音楽家の居る庭 ~マシス~

訪問ありがとうございます。音楽のこと、本のこと、日々感じていること、他愛もなく書き綴ります。

NEW !
テーマ:
浜松のライブハウス【窓枠】にて、佐野元春のサマーツアー2015の初日を観てきました

150803_1844~01.jpg

今、まさに余韻に浸りながらの帰り道、ひとり打ち上げのラーメンを待っています。

150803_2143~01.jpg


楽しかった!


今朝の日記で、コヨーテバンドは新曲のリハーサルしてる時間あるのかしら、と不安な想いを綴りましたが


全くの杞憂!


今回のツアー、ヤバいです。『BLOOD MOON』の曲のライブ映えすることといったら!素晴らしいです。大満足。初日万歳!このライブを観て満足しない佐野元春ファンはいないと僕は断言します。佐野元春はやはりとんでもないです。

今回のサマーツアーに行かれる方、着替えは絶対持っていった方が良いです。踊りまくって汗だくになること必至ですから。

初日のセトリも写メール撮ってきましたが、なにせ初日ですので、ネタばれを見たくない方のことを考慮しまして、詳しい感想も含めその辺りは帰ってからアメンバー限定日記で書きたいと思います。


今夜観たモノを一言でいうなら


大ロックンロール・ショー!


サマーツアーを待ち構えてらっしゃる全国の皆さん、期待して良いですよ!




ラーメン屋を出て、空を見上げたら

150803_2211~01.jpg


紅い月が浮かんでた!



マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
ささやかな僕のリフレッシュ休暇も終わりました。遊んだり、うたた寝たり、あっという間の週末でした。どうせすぐにお盆休みも来るのですが、その前に良い休みとなりましたよ。

そして、日がかわって今日、8月3日(月)はもう佐野元春のサマーツアー初日なのです。佐野元春が今日の午後には浜松に来てしまう。信じられないな。

明日の今頃は多分、クタクタになって元春のライブの余韻を夢に眠ってることでしょうが、不思議です。なんか元春に会える実感があるようで、ない。

考えてみれば、サマーツアー開催の発表が今年の6月17日。ツアーをやるって知ってからまだ2ヶ月も経ってないのですから。待ちに待った、なんて感慨よりは、もう当日!?ってなものです。

こんなにせっかちなツアーは過去にも前例がないと思う。元春、35周年ということで、突発的な思いつきをぶっ込んだのかしら。でなきゃ浜松が初日なんて、ちょっと有り得ない。急いで会場を抑えようとして、たまたま浜松の予定が空いていたに違いないですよ。

まぁ、急でも何でもツアーは嬉しいですね。ニューアルバム『BLOOD MOON』の興奮で盛り上がってるまさに今、ライブが観れるのだから。

『BLOOD MOON』からたくさん聴きたいけど、こんなスケジュールでは新曲のリハーサルの時間はあまり取れなかったのでは?そこは贅沢言えませんね。

来年にかけて大きな会場のツアーもあるみたいですし、そこはそこで新曲ガッツリの凄いライブを期待したいです。


初日、浜松のライブハウス【窓枠】公演はきっと盛り上がります!少なくとも僕は誰よりも弾けてきます!楽しみですよ。


気がつけば、今週の金曜日と日曜日は、我が地元の森町の【森ほたる見にイベント】で歌を歌うのです。こちらも、話が決まってからあっという間な気がしますね。

なんか、歌を歌うモードに自分のスイッチが切り替わってない。歌えるんだろうか。元春を観たら、自分のライブのことを考えなきゃです。関係者の皆様はこちらもどうぞよろしくです。



150729_1437~01.jpg

これはまったく意味のない写真。娘が粘土遊びをしていて、“とうさんも何か作りなさい”と言われたので、余り粘土を寄せ集めて作りました。コロ助のつもりが目が大きすぎた




マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
連れ合いの実家にあったピアノが、ウチに来ることになりました。

150731_1424~01.jpg

外も中身もピカピカになって来ました。

ピアノ運搬の日程が動かせなかったので、この日は遊びに行く予定は外してあったのです。業者のお兄さんが汗だくになって運び込んでくれました。


生ピアノの音のデカさは半端なく、部屋のドアを閉めても家中に音が響きます。びっくりです。当然、家の外もかなり聞こえます。

雨戸を閉めないと、夜は弾けないかも。そもそも夜はピアノ、ダメですよね。


娘がピアノを習っていまして、連れ合いは、このままレッスンを続けるなら、いずれは電子ピアノでなく生ピアノを弾かせてあげたい、と、以前より話してました。

生ピアノを買う、なんて、僕からしたらお金持ちなイメージそのものですから、ウチなんてとてもとても(現実買えませんし)、練習だけなら電子ピアノで十分じゃない?なんて思っちゃうけど、

そういうものじゃないみたいです。


連れ合いのお母さんのご好意で今回、ピアノを移すことになったのですが、当のピアノが連れ合いが幼少の頃より弾いていたものですので、いろいろとガタがきてたらしく、調律だけして移動、という簡単な話にはいかなかった。

もろもろの部品の交換で、結局はなかなかの出費になったのです。それでもピアノを購入することに比べたら、全然お安いのですけどね。


防音対策はもうちょい考えなきゃいかんけど、僕も生ピアノの音は好きです。鍵盤に指を沈めるとキンッて響きがね、なんとも言えず良い。弾けないなりにポロポロとやってるだけで気持ち良くて、楽しくなってきます。

家にピアノがあるなんて、不思議な感じ。なんか音楽家みたいじゃないですか。




マシス
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
数日前より、僕のリフレッシュ休暇に家族で何して遊ぶかを検討してきたのですが、

遊園地だのサファリパークだの水族館だの、娘はいろいろと言ってて、ああ今年は遠出でテーマパークに行くのだね、と前日まで心づもりをしてたのです。


ところが昨日になって、すでに遊園地行く気満々の(はずの)娘、誰々ちゃんは今年6回も海へ行ったんだって良いなー、と友達のことを羨ましがりまして(お父さんが大の海好きだとか)、

なら、別に遊園地やめて海でも良いのだよ、と僕が言ったら、海!行きたい!とノってきたのです。

そういえばウチは、今まで娘を海水浴に連れて行ったことがありませんでした。毎週スイミングで泳いでる娘が海で泳いだことないなんて、盲点?アウトドアに疎い我が家なのです。

そしたら連れ合いも、実は私も海水浴ってしたことがない、と言い出しまして。そうなの?!と驚きました。


じゃ、晴れたら海に行こうかね、と急遽予定変更です。


150730_1452~01.jpg

海水浴、久しぶり。平日とあって駐車場も海の家も空いてました。

天気は良いし、遠浅の海は気持ち良かったですよ。混んでないのが素晴らしい。遊び放題でした。

初めての海、娘は泳ぐわ潜るわ浮き輪で波乗りするわと、大はしゃぎです。波に翻弄される娘を見ながら、地球と遊んでもらってるなーと思いました。

海の家のご飯も、普段はあまり食べないラーメンを“美味しい”とすすりこみ、ご機嫌だったのです。海で食べるラーメンとかカレーとか焼きそばとか、やたら美味しく感じます。


1日遊んで、帰りは大東町のお風呂屋さんに寄って、身体を温めました

150730_1749~01.jpg

ここの温泉、初めて来たけど建物が洒落てます。日焼けにお湯が染みました。


海水浴って、ただ波に浮かんだり貝を拾ったりで結構1日遊べるものです。実に夏らしい休みとなりました。たまには良いですね。

たまには、なんて言って、味を占めた娘に今後、海に連れてけ!とせがまれること必至ですよ。恒例行事になるのかなー


当初はテーマパークに行くつもりでいたので、だいぶ安く遊べてラッキー。高速も使わなかったし、運転も気楽でした。

BGMはもちろん『BLOOD MOON』。ご機嫌なドライブとなったのです





マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
『BLOOD MOON』は聴く程に楽しくなってきて、最初はピンとこなかった曲がどんどんお気に入りになりつつあります。

購入一週間、いま思ってる感想を書きます



「境界線」

“オチがついても”って、元春にしては珍しいフレーズ。僕は“夏の虹を追いかけて”の所が好き。躍動感溢れる演奏が心地良い。元春の声も良いです。


「紅い月」

“夢は破れて”の歌い回し、痺れます。美しいですね。


「本当の彼女」

ザ・バンドの「ザ・ウェイト」を思わせる曲調のラブソング。一聴した瞬間から大好き。


「バイ・ザ・シー」
サビを一緒に口ずさみたくなります。歌詞の畳み掛けと演奏の密度が心地良い。コヨーテバンド凄い。


「優しい闇」

“優しい闇が訪れる/恋人達の懐に”って出だしがとても好き。一緒についつい歌っちゃう。“約束の未来なんてどこにもない”はちょっと淋しい歌詞だけど。


「新世界の夜」

まるで「経験の唄」に通じるような禅問答。言葉が胸に落ちてくる。


「私の太陽」

ご機嫌な演奏。間奏の渡辺シュンスケのピアノの素晴らしいこと。


「いつかの君」

好き。シンプルな内容の歌だけど、四つ打ちビートがご機嫌です。ライブで聴きたい。絶対に弾ける曲。


「誰かの神」

これ、最初はよく分からなかったけど、いまアルバムで一番好きな歌。“君のこと知ってるよ”をつい歌ってしまう。


「キャビアとキャピタリズム」

「太陽だけが見えている」を思わせるご機嫌なビート。“誰がまともに聞くもんか”の歌詞がスカッとします。もともとは吉本隆明に捧げた詩とのこと。


「空港待合室」

アルバム中もっとも不思議な歌?ここまでアルバムを聴いてきて、積み重ねたカオスが爆発したかのよう。圧倒されます。


「東京スカイライン」

永遠に聴いていたい。音が流れてくると幸せな気分になります。緊張から解放されるような優しいバラッド。アルバムのエンドロールにこれが来ると堪らないです。


ボーナストラック
「あつさのせい」

名唱!名演奏!カッコいい。大滝さんもきっと喜んでます。



さて、サマーツアーではどの歌を聴けるかな



8月1日の18時より、BS朝日で放送される【インタビュー~トップランナーの肖像】という番組に、佐野元春が出演するそうです。対談相手は知らない人でしたが、ニューアルバムの話とか聞けたらいいな。




マシス
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
今週の木曜日と金曜日に、かねてから職場に言ってあるリフレッシュ休暇をもらう予定です。

平日の二日間、遠出をするなら土日を絡めずに、どちらかで行きたいところ。連れ合いと娘に相談して、どこへ行こうか何をしようかと考えを煮詰めてます。

偶然というか、僕のお袋と親父が明日から四国の親戚の方へ出かけるので、家は親子三人となります。

遠出して、例えば予定外に遅くなっても、日帰りのところを急遽泊まりに、なんてことも可能。三人で行動してれば何とでもなる。

お泊まりもできるよと娘に言ったら、娘は“えー、家で寝たい”と乗り気でない様子。マァそれならそれで。



リフレッシュ休暇明けの月曜日は、浜松ライブハウス【窓枠】にて佐野元春のサマーツアー初日が待ってます。

月曜日もリフレッシュ休暇に絡めたら最高のシメになったのですけど、サマーツアーの予定を知ったのが最近なので、休暇の届けの時には知る由もなかったワケです。知ってたら絶対に休んでたね。


佐野元春のニューアルバム『BLOOD MOON』の発売より一週間が経ちました

ファイル0004.jpg

サマーツアー初日まで『BLOOD MOON』漬けになるぞ、と意気込んで車にCDを積み込んでます。

遠出の時も聴いていくぞ




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
てんやわんやですよ~はクレイジーケンバンドの歌ですが、大した意味はありません。週末が忙しかったってことです。

来週の月曜日はもう浜松で佐野元春のサマーツアー初日なのです。ニューアルバム発売とライブがこんなに近いのは初めて!ライブまで『BLOOD MOON』を毎日聴き倒してやろうと思ってるのです。楽しみですよ。


土曜日に婆ちゃんの三回忌法要があって、家族一同、準備から接待にワタワタしてました。

灼熱の太陽の下でお墓参りをした後、久しぶりにお酒の席について、飲んだらグッタリと疲れました。生ビールはとても美味しかったです。

その日は僕、朝から携帯電話を紛失しまして、探しても探しても見つからないものですから、余計に疲れた。

携帯は結局、僕が朝に間違えて履いてすぐ脱いだ礼服のズボンに入ってたのです。そりゃ自分が悪い。出てきてホッとしましたよ。


日曜日は朝から地域の清掃活動。川に入ってゴミさらいをしてました。

これまた灼熱の太陽の下、長靴で川の中をあっちこっちへ闊歩し、めちゃめちゃ消耗しました。

この川さらいの予定のおかげで、僕は連れ合いの参加する御前崎ぷるるのイベントについて行けなかったのです。うーん残念。


ぷるるのステージを終えた連れ合いと、夕方に掛川で合流。【さわやか】で一緒に早めの夕飯を食べてたら、近くの喫茶店コクリコで橋本薫さんが歌ってるよ、との情報。


こんな目と鼻の先なら、ご挨拶してきましょうと喫茶コクリコへ移動。移動時間一分。

150726_1853~01.jpg

150726_1850~01.jpg

150726_1919~01.jpg

薫さんは南三陸の話をふんだんに盛り込んだステージを見せてくれました



150726_2029~01.jpg

帰宅してから、娘と花火をやって、21時。クタクタです。泥のように眠りました。



森ほたるの見にイベントも来週となりました。チラシを載せておきますね


ファイル0002.jpg

ファイル0008.jpg


夏は毎週何かと予定があります。僕の夏休みももうすぐです




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
仕事の昼休憩時間に、連れ合いよりメールが来ました。

森ほたるに7日の夜に出るはずの橋本薫さんが、仕事の都合で出演不可になったとのことで、マシスに代役を頼めないものか、と薫さんより打診されたそうなのです。

“やりますよー!と返事しといて”と連れ合いに返信。

ということで、マシスは9日の日曜日に加えて7日も出演することになると思われます。詳しくは後日改めてお知らせします。



昨日はとにかく、《定時は無理でも急いで帰る、帰って佐野元春を聴くのだ》とつぶやきながら仕事に励みました。


帰宅したら願い通り、佐野元春のニューアルバム『BLOOD MOON』が届いていて小躍りしたのです


150722_1806~01.jpg


聴きましたよ。


何でしょうね。この得体の知れない感じは。


ご機嫌な音楽なのは言うまでもなく、バンドの演奏はとにかく最高です。コヨーテバンド、こんなにキラキラした音を出せるなんて、HKBの演奏にもこのアルバムは引けを取らないと思う。

《どんなバンドでも、佐野元春が関われば佐野元春の音になる》ってのは僕が勝手に言ってることですが、正にこのアルバムがそう。

曲順がまた、これ以外は有り得ないってくらいキマっていて、どのイントロも鳴った瞬間にグッときます。


ただ、得体が知れないのです。なんか、掴みどころがない。元春と一緒に歌を口ずさむのを簡単に許してもらえないような、元春がどんな顔して歌ってるのか表情が読めない?そんな印象。

歌詞がヘビーなのが理由でしょうか。どの歌もかなり悲観的というか、

例えて言うと、今までは悲しみを喜びで包んで、悲しく見せない造りの歌詞だったのに、今回は表層に悲しみが所々で剥き出しです。

こんな風に、悲しみを元春から放り出しっぱなしにされるなんてなかったから、ちょっとビックリしました。




でも、一回目よりも二回目に聴いた時の方がアルバムにピントが合ってきた気がして、そして三回目の時はさらに曲の良さがわかりかけてきた感じです。


聴けば聴くほどに、新しい何かが見つかるアルバム。

まだ購入直後ですから、どれがお気に入りとか詳しい感想も何もないのですが、これはとんでもない作品なのかもしれません




マシス
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
日曜日の夜、我が家にある鉢植えの月下美人が咲きました。

150719_2119~01.jpg

150719_2119~02.jpg

今夜あたり咲くぞ、と昼間のうちから心構えてましたが、ドサッと咲きましたね。数えたら11個咲いてる。一夜で11個も咲くのは珍しいかな。

これだけ咲くと花の匂いがスゴい。ハッキリ言って臭いです。月下美人の匂いを好きという人もいるそうですが、殺虫剤みたいで僕はちょっと苦手。花はとても綺麗で見応えあるのですけどね。

夜しか咲かない月下美人。明日の朝には見れないから、と、娘も鼻を摘まみながら見てました。



日曜日の昼間はラフレシア&HWCのボーカル夢華さんが、通っている音楽スクールの発表会があるというので、どれどれと覗いてきたのです。


150719_1418~01.jpg


どの生徒も発表会ということで緊張した面もちなのですが、その中で夢華さん一人がやたらステージ慣れしてて頼もしい。いつも通りの夢華さんって感じで、楽しそうに堂々と歌ってました

150719_1628~01.jpg

昨年はMVP賞を取ったけど、二年連続とは行かなかった。音楽スクールですからね。そんなものだ

150719_1621~02.jpg

三回も衣装替えて、頑張ってましたよ。

150719_1627~01.jpg


会場が磐田ワークピアということで、磐田市のマスコットキャラクター《しっぺい君》が来てました

150719_1516~02.jpg

会場のちびっ子たちは大喜び。みんなしっぺい君が来るのを知ってたようです。

150719_1516~01.jpg

しっぺい君が動くたび、ステージの機材に当たって倒すんじゃないかと、先生方が心配そうな顔してたのがおかしかったな。


夢華さん、この発表会の後、掛川でバンドフェスに出演する為に移動したそうで、大変でしたね。お疲れ様でしたパー



土曜日に休日出勤すると休みが足りない気分。身体が休まらないぞ。疲れが取れないなー




マシス
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇