テーマ:

皆様こんばんは。江戸川区議会議員のます秀行です。


 今日は、今回の一般質問でも取り上げた『資源ごみの持ち去り問題』について報告します。江戸川区内では、古くからの古紙を中心とした資源ごみが持ち去られるという問題が起こっています。


 さて、そもそもこの資源ごみの持ち去り問題ですが、これは決して江戸川区独特のものではありません。これまで全国の各地で市民や行政の悩ませてきました。この持ち去り問題に対し、各自治体ではそれぞれに対策を講じてきましたが、これまでのところ、なかなか決定的な解決策は見いだせていません。

 

 それでは具体的に考えていきましょう。まずこの問題を考える上で、基本的に『ごみは誰の持ち物か』という事を法解釈上決めなければなりません。


 ごみと言えど、もともとは誰かが所有していたものです。ごみ集積所に出したあとは果たして誰の所有物になるのでしょうか?収集されるまでは元の持ち主の物?あるいは収集に来る事業者の物?若しくは収集事業を管理する役所の物?

 など、様々な考え方ができるわけです。


 自治体によっては条例を制定し、集積所にあるごみは自治体の所有物と解釈するケースもありますが、江戸川区の場合は『無主物』として解釈しています。つまり、『誰の物でもない』と位置付けているのです。

 従って、誰の物でもないものは例え誰かが持ち去っても、それが即座に法に抵触する事はありません。つまり持ち去り業者は何も悪い事をしていない事になります。


 これでは問題がなかなか解決しません。


 あくまで法解釈上の話ですが、所有権の主張はいい事ばかりでもありません。例えば集積所にあったごみが風で飛んでしまい、民家のガラスを割ってしまった場合などはその責任を問われる恐れもあるのです。(所有の権利と義務の関係です)

 

 このような事も含め、私は今議会での質問も含め、これまでに下記事項の解決策を提案してきました。


① 資源ごみの持ち去り禁止条例を制定し、その抑止効果に期待する(所有権の主張も可)


  ⇒ 他の自治体では対策初期の段階で講じる例が多いようです


② 持ち去りを行っている業者に対する指導を徹底強化する

  ⇒ 不法行為でない限り、指導にも限界があります


③ 資源ごみを持ち去った業者が、換金のために持ち込む買い取り業者に理解を求める


  ⇒ 他の自治体では対策が進んでいく段階で講じる手段です


④ 集団回収制度の欠点を克服すべく、その仕組みを見直すととともに精度を高める工夫をする


  ⇒ 区は、これまでこの問題に対し、集団回収制度を徹底する事によって持ち去り問題の解決

     を図ってきました


 *回収によって得られた助成金は、町会・自治会の運営費に充てられています。見方によっては集団回収制度が街の運営費に貢献している事にもなります。


 さて、問題はこの集団回収制度はよく出来た制度ですが、残念ながら持ち去り問題の解決には必ずしも成功していません。理論上、ごみが集められてから収集業者が来るまでの時間は、集積所に鍵を掛けたり、私有地内で保管したりする事によって持ち去られないというものですが、現実的には、ごみを出される方々も普段の生活の中では決まった時間に決まった場所に出す事が困難であったり、町会・自治会によっては安全な場所を確保できないケース等もも見受けられるのです。


 このような事からも、確かに優れた集団回収制度ですが、『制度の精度』はまだまだ改善していく余地があるのです。


 今議会では、改めて上記④項目を提案させて頂きましたが、区長は③の買い取り業者への対策について前向きに検討する旨の答弁をされました。これはこの問題の対策としては、かなり踏み込んだ施策でもあり問題の解決に大きな期待が持てます。


 決して、一朝一夕に解決できるもんだではありませんが、私も地域活動を通じ、より効果的な解決策を考えていきたいと思います。



 ここで、『集団回収制度』について簡単に説明します。これは町会や自治体が主体となって、自分達で収集ルールを設け、直接業者に収集してもらうというものです。この制度を実施する事によって、各自が集積所にごみを出すことなく、決められた時間と場所にごみ出しを行い収集までのごみを自分たちで管理する事になります。
 まずは、ごみの所有権を主張できる事に努める事が問題解決へ向けた第一歩と考え、これまでも提案をして参りましたが、他の自治体では所有権を持たない場合でも他の効果的な策を講じてきた例も見られました。
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

江戸川区議会議員 桝秀行さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。