音楽家の居る庭 ~マシス~

訪問ありがとうございます。音楽のこと、本のこと、日々感じていること、他愛もなく書き綴ります。


テーマ:
ずいぶん前に録画した二時間ドラマ「瀬在丸紅子の事件後-黒猫の三角」を、ようやく観ることが出来ました。

原作はその昔ムキになって読み込んだ森博嗣の小説「黒猫の三角」。普段ドラマをほとんど観ない僕が珍しく観てみたいと言ったために、家族は消さずにずっとハードディスクに残してくれてあったのです。

でも、いい加減早く観なよと、やんわり急かされていたので、ようやく観れてとりあえずホッとしました。


面白かった。原作のストーリーの骨格を歪めることなく、小説の面白さが綺麗に映像化されていて感心しました。主役の瀬在丸紅子は檀れいさんが格好良く演じてハマってました。

小鳥遊くんだけはイメージ通りとはいきませんでしたね。仕方ないです。女の子と見分けがつかないほど可憐な女装男子の大学生なんて、役者泣かせのキャラクターですから。紫子さんはすごく可愛くて良かった。保呂草を演った和久井映見のダンナ(名前忘れた)も良かった。


森博嗣の代表作といえば、デビュー作の「すべてがFになる」がすぐ頭に浮かびますが、森博嗣自身は、“代表作を書くという欲求はあまりなくて、結局死ぬまでに書いた全部を一作と見て評価してもらえれば良い”という発言をしています。


もし、の話ですが、もしも誰かに《自分(マシス)の代表作は何か》と聞かれたら、

おこがましくて、そんな問いにはとても答えられないですけど(代表作は周囲の評価が決めることで自分から言い出すものではないですよね)、ちょっとニュアンスは違えど、基本的には僕も森博嗣と同じような考え方をしています。


例えばオープンマイクのイベントとかで、初めて僕を観るお客さんを前に一曲しか歌えないって時、何を歌うかすごく迷います。一曲聴いただけで、それがマシスの全てじゃないのにな、って生意気な考えがどこかにあるのです。


その一曲がたまたますごく気に入ってもらえる場合もあるでしょう(その逆も当然ある)。

でも、もっと面白い歌があるよ、こんな歌もあるよあんな歌も作れたよと、常にいろいろと提出してみたい。

同じような歌を作らない、っていうのは僕の根っこの考えで、歌を作る楽しみなのです。



明日はエスケリータで友部正人さんの歌を聴いてきます。五月の静岡公演を聴きそびれたので、今回は逃せない。英気を養ってきます




マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
9月12日のNHK【SONGS】に浜田省吾が出演するそうです。

省吾のテレビ出演はBS第二の特番【SHOGO MUST GOES ON】以来でしょうか(2001年だったかな)。秋からのツアーのプロモーションにも繋がる嬉しいニュースですね。

省吾がスタジオで歌うってことは、おそらくない。中島みゆき同様、放送内容は過去のライブ映像か新譜のプロモフィルムから構成されると想像します。でも何の歌が流れるか楽しみです。



昨日の【歌劇ブラックジャック】を観に行った連れ合いに、まだ詳しい感想は聞けてないのですが、ざっくりと聞いた話では、たいへん熱の入ったステージだったらしいです。二幕、三幕が上演時間の予定をオーバーしてしまったとか。

ステージにはちゃんと字幕も出て、お客さんに歌詞とストーリーが追えるよう配慮されていたと聞きました。

あと、連れ合いの同級生のオペラ歌手が一節だけソロを歌うシーンがあったそうです。


終演後にその同級生が楽屋へ誘ってくださったそうで、連れ合いとお母さんと女友達の三人で楽屋まで入ってしまったらしい。それは貴重な体験ですよね。うらやましいな。

たった今ステージで熱演していた役者さん達がひしめいていて、“あー、ブラックジャックがいる”とか思ってたんですって。

宮川彬良さんも側を通り過ぎたそうです。女友達は連れ合いに“サイン欲しい!”と囁いたそうですが、とてもそんな雰囲気じゃなかったと言ってました。僕も彬良さんのサインなら欲しいぞ。


150831_1207~01.jpg

これはお土産のマシュマロ。ブラックジャックがバイオリン弾いてるしピノコがコンダクターの装いしてる。彬良さんもいます。食べるのがもったいないですね



マムゼル30周年のイベントですが、フリーダム枠に出演希望者が溢れそうという話ですので、もしかしたらマシスは遠慮するかもしれません。予定はまだ未定です。詳しくわかり次第また報告します




マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ファイル0002.jpg

本日午後より浜松アクトシティ大ホールにて、宮川彬良作曲【歌劇ブラックジャック】が上演されます。原作はもちろん手塚治虫の名作マンガ。

連れ合いの同級生が声楽家(オペラ歌手)で、なんとこのオペラに出演してるとのこと。


“友達がオペラ歌手”

なかなか言えないフレーズですね。

てな訳で、連れ合いはお母さんと友達と三人で先ほど観劇に出掛けました。


《ミーの奥さん午後から舞台観劇ざんす》

ってな感じです。


舞台観劇、なんてブルジョアな響きでしょう。僕の人生に何度も登場しないであろうフレーズですよ。


でも、歌劇ブラックジャックはオペラにしてはチケット代が激安らしいのです。浜松の教育なんちゃらが協賛してるから安いんだとか。そのせいもあってか、チケットは大売れ、完売なんですって。


“こんなに安くては彬良さんのギャラ払ったら殆ど残らないんじゃない”は連れ合いの言。


そこはたぶん彬良さんも、安いギャラで引き受けたんじゃないかと想像します。そうあって欲しい。以前放送された《スイッチ》でも、“こんな面白いものはない”と仕事抜きに楽しそうでしたしね。


いずれにしても、楽しそうな舞台です。帰ったら連れ合いに感想を聞いてみたいです。

連れ合いに“二、三曲覚えてきて、ラフレシアで歌えばいいじゃん”と言ってみましたが、“無理”と一蹴されました。夢華さんがオペラ曲とか歌ったら面白そうなのにな。



僕は娘とお留守番。いま二人でマンガ「デスノート」を読んでます。

ドラマの影響か、学校でデスノートごっこが流行ってるらしい。みんな自分のデスノートを作って、キラ一号、キラ二号とキラが何人もいるんですって。各々のキラがフツウに同級生の名前書きまくっているとか。怖いですね。


後で夕飯の買い物に行く際に、楽器店でギターの弦を買ってこれたら、と思ってます。

娘と一緒の予定ですが、彼女と楽器屋に行くとピアノでいつまでも遊んじまいます。今日はマァ二人だから、好きなだけ弾いてくれて良いか。本屋も寄れたら良いな



余談


オペラじゃないけど、東京で上演してるらしいミュージカル「百万回生きたねこ」、そこで使用されている楽曲は友部正人さんが作ってるらしいので、それはちょっと観てみたいと思いました。ミュージカルCDがあるなら欲しいです





マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
僕ら地元アマチュアミュージシャンが長年お世話になってる、袋井市のジャズ喫茶【マムゼル】が今年開店30周年なのだそうです。

140628_1836~010001.jpg

先日のこと、下尾真秀より、来月10月31日(土)に30周年の記念イベントを計画中だと連絡をもらいました。

午後15時から23時まで時間を設けて、マムゼルで開催されてる各企画イベント事に二時間枠で演奏を披露してゆく、という形式を予定しているらしいです。


もちろん、奇数月第三土曜日に開催されている【フリーダムフォーク集会】も二時間枠の参加を打診されていて、はたしてフリーダム勢から誰が演奏するかの人選については、戸倉近(楽人)さんにお任せ、とお願いをしました。


で、今日。近さんより来たメールによると、10月31日が浜松で開催される【職人市場】の音楽イベントとスケジュールがぶつかるとのこと
(そこら辺で確か三川のひまわり祭りもありますよね。イベント日程はよく被るものです)。


浜松と袋井、両方は無理として、マシスはどちらに出たい?と聞かれまして、

うーん、職人市場は楽しいから出たいけど、先に話を聞いたのはマムゼルだから、マシスはマムゼル優先でお願いします、と返信しました。


マムゼルにはいつもお世話になってます。30周年イベントにマシスも出られるものなら、一生懸命歌いたいと思います。



今日は午前中に小学校の奉仕活動で草刈りをしてきました。先週の地域活動に続いて、草刈り機を振り回して来たのです。

途中からの雨で草刈りは一時間あまりで終了しましたが、頑張って学校に奉仕してきました。

先週は草刈り機を使った腕がパンパンでしたが、今週はぜんぜん楽です。筋肉痛が取れて、新しい筋肉が付いたのでしょう。

このまま毎週草刈りしてたら、僕の上半身は逆三角形になってしまうかも。それくらい先週の筋肉痛はキツかった。普段からやってないとダメですねー




マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
子供を寝かしつけると朝まで一緒に寝てしまう。なんて健康的な生活。

小学校の夏休みが終わり、いよいよ二学期スタートです。

夏休みに娘と何して遊んだか、と聞かれたら、①海へ行った。②プールに行った。③卓球をした。この三つくらい。遊園地などのレジャー施設でないところが経済的です(僕の森ほたるで歌ったのも家族行事か)。

③の卓球をしたのはつい先日のこと。夢華さんが我が家に来てラフレシアの練習をしている間、娘と僕は何をしてようかと相談したら、

“卓球がしたい”

と、珍しいことを言い出したのです。

何でもテレビ番組で《卓球が上手くなる方法》ってのを観たらしく、興味が湧いたとか。

僕も卓球は遊びでやったことある程度のヘタクソです。初心者二人、ちょっとラリーが続いたら楽しいかなと。

てな訳で、卓球が出来る体育館へ出かけてみたのですが、一日バレーボールの大会とかの貸し切りになってた。なら、と近場の体育館にアクセスしてみたけど、どこもかしこもバレーで貸し切り。

“体育館に嫌われちゃったね”と二人途方に暮れたのです。

その旨を連れ合いにメールしたら、もっとも近い袋井のサンライフはどうか、と情報をくれました。

そこがダメならもう諦めて、アイスでも食って帰ろうと話しながら行ってみると、はたしてバレーボールの大会はやってない。体育館で卓球台が出てるのが見える。おお

しかし、受付に行くと、そこは地元の卓球サークルが一日貸し切りだと言います。駄目かー、と娘と顔を見合わせたら、受付の女性が

《でも、今日は卓球サークルの子供の人数が少ないから、台があいてるでしょ。こっそりやらせてもらえないか聞いてきてあげる》

いやいや、僕らみたいに基本もなってない者が、サークルの人たちに混じってやるのは気が引けますよと思ってたら、受付女性がサークルのコーチを連れて戻って来た。

“今日は初心者の子供に教えてるから、試しに一緒にやるかい”

と誘ってくださいまして、お遊び卓球の予定が一転、本格的な指導を受けることになってしまったのです。


手取り足取り、丁寧なコーチを受ける娘を見ながら、僕はせかせか玉拾い。休憩にアイスを頂いてしまったり、申し訳ないほどお世話になってしまいました(しかも使用料払ってない)。

遊ぶって雰囲気じゃなかったけど、娘は楽しかったと言ってましたし、良かったかな。なかなかスリリングな体験でした





マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
松本隆45周年イベント【風街レジェンド2015】が先週末に開催されたそうです。

いろいろな方のライブ感想を読むと、観てみたかったなーって思う。休憩なし三時間半(実際は四時間近かったらしい)見どころだらけですものね。

オープニングからいきなり、はっぴぃえんど(大滝さん抜き)のステージだったらしい。そりゃ興奮しますわね。

ファイル0007.jpg

細野さんボーカル「夏なんです」、茂さんボーカル「花いちもんめ」ときて、大滝さんボーカルのナンバー「はいからはくち」を歌ったのが、まさかの佐野元春!細野さんいわく“三人で話し合って、彼しかいないだろう”とのこと。

ファイル0012.jpg

ファイル00110001.jpg

元春、楽しそうです。


「はいからはくち」は僕も大好きなはっぴぃえんどナンバー。佐野元春がはっぴぃえんどをバックに歌うなんて凄いよ。


うろ覚えですが、松本隆が昔々のインタビューで「はいからはくち」について

“ハ行から始まるこの言葉を口の中で転がしながら、ヒリヒリするようなものを描きたかった”

と、言ってたのが凄く印象に残ってます。

【名盤ドキュメント】の『風街ろまん』の回で、「はいからはくち」は“ハイカラな白痴”と「肺から吐く血」のダブルミーニングだと知って、気付いてなかった僕はおおっと思いました。


大役を務めた元春のネットでの評判はマチマチ。うーん、これは誰が歌っても分が悪いですね。大瀧詠一さんの代わりには誰もなれませんものね。


「A面で恋をして」で大瀧さんパートを歌ったのは伊藤銀次。これは予想通り。その前に杉さんと銀次の二人で「君は天然色」をアコギで歌ったらしいです。

ファイル0014.jpg

記念写真の真ん中は桑名正博の御子息、美勇士くん。歌うはもちろん「セクシャルヴァイオレットNo.1」

ファイル0015.jpg

集合写真が豪華すぎ!


このイベントの模様はBS朝日で独占放送が決まったそうです。「はいから」と「A面」はきっと放送されますよね。それとこの夜の吉田美奈子さんは圧巻だったそうで、今から楽しみですよ




マシス
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
僕としては珍しく直球ラブコールなタイトルの日記ですが、ある種ラブレターみたいなものです。


先日ふと、自分の入っているぐるっぽに、他にどんな人がいるのかしらと興味を持ちまして、メンバー一覧をつらつらと観ていたら、予想だにせぬ素敵な人を見つけました。


その方のブログにあげていたオリジナルの歌が、一聴して僕は気に入ってしまったのです。


こんなに一発ですべてを気に入ってしまうなんて滅多にないことで、すぐにいつでも聴けるように自分の日記に貼らせてもらうことにしました。

特に下の二曲がね、参った。大好き。


落とし穴/kuku




朝ごはん/kuku




この方、kukuさんは一週間に一曲オリジナルソングを日記に発表するって書いてあって、実際に発表されたのは八週分。上の二曲を含む八曲だけのようです。

http://ameblo.jp/kuku-jpn/

毎週一曲作って、録音して発表するなんて、すごいことです。しかも全曲がこのクオリティでしょ?とんでもない才能ですよ。発表が2013年?二年前に気付けなかったのが残念だ。いやいや、驚きました。というか、単純にファンになってしまいましたね。

うがった見方をして、仮に八週分の曲があらかじめ昔から作ってあった、としても、この素敵な楽曲たちの魅力を損なうものではありません。この歌の成り立ち、歌詞やメロディの佇まいに、もの凄ーく僕は共感します。勝手ながらすごく近しいものを感じるのです。


この日記は2013年に更新されたきりで、今の活動は追えないのが残念です。kukuさんの生のライブを観れるものなら観てみたいですね。この人がもしツアーで近くまで来たら、僕はチケット買って観にいきますよ。叶うものなら共演させてもらいたいくらいです。





マシス
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
今まさに、長渕剛のオールナイトライブが決行されてるらしい。

このアメブロでもレポートしてる方がいて、富士山の写真や花火の様子がアップされてます。一曲目は「JAPAN」だったようですね。

チケットの売れ行きが芳しくないとか、色々と噂を聞いてましたけど、お天気で無事に決行されたようで何より。富士市がたくさんのお客さんで賑わって、地元にいっぱい利益を置いていってくれることを願います。あと、ゴミは持ち帰ってくれとも願います。


僕は今日も相変わらずの準夜勤(休日出勤)。先ほど帰宅して一息ついてます

今週は下尾真秀から連絡がありました。準夜勤でなかなか電話が取れなくて申し訳なかった早くメアド教えてくれ。

ヤツは今夜の長渕剛に行きたいと早い時期から言ってたけど、結局どうしたんだろう。



150820_1709~01.jpg

所ジョージさんのCD、『JAM CRACKER 1』『JAM CRACKER 2』がAmazonから届きました。

以前にBSの番組『所、奥田、トータスの男子会』にて披露した「私は神様を知っている」の弾き語り演奏が素晴らしかったので、ずーっと気になっていたのです。

CDの単価が700円。税込みで752円。二枚買っても1500円と破格の安値。歌詞カードを別売りにして、出来る限り値段を抑えたとのことです。
(実際、このCDが売れても所さんには殆ど儲けがないとか)

安いから弾き語りのミニアルバムかと思いきや、どちらも14曲収録フルアルバムで、全曲ちゃんとした生バンドのアレンジ!録音の音がめちゃめちゃ良い上に、楽曲がどれも本当に良い歌ばかりなのです。僕は『1』が特に好き。お買い得ですよ


敬愛するギルバート・オサリバンの新譜『ラテン・アラ・G』も一緒に届きました

150821_0254~01.jpg

オサリバンの新譜は楽しみだけど、ラテンアルバムなんてどうしたものだろう困ったな、と思ってましたが、

もろラテンなアレンジなのは一曲目の「メイド・イン・ラブ」だけで、後はマラカスの音がささやかに鳴ってる程度の、相変わらずのオサリバンのアルバムです。ちょっとホッとしました。

佳曲揃いだが名曲はない、とライナーは辛口ですが、イヤイヤ、「シンガポール」とか良いぞ。この先聞き込めばもっと良くなるアルバムです




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
浜松を舞台とした映画『ハローゼア』が今月シネマイーラで上映されてるはずです。確かそのはずです。

僕は前売りチケットは買ってあって、夏休みの間に1日くらい一人で暇する時間が取れるであろう、そしたら観に行こう、と目論んでたのですが


夏休み、一人遊びの暇なんて全くありませんでした。参った。


実際のところ、休み中にやることがありすぎて映画のことはすっかり忘れてた、ってのが本音。


もう今週で上映も終わりみたいですから、土曜日まで準夜勤の僕はとても観に行けそうもないです。


チケットを買った際に、オンザロードのマスターから『ハローゼア』と『プレイヤーズ』のとても丁寧な感想を聞かせてもらって、僕も結構観る気になってたのですけどね。縁がなかったかな。

『プレイヤーズ』は同監督の前の作品。浜松を舞台に知ってるミュージシャンの方々が出演されてる映画の第一弾(“ちゃっともーもー”が出てます)。これも僕は観てません。

全く別の内容ではあるけれど『ハローゼア』は『プレイヤーズ』のスピンオフ作品だそうで、両方観るとより楽しく観れるらしい。

『プレイヤーズ』で主役の一組だった“ちゃっともーもー”のお二人は、お仕事の都合で『ハローゼア』の撮影に参加出来なかった、だから“ちゃっと”は『ハローゼア』に出てないんだよとマスターのお話。

ちなみに、“ぶっちゃけ『プレイヤーズ』と『ハローゼア』ではどちらが好きよ?”と僕が聞いてみたら、オンザロードのマスター&墨絵さんは『プレイヤーズ』、奥山会長は『ハローゼア』と票が割れたのも面白かった。

『ハローゼア』主役がおっく&spoonのめぐみさん。他、川口直久さん、畑中まみさん、未来ちゃんも出てるそうです。エキストラでルーナさんも出てるとか言ってたような。浜松のアマチュアミュージシャン(セミプロも)がスクリーンで頑張ってます。


オンザロードの店内、他、僕らに馴染みある浜松ロケ地がスクリーンで楽しめるとか。僕は観れませんが、行ける方はお早めにです。

僕のチケットは記念にとっておくことになりそうですが、もし行ける方がいるならあげますので連絡ください。渡してるヒマもないかもだけど、勿体ないですから




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
mixiのニュースで、音楽を聴かない人が増えている、との記事を読みました。

CDは持ってない、ダウンロードもしない、カラオケは行かない、連れていかれても歌わず、どうしてもとなれば無難な一曲でお茶を濁す、といった風に、とにかく日常的に音楽を楽しむ習慣がない、という人が増えているとのこと。

それを読んで僕は、マァいるでしょう、と思ったのです。趣味嗜好は人それぞれですし。

ちょっと気になったのは、“音楽を良いと思う気持ちが理解出来ない”という一文。これにはお手上げです。そう発言する人に音楽を届けるのは至難の業でしょうね。


僕は生活レベルでずいぶんと音楽に依存している人間ですが、だからこそ、音楽を楽しめない人に対して“人生半分損してる”みたいな発言は出来ません。

僕だってスポーツ観戦はしない、テレビゲームはやらない、車もギャンブルも興味ないで、人生半分(以上)損しているクチです。それで不自由を感じてるわけでもないし、文句を言われる筋もないので。

ちなみにスポーツ観戦は、観てればそれなりに興奮しますし楽しめます。でも、自分から積極的に観たいと思わない。ゲームとかも同様です。僕の暮らしに無くても特に困らない。



歌を歌っていると、それだけでメッセージの発信者みたいな、文不相応な見られ方をされかねません。

音楽をやる上で、自分をアピールすることは、ある種エゴの押し売りであるのだけど、“歌を歌ってるからって別に偉かァない”と自分に言い聞かせます。

発信者としてあまりに無自覚なのもダメでしょうが、かといって、音楽は素晴らしいよ!と“音楽万能”をこれ見よがしに振りかざすのは、調子に乗ってるのかもな、と思い当たったりする。うーん、自戒します。


山下達郎が以前、“音楽なんて弱いもので、足を切ったり本当に弱った時には音楽なんて聴けませんよ”と発言してたのを覚えてます。

CDが売れない御時世だと言われて久しいですが、つまり世の音楽ファンは景気が悪くなった時、音楽にお金を落とすのは勿体ないと切り捨てた結果です。

割と簡単に音楽は切り捨てられてしまって、皆にとってその程度なのかなーと淋しくなるけど、仕方ないことなのです。


150815_1108~01.jpg

お盆の期間中、『悲しいほどお天気』を聞いてました。一人でいる時、ずっとこればかりでした




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇