あなたの魂の扉を開く『The Message』@桑名正典公式ブログ

「すべての人に役割があり、輝いた存在だ」という信念を元に、セミナー、カウンセリングを通じ、のべ1200名を指導してきました。その活動の中で見出した「幸せで自分らしい『本当の人生』を実現するための知恵」をお届けします。


テーマ:
小説『7月7日の奇跡』と、ゆるしのレッスンができる
元になったゆるしの実体験です。


【第一話】ゆるし体験記/ゆるしで人生が変わった僕の体験記

【第二話】ゆるし体験記/メンターに会いに行く
【第三話】ゆるし体験記/情けない自分も大好き???

----

【第四話】ゆるし体験記/今の自分を信じるということ


僕は、稼げない、結果が出ないことを情けないことと思っていました。
そして、それで自分を責めまくっていました。

でも、メンターは、僕と似たような過去の自分のことについて、

「情けないとは思ったよ。
 でもね、それでもね、僕は自分のことが大好きだったんだよ・・・」

と言う・・・。


情けないのに、そんな自分が大好き・・・?

頭の中が一瞬で混乱しました。


そんな僕を見てメンターが続けました。


「稼げないとか、奥さんを養えないとか、いろんな状況はあるよね。
 それは世間的に見ると情けないことかもしれないけれど、
 それで桑名くんがダメってことじゃないんだよ。
 世間での価値観なんてどうでもいいの。
 それでも自分を信じてあげる。
 それでも自分のことを好きでいる。
 自分さえ信じてあげられればいいんだよ。」


その優しい言葉を聞いたとき、
僕の目から涙があふれてきました。


今まで散々自分を責め続けてきた自分・・・

こんなんじゃダメだダメだと言い続けてきました。

「それでもいい」

という言葉は、
そんな自己嫌悪の日々をすべて帳消しにしてくれました。

止めようとしても涙はどんどん出てきました。
えづくくらい泣いたことを覚えています。


そして、9時30分ごろまで居酒屋で飲み、
そのあとはカラオケに行き、1時ごろまで歌いました。

その間、ずっと

「桑名くんは大丈夫だよ」
「必ずうまくいく」

という励ましの言葉をかけ続けてくれました。

メンターと別れた後、
僕は都内のカプセルホテルで一泊し、
さらに翌日の夜にでる夜行バスで家に帰りました。

 * * *

帰宅後、常に自分に言い聞かせたのは、

「今のそのままの自分を信じよう」

ということでした。


セミナー、カウンセリングで50,000円程度しか稼げない・・・

まずはこの現実を受け止めました。


そして、それでもとにかくお金が必要なので、

“今の自分に出来る3つのこと”

を進めることにしました。


【第五話】につづく

----

小説『7月7日の奇跡』
自分をゆるすこと、今の自分を認めるということはこの小説をお読みください。
僕の実体験を基にした小説です。

----
メールマガジンはコチラ

個人セッションはコチラ

あなたの中の光を見出し、輝かせる飲み会セラピー

桑名が受けてとてもよかったワークショップを主催します「悟る技術ワークショップ」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

桑名正典さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります