あなたの魂の扉を開く『The Message』@桑名正典公式ブログ

「すべての人に役割があり、輝いた存在だ」という信念を元に、セミナー、カウンセリングを通じ、のべ1200名を指導してきました。その活動の中で見出した「幸せで自分らしい『本当の人生』を実現するための知恵」をお届けします。

NEW !
テーマ:
「自分を出すこと」

って大事です。

何を感じてるのか?
何を思っているのか?
何が好きなのか?
何が嫌いなのか?

そんなことを素直に出すこと。
ちゃんと表現すること。

それって大事です。


でも、たまにFacebookなどで見ます。

「今まで言えなかったけど、私〇〇なんですー!」

っと自己開示し、
そのコメント欄に、

「いいよ。そんなあなたが大好きだよー」
「それ出せたあなたが好きー」

と盛り上がってる。


僕はそのやり取りが苦手です(^_^;)

全部とは言わないです。


苦手なのは、

  自分で認められない部分を
  人に認めてもらって受け入れてる

というのを感じるとき。

結構多い。


別に開示するのが悪いわけではなく、
その雰囲気を感じるとモヤモヤする。


僕のところにもたまに来られます。

僕に

「いいですよ」
「大丈夫ですよ」

と言ってもらって
自分を認めようとする人。

そんな人には僕は注意しますし、
優しい言葉をかけることはやめます。


「人を利用して自分を認める」

それって結構不安定というか、
認めてくれる人がいなくなったり、
その人が急に自分を注意してきたら
途端に崩れます(^_^;)


「あんなに大好きって言ってたじゃん!!」

と逆ギレしたりします(^_^;)


「こんな私だけどいい?」
「こんな私だけど大丈夫?」

それは相手に聞くことじゃなく、

  自分で解決すること

であり、
もっと言うと、

  自分でゆるし、受け入れること

です。


自分でゆるし、受け入れると、
自己開示のトーンやエネルギーが変わります。


傷の舐め合いコミュニケーションは気持ち悪いし、
共依存にしかなりえず、
結局相手のためにもなりえません。

相手を本当に好きなら、
相手を本当に信じるなら、

「それは自分の中でクリアにすることだよ」

と言ってあげた方がいい。

※もちろんタイミングはあります。


「それでも大好き」
「そんなあなたも素晴らしいよ」

それは真実ですが、
その使い方には気をつけた方がいい。


お互いをちゃんと活かしあえる。

お互いをちゃんと向き合わせあえる。

そんな関係を築けたらいいなぁ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)