音楽家の居る庭 ~mathis~

訪問ありがとうございます。音楽のこと、本のこと、日々感じていること、他愛もなく書き綴ります。


テーマ:
ずっと昔、僕が自作歌を人前で歌い始めた当初の頃は、《誰々みたいだ》《誰々の○○に似てる》とか言われたら嫌だなー、と思ってました。

自作歌、と謳っておきながら、誰かの真似だと思われる自分はケシカランと。


とは言え、そこは天才でもない自分のことですから、僕のやることなどお里は知れるのです。


最近は言われてもいいや、って思うようになりました。故意に真似したのでなければリスペクトってことで。

考えてみれば、大好きな音楽の影響が、自分の音楽に出ないワケないのです。


個性的と言ってもらえるのはありがたいことですが、僕のやってることは全く珍しいことではなくて、広く世間を探せば僕そっくりな音楽をやる人がいても不思議じゃない(あんまり会ったことないけど)。

いたらいいなーって思う。そんな歌い手さんにもし会えたら、ゆっくり話をしてみたいものですが


繰り返しますが、僕のやってることは珍しいことではなくて、僕がずっと大好きで聴いて来た音楽の影響そのまんまのはずです。

自分としては自分なりの王道で直球な音楽をやろうとしているのに、

気づいたら《ここ》に手を出す人は少数派だった、って感じです。



先日歌った際に、音緒さんから《今日の演奏は友部正人の影響を感じた》と言ってもらえました。

友部作品の特徴はそれと分かりやすいので、僕としてはそこの影響は外に出ないよう、普段から気をつけていたつもりですけど、聴く人が聴けば聞き取れてしまうのでしょうね。

音緒さんとは友部正人ファン同士ということで、以前より話をさせてもらってます

僕がさだまさしファンだと告白した時、音緒さんが《あ~、さだまさしか!納得》とおっしゃってました。

さだまさしと僕の歌で、腑に落ちるところがあるのかな?そこは自分じゃわからない所です。


やはり以前、旧友の音楽仲間、下尾真秀より《アマノちゃん(僕の本名)の音楽には佐野元春があるよね~》と言われたことがあります。

どこが?そんなワケなかろう、と、その時は思ったけど。ヤツは僕の佐野元春好きをよーく知ってますから。

でも、下尾がそう感じたなら、ひょっとして僕の歌の中にも少しは佐野元春的な要素があるのかも?知れない。それも自分じゃわからないことです。



いろんなモノでマシスの歌は出来ています




マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
浜松のカフェ【香爐】にてのkiyosakuさん火曜定例ライブに、ラフレシアがゲストで歌ってきました。

先ほど連れ合いが帰ってきたので、どうだったー?と話を聞いたところです。

僕は娘と家で留守番していたのですが(なかなか夫婦揃って平日夜に遊びに出るわけにいかないモノで)、

どうやらたくさんのお客様に演奏を聴いてもらえたようで、なによりです。うーん観れなくて残念。

ルゥさんYOPYさんもいらしてくださったようで、演奏後は皆さんで四方山話に花が咲いたとか。楽しそうだ。僕も混ざりたかった。

【香爐】さん、kiyosakuさん、お世話になりました。またぜひよろしくお願いします。


僕は僕で、娘を寝かしつけてから、先日BSで放送された《小椋佳 生前葬コンサート》の前後編の録画を観ていたのです。


141028_0723~01.jpg

今年の始めでしたか、書籍《小椋佳 生前葬コンサート》を購入し、2014年9月には実際にコンサートが4日間に渡って行われることを知っていたので、
(1日25曲、4日間で100曲を歌うというもの)

テレビ放送が決まって、とても楽しみにしました。


僕は小椋佳の作品を全ては聴いていませんが、大好きな曲が演奏されるにつれ、僕がどれだけこの人の作る歌が好きだったか、胸にヒシヒシと想いがこみ上げてきました。


小椋佳作品は、僕の思う《歌》の理想型のひとつです。

この人の紡ぐ言葉とメロディーの空気、距離感は、僕が全神経を注いでも血肉にできない、天性のバランスの妙。神業としか言いようのないモノです。

(同じ意味で、友部正人や山下達郎の作品も僕の理想です)


デビュー以来、毎年約50曲もの楽曲を発表してきて、通算2000曲超。この期に普段の舞台でなかなか歌えない歌も歌いたい、と選曲されたらしい。


70歳になって、元気なうちに自分で活動にけじめをつける、というのは実に潔いモノですが

ファン心理としては、サヨナラなんてしたくない。最近はニュースとかで引退コンサートって話題も聞かないけど、こんなに切ないものかと思いました。


4日目の最終日。鳴り止まない拍手に舞台に戻った小椋さん、


《アンコール、ですよね‥葬式にアンコールって(爆笑)》


客席よりかかった《長生きしてくださーい!》の声は、すべてのファンの心の声でしょう




マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

昨夜の職人市場での歌イベント、当日浜松に着いて(15時ころか)、一番最初に見つけた奥山会長に、まずは御挨拶をしました。


141025_1519~01.jpg

会長は一人、黙々と準備に精を出してました。水曜アコ企画を含め、いつもお世話になってます。


で、いざイベントが始まってしまったら、僕はほとんどアンジュ駐車場にいたので、他会場には殆ど行けなかったのです



↑撮影 TARKさん(F.Bより無断拝借。ありがとうございます)


DCIM2237.jpg


↑撮影 橋本薫さん。ありがとうございます。




そんな中、TARKさん、旅人さん、クロールさん、kiyosakuさん、伊藤優亮君はこちらの会場まで来てくれて、ヤァどうもどうもお疲れでーすと声をかけあうことができたのでした。


優亮くんは相変わらず細見長身の好漢です。痩せすぎだろーと僕は会うたびにその薄い胸をつい叩いてしまう。クロールさんは可愛らしいご息女とご一緒でした。お父さんの歌を聴きに一緒にくるなんて、なんて素敵な親子関係だろう。


あと、名古屋からの出張帰りに直接寄って下さった高田さん。なんと最後まで居て下さって感謝。ありがとうございます。



こちらは音緒さんとクロールさんの珍しい2ショット写真


141025_1804~02.jpg

ネオクロ悪巧みの図(?)が面白くて、思わず隠し撮りしてしまいました。



その音緒さんの、出来たてホヤホヤな最新CDを購入

141025_1857~01.jpg

141025_1857~02.jpg

なんでも、僕が購入者第一号とか。やった!誰より早く手にしたってのはいい気分だ。


車の中で一気に聴いてしまいました。ゴキゲンな音源です。音緒さんの楽曲はメロディが実に美しくポップなのです。それをえぐるような言葉とあの“声”で、ギター一本で弾き語るのから、唯一のあの音緒ワールドになる。


ライブで聴いた時からずっと僕は「茶番」が好き。「悪魔よりも祟りよりも」もいいね。もちろん「記憶の少年」も。


税込1,620円。amazonでも買えるそうなので、amazonトップページから、ミュージック/音緒、もしくはネオフォークで検索してみてくださいね。




自分の演奏が終わった後、僕の次の出演者が到着してないというトラブルがありまして、ならその間に少し徘徊しよう、と歩いてみることができました。



一番近くでは、浜松のオーケストラが生演奏中


141025_1832~01.jpg


そして、次に近い会場で、kiyosakuさんと弾夢弦気さんのステージを発見



141025_1815~01.jpg


誰でも知っている邦楽のスタンダードを美しく奏でていました。


お二人の歌を聴きながら、楽人さんと僕が露店のお好み焼きを食ってたら、TARKさんに写真を撮られた


この2ショットは珍しくない、とTARKさんに笑われました。確かに。



他の露店ですと、なんとスナックでドンペリを一杯千円で売ってたりしました。千歳ならでは?高田さんが買ってきて見せてくれましたよ。プラスチックのカップにほんのちょっぴりでしたけど、すげーな。



生きた鰻をその場でさばいて、焼いてたのは参った。この匂いは反則です。


141025_1839~01.jpg


白焼き一皿1500円、串で300円、肝串が200円だったか。せっかく来たのだから美味いもの食おう、と僕は串を一本だけ購入。美味かったです。


美味いですよー、と串を自慢したら、楽人さんはなんと白焼きを買ってきました。“絶っ対食った方がいい!”と楽人さん大絶賛。それは美味かろうよ。美味くないはずなかろう。



ちょこちょこ食ってたら、なんか止まらなくなって



141025_2244~01.jpg


ラーメンも食ってしまった。さすがにこれは量が多かった。美味しかったけど。太りそうだ。太るよな。


そんなわけで、楽しかったのです。


この日の他会場の出場者もすごいメンツでしたから、ぜったい良かったと思う。良いイベントになったことを確信してます。



お疲れ様でしたー。





マシス

AD
いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:

秋晴れの土曜日、10月25日


141025_1638~01.jpg


浜松千歳町にて職人市場の歌イベントに参加させてもらいました。



141025_1555~01.jpg


夜の繁華街、柳通りも昼間はこんな感じ。



でも、今日はところどころで露天商と人がいっぱいです。



141025_1519~02.jpg


141025_1520~02.jpg



大道芸やハロウィン扮装の人が楽しい。



今年の僕の出演ステージは【アンジュ駐車場】


IMG_78753583200610.jpg



141025_1529~02.jpg


この日の【アンジュ駐車場】での出演者は



楽人


141025_1625~01.jpg


T and O


141025_1700~01.jpg



マシス(僕。薫さん写真ありがとうございます)


DCIM22380001.jpg


橋本薫


141025_1852~02.jpg



@mikan


141025_1903~01.jpg


音緒


141025_1930~01.jpg


Bin & Kanaco


141025_2000~01.jpg



濃いィ一角でした。いやいや、すごく楽しかったです。みなさん、ちゃんと自分のお城を築いてらっしゃって、とっても見応えありました。



アンジュ駐車場、良いですよ。この一角は通りより少し内に入っているので、建物の壁に音がうまく反響したのか、ナチュラルに良い音響でした。



なんたって、数メートル先でブラスバンドが演奏していても、こちらの演奏が音負けせずにちゃんとお客さんに届く。素晴らしいです。職人市場、たくさんステージがあるけど、歌う環境としたならここ一番かも。


で、駐車場にはあらかじめテーブルと椅子が用意してくれてあって、露店で食べ物を買ったお客さんがドカドカ休憩していってくださるのですね。歌っている目の前に自然とお客さんが集まっているのは、とってもやりがいがありました。



僕は先週より長く風邪をこじらせてましたが、なんとかなんとか。まだ咳は出るけど今週くらいからようやく声に力が入るようになって、今日は思いっきり歌わせてもらえました。良かった―


演奏後、すぐに音緒さんから、良かったよ!とのお言葉を頂きました。嬉しいー。ありがたや。精進せねば。



他のステージが離れた場所だったので、全部は回りきれなかったのが残念。



職人市場関係者のみなさま、薫さん、奥山会長、お疲れ様でした。またよろしくお願いします。ありがとうございました。






マシス

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
昼間のうちに夏服を片付けました。

半袖を衣装棚の奥にしまい、手前に長袖を持ってきただけで、それ自体は大した手間じゃない。

問題は、常日頃から僕は服を部屋の床に散らかしてあったので、そいつを棚に収納する手間がひと仕事でした。


だらしなさのカミングアウトで、引かれそうな予感ありありですが、失礼してスミマセン

普段、洗濯されキチンとたたまれた服の束を、ヨッコラショと自室に持ち帰って

それを床にポンと置いて、着る時はその山の中から探して着る、という悪習慣がついてしまして


毎度、洗濯から戻った服を棚に片付けておけばこんなことにはならないのに、性がものぐさなモノで、お恥ずかしい。


実際よくないんですね。だんだん山が崩れて、探したい服が見つかりにくくなるし。それを引っ掻き回して探すから、さらに散らかるし


加えて最近は涼しくなったため、長袖を棚の奥より引っ張り出したりしたものですから、床を占める服面積が広がってしまってたのです。


で、ここ数日の気温から、もう半袖は片付けて大丈夫だろうと判断し、今回の片付け敢行となった次第です。


腰を上げるまで億劫がりますが、いざやるとなるとムキになる。服を分類選別して、取りやすいように片付けて、床に掃除機かけて雑巾で拭きました。

これが日頃からやれないのが情けないですが、そういうモノです。


床が広くなった!頑張ってこの状態を維持しよう。


探してた服も出てきたし、20円拾いました。片付け良いこと尽くしです


あさっての職人市場のステージは寒くないよう、暖かい格好で挑みたいと思います




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
昨夜、ドラマ「すべてがFになる」の第一回が放送されました。


僕は準夜勤の休憩中に、食堂のテレビで冒頭シーンだけチラッと観たのです。

141021_2105~01.jpg


141021_2102~01.jpg


録画してあったのを今観ました。


なかなか楽しめました。


これ、原作を知らない人にどれだけ面白いかは疑問ですけど、配役の違和感を除けば、結構頑張ってる。予想以上です。

冒頭シーンの会話を肉声で聞いて、この会話の文章の言い回しの妙、これに魅了されたなーと、記憶が蘇ってきました。

ところどころ、原作にない台詞は陳腐ですが、小説の面白さを殺さずに良い感じに料理してると思う。

武井咲ちゃん、頑張ってますよ。このドラマで一番違和感がないかも。


ドラマでは「すべF」がそのままではなくて、シリーズをつぎはぎして作られるらしい

順番は定かでないですが、

「冷たい密室と博士たち」

「封印再度」

「すべてがFになる」

「数奇にして模型」

「有限と微小のパン」

の並びじゃないか、と

(ひょっとして、放送が終わったら「幻惑の死と使徒」を映画化するとか、あるのかな。やるかもなー)


で、第一話の事件は「冷たい~」からですね


ひとこと、原作を知ってる側で言うと、

《ここが怪しい》って時に不穏な音が流れるアレ、ダサい。過剰演出です。スレた人が観たらネタばれですよ

そしてなによりも、重要人物にそこそこ名が知られた役者があてられてるのはよくないですね。

犯人役が無名の役者さんじゃ華がないということでしょうが、ミステリーでは逆効果です。

↑こう言ってしまうのもネタばれなんですけどね。スミマセン。


喜多先生(小澤征悦)が犀川先生(綾部剛)より格好良く見えないとか、まず同級生に見えないだろ、と思うけど仕方ない。


来週も楽しみにして観よう


(追記。森博嗣ファンの連れ合いは、犀川先生のパソコンが○○cじゃない(重要)ことを指摘しました。確かに!あれじゃ最後○○どうすんの)



職人市場のすべてのステージのタイムテーブルを頂きましたので、張っておきます


IMG_78753583200610.jpg


うーん、僕も他のステージを観にいきたい




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
先日の水曜アコ企画でもお世話になった奥山会長より、10月25日(土)の職人市場のタイムテーブルが届きました。

浜松千歳でいくつか同時にステージが行われるようですが、僕が歌わせてもらうのは昨年と同じ【アンジュP(柳通り)】


・アンジュP(柳通り)タイムテーブル

16:30~
楽人

17:00~17:30
TO

17:30~
マシス

18:00~18:30
お笑いライブ

18:30~
橋本薫

19:00~
@mikan

19:30~
音緒

20:00~
Bin&kanaco


以上となっております。

千歳のお店が露天商となって、美味しいものがズラリと道に並びますよ。来週の土曜日です。夕刻より賑やかしに歌いますので、ぜひお運びくださいませ。



昨日の土曜日、朝から娘の小学校の運動会に行ってきました。


141018_0839~01.jpg


応援する親は場所取りに必死です。

141018_0839~02.jpg


雲一つない、運動会には素晴らしい日和でしたが、容赦ない日差しを浴びて、応援していて顔が真っ赤に日焼けしてしまいました。天気良すぎです。

強い陽光は体力をごっそり持っていきますので、帰ってからグッタリしてしまって、グーグー昼寝してしまったのです。


で、起きてから出かけたのは、お祭りのたすき拭い。先週のお祭りの反省会という名目の打ち上げです。


141018_2014~01.jpg


昨夜は悪酔いをしないよう、気をつけておいしく呑みました。


二次会は地元の居酒屋【駿】へ

141018_2142~01.jpg


板前をしている近所の若い衆(祭り青年団)が、自宅を改造して昨年オープンしたお店です。

以前に改造前の家は来たことあったけど、お店になってからは実は僕は初来店。外観は普通の家なのに、内装が実に立派な居酒屋になっててビックリ。いやいや素敵なお店でした。


来月の娘の七五三の食事会に【駿】を予約させてもらいました。今回の訪問はその目的もあったのです。

板前店長はイケメンで、料理はとても美味しいですよ。遠州森町一宮の居酒屋【駿】、ぜひ利用してあげてくださいね




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
140518_1341~01.jpg

浜松インター通りにあるLIVE&BAR【ON THE ROAD】にて、15日水曜アコ企画が開催されました。

20時開始で、15分前には来るよーに、と連絡をもらっていたのに、突然の残業にてんてこ舞いしてしまって、職場を出たのが19時40分。

スミマセン今から行きます急いで行きます!とお店に連絡し、なんとか20時を五分過ぎた遅刻で到着。無事に参加出来たのでした。


着くなりマスターより《今日の演奏の順番は(店に)着いた順ね》と言われ、僕は有無をゆわさずトリになってしまいました。遅れた手前、拒否できねー。緊張しましたよ



この日の一番手は

@みかんさん


141015_2032~02.jpg


ギターインストゥルメンタル、左利きのためのレフティ仕様ギターがカッコいい。

曲のタイトルと想いをきちんと説明して演奏する姿勢は、大変ステージ慣れした印象なのです。

「DOOR」「WINTER PARADE」「MIST」と、おかげで曲名をしっかり頭に刷り込まれました。曲名をキチンと言うのは効果的ですね。


二番手、間渕裕嗣さん

141015_2113~01.jpg


バッファローニッケルでのバンド活動でご活躍の間渕さん、この夜はアコギのソロ参加。

ブルース、ロック、オリジナルと、独特の間で作る歌空間はこれまたステージ慣れしたモノです。

《酒と煙草のせいでTKD症候群になってしまいました》っておっしゃって、

《TMGなら卵かけご飯の略》と付け加えて笑わせたけど、知らない病気?と思いきや、何のことはない

正解・高い声が出ない症候群


早速、自分の出番の時にネタで頂きました



三番手、マシス。写真なし

風邪声で本当にスミマセンでした。演奏自体も反省点てんこ盛りです。

聴いてくださるお客さん、共演できる演者さんとは一期一会なのに、もうちょっといいトコ見せかったなーと悔やまれます、が、愚痴っても仕方ないので切り替える。

次は来週の25日、浜松千歳での職人市場だ。


演奏予定が入っていると、楽しみな反面、風邪を引ねぇってプレッシャーがあるのです。

そう思うと、しょっちゅうイベントとかで歌ってる人とか、偉いですよね





マシス
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
141012_1012~01.jpg

三日間の祭典も無事終了しました。


141012_1649~02.jpg


心配された日曜日の天気も見事晴れて、無事に五社連合も済んで何よりでした。

連合ではチョコバナナひたすらいっぱい作り続けてたので、知り合いにロクに挨拶できませんでした。

でもおかげさまで店はバナナもラムネもポップコーンも完売!良かった良かった。

いまだにチョコの匂いが鼻の奥や肺の中に残っている気がします。



祭典翌日の朝、提灯の片付けを町内会でやったのですが、そこで少し雨に濡れました。

祭典中は大声を出さないよう抑えてましたけど、最後の片付けが寒くて寒くて、咳がどうも止まらない

のど飴ガンガン舐めて、明日の水曜アコ企画atオンザロードを勤めてきたいです



片付けの後、欲しかったCDを買ってきました

141013_1652~01.jpg


『鳴りやまないラブソング』/コレクターズ


おじゃる丸のエンディング曲が一曲目とあって、発売直後はちょっと購入を怯んでしまったのですが、
(怒髪天の団地でダンダンダン)とイメージが少しかぶりません?)

これが実に素晴らしいアルバム。侮ってすぐ買わなかったのが悔やまれるほど、本当に素晴らしい作品です。

ここ近年数作のコレクターズのアルバムの完成度の高さを見ても、今作の素晴らしさは全く負けてない。ファンとしては嬉しい驚きの声を上げるしかない


コレクターズを知らず、おじゃる丸の曲を目当てで買った人は、他の曲があまりに良いのでビックリするんじゃないかしら。

四半世紀もの長きに渡って、この甘酸っぱい音楽を鮮度を落とさないで作り続けるコレクターズ、国宝級にすごいバンドだと思います。





マシス
いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:
お祭りで飲んで、歩いて帰る夜道


141011_2150~01.jpg

月がいいね


一曲書けちゃう気分だね


明日には忘れそうだけど

一人、とぼとぼ往く夜道で、月を見ながら鼻歌なんて、いとおかし、ですよ



今夜の山車の引き回しでは、山車とミニ山車をぶつけて


141011_2005~01.jpg

ミニの屋根からー、


141011_2005~02.jpg


飛ぶんです!


僕も四年前、祭り青年団の親方の時には飛びました。さすがにもう飛べない。おっかない


次々に屋根に登る若い衆、この無茶が愛しい



余談をもう一つ


昼間の輪投げゲームで、景品におもちゃを配っていた青年団でしたが、


一部の子供たち、水風船が当たったものだから、みんなぶつけて破裂させたくてしかたないところへ


141011_1722~01.jpg


体を張って、子供の投げる水風船を受け止めていた青年団の図


水風船が破裂する瞬間は携帯カメラじゃとても捉えきれないけど


この姿がもう、なんとも愛しい


これがウチの町内会の若い衆です





マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード