増田塾新宿校ブログ

早稲田大学・慶應義塾大学・上智大学をはじめとした
難関私大文系受験専門予備校「増田塾」の新宿校舎ブログです。

2018年度 春コース入塾説明会ご予約受付開始

高2~高卒春コース受付開始!
現在、高2~高卒生の入塾説明会のご予約を受け付けております。
入塾説明会は全て個別での実施の為、完全予約制となります。
また、定員に達し次第ご予約を締め切らせていただきます。
ご予約・ご入塾のお申込み、その他お問い合わせに関しては、
以下総合受付にて受け付けております。



総合受付:0120-842-428(10:00~21:00)


テーマ:

こんにちは。増田塾新宿校です。

 

増田塾で学んでいる高2の皆さんにとって、聞き覚えはあっても未体験である強制自習とは、一体、どんな勉強システムなのか気になる所だと思います。
朝から夜まで一日中、強制的に勉強させられるのでは・・・!と、緊張している人もいるのではないでしょうか。
それは、正解です!

「学校が終了したら」→「すぐに増田塾へ登校し」→「勉強スタート!」

これが基本となります。
もちろん、ゴールデンウィークやお盆など、連休・祝日も関係ありません。
日曜日と休塾日以外は、全て勉強!それが4月以降、高3生としての皆さんの日常となるのです。
では、なぜ、そこまでしなければならないのか?

それは勉強時間の確保のためです。
そして、それは現役生にとって難関私大合格の「鍵」そのものと言えます。
単純化して考えてみましょう。
増田塾に通う高卒生達も、皆さんと同様に強制自習システムに参加します。
しかしその時間帯は、朝からのスタートです。

「朝、増田塾へ登校し」→「授業と自習へ参加しながら」→「夜も引き続き復習」

一日の時間と体力の全てを受験勉強に注ぎ込む訳ですから、学校、部活をこなさなければならない皆さんは、実際不利な条件下にあります。
学力は、ただ授業を受けるだけでは向上しません。
予習、復習、演習、質問、暗記作業と過去問の取り組み等々、インプットとアウトプットを繰り返して初めて定着するものです。
ゆえに勉強時間の多寡は、当然、合格率へと直結する訳です。

現役生が持っている貴重な時間をギリギリ限界まで有効活用するために、強制自習は存在します。
自習室では、携帯電話禁止!私語禁止!勉強だけに打ち込める環境です。
もちろん、その時間内で何を行うべきか、どのような順番で取り組むべきか、それは私たち教室スタッフが教えますので安心して下さい。

そして今月末の実力テスト以降、高2生の皆さんにも体験的に強制自習に参加してもらいます。
毎年、この期間で多くの生徒が英語力を伸ばし、高3生へのスタートダッシュに成功しています!
やる気を充填し、楽しみにしていてください!

増田塾 新宿校

AD
いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。