音楽家の居る庭 ~mathis~

訪問ありがとうございます。音楽のこと、本のこと、日々感じていること、他愛もなく書き綴ります。


テーマ:

子供の頃に「ああ無情」のタイトルのTVアニメを観たことがあります(記憶にある方はいるでしょうか)。

話の詳細はすっかり忘れてますが、子供心にヘビィだなって印象でした。暗いなーって。最終回だけは今でもなんとなく覚えてますね。

そして主人公《ジャン・バルジャン》の名前は、その後も頭の片隅に残っていました。


「レ・ミゼラブル」が「ああ無情」のことだと知ったのは、成人してからだったか?

アニメの重たい印象が鮮烈だったので、「レ・ミゼラブル」にもう一度接してみようとは全く考えませんでした。

でも、一昨年の映画が大ヒットして、WOWOWで放送したのを連れ合いが録画してくれて

《きっと万人ウケする良さがあるのだろう》と、ちょっと気になっていたのです




で、つい先日。ミュージカル「レ・ミゼラブル」25周年記念コンサートの模様(同じくWOWOWにて放送)を観ました


圧倒されました汗


コンサートなんて言って、まんま2時間半のミュージカルです。レ・ミゼラブルとはこういう話か、と初めて知りました。

とにかく楽曲がカッコイイ。集団の斉唱による「民衆の歌」の高陽感、そのカタルシスたるやスゴイ


一人が歌い、続いて一人が別のメロディで被さってくるカウンターコーラスの美しさ

そしてなにより、ジャン・バルジャン役の俳優の歌声がめちゃめちゃ良かった!

人間は訓練次第でこんな声を出せるようになるのか!と感嘆するばかり。僕の知る《歌声》を超越した声に、聴きながら何度も体が震えました。

どうしたらこんな声が出るんだろう。まぐれで一瞬でも出るものじゃない


いやいや、まぐれなんてとんでもない話。100回歌えば100回この声を出せる!という、自信に溢れた声。磨きあげられた芸です。

僕はあんぐり口を開けて、一緒に観ていた連れ合いと《スゲースゲー》とつぶやくばかりでした。



主要キャストへの観客の反応が凄まじいです。とくにテナルディエ夫妻は出てくるだけで歓声があがるほどの人気ぶり。強欲の権化は道化でもあり、愛されてますね。

カーテンコールではなんと、1985年の初演のキャストがステージに登場して客の喝采を浴びてました。加えて、歴代のジャン・バルジャンを演じた俳優が四人揃い、全員で歌うシーンは、何も知らない僕も目頭が熱くなりました。


一昨年に大ヒットした映画「レ・ミゼラブル」は、このミュージカルをまんま映画化したものとか


勢いで翌日、映画の「レ・ミゼ」を観てみたら、

本当にミュージカルそのまんまでした


まぁ、映画もミュージカルも2時間半。で、全くおなじ歌を歌ってんだから、余計な演出を入れる時間があろうはずない


細かな泣かせのディテールは映画に、歌の素晴らしさはミュージカルに軍配、という感じか



ちなみに連れ合いは、マリウスの歌声は映画の方が好みだと言ってました。


僕はエポニーヌは結婚したら良い奥さんになれただろうにな、と想像しました。


テナルディエ夫妻が親戚になるってのはいただけないですけどね



献身することでしか愛を表現できなかったエポニーヌは、ウーマンリヴのご時世としては男目線のキャラと非難されそうですが、そんなことないのかな






マシス

いいね!した人  |  コメント(0)
PR
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ボブ・ディランの東京公演は快調らしく、毎度詳細を報告してくださる菅野ヘッケルさんのレポートも冴えまくってます。


歳をとるにつれて、世間に対してどんどん愛想がなくなってきたボブ。

世間はおろか、今ではバンドメンバーとも、バンマスのトニー・ガーニエとしか喋らないとの噂。

(噂は噂。《ボブディラン》のイメージ作りのための、ボブ一流の芝居かもしれない。裏ではすごーくメンバーと喋ったりしてるかもね)


そんなボブが先日、8日の公演終了後に最前列のファンから直接プレゼントを受け取る、と言う事件が起きた。

珍しいこともある!と客は喜んだそうですが、事件はさらに続く

ボブ、そのまま最前列のファン二人にサインを書いてあげたんですと





ボブがステージで客にサインするなんて、本国でも有り得ない、前代未聞の事件だ!とヘッケルさんも書いてます。

日本でよほど機嫌良くステージを演れてるのか。機嫌、絶対良いですよね。うーん、日本を贔屓にしてくれるのは嬉しいなぁ

サインをもらった男性の元には、そのサインを撮影するファンがごった返したそうです。そりゃそうだ。僕も肉筆のサインを見たいですよ

ここにはあげませんが、ネットであげられていたその証拠サイン写真を、僕もコピーさせてもらっちゃいました。僕も目の前で書いてもらいたい。いいなー



話変わって

ちょっと前のこと、以前より気になっていた上橋菜穂子の小説「精霊の守り人」が、噂に違わずたいへん面白かったので

シリーズの続きを読みたくなり、古本屋に行ったのですね

140410_0033~02.JPG


で、何気なしに一緒に手に取ったリリー・フランキーのエッセイ(105円)も買ったのです

140410_0033~01.JPG


これがなかなか面白かった。日本映画に関する短いエッセイが、なんと173編。読んでも読んでも読み終わらない

で、一編が短いものだから、あと一つ読んで寝よう、もう一つもう一つ、と読みすすめてしまい、コイツのおかげですっかり寝不足なのです。


それでもやっと読み終えて、さぁ今日こそ早く寝ようと思いつつ、枕元にあった「超思考」を手に取ってパラパラ

140410_0034~01.JPG


面白い止められない眠れないあせる





マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
日曜日は【町並みと蔵展】へ出かけて来ました

140406_1031~01.JPG

140406_1032~01.JPG

路肩のフリーマーケットは他愛のないものも多いのですが、いろいろと見て歩くのが実に楽しいです。

ウチの両親もそうですが、連れ合いや連れ合いのお母さんも【蔵展】が好きでして

僕は、気まぐれに一度ついていったら案外に楽しかった、って口。


今は喜んでついていくのですが、こういう散歩が楽しいと思えるようになったのは家族の影響大ですね。


着く早々、娘に《人力車に乗りたい》とねだられました

140406_1056~01.JPG

通行人の間を進む人力車は、皆に注目されて大変照れますが、乗り心地は快適です。

車に揺られながら、弾き語りの演奏を見つけたり

140406_1057~01.JPG

手作りキャンドルの展示に目を奪われたり

140406_1112~01.JPG

青空の下、露店の珈琲を楽しみつつ、ピザやカレーやチヂミ、お好み焼きお汁粉を食い歩きました。食べ過ぎ?


出たついで、わがまま言って中古CD屋をのぞかせてもらい

140406_2020~01.JPG

井上陽水の中期のアルバムを二枚購入しました。

陽水がセールス的に苦戦していた時期の作品だそうですが、どちらも一度聴いてみたかったアルバムで、見つけて嬉しい。


『LION&PELICAN』は名曲揃いだと思う☆陽水自身も気に入ってるというタイトル曲「とまどうペリカン」はもちろん、僕は「お願いはひとつ」が大好き。何回聴いても幸せな気分になれます。

高中正義のギター炸裂の『スニーカーダンサー』。このアルバムのお目当ては、そら恐ろしい歌詞の「事件」。この歌をようやく聴けて嬉しい!

陽水が《この歌詞を聴け!》って気持ちで歌っていると言う「娘がねじれる時」は、やはり歌詞が良いですね。「海へ来なさい」も、もちろん大好き。

両作とも初期のアルバムの密度に比べるとスカスカ感があるのですけど(一曲のつまんない曲が名曲より目立つ!)、この頃の陽水の楽曲は僕、めちゃくちゃ好きですね。すごく影響受けてます



マシス
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
仕事をしています。職場に一人きりです。

僕の作業場以外、他の部屋はシーンとしてます。今日は夜勤で出勤してるのは僕だけかしら、と思いつつ休憩に食堂に来たら、もう一人いた。

今夜おそらく、僕達二人しかこの建物にいないのでしょう


今日は地元の青年団がお花見に招待してくれてたのですが、こういう次第でキャンセル。残念。

お花見はどうなってるかな。外は風が冷たそうだ


ちなみに今日の出勤は休日出勤ではなくて、月末のゴールデンウイークにくっつけて振替られるみたい。


なんでも今年は連休中に工場内のレイアウトの変更を行うため、今年のゴールデンウイークは10連休なのだとか。


マジかー


10日も休んだら、働きたくなくなっちまいそうですね。

いや、それより家族のGWはカレンダー通りなので、連休も半分は一人になっちまうのです。


一人遊びは好きなのですけどね。さすがに持て余すかも


ひたすらのんびりしよう

そう、自作歌の音源を録音してみたい。これだけ一人のヒマ時間がある機会は、もうしばらくないでしょうし


あと、詳細は未定ですが、連休中のどこかで掛川の歌イベントに誘われてます。一日くらいはお外に出て歌えそうです。


今夜仕事から帰ったら、録画予約してあるNHKの「SWITCH」を観るのです


明日は我が地元、森町の【町並みと蔵展】に行くかもしれません

朝、起きられたなら

(おそらく娘に叩き起こされる?)




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ボブ・ディランの来日公演が始まってます。

東京公演は二日終わって、お馴染み菅野ヘッケルさんが毎回ライブレポートをあげてくれてます。

ディランの調子は上々の様子で、レポートを読み返す度に、ああ早くディランを観たいなぁと名古屋公演を待ち遠しく思う日々

東京公演が追加追加で、ボブとんでもなくハードスケジュールになってます。二日歌って一日休み、また三日歌って一日休んで四日歌う、みたいな。東京だけでこれは詰め込み過ぎでは?

御大72歳、疲れちゃうんじゃないか心配ですね。空き日にシッカリ休んで頂いて、18日の名古屋では万全のディランを堪能したいところですよ。

二日目のレポートによるとヘッケルさん、会場にて漫画家で筋金入りのディランファンの浦沢直樹と遭遇したとか。

そこで浦沢氏、元春との対談でニューヨークのディランゆかりの建物を訪れたとの話をしたそうで。ここでまた元春の名前が出るとはパー放送日の土曜日が楽しみですね。



さて、準夜勤の今週は、日中にレンタルで借りてきた「ケロロ軍曹」を娘と観てました。

ケロロ軍曹は名前とカオは知ってたけど、お話をちゃんと観るのはこれが初めて。娘と二人ケラケラ笑いながら観ました。たいへん人気のあるアニメだそうですね。



で、久しぶりにテレビを観ながら落書きしました。

ケロロを描いて、次にタママを描いた。出来はイマイチ。でも、だんだんコツを掴めてきて、次のギロロは上手く描けた



【ギロロ伍長】


140402_1639~01.JPG


上手くなってどーする、と思わず自分にツッコミを入れてしまいました




マシス
いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード