ありがとうございました

テーマ:
こんにちは
増田です。

今日でますだ笑店
一旦お別れです。

12月はまるまるお休みいたします。

治療家、起業家の方はこちらへ

http://ameblo.jp/ugbm1515/

12月の施術スケジュールにつきましては
準々にお送りいたしていますのでご覧ください。

それでは、ありがとうございました。







2010年11月30日

一旦閉院に向けて

増田拓保
AD

ごめん、、、

テーマ:
おはようございます
ますだです。


またまた、空いてしまいました^^;

今日は短くいきます。

さて、今月もあと残すところ10日です。

はやいなぁ~
僕もあと1ヶ月で30歳です。
つい最近まで高校生やったのに、、、

時がたつのはとても早いですね。

ということで(、、、どういうこと?!)
ますだ笑店は11月から1ヶ月
お休みをいただきます。

お引越しですね。
プラスNewオフィスです。
今度のお店はちょっとアジアンチックで
スパイシーな治療院でコンサルタントの
オフィスも併合しています。

楽しみにしててくださいね。

それに加え、10月いっぱいは治療費3000円です。
(11月からは10000円になります)

来月は、貸スペースにて施術します。

また、DM出しまーす^^







増田拓保
AD

今月いっぱいです

テーマ:

おはようございます

増田です。



今日はあなたに残念なお知らせがあります。


現在この「安くていい整体ドットコム 毎日がお祭り」を

見ていただいていますが、治療家育成プロジェクトの

スケジュールがハードなので来月からは週に2,3回の

更新頻度にてお届けいたします。

(内容は、もっともっと深くなります^^どうぞお見逃しなく)


治療家、経営者の方はhttp://kanemochiseitaibinnbouseitai.blogspot.com/ まで

きてください。



増田拓保


PS

それに伴い、11月からはフリーセラピーが最終日曜のみの

月に1回となりますので、よろしくお願い致します。

0120-64-3013

AD
おはようございます
増田です。


治療業界のウソも今日で最終回です。
とても、参考になることから刺激的なことまで
お伝えしてきましたが、こんなことはたぶん
病院の先生や整体や療術家は口が滑っても
言いません。

言ったら、自分の地位も落ちるし、患者さんだって
離れていってしまうと恐れが出るからです。

でも、あえてあなたには伝えました。

詐欺師みたいな療術家やドクターは時代が
進むにつれて増えていくばかりです。
ろくに、診断もできないヤツが教材を売ってたりとか
実績もないアホがカリスマとか、、、

やめて欲しいです。

先生がアホなくせして患者さんには、ああだこうだと
偉そうに「指導」するのは、ちょっと違う気がします。

僕が所属していた団体も金の亡者(大したコンテンツは
持ってないのに、、、)か独裁者のサポーター(師匠が亡く
なってその事後処理にあくせくしていた、、、)しか
いなかったので、大体の療術業界の良いところ、悪い
ところを見ることが出来ました。

そして、デキる療術家とデキない療術家を
見極めることも朝飯前になりました。
そして、ダメな療術家の典型的なものに関することは
このブログでもお伝えしました。

僕は、11月から療術家としての道を少しだけ縮小
するにあたり、あなたにババ抜きの"ババ"だけは
引いてもらいたくなかったのです。

僕たち療術家は、患者さんを幸せにすることに注力
しなければならないし、それができずに金の数え方や
技術にフォーカスしすぎているアホな療術家は
消えてもらいたいのです。

患者さんを幸せにできる人だけが療術家という
山に登ればいい。

そう真剣に感じています。








増田拓保

PS
明日からは、楽しい話をしていこうと思います。
おはようございます
増田です。


聞くまでもありませんが、あなたも病院へ行って
薬を処方されたことがあると思います。

病院なら薬局へ
接骨院なら湿布を貼ってもらい、治そうとします。

、、、で、
それ治ってんの⁈

いや、それ治ってないですよ。。。

高血圧や生命に関わるものは別にしたとしても、病院は
とくに薬で何とか治そうと躍起になります。

でも、勘違いしないでください。
これは、あなたを治すためではなく医者が儲けるために
できたシステムです。

あなたに聞きたいのは「それで治ったん?」ということです。

きっと現状維持のままだと思います。

そして、恐ろしいことに薬は依存性もあるし、あなたが望む望まない
関係なくもれなく副作用が付いてきます。

果たしてそれは健康か??

ぶっちゃけ、リスクが高すぎて薬漬けにして患者を殺そうと
してんじゃねぇもかな?!と、おもってしまいますね。

マジで気を付けてください。。。










増田拓保

PS
次回は最終回。
ネタは、明日のお楽しみに、、、
おはようございます
増田です。


さて、治療業界のウソを暴いていくシリーズその3は、、、
「保険がきくから安い」のウソです。

最初の言っておきたいことは、僕が整体で実費診療しているから保険治療を扱う業者を敵対視しているというわけではありません。

そうではなく、保険という名の"蟻地獄"にハマっているということです。

「安いから通いやすい」という、患者の生き血を吸うような手口です。
そうやって、ジワジワ知らず知らずに患者さんを依存させていくのです。

病院や整骨院というものは、基本的に退院がありません。
一生、病院通いという感じです。

これは、健康ではないし、たんなる依存です。
安い金で釣って体や心を蝕んでいくのが目的なんで、治るとか治らないなんて二の次なのです。

あなたは、そんな甘い罠にはハマらないでください。








増田拓保

PS
次は、薬で人が死んでいく話です。
湿布薬で痛みが消える?!
残念、それはぜっっったいあり得ないです。
おはようございます
増田です。


痛み悩みをあなたも持ったことがあると思います。

でも、それは何分で解決するのだと言い切る専門家はいません。

治療業界にはびこる「10分1000円」みたいなシステムが、その典型的なものです。

痛みが何分以内に無くなるかなんて分かるわけないのです。
それでも、周りがそうしているから何分でいくらみたいなシステムを採用しているのです。

治療家の胸の内は「もう◯◯分もやっているんだから、痛みが多少取れていなくったって患者も文句を言わないだろう、、、」と、思っているのです。

困ったもんです。

だから、こぞってバカがバカを生むのです。

この前からだいぶんとこのブログでも言っているようにドクターが手術や診断をする時、◯◯分◯◯円ではないのです。

そろそろ気付いてもらいたいのです。
整体師は患者さんにナメられているということを、、、

もし、あなたが「マジで」治りたいと思っている患者さんなら、時間でいくらの治療院に行かないことです。
時間だけ稼がれて痛みは二の次にされますんで、、、








増田拓保

PS
次回は「保険適応は安いのウソ」をお届けします。
保険を使うことで安くなり通いやすくなる、、、
残念ながら治療家の罠に完全にハメられています。
おはようございます
増田です。


さて、今日はあなたを欺き続けた治療業界の常識にメスを入れたいと思います。

あなたが、そのウソを見破ることによって業界は健全化し淘汰されていくでしょう。

最悪、僕は同業他者に刺されるかもしれません。

それでも、業界の水準を高くするために、患者さんを正しいゴールへ導くためにウソをブッた斬っていきます。

それでは、1つ目のウソ。
それは、、、

「強い刺激で痛みをごまかす」です。

もしかすると、治療家の97%が押したり揉んだり叩いたりと痛みをさらに痛い刺激でごまかしているのかもしれません。

腰が痛かったら腰をグイグイ揉んだり、肩こりなら肩をゴリゴリ押したり、足裏をガンガン叩いたりと強い刺激でごまかしているだけです。

そして、肝心の痛みはというと、、、
全然取れてないヤーン!!となります。
(やってもらったその場は治ったような気になります。)

だまされないでください。

本当に芯から根本から治そうと思ったら、強さに頼ってはいけないということです。

長い目で見て、ゆったりとしたストレッチや軽いセルフマッサージの方が体に負担が少なく痛みが表に出にくくなってきます。

そうすれば、治療の頻度は減るし自分自身で体のケアができるようになります。

もし、あなたが今度、治療や整体に行ってグイグイ強い治療をやる所に行ったらこう質問してみてください。

「先生、強い刺激でごまかしているだけですか??」と。。。

この質問をすることで、治療家の顔は青ざめ凍りつくことでしょう。









増田拓保

PS
次回は、「何分で◯◯円」についてのウソを暴いていきましょう。

ではでは。
おはようございます
増田です。


最近、めっぽう寒くなりましたね。
風をひかれないように暖かくして休んでください。

僕は整体師なので、患者さんが治るように治療し指導していくのが仕事です。

大阪に出かけた、ある日のことでした。

女性から声をかけられ「すみません、とてもお尻が痺れていて治してほしい。鍼にいってもどこに行っても何も変わらない。」と、言われました。

もしかすると、あなたもこの女性のように「どこに行ってもよくならない」という悩みを持っているかもしれません。

もちろん、僕はその痛みを消す"魔術師"ですから、どいうふうに治療すればよくなるなんて朝飯前です。

でも、神様ではありません。

一発でよくならない事もよくあります。
(まあ、大体4、5回通えば勝手によくもなるんですが、、、)

だから、たまに患者さんから「ガッカリした」みたいなことをストレートに言われることもあります。

でも、それは僕のせいではありません。
あなたのせいでもありません。
誰のせいでもなく、今まで正しいことを教えてこなかった治療業界が悪いのです。

そして、この治療業界には患者さんを欺き続ける悪習があります。

それをあなたが知ることで、さっき出てきた女性のように「よくならない」なんてことも、減ってくるでしょう。

でも、その悪い慣習を暴くのには、とても勇気がいることです。

もし、このブログを同業者が読んでいたら「お前、どういうつもりだ!テメェさえよければそれでいいのか!?」と、罵倒を喰らうでしょう。

それでも、僕は業界の悪習を暴きます。

あなたが、それを知ることによって治療家に騙されなくなり、余計なお金と時間を使わなくて済みます。

明日から、ぜひ心して読んでみてください。







増田拓保

友達100人失いました

テーマ:
おはようございます
増田です。


幼稚園か小学校の時に、友達100人できるかな♪みたいな歌がありましたね。


たぶん、30年も生きていると100人ぐらいはできたと思います。

でも、最近一気に100人ぐらい失ったと思います^^;

整体師として、ある意味「ノンビリ」やってた時というのは、やっぱり交友関係もノンビリとした人が多くなってきます。

一気に環境が変わると友達というか付き合いが激減しました。

でも考えてみれば当たり前のことです。

やっぱり周りは年収も数億、数千万の人ばっかになるし、話もビジネスの話ばっかになります。

それをいつもの感じで友達に話すと、、、
結末は最悪で、結構白い目で見られたりします。

まあ普通に考えれば分かることですが、今の環境に適した人が寄ってきますし、話だって同じ話題になります。

貧乏人は貧乏人の会話。
ニートはニートの会話。
リッチはリッチな会話。

そうなります。
そりゃ、友達100人いなくなります、、、

でも、しょうがないですね。
やっぱり友達は変わります。

その時々によって付き合いは変わります。

今は、ただひたすら働くのみです。

さぁ、今日も一日頑張りましょう。







増田拓保