2013-01-29 12:24:41

人も組織も変わるんです!

テーマ:■業務提携相談事例
こんにちは


やっと咳が治まってきた
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


遠藤はある会員組織で提供しているシステム
を月額費用を支払って利用しているのですが
この売りはなんと言っても・・・


サポート体制が充実していること!


でした。


どんな問い合わせに対しても必ず信頼のおける
サポートセンターの対応者が回答してくれました
のでとても安心して使っていました。


「でした」、「ました」と過去形になっている
のは、昨日の対応が全く今までと違ったからです。


今まで必ず問い合わせ後1営業日で回答があった
のに全く返答なし!

ちょっと遠藤は急いでシステムを使いたかったので
3回も問い合わせしましたが、無視されています^^;


多分、会員数が多くなりすぎでうまく組織が回らなく
なっているのでしょう。



これ、あなたが業務提携契約を結んで
ビジネスをやるときもとても大事なポイントです。


今まで遠藤はどちらかと言うと、契約交渉における
ポイントばかり、あなたにお話してきました。


でも実は、無事に契約締結した後でも事情が変わって
相手方のパフォーマンスが悪くなることは非常によく
あることなのです。

===============
人と組織は変わっていくもの
===============

この事を常に頭においておいて業務提携契約の相手
を常にウオッチできる仕組が必要なのです。


では具体的にどうすれば良いのか?


遠藤がお客様にライセンス契約/販売代理店契約を
締結するときには、

============
毎月のレポート提出義務
============

を相手方に課すことをお勧めしています。

・今月の活動内容
・来月の活動予定
・今月の売上
・エンドユーザからのクレーム情報
・競合他社の動向

などをレポートさせるのです。


「そんなレポート読むのも面倒くさい!」
なんて言っているようなお客様もいますが
経営者失格です。

「何か起きたら契約書をたてに損害賠償請求すれば良い!」
なんて言っている人は、きっと一度も裁判や損害賠償請求
などをしたことがない人です。


契約書はそんなに万能ではないのですよ。


だから契約締結後も常に相手方の動向を監視し、
少しでも小さな変化があったら早急に手を打つ。


あなたもどんな小さなことでも良いので
ぜひやってみてくださいね。



さて、先日からお知らせしているセミナーですが
両方とも残席「10」となりました。

紹介キャンペーンを今日から開始したので恐らく
今週中には満員御礼かと思います。

もしあなたが参加を検討されているのであれば、
このチャンスをお見逃しなく!


今日も最後までお読み頂きありがとうございました。


遠藤祐二



==================================
◆「仲間力」でビジネスを向上させるジョイントビジネス創造実践セミナー

 2月9日(土)13:15から渋谷で開催
 参加費:8,000円
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 http://pluginbranding.com/20130209_seminar/


 ※残席あと「10」です!!
==================================

上記日程でご都合の悪い方はこちらもどうぞ!

================================
◆第11回業務提携徹底活用セミナー

 2月16日(土)13:15から曙橋で開催
 参加費:5,000円
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 http://ameblo.jp/master-license/entry-11444397792.html

 ※残席あと「10」です!!
============================


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-05-12 18:43:30

業務提携ご相談事例

テーマ:■業務提携相談事例
◆ケース1

 病院予約プログラムのライセンスに係る相談(システム会社様)

 ・お客様が持っている病院の予約システムのライセンス
  を受け、自社のプログラムを追加して、パッケージと
  してエンドユーザ(各病院)に販売するビジネス


◆ケース2

 著名な作家のイラストをTシャツにプリントして販売する
  (Tシャツ会社様)


 ・著名な作家のイラストの色やデザインの修正をして、7種類
  ほどのバージョンを作り、Tシャツにプリントして一般消費者
  に販売するビジネス


◆ケース3

 携帯の液晶の特殊な加工技術を携帯製造会社にライセンスする
 (加工会社様)


 ・自社の持っている液晶加工の特殊技術を携帯製造メーカーに売り
  込み、携帯1台売れる度に○○%のライセンス料を徴収するビジネス


◆ケース4

 海外の著名な講師のコミュニケーションスキルを日本のセミナー
 運営会社にライセンスするビジネス(有名講師の方)


 ・自分の持っている優れた技術を日本のセミナー会社と業務提携して、
  セミナー、DVD/CD、出版によりその売上に応じたライセンス料を
  徴収するビジネス


◆ケース5

 医療用液晶パネルをドイツの販売代理店に販売させるビジネス
 (液晶パネルメーカ様)


 ・ドイツに広い販売網を持つ代理店に対して、自社の医療用液晶パネル
  の販売代行を行わせ、EC諸国マーケットへ足がかりとするビジネス


◆ケース6

 部品メーカと大学との発光システムの共同開発ビジネス
 (部品メーカ様)


 ・大学の教授/研究室と共同で、コンサートなどで観客が使用する
  ペンライトに使われる発光体の共同開発ビジネス


◆ケース7

 有名コーチのコーチングツールをコーチになりたい人へのライセンス
 ビジネス(有名コーチ様)


 ・有名コーチがコーチングで使用している様々なツールを、コーチング
  ビジネスを始めたばかりのコーチへ有料でライセンスし、売上に応じた
  ライセンス料を徴収するビジネス


◆ケース8

 ある映画会社が権利を持っているドラマの登場人物の
 キャラクターをパチスロに使用するビジネス(パチスロ会社様


 ・ある有名ドラマの主人公達のキャラクターをパチスロに使用し、売上に
  応じたライセンス料を支払う。当該キャラクターの持つ顧客誘引力を
  利用するビジネス



上記にあげたのは、私達が過去にサポートさせて頂いた典型的な
サンプルケースの一部です。


「うちのビジネスではどうだろう?」とご相談をご希望の方は

遠慮なく下記までご連絡くださいませ。
↓ ↓ ↓ ↓


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


TOPへ戻る

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

無料メルマガ登録フォーム
お名前(姓)
メールアドレス

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。