのテーマパークが再来年に埼玉にできるそうな


ムーミンテーマパークが2017年に日本進出 ムーミン谷の世界を体現

これは流行るのかな。オープンしたら、さぞや混むんでしょうね。実際、作って繁盛しないと困るでしょうしね。

ムーミンのテーマパークは北欧の自然をイメージしてるみたいですが、そこに人がワラワラと行列を作って押し掛けるのは、なんか自然破壊な雰囲気にならないだろうか、と、既に心配になってます。余計なお世話ですね。

富士にあるシルバニア・ビレッジみたいな雰囲気の施設になるのかな、と個人的にはイメージしたのですが、どうなんでしょうね。

アニメでおなじみ、ムーミン一家の住むムーミンハウスが再現されるらしい。あれは建築物として実際に建築可能なものなのか?それはかなり見てみたい。

埼玉は遠いのでなかなか行けるものじゃないですけど、ムーミンファンとして興味あります。


行ってみたい、と言えば神奈川県の藤子不二雄Fミュージアム。前から行ってみたいと思っていて未だ叶ってない。あそこはかなり面白そう。

僕のアイデンティティは幼少期に藤子不二雄で作られた部分が大なので、聖地巡礼な面もちで一度伺いたいものです。



ルゥさんのBBSに来週末のイベントのフライヤー写真が載ってました

ファイル0003.jpg


マシスの名もちゃんと入っております。ありがたいことです。BonTime珈琲館、7月11日の本番前に一度訪れておきたいと思っています。

当日になって道に迷うのは避けたいし、なにより美味しい珈琲を飲みたい。




マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

杉真理と村田和人が二人で弾き語りツアーを回ってると知り、慌ててチケット予約をしたのが先月のこと。6/27(土)静岡公演を観ることが出来ました

150627_1820~01.jpg

その音楽はずーっと親しんでいたのに、ライブはようやく観れた、って感じの二人です。

およそ二時間半の弾き語りライブ。いやー、笑った(?)。笑ったなんてライブ感想も変ですけど、本当に楽しかった。二人とも喋りが面白すぎ。“ブログに書いちゃダメですよ”って内容満載で、おかしかったなぁ。二人がメチャメチャ仲良しなのが伝わってきました。


杉さんの喋りに村田さんが本気で笑っていて、いわく、“普通ツアーを20本も過ぎたら、喋る内容もだいたい同じようなものに固まってくるモノなのに、杉君、ホントに今思いついたこと喋ってるでしょ!?”ですって。お客さんもドカンドカンとウケてました。


もちろん演奏も素敵でした。この間の鈴木康博も文句なしに痺れましたけど、杉真理はね、もう僕の青春ドストライクですから、刷り込み度合いが違いましたよ。

杉さんが歌い出して第一声を聞いた瞬間、もう首の後ろの毛がザワザワー!ってなって、《ヤバイ!本物だよ目の前で歌ってるよ近すぎるだろ》って、舞い上がりまくりました。

なんか、テレビや雑誌で見るよりも生の杉さん若いですね。体型はスリムだし声もめちゃめちゃ出てました。


村田和人さんもヤバかった。正直、杉さんに比べたら村田さんは聴き込みが足りなくて、ベストアルバムくらいしか持ってないのですけど、聴く曲、どれも良かったな。村田さんの歌のまァ上手いこと。声が若いし声量も凄くて、還暦を過ぎた方の声とは思えないです。


基本は杉さんと村田さんが交互に歌っていく構成。自分が歌わない時は相手のサポートに回ります。これが絶妙で、相手の歌をシッカリ熟知しないとああは出来ない。弾き語りとはいえ二人でガッツリ練習をしたのが伺えたのです。


この日の一番の盛り上がりは何と言っても村田さんの新譜からの「BRANDNEW DAY」。この歌はサビでお客さんにハンカチを振るよう促してたのですが、なんと、


“このハンカチのアクションを考案したのがバンドのキーボードの奥さんなんですけど、今日はそこに本人が来てます”


と、いきなりのサプライズ発言。言われた奥さんはビックリしてましたよ。


その可愛らしい奥様は村田さんにイジラれながら、“みんなのお手本になって腰とハンカチを振りなさい”と言われてました。恥ずかしがりながらも奥様、頑張って(ノリノリで)ハンカチを振り回していて、村田さんご満悦そうでした。“嫁さんサイコー!一緒にツアーを回りなさい笑”。会場は大いに盛り上がったのです。


楽しくライブを観ながら、思えば、「いとしのテラ」も「一本の音楽」も、僕は人前で歌ったことあるのですけど、こうして目の前で本物を観ちゃうと、参りました!って感じです。当たり前ですが、本物は凄い!


村田さんの新譜を記念に買って、サインも頂きました

150627_2328~01.jpg


これは家から持っていった杉さんの新譜

150627_2328~02.jpg

村田さんはとても気さくで、サインに僕の名前を入れてくれて、“マサシくん今日はありがとうね”と握手してくれました。杉さんももちろん優しく喋ってくれました。


村田さんと杉さんと握手してもらって、その後にハンカチ奥さんと握手して(笑)、会場を後にしました。ハンカチの奥様はこの夜の功労者です。



帰り道で村田さんの新譜『P-CAN』を聴きながら高速を走ったのですけど、すごーく気持ち良かった。なんか最近、僕はこういうストレートなリゾート・ポップスって聴いてなかったな、こういうの実は俺大好きだったんだよなって、身体の細胞が思い出し喜びをしてるような気持でした。

 

『P-CAN』はライブ会場と村田さんのHPの通販でしか買えないそうです。気になる方はチエックしてみてくださいね




お腹いっぱいポップスを堪能した夜でした。いやー、楽しかった!




マシス

AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
雨は降ってないけど、風が強い土曜日です。

昼間は連れ合いが所用があったため、僕は娘と二人でご飯を食べて、その後は公園でバッタを捕まえて遊んでおりました
150627_1257~010001.jpg

バッタやアマガエルは平気だけど、ちょっと大きいとひるむ娘8歳


そして今、僕は二週間ぶりにまた静岡市に来てます


150627_1751~01.jpg


二週間前に鈴木康博さんを観たライブハウス【UHU】に、今日もお客さんが詰め掛けてますよ

150627_1822~01.jpg


これから、ライブ観戦です。女性客がすごく多い。盛り上がりそうです


150627_1829~01.jpg




マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
イベントでアマチュアミュージシャンの方とご一緒する度に、おお素晴らしいと感動することが何回もあるのですが

一口に感動すると言っても、いくつか要素があって。例えば


1.歌声に感動する

2.演奏に感動する

3.歌詞に感動する

4.メロディに感動する

5.表現力(ライブパフォーマンス)に感動する


ざっくり挙げて、こんなところでしょうか。

この1から5までの要素の、どれか一つでも胸にガツンとくれば、ああ感動した、観て良かったなと思わせてもらえるワケです。

まぁ、感動するってのは個人の嗜好がありますので、万人が同じものに感動するってのは厳密に言うとないのですが


1と2が飛び抜けてる人もいれば、3もしくは4がとにかく素晴らしい人もいます。中には1~4はピンとこないけど、5だけはハンパなく凄いって人もいます。訳わかんないけどビンビン伝わってきた!って演奏って、あるのです。

もちろん1から5まで全てが素晴らしいって才人もいます(羨ましい限りです)。

そして、優れていれば良いってワケでもなくて、“優れてるでしょ凄いでしょ”って見え透いてしまうのは興醒めです。よく、“圧倒された”って言い方を感動表現として使われますけど、圧倒するだけでなく魅了してくれないと困るワケです。


何組か僕以外の方のパフォーマーを見てきて思うことは、結局は魅了さえしてくれたならOKだよな、ということ

表現の方法は人それぞれで、暖かく包み込む表現もあり、爪で引っ掻くような表現もあり、どんな方法であれ《聴衆を楽しませようという意志》が有るかどうかなのですね。

お客さんに喜んでもらえるのが嬉しい、って心根さえ外さなければ、どんな表現でも有りだと思うのです。


実は、某アマチュアミュージシャンのHPを読んでいたら、ふと気になったことがあって、こんな日記を書いてるワケなのですが

その方はブログの自己紹介欄に、ずっと、“あなたの気持ちを代弁して歌う”って意の文が書いてあったのですけど、

先日見たら、“私は私のために歌う”と変わっていたのですね。


うーん、何かあったのでしょうかね。


僕自身のことで言えば、僕が誰かの気持ちを代弁しようとか、誰かの気持ちがわかるなんて断言しちゃうのは違う気がします。そんなのわからないもの。


けど世には、誰かの代弁者でありたい、と真剣に考える人もいて、それはそれで間違いな考えじゃない。表現としてならそういう熱い表現だって、有りです。


表現者たる人々、悩み多きものなのです




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
日曜日に前出で働いたので、今日はお休み。窓の外の雨音を聴きながら、相変わらずyoutubeを一人楽しんでます。


佐野元春を観ていたら横のバーに吉田美奈子の映像が出て来て、そこからなぜか角松に辿り着きました。別に検索したわけでないのですが、同じような趣味で音楽を探す人がいるってことでしょうね。

角松は歳をとっても、歌声とか見てくれがあまり変わりませんね。スマート、というかガリガリですし。以前“歳を取ったせいで太って、体重が40キロを越えた”とか戯けたことを言ってたな。


角松のデビュー30周年記念コンサートの模様を観ていたら、これが大変素敵で、DVD欲しくなりましたよ。


「I CAN GIVE YOU MY LOVE」



イントロから鳥肌モノです。この辺りの歌を聴くと、あー、角松聴いているな!って感を僕なんて強くします。『GOLD DIGGER』『TOUCH AND GO』『BEFORE THE DAYLIGHT』辺りのアルバムは何回聴いたかわかりません。あと『T's BALLAD』ね。


この30周年の時に、個人的に僕が偏愛してやまない「夜をこえて」を演奏してます。この歌のライブ映像が観れてすごく嬉しい。

「夜をこえて」



この歌、ひょっとしたら僕が一番好きな角松ソングかもしれない。この歌は角松の活動凍結前のアルバム『あるがままに』の先行シングルでしたが、アルバムに収録されたヴァージョンが素晴らしくて、今聴いてもゾクゾクします。

凍結前なので、当時の彼のボロボロな精神状態(?)が歌詞によく表れてる気がします。そして僕も悩み多き若者でしたので、この歌にすごく勇気づけられたのです。CDに合わせて絶叫することで、ずいぶんと元気になれました。

サビの歌詞、“Runaway from the lonely night”孤独な夜から逃げ出したいってのは、まさに角松の心の叫びに聞こえたし、当時の僕の叫びでもあったのです。二番の“楽しみのためだけの虚しさに/心を曇らせてゆく/それは自由じゃない”も沁みました。


ついでに、角松バラードも貼ります

『IT'S SO HARD TO SAY GOODBYE』



デュエットの国府友里恵さんは近年は山下達郎ツアーのコーラスで活躍されてますね。もう50代?素敵だなー



有名なこの歌も

「You're My Only Shinin'Star」



これは25周年の時の映像。30周年でも歌ってますが、この歌に関してはこちらが好きです。




雨、ひどい降りですねー




マシス
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
最近タブレットを手にするようになって、インターネットがサクサクと早いので楽しいです。

元春のyoutubeをぐるぐると観ていたら、ずいぶんと気持ちが上がってきました。

こんなのとか




どなたかがコメントで書いてますが、冒頭のピアノの演奏がカッコイイ。本当にプログレなアルバムじゃないだろうか、と思ってしまう。

“人はあまりに残酷だ”

“夢は破れて/すべては壊れてしまった”
 
「優しい闇」だったり「赤い月」だったり、端々に聴き取れる歌詞がどうも悲観的、ヘヴィな印象あります。どんなんでしょうね


アルバム発売まであと一か月を切りましたし、夏ツアーの初日だって、そのすぐ10日後です。ドキドキしてきました



るびぃさんより、今週末6月27日土曜日のミュージック・フェアにて、Superflyが「楽しい時」を歌うとの情報を頂きました。そちらも楽しみです。教えて下さってありがとうございました







マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
我が家の冷蔵庫に貼ってあるマグネットに、こんな文字が刻んであります


150624_0247~01.jpg


【ほんの少しのチョコレートで解決しないことなど、わたしにはない】



思わず笑ってしまいそうになりますが、これは真理だと思います。少なくとも僕にとってはそうです。チョコ食ってる時に不機嫌だなんて有り得ない。これは僕の座右の銘に加えてよいとすら思う。


ちなみに僕の不動の座右の銘は【足るを知る】です。以前も日記に書きましたが、これはおそらく永久不動の一文。


150625_1246~01.jpg

上を見たらキリがない、って意味で僕は解釈してます(意訳)。

落ち込むことがあっても、“大丈夫、足りてる足りてる”と口ずさむと楽になります。


必要以上に欲をかいたり、周りを妬んでヤキモキするのは、とかく心に良くないのです


この座右の銘に問題があるとしたら、向上心やハングリー精神に水をさす、ってことでしょうか。


何事もほどほどに考えるのが良いですね




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
右肘に鈍い痛みがあります。しばらく前に仕事中のこと、職場の機材の角にガンとぶつけて以来、このざまです。

ギター弾くぶんにはまったく痛くないので、まだ楽観してるのですが、グッと曲げたりウンと伸ばしたりすると多少の違和感が気になる。これ以上ひどくならないことを祈ります。


昨夜、“浜松のみゆき”ことルウさんより、メールが来ました。

141217_2212~01.jpg
(昨年のON THE ROADでお会いした以来です)

7月に【イグジオーネ】で予定されていたイベントが、場所と時間の変更があるとのことです。


以下、変更後のイベント詳細になります


《音楽の集い in Bon Time》

【場所】
Bon Time珈琲館
(エスコート南浅田内)

南浅田2-13-25
441-2700

【日時】
7月11日(土)
17時20分~20時

【charge】
1000円1ドリンク
1500円1ドリンク+パスタ又はサンドイッチ


前半はオープンマイクのイベント、後半がゲストによる30分枠のライブとのことで、

マシスはゲスト枠で声をかけて頂いてます。恐れ多い。もう一組のゲストはルウ&マリ。


知らないお店の名前がまた出てきました。イグジオーネは先日場所を確認してきたのですが、変更後のBonTime珈琲館も初めて聞くお店です。

どうやら、浜松駅南にある【エスコート南浅田】というショッピングモールの一角らしいですが、ちゃんと道を調べておかねばなりません。


なんにしても、初めてのお店で歌わせてもらえるのはありがたいことです。どんなお店か楽しみです。ルウさんよろしくお願いします



先日の【焙煎屋ライブ】の余韻も覚めやらぬ中、早くも来月の焙煎屋ライブのお誘いを頂きました。こちらはBonTime珈琲館の翌週、7月18日(土)を予定されています。

詳細は決まり次第書きますが、またあのログハウスで歌えます。ありがたいことです





マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
元春の夏ツアーが8月3日の浜松を皮きりに始まることで、今から僕はずいぶんと気持ちが上がっていますが、

風街レジェンド2015のコンサートも、かなり興味を引かれてしまうニュースです

ファイル0003.jpg


作詞家松本隆の活動なん周年?かを祝って、のイベントらしいですね。先立ってトリビュートアルバムも出てるみたいです。


東京国際フォーラムで2デイズ。とても自分が行けるとは思ってないのですけど、何年か前の風街ミーティングのように、BSで両日放送してくれることを切に願うのです。


出演者に佐野元春の名前があります。但し書きがないところをみると、両日出演なのでしょう。杉真理もそうですね。そして演奏予定曲に「A面で恋をして」がある。ということは、これは元春と杉さんが生で歌うのですよね。すっげー観たい!大滝さんのパートはおそらくは銀次が歌うんでしょう。


風街レジェンド2015
東京国際フォーラム
8月21日、8月22日

[出演]
松本隆 / 細野晴臣 / 鈴木茂
(以下50音順)
伊藤銀次 / 稲垣潤一 / イモ欽トリオ / EPO / 太田裕美 / 大橋純子 / 小坂忠 / 斉藤由貴 / 佐野元春 / C-C-B / 杉真理 / 寺尾聰 / 中川翔子 / 早見優 / 原田真二(8/21出演) / 水谷豊(8/22出演) / 南佳孝 / 美勇士 / 安田成美(8/22出演) / 矢野顕子(8/21出演) / 山下久美子(8/22出演) / 吉田美奈子 and more...


もし東京に住んでいたなら、どちらかにはきっと行くだろうなと想像します。ではどちらを選ぶ?初日の原田真二はかなり観たい。二日目なら水谷豊と安田成美が気になります。「風の谷のナウシカ」大好きな歌なのです


松本隆、今回はドラム叩きますかね。もし叩いたら、おそらく公式では最後の演奏になるんじゃないかしら。その意味でも貴重なコンサートです




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
昨日の焙煎屋さんのライブはユーストリームで生中継されていたそうです。

連れ合いが昨日の夕方にスマホで開いたら、僕が歌ってたとこが(本当にたまたま)観れた、と言ってました。

僕も先ほど検索して、ひと通り観ることが出来ました。ひと通りといっても三時間弱あるので、かいつまんで観たワケですが、全出演者の演奏がちゃんと撮れてて、おおっと思いました。

おかげで昨日の素敵なイベントを振り返ることが出来て、自分の演奏を観て反省も出来た。配信ってすごい。ありがたいです。

ユーストリームは30日間は観れるらしいので、もしよかったらユーストリームの検索画面から【焙煎屋ライブ】で検索して観てみてくださいね。(ちなみに僕の演奏は2時間15分あたりからです)


僕の写真もたくさん頂きました。

IMG_23920001.jpg

IMG_2393.jpg

すげー笑ってます

IMG_2394.jpg
“撮った?”って顔

DSC_3922.jpg

DSC_3921.jpg

1434805371807.jpg

どの写真もニヤニヤしてます。それだけ楽しかったのです。

野郎の写真をつらつら貼ってスミマセン。僕はラインやFBをやってませんので、こうして写真をメールで頂けるのは大変ありがたいことです。撮ってくださった皆さんに感謝申し上げます。


【良いライブ】の定義って“自分が頑張って良い演奏をする”ことと思ってましたが(僕にはそれしか出来ないのですが)、

最近はそれと別次元に“良いお客さん”と“良い環境”に恵まれることが半端なくデカいのだ、と感じるようになりました。今更ながらに。

極端なコトを言えば、歌う人(僕)は偉くない“聴いてくれる人”“歌う場所を提供してくださる人”“イベントを企画する人”こそが真底偉いのだと。歌う場所にヒョイと出掛けて、当たり前のように演奏させてもらえることのありがたさ、をシミジミ思う今日。繋がりに感謝感謝。

しがないアマチュアですが、歌で返してゆけるよう精進しますパー



雨の日曜日。今日は午後から仕事です




マシス
いいね!した人  |  コメント(2)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇