Mathilde au Japon (マチルド・オ・ジャポン)

趣味で簡単な翻訳をしています。
簡単な詩や歌、面白いと思った記事、短編小説を
訳したものをブログに書いていきたいと思っています。


テーマ:
Mathilde au Japon (マチルド・オ・ジャポン)

(韓国、牧師の「赤ちゃんポスト」 ⑥)

A social worker then asked Lee to accept the brain-damaged
daughter of a 14-year-old girl who drank and did drugs
during her pregnancy. The social worker assured Lee the
infant, named Hannah, wouldn't live long.

Lee fed her through a tube, amazed at the child's hunger
to survive. Hannah lived six more years: "When she died,
I cried so much, more than even when my own parents passed away."


That's when Lee vowed he would never turn away a challenged
child. He has officially adopted several as his own and
gained temporary legal guardianship of others.

In 2009, he installed the drop box. Immediately, the babies
began appearing, some with their umbilical cords still attached.



ある社会福祉士は、14歳の少女が産んだ女の子を
受け入れて欲しいと頼んで来た。少女は妊娠中、酒と
麻薬に溺れたため、子供は脳に障碍があるという。
社会福祉士によると、その幼児はハンナと言い、長くは
生きられない。

イ牧師は、チューブを使って栄養を与え、ハンナが
お腹をすかせると、生きようとしている証拠だと感激した。
ハンナは、受け入れから6ヶ月間、生きながらえた。
「ハンナが亡くなった時、私は号泣しました。自分の
両親が亡くなった時よりも泣きました。」


そしてその時、イ牧師は、これからは絶対に障碍のある子を
断ったりしないと誓った。彼は数人の子を正式な養子にして、
他の子に関しては、法律上、一時的な後見人になった。

2009年にボックスを設置した。直後から乳児たちが
入れられるようになった。中には、へその緒がついたまま
だった子供たちもいる。


AD
 |  リブログ(0)

Mathilde de La Mole(マチルド)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。