音楽家の居る庭 ~mathis~

訪問ありがとうございます。音楽のこと、本のこと、日々感じていること、他愛もなく書き綴ります。

NEW !
テーマ:
九月に入ったので、秋になると聴きたい音楽のおすすめです。


僕が20、21歳の頃でしたか、職場の先輩が《すげー良いよ》と言ってオススメしてくれたのがEverything But The Girl(以下EBTG)でした。

《良い音楽》に飢えていた僕は、この覚えにくい名前をなんとか記憶してCD屋に向かい、当時新譜だったアルバム『The Language of life』を衝動買いしたのです。


140902_1101~01.jpg


今思うと、その先輩はAOR大好きな人だったので、EBTGは納得のセレクトなのですが、僕は正直、最初に聴いた時はぜんぜんピンとこなかったです。若い僕にはこの穏やかさが物足りなかった。ロックじゃないなぁ、と思ったのか。


それでもせっかく買ったから、と、カーステで聴いていると、たまたま同乗した友人が《誰の曲?すっげぇ良いじゃん》と言って、そいつは自分でもCDを買ってしまうのですね。
(彼は後年、僕の歌の相棒となるのですが)


そして、あの曲が最高!あれも堪らんよな、と僕に同意を求めてこられると、教えたこちら側としては《お、おう》と言うしかない。

《そんなに良いかな?》と、僕も腰を据えて聴き始めて、だんだんジワジワと好きになっていきました。

『The Language of life』は確かに良い曲ばかり。全く捨て曲がないネオアコの名作です。今でも秋になるとこのCDは必ず聴いてます。季節で聴きたくなるCDって、僕はコレだけですね。


一曲目の「Driving」が始まると、あー、今年も秋が来たなと思うのです。

「Driving」/ Everything But The Girl


http://youtu.be/T-mSQuuDjXk


ほんっとに気持ち良いですよね。エバーグリーンならぬ、エバーセピアと言うべきか。色あせないセピア感です。


このアルバムで僕が一番好きな曲はコレ。歌詞の《on and on and on》の所が胸キュンです


「LETTING LOVE GO」/ Everything But The Girl




EBTGはその後ディスコビートの「Missing you」がヒットしますが、その辺りで僕は離れてしまいます。

今年出たベン・ワットのソロアルバムはまだ購入していません。これも秋の内に聴いておきたいですね。



九月、なんだか涼しくなってきて、そのせいか背中やら膝やらが痛い。こう書いていて情けない。悲しいです。筋肉をつけなければ





マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

140831_1337~01.jpg

8/31(日)袋井楽器にて、西尾楽器主催の2014 SUMMER LIVEに参加させて頂きました。

僕は今回初参加となります。そしてご一緒するほとんどの方が初対面か初共演でした。


ずっと地元で音楽をやっていて、今まで知らなかったのはびっくりです。地元でバンド活動してる方ってこんなにいるんですね。


向こうにしてみたら僕も同じことで、《どこに住んでんの?森?そんな近所なの?》とか言われちゃったりして


弾き語りとバンドはなかなか横で繋がらないモノ?ご一緒出来てすごく楽しかったです。



この日は演奏者が参加費500円、お客さんは観覧無料。

で、演奏者お客さん共に、飲食代2000円で飲み放題食べ放題!

140831_1417~02.jpg

皆さん結構、演奏前なのに生ビール呑まれて飲食を楽しんでました。やるなぁ


僕も出番の後にカレーを頂きましたよ

140831_1722~01.jpg

以下、出演者(演奏順)


自爆団

140831_1442~01.jpg

AKT169

140831_1510~01.jpg

宮地俊晴

140831_1555~01.jpg

マシス

20140731-185455.jpg

ホットスタッフ新撰組

140831_1650~02.jpg

ORENGE JACKET

140831_1738~01.jpg

アネモネ

140831_1759~01.jpg

大燈亞

140831_1828~01.jpg

酔奏楽団

140831_1918~01.jpg

スーパートンプキン

140831_1934~01.jpg

どのバンドも出音がデカイ。久々に耳がキーンと鳴ります。



踊り出すお客さんが出るほど盛り上がりました

140831_2000~02.jpg


僕の歌にも、《「音楽家のなんとか」って歌が良かった》《最後の歌が良かった》と、多くの方から感想まで頂けたのは嬉しかったです。



ある女性なんて「言葉よ集まれ」が耳に残ってる、と言って、なんとサビを口ずさんでくれたりして、なんてありがたいことでしょう。


楽しかった、また出たいイベントです!皆さんお疲れ様でした



マシス

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
8/30(土)、掛川ミュージックストリームinつま恋を観に行って来ました。

140830_1820~01.jpg


音楽の聖地つま恋にて、RayneedsとHeart warm companyの2マンライブです。凄いね。公演おめでとうございます。

広い会場でゆったり、最前列で鑑賞させてもらいました。


【Rayneeds】

140830_1839~01.jpg

この日発売のセカンドアルバムの新曲で構成されたステージでした。

新曲がどれもカッコ良かった。Rayneedsはどれも良い曲ばかりなので今更なことなのですけど、《これはCD買って帰ろう》と思ったのでした。


Heart warm company

140830_1950~01.jpg


カバー曲はこの夜一曲だけ。あとはオリジナルナンバーで構成されたセットリストには意気込みを感じました。隊長の作った新曲、Rayneedsのhiro君が提供した曲がとても良かった。

サポート研修生に、なおきち君がベースで参加です。

140830_2006~01.jpg

ちなみに上の写真右の石神君。鍵盤ハーモニカを両手で弾いてましたが、左手が逆さまです。よく弾けるなと感心しました。


二組の演奏の前には、劇団esの方の朗読が入ります

140830_1947~01.jpg

掛川は最近、朗読のイベントも盛んです。そして掛川といえばお茶。ロビーでは掛川茶の試飲が行われるなど、(たいへん美味しい)

2マンライブでありながら4つの催しが盛り込まれていたのでした。


二組とも約50分のステージでしたが、中弛みや長さを感じさせない、良いステージでした。


アンコールでは実行委員長の“隊長”山本哲也さんから挨拶

140830_2038~01.jpg

そして全員でアンコール

140830_2042~01.jpg

大円団!

手に入れたCDは帰り道に聴きました

140830_2226~01.jpg


とても気持ちよいイベントでした。皆さんお疲れ様でした。




マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
140827_1703~01.jpg

小沢健二君のライブCDを聴いております。

2010年のツアーをノーカット?で収録した三枚組アルバムだそうです。ずっと欲しかったヤツで、ようやく手に入れました。

たいへん楽しい音源で、三枚のCDをとっかえひっかえ聴いているのですが


たくさんの懐かしい歌や新しい歌を聴いていると、チクチクと昔のいろいろな感情が蘇ります。

《そうそう、コレなんだよなー》としみじみ思う。何が《コレ》なのかは説明するのが難しいのですが。

切なさ、甘酸っぱさ。後は、悔しさ。チキショーって感情でしょうか。

小沢健二君みたいな音楽を作りたい、ってのとは違うのですけど、僕がずっと音楽に切実に求めているモノを、彼の歌から聴いてしまうのですね。


それは《琴線への触れ方》としか言いようがない、すこぶる感覚的なモノでして、

そこそこ自作曲を作ってきた割に、いまだ僕はコレがテクニックとして身についていないのです。

経験値は大して役に立ってない。計算でやろうとしてもコレにはならない。

自転車の乗り方を身体で覚えるように、皮膚感覚で身につけなければ意味ないモノ。

センスなんて言葉で片付けてしまうと身も蓋もないモノ。


僕はこれまでずーっと行き当たりばったりでやってきて、これからもずっと試行錯誤なのです。


アルバムの曲クレジットに《闇》《自転車》とか知らない曲名がいくつかあります。何かと思えば、そこは詩の朗読でした。

詩、というよりはエッセイの朗読と言うべきか。さながら元春のスポークン・ワーズです。これがまた実に面白い文章で、ガッと引き込まれてしまいます。

オザケンファンには新鮮でしょうが、僕は前より佐野元春のポエトリー・リーディングのパフォーマンスが大好きで、朗読には免疫がありましたから、小沢君のこのパフォーマンスにも驚くことなく、スッとのめり込めました。


収録曲で「ある光」がちょこっとしか聴けないのは残念。

「天気読み」から「戦場のボーイズライフ」へ繋がる箇所は、何度聴いても興奮するのです




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
今度の日曜日、8/31に、西尾楽器主催のイベント【2014 SUMMER LIVE】が、可睡入口の袋井楽器にて開催されます。

毎年のように西尾楽器さんから、サマーライブへの参加申し込みのハガキを頂いていたのですが、

なぜか今まで参加したことがありませんでした。


予定を確認してから返事しよう、と思っているうちに締め切りを過ぎるか、ハガキを無くすか、どうかして縁がなかったんだと思います。毎度モクサツしてしまって、失礼シマシタ


今年はちゃんと返信して、参加させてもらうことになりました。


タイムテーブルの一覧を見ると、ほとんどの方が初対面か初共演です。これはアウェイ感ありますね。非常に楽しみです。


食事代2000円ってありますが、軽くつまめるモノが出るのかしら


以下詳細



【場所】
ミュージックハウス袋井楽器 大スタジオ

【時間】
14:30~20:00

【料金】
観覧無料
飲食ご希望の方は2000円、小学生以下1000円

【出演】

14:30 自爆団
15:00 AKB169
15:30 宮地俊晴
16:00 マシス
16:30 大燈亞
17:00 ORENGE JACKET
17:30 アネモネ
18:00 ホットスタッフ新撰組
18:30 酔奏楽団
19:00 スーパートンプキン
19:30 セッションタイム
20:00 終演


僕は16:00から歌います。八月の最終日で日曜日、お時間のある方はどうぞのぞいてやってくださいね




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
切り売りする痛みで
彼女は表現をする

切り売りする痛みで
彼女の表現をする

切り売りされた痛みは
切られた時のそのまま
彼女の痛みの色の
切り花みたいに咲いた

赤、白、黄色の
切り花みたいに咲いた


切り売りする痛みで
誰もが表現をする

切り売りする痛みで
小さな歌が生まれる

根拠のない希望と
文句ばかりの理想を
僕らは表現者という
大きな傘の下に入れた

ああ ああ ああ

ああ ああ ああ


キリギリスが歌ってる
彼女の肩に留まってる
キリギリスが歌ってる
彼女の夢を見ている



「キリギリス」

2014/8/26



昨日から思案していました。「切り花咲いた」はこんな風に歌えるかも、という一案。

ほとんど同じですけどね。二番は全てそのまんま。

キリギリスを入れたかっただけです。


「切り花咲いた」はタイトルからして愛嬌がなく、内容も痛い。なんとかならないかと思いまして

そこに“キリギリス”の一語をぶち込むことで「切り花」の歌詞の痛い印象が少しだけ薄れます。愛嬌も出る


でも、前の歌詞の冒頭の四行(正確には二行のくり返し)は、ちょっと気に入っていて、なくすのは惜しい。でもキリギリスを入れる場所は冒頭が一番良さそう。

うまい方法はないものか

タイトルだけ「キリギリス」に変えようか


こうしていると新しい別の歌詞がどんどん出てきて、追加したくなる。そうするとまた収集つかなくなるのですね


どーでもいいことだからこそ、いつまでも悩む




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
土曜日に作ったばかりの歌の歌詞を載せます。前の日記で書いた通り、車の中でチャッと浮かんで出来たものです。

何もないところから一曲完成させるまでの時間では、たぶん過去最速ではないかと、一人ほくそ笑んでいます。

とても短い歌なので《これっぽっち書けて何が最速だ》と笑われそうですが、

《きりうりする》って言葉を口の中でくり返し転がしていたら、その響きが不思議と可愛らしかったので、興がノリました。



「切り花咲いた」


切り売りする痛みで
彼女は表現をする

切り売りする痛みで
彼女の表現をする

切り売りされた痛みは
切られた時のそのまま
彼女の痛みの色の
切り花みたいに咲いた

赤、白、黄色の
切り花みたいに咲いた


切り売りする痛みで
誰もが表現をする

切り売りする痛みで
小さな歌が生まれる

根拠のない希望と
文句ばかりの理想で
僕らは表現者という
大きな傘の下に居た

ああ ああ ああ

ああ ああ ああ



切り売りされた痛みは
切られた時のそのまま
彼女の痛みの色の
切り花みたいに咲いた

ああ ああ ああ

ああ ああ ああ



2014/8/23 14:43
~8/24 23:39



以下、かなり長い蛇足


作った際、運転しながら楽しく繰り返し歌ってきたのですが、帰ってから歌詞を清書したものを読んでみると、これが全く楽しそうな歌に読めない?

同じ文章でも、耳で聞く時と文字を目で追った時の印象ってこんなにも違うんだなぁ、と久々にビックリしました。


とある歌イベントで、ある方が、近頃の若い女性シンガーはみんな痛いことばかり歌ってる、と苦言?を呈していたのですね。

確かに

女性に限らず、周囲を見渡すと、痛みの表現がそこかしこに溢れていていて、

皆が皆、それぞれの痛みを手を変え品を変え提出しているみたいです。


《自分の痛みを晒してこそ表現者だ!》との意見は、確かにおっしゃる通りなのですが


佐野元春はよく、悲しみの感情で万人の共感を得るのは安易なことだ、と公言してますね。逆に、楽しい感情で人と繋がるのはかなりの技術が必要だ、と。


よくわかる気がします。


そんな色々なことを皮肉って書いたつもりが、結果として、この歌も結構痛いです。スミマセン。


せめて歌う時、明るく楽しく歌えたら良いかな






マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
今日(土曜日)は家族にムリを言って、半日だけ一人時間をもらいました。

雨が降ってるのに、と家族に呆れられながらも(朝は雷が鳴ってたらしい)、静岡のCD屋まで出かけて行ったのです。

大きなCD屋さんの棚を眺めて、たっぷりとエネルギーを充電してきました。

もちろん衝動買いも数枚。地元でも買えるようなブツには目もくれず、慎重に厳選しました。

こういうことで悩むのは実に楽しい。


コレクターズの新譜は、とりあえず今回は保留。おじゃる丸のエンディングが一曲目なのが、ウーン、吉と出てると良いけど

あと、浅井健一と坂本慎太郎の新譜は、そのうちチェックしてみたい。

ベンジーのソロはファンからの評判がマチマチで、聴く前にレビューを見てしまうと《良くないのかしら?》と不安になるのですけど

僕のお気に入り『スフィンクス・ローズ』でも、結構に辛辣な感想があったりしますので、

“他人の意見は当てにならない”ってことです。ことベンジーに関しては特に。


道中、車を運転しながら、歌を一曲作りました。

短めの、テーマだけで肉付けが終わっちゃうような歌です。自作でいうと「背の高い影法師」を作った時と感覚が似てる。

こういう歌を以前はしょっちゅう作っていた気がしますが、最近じゃ珍しいです。何にしても歌が出来るのは喜ばしいことです。


最近はどうも、意識しないと歌詞が長くなりがちで、マズいと思っているのです。

だんだん歌詞が饒舌になるのは、(僕の場合は)書いていて言葉の収集がつかなくなるせいですが

“長い歌より短い歌の方がエライ”ってのが僕の持論で、歌とは三分間のポップスこそ最高だと思ってるのですね。


矢野顕子が細野晴臣のソロ曲について“歌が歌としての愛らしさを持っていた”と言ったのは至極名言。

ミスチルで例えるなら、「君がいた夏」「Replay」の愛らしさかな

キャリアを重ねていくと、作る歌詞の内容はどんどん深遠壮大になっていって、この手の楽曲の愛らしさは失われがちになります。

それはソングライティングの成長であって、仕方ないことなのですが

愛らしい歌が好き、という原点を忘れないでいたいと思うのです
(スピッツがいまだそれを忘れないように)



外出ついでに、不調だったアンプを修理に出しました。

140823_1717~01.jpg


ヤレヤレだぜー




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

ネットの小説ファンのコミュニティーにて、こんなアンケートのお題目が出ていたそうです。

《タイトルがときめく小説を10冊あげよ》


連れ合いがアンケートを見て、悩んだついでに僕にも聞いてきました。

で、僕も考えはじめたら,、止まらなくなった。

ときめく小説のタイトルって、これは迷いますね。確かに上手いタイトルってのはあります。

でも、多くの場合が小説の内容に感動したことで、タイトルの印象まで美化してしまい、ときめくんじゃないかと。内容ありきなのですね。


例えば、ぱっと頭に浮かんだダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」。

この小説を読んだ人なら、タイトルだけでグッとくることでしょうけど、未読な人にどこまで魅力があるタイトルか?ちょっと疑問です。


読んだことない人に、《お、面白そう。ちょっと読んでみたいかも》と思わせるタイトルこそいいんじゃないかと


そこで、内容ありきでなく、純粋にタイトルだけでときめく小説、をルールとして考えてみました。

(暇な夫婦です)


まぁ、センスの問題ですから、個人の好みを言い出したら、とても決定打は出ません。

二人して、あれはどうだこれもあるぞ、と、いろいろ協議してみて、

連れ合いも僕も《これは文句無し!》とたどり着いた小説は


「吾が輩は猫である」夏目漱石


ありでしょう。

古今東西、このタイトルに勝るタイトルはないだろう、というのが僕と連れ合いの意見です。


次点


「銀河鉄道の夜」宮沢賢治


これ、絶対良い小説だろ!ってタイトルだけでわかる。こんな素敵なタイトルを思いついたら、小説の内容が悪くなる訳がないのです。


「風の又三郎」「グスコーブドリの伝記」「注文の多い料理店」など、賢治のタイトルのセンスは大好きです。


ちなみに僕の一押しは


「獄門島」横溝正史


「八つ墓村」「犬神家の一族」「悪魔が来たりて笛を吹く」などなど。横溝正史の小説のタイトルはどれもケレン味たっぷりで、読む前から内容を妄想させてくれます。

ミステリーには名タイトルが多いですよ。乱歩とか凄く良い。「陰獣」「人間椅子」「屋根裏の散歩者」などなど、素晴らしい。


そう、連れ合いは短大の時、太宰治でレポートを書いたらしいのですが

僕が《太宰なら「人間失格」かね》、と聞くと、連れ合いは

《太宰なら絶対に「斜陽」だ》

、と言い切りました。なるほどー


ネット上では、江國香織、恩田陸の小説が名タイトルとして人気が高いようです


考えるほどに、10冊選ぶのはなかなか難しいですね



追記


僕の個人的な思いで選ぶ、優れたタイトルの本、


以下、むりくり選んでみました




「獄門島」横溝正史

「悪魔が来たりて笛を吹く」横溝正史

「銀河鉄道の夜」宮沢賢治

「吾輩は猫である」夏目漱石

「陰獣」江戸川乱歩

「魔界転生」山田風太郎

「サラダ記念日」俵万智

「月に吠える」萩原朔太郎

「スプートニクの恋人」村上春樹

「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦

「博士の愛した数式」小川洋子






マシス

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
夏休みも終わり、昨日より通常の生活が戻ってきました。

お盆の接待、その合間をぬって家族サービスも楽しんだりと、《何かをした!》っていう充実感でいっぱいのお休みとなりました。

今回は僕の個人的な楽しみをしてる暇がないな、と思ってたら、17日、半日ふっと時間が空いたので、

家族を誘って浜松美術館へ行ってきたのです。

140816_1412~01.jpg

話題の『ウルトラマン創世記展』です。

140816_1413~03.jpg

ウルトラマンは男の子の永遠の憧れです。ずっと気になっていた催しなのです。

着いてみたら駐車場は全て満車。市役所の駐車場から歩いていくことに

入場すると、カネゴンが出迎えてくれました

140816_1413~02.jpg

来場者2万人突破とか。スゴイ。大盛況なのですね。

実際に使われた台本、科特隊基地のミニチュアや制服、スパイダーガン、懐かしい小物がズラリ並んでます。

金城哲夫のストーリーメモ(アイデア帳)の自筆の書き込みを見た時は震えました。

あとは撮影に使われた特撮セットや着ぐるみの展示、ウルトラマンや怪獣のマスク、怪獣の一部(撮影が終わると再利用されたり、記念に関係者が切り分けて持ち帰ったりと、丸々はなかなか残ってないみたい)。

【当時撮影使用】と書いてあるヤツは【同じ型より復元】したというレプリカと比べて、やはり迫力が違います。ウルトラマンや怪獣の顔がハンサムです。

会場内を歩きながら僕は《うわーコレ本物か!》と興奮しっぱなしでした。

140816_1507~02.jpg

初代ウルトラマンから、ウルトラマン80まで、大好きなウルトラマンの世界を堪能出来ました。

俳優の黒部進と森次晃嗣が来場した日に来たかったですね。トークショーに参加したかった。


美術館を出て、ついでに浜松城の周りも久しぶりに散策

140816_1527~01.jpg


帰りは

140816_1616~01.jpg

いもねこショップでお茶してきました。


浜松に出たついでに、前日壊れたアンプを島村楽器に修理に出してくれば良かった、と後で思いました



マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード