2016-04-25 06:34:53

背後にいる黒幕にフォーカスせよ!

テーマ:├業務提携の光と影
おはようございます。

今、30年前以上昔に読んだ本を読み返している^^
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



遠藤が昔、社会人になって初めてやった仕事は、



「電話料金の回収担当」



でした叫び


「電話料金払わないと停めますよー」ってやつです。



恐らくあなたは当たり前のように毎月自動引落で
電話料金の支払いをされていると思うのでちょっと
想像がつきにくいと思います。


でも世の中には電話料金を支払わない人って
本当にたくさんいるんですガーン


遠藤の担当していた045-251局番だけで
毎月800人以上の滞納者がいましたショック!



遠藤が担当していたエリアは、
横浜の長者町と言う繁華街エリアだったのですが、
ヤ○ザの事務所ドクロもたくさんあり毎月毎月、本当に
憂鬱でした。



きちんと督促をしてから電話を停めないと
屈強な怖いお兄さん達が窓口まで怒鳴り込んできます。


一度遠藤は逆上したヤ○ザに殴られたことがありますガーン


待機していた警察官にすぐに彼は逮捕され、
警察署に引っ張って行かれしまいましたが、
もう少し早く助けて欲しかった。。。(苦笑)



遠藤がヤ○ザの事務所に電話料金の督促をする上で
最も注意していた点は、


**************************
決定権者に話をつけること!
**************************


です。


電話をすると、必ず下っ端が出ますが
その人に、


「○○日までに電話料金をお支払いいただけますか?」

「それを過ぎてしまいますと通話のご利用ができなく
 なってしまいますので。」


などと言って支払いの約束を取り付けても全くのムダです。


支払いがされることはありませんし、支払期限が過ぎて
電話を停めようものなら上記のようなトラブルになります。



だから必ず、

「すみません。私、遠藤と申しますが、○○さんに
 代わっていただけますか?」


と意思決定権者を引っ張り出すまで頑張るのです。




「アァッ?!俺が話を聞いて親父に伝えておくから
 今、話せ!!!」


などと凄まれますが、そこで挫けてはいけません。



もちろんそのためには組事務所の内部事情に通じていて、
誰が決定権者か把握しておかなくてはなりません。


決定権者の約束を取り付けてその通話を毎回録音して
おくまでやりました。



このように、

=================
相手方の内部事情を調査して
決定権者の了解を得るようにする!

=================


と言うのは大きな組織の相手との
業務提携の契約交渉でも必須です。


決定権者を引っ張り出せれば良いですが
上場企業だったりするとまずそれは無理です。


その場合は、

==================
相手方の担当者が社内決済を取るための
サポートをする!

==================

までやってあげるのです。


必要な情報提供はもちろんのこと、
ケースによっては社内資料の作成まで
やってあげます。


「何でここまでやんなくてはならんのだ?」


と思うこともありますが、そこは成果をあげるためには
ぐっと我慢です。


そこまでして初めて大きな企業との業務提携が
成立します。


よって、あなたも交渉の相手方が
大きな組織のときには、


===================
相手方の内部事情を調査して
相手方の担当者が社内決済を取るための
サポートをする!

===================


と言う視点を必ず持つようにしてみてくださいねニコニコ


慣れてしまえばどうってことないしむしろ
おもしろいゲーム感覚で楽しめますよ(笑)




今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。



遠藤祐二




=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-05-02 23:26:42

業務提携の光と影

テーマ:├業務提携の光と影
創業5年目ぐらいを迎えた中小企業主の経営者が
が考えることとはなんでしょうか?


それは会社を成長・発展させることだと思います。


では、会社を成長・発展させるための最も有効な
手段はなんでしょうか? 色々あると思いますが。


他社と共同でやるビジネス=業務提携がその一つである
ことには間違いないことだと思います。


では、業務提携と今までやって自社だけでやっていた
ビジネスとで何が違うのか?


途端にトラブルが発生するのです。


・ライセンスした技術の対価を払ってくれない
・ライセンスされたロゴを使っていたら訴えられた
・販売店が勝手にプログラムを第三者に売ってしまった。

などなど。

あげるときりがありません。

私も以前企業の法務部で13年間働いていましたが、
担当した裁判のなんと50%以上が業務提携に
係るものでした。



つまり。。。

・メリット->ビジネスを成長・発展させるために最も有効な手法

・デメリット->トラブルをたくさんしょいこむことになる

があり、このデメリットを克服し、積極的に業務提携をまとめ
あげることができた人だけが、成功者になることができる、
ということなのです。


現に私達のクライアントでそれを成し遂げた人達がたくさんいます。


このブログでは業務提携契約で成功した人達のノウハウのエッセンス
を少しずつ皆さまにご紹介していきたいと思います。


どうぞ楽しみにしてください。



でもそんなの待てない!緊急に相談したいことがある!
という方は、下記までご連絡ください。



業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

無料メルマガ登録フォーム
お名前(姓)
メールアドレス

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。