1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-01-08 06:36:27

マーケティングとは「出会い」?

テーマ:┣事務所経営
おはようございます。
やっと正月モードから抜け出しつつある^^
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



先日のことです。


とある飲み会で起業したばかりの司法書士の先生と
飲んでました。


と言っても遠藤は飲めないのでウーロン茶ですが(笑)


その先生曰く、


「遠藤先生、私は今、全く食えてない状況なんですよねーショック!


「マーケティングが大事だと言うのはわかってるんですが
 見込客に自分のサービスの良さをなかなかわかって
 もらえないんです。」


「遠藤先生は自分のサービスの良さをわかってもらって
 顧客に購入してもらうためにどのような工夫をされてますか?」
 


と言う質問を受けました。



遠藤は人様に偉そうにマーケティング講義をするほど
専門家でもなんでもないのですが一言だけ、


「見込客に自分のサービスの良さをわかってもらおうなんて
 したことも思ったことも1回もないですよ。」


とだけお答えしました。



昔、誰かが言っていたのですがマーケティングとは、


×見込客を説得して自分の商品やサービスを買わせること


ではなく


○自分の商品やサービスが良い!と思ってくれる見込客に
 「出会うこと」


だそうですニコニコ



そして、「出会う」ために大事なのは「絞り込むこと」
だとか。


・あれやこれやと手を出さずに「自分はこれ!」という
 商品やサービスに絞り込む

・「誰でも良いから買ってください」ではなくて
 自分の理想とする顧客像を絞り込み、その人だけに
 向けて情報を発信する。


と言った感じです。




この、

=====
絞り込む
=====


と言うのは業務提携相手を探すのにも極めて重要な
ポイントになります。


相手があることなのでまずは、

「自分が何者でどんな商品・サービスの専門家であるか?」

を、明確に伝えられなければお話になりません^^;



もしあなたが「自分はできているだろうか?」と
不安なのであれば、確かめるのに良い方法がありますよニコニコ


1分の制限時間で自分が何者でどんな商品・サービス
の専門家であるかを身の回りの5人の人にお話してみて
そのFeedbackをもらうのです。


もし、「うーん、今ひとつだなー」というFeedbackが多い
ようでしたら、まだ他者との業務提携は早計だと思います。


短い時間で明確に上記のようなことを伝えられるように
なれば今度はそれをホームページ、メルマガ、Facebookそして
交流会などで発信し続けるだけです。


そうすれば黙っていても業務提携相手の候補が向こうから
やってきます。


ぜひやってみてくださいねニコニコ

今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。



遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


スピード業務提携法


=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約書ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-15 07:03:46

もう電話に出るのをやめました^^

テーマ:┣事務所経営
おはようございます。
年末の慌しさで訳わからなくなっている^^
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



遠藤は毎朝、事務所に出勤する前にかかってくる
電話を携帯に転送しています。


でも最近、午前中にかかってくる電話は
知っている番号以外は出るのをやめましたショック!


それで新規見込客を失っているのかも
しれません。


でも、午前中は必ず習慣化しているメニューが
あるので、そちらが中断されるデメリットの方が
大きいと判断しているのです。




また、メールチェックも最近、
朝9時と事務所に到着時、そして夕方5時の
1日に3回だけチェックし、
それ以外は一切見ないようにしています。



以前はメールが着信するたびに「ピポン!」と
着信音がなり、すぐに見るようにしていましたが
やめました。



そして今はFacebookの閲覧回数も何とか制限できないか
と色々と試行錯誤中です。



上記の、「電話」、「メール」、「Facebook」は
油断していると1日中付き合わされる羽目になり、
その度に、エネルギーが奪われますガーン



だからそれを決まった時間だけ対応することで
自分のエネルギーを他の重要なことに振り分けるのです。



まだ制限を開始して1カ月ほどですが、
お蔭様でかなり他の「緊急ではないが重要なこと」
に集中して取り組むことができるようになりましたニコニコ


この、


=================
エネルギーを奪うものを撃退する!
=================


という発想は業務提携の契約交渉でも
必須です。


交渉の最中にも、時間とエネルギーを
奪うものはゴロゴロしていますドクロ


・しょーもない自慢話やグチを延々とする輩

・何度読んでも全く理解できない資料

・交渉相手のドタキャンや途中退席

・交渉中に飛び込んでくる呼び出し電話やメール



などなど、数え上げれば切がありません。


仮にエネルギー泥棒とても言いましょうかプンプン


1回目の交渉で大体、どんなエネルギー泥棒が
存在するか把握できるものです。


そして2回目、3回目ではきちんと対策を立て、
エネルギー泥棒を撃退するのです。


ここを「しょうがないなー」とあきらめて
しまっては駄目です。


多少相手に煙たがられても妥協せずに対応することで、
その後の交渉の進捗が全く違ってきます。


あなたも契約交渉に臨む際にはぜひ、

=================
エネルギーを奪うものを撃退する!
=================

という発想を常にしてみてくださいね。


「常に」ですよニコニコ







今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。



遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


スピード業務提携法


=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-12-27 11:54:29

相手の大事なものを見抜くのです!

テーマ:┣事務所経営
やっと年賀状を書き終えてホッとしている^^;
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


突然ですが、あなたの名刺って
どのような感じですか?


遠藤の名刺はと言うと・・・・

◆2つ折りの名刺
◆遠藤のイラストを2種類載せている
◆遠藤のプロフィールと夢が書かれている
◆かれこれ10回以上作り直した
◆1枚の作成コストが70円以上!!



要するに結構気合を入れて作っているつもり
なのです。これでも(笑)


で、この年の瀬に来てたくさんの交流会や飲み会
で名刺交換させていただくのですが、ごくたまに、

=======================
すぐに遠藤の名刺を名刺入れにしまってしまう
=======================

方がいます。


「う~ん。もうちょっと読んで何か感想の一つでも
 言って欲しいのにー」

ってちょっと心の中で愚痴っています(笑)


多分その方々は、「頂いた名刺だから早く名刺入れの
中に大事にしまわなきゃ!」と思ってしまってくださった
のだと思います。


でもしまった直後にご自身のビジネスのアピールを
ベラベラと始められたりすると、どうも聞く気が失せて
しまいます。


よーするに遠藤の器が小さいだけなのですが。。。


それと同時に


「この人はお客様と初めてお話しするときもこんな感じ
 なのかしらん。。。」


とちょっと心配になってしまうのです。


ちなみに遠藤は以前、名刺のプロと呼ばれる人に
アドバイスされてから、下記のようにしています。

名刺を頂いてから30秒くらいだまってその
 内容を読む

必ず質問を一つする

遠藤との共通点があったら速攻で口に出す


これ結構良い結果になっていると思います。

特に名刺にお金をかけている人には効果がてきめんです。

すぐに打ち解けてくれます。

多分、「あーこの人は自分の事を理解しようとしてくれてる。」
と思ってくれているのだと思います。


このように、

===============
相手の大事にしているもの
相手の思い入れがあるもの
相手がお金をかけているもの

===============

を瞬時に見抜いて、それに対して何らかのアクションを
取ると言うことはとても大事なことなのです。


これ、業務提携契約の交渉でも全く同じです。


何も相手方が重要視しているものは「価格」だけでは
ないのです。

意外と、

・品質だったり
・納期だったり
・サービスの内容だったり
・仕組みやシステムだったり

します。


よって交渉の最中でも

===============
相手の大事にしているもの
相手の思い入れがあるもの
相手がお金をかけているもの

===============

を上手く質問をすることによって見抜き
それに対して手を打っていく、

という戦略が必須です。


交渉の達人達はみなやっていることです。



あなたもぜひ契約交渉において
「相手が何を重要視しているか?」について
相手が発しているわずかなシグナルを見逃さ
ないようにしてくださいね。



今日も最後までお読み頂きありがとうございました。


遠藤祐二



=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

無料メルマガ登録フォーム
お名前(姓)
メールアドレス

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。