1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2016-03-31 06:45:25

それを言っちゃあおしまいよ!

テーマ:┣業務提携セミナー
おはようございます。

昨日は久しぶりのセミナー開催を楽しんだ^^
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


今年から時間を作って色々なセミナーに
参加するようにしていますが、やはり
継続して学ぶことはとても楽しいですねニコニコ


先日のセミナーで講師の方が開口一番、
こんなことを言っていました。



「講師の○○です。」

「実は今、とても緊張しているのですが。。。」



これ、よく聞く決まり文句?ですが遠藤は
聞くたびに、



「そんな情報いらないです!」とか、

「お金と時間をかけて来てくださる参加者に失礼でしょ!」



と「イラッ!」としてしまいますプンプン


相変わらず器の小さい人間ですショック!


これを言う講師の方は謙虚な方が多く人間的にも
素晴らしい方が多いのだと思いますが、これを言った
途端に損をすることの方が多いと思います。


このように、

====================
たとえ真実でも口に出してはいけない禁句
====================


があるのは業務提携の契約交渉でも同じです。


その一つは、「契約締結のタイムリミット」です。



以前、遠藤がマレーシアで交渉していたときに
自分たちのプロジェクトマネージャーがポロッと
こんなことを相手方に言ってしまいました。


「この交渉を土曜日までにまとめて来週の月曜日に
 プレスリリースする予定です。」

「よってそれに間に合うようにぜひみなさんも
 ご協力のほど、よろしくお願い致します。」


それを言った途端に何が起こったかと言いますと。。。


マレーシア人はイスラム教の方がほとんどで
1日5回お祈りに行きます。


これは交渉の間だろうがなんだろうがおかまいなしです。


普段は2~30分ぐらいで帰ってくるのですが、この
プレジェクトマネージャーの言葉を聞いた途端に
1時間たっても帰ってきません^^;


しびれを切らして遠藤がお祈り部屋に行ってみると、

「もう○○さんは帰宅されましたよ。。」

とのこと。


要するに引き伸ばし作戦です。


結局こんな感じであの手この手で時間稼ぎをされて
しまい、期限が迫ってきた我々は相手方の無理な要求を
次々と妥協して呑まざるを得ませんでした。



どこの会社にも「契約締結のタイムリミット」は
あるものです。


でもそれは相手にとってどーでも良いことである
場合が多いのです。まさに最初のセミナー講師の
「私、緊張しています」と同じです。


そしてどーでも良いどころか相手方に利用されて
しまうことも多いので、絶対に話してはいけない
「禁句」なのです。


あなたも契約交渉に臨む際には気を付ける
ようにしてくださいね。


逆にうまく相手方の契約締結のリミットを聞き出す
ことができればそれは大きな武器になるかもしれないですよニコニコ




下記のセミナーでも、
上記の他にも「契約交渉中の禁句」についてお話しします。

==========================
第37回業務提携徹底活用セミナー
4月22日(金)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
https://www.facebook.com/events/1112076815493442/

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
==========================

繰り返しになりますが、逆に相手方から引き出すことが
できれば大きな武器にもなるポイントになります。

この武器をもっているかで交渉の成否が全く違って
きます。

それほど重要な話をします。


もしご興味があればぜひ参加してみてくださいねニコニコ



今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。



遠藤祐二




=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-30 06:48:31

交渉は演技?

テーマ:┣業務提携セミナー
おはようございます。

昨日は夜遅くまで懇親会を楽しんだ^^
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


友人に勧められて下記の本を読んでいます。


「わかりあえないことから」著者:平田オリザ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784062881777


著者の方は演劇や演出の専門家らしいのですが
本の内容もやたら演劇につなげるような内容で
全然その方面に疎い遠藤にとって正直言って
小難しいのです^^;


「この本とはわかりあえない!(笑)」


と思って途中で捨てようかと思いましたが
下記の一文に目が留まりました。それは、


****************************
 本当の自分なんていない!
****************************


という著者の持論です。


よく、

「こんなのは自分らしくない!」とか

「本当の自分はこんな人間じゃない!とか

言う人がいますが、そもそも
「本当の自分」なんてものは存在しないと
言うのです。



どういうことかと言うと、人は実は、

====================
様々な役割を演じて分けて生きているだけ
====================

ということらしいです。


確かに言われてみれば、例えば40代の男性であれば、

・夫という役割
・父親という役割
・会社員という役割
・親と同居していれば子供という役割
・野球チームの監督しての役割
・PTA会長としての役割
・週末ボランティアチームのリーダーとして役割

などなど色々な役割があります。


だから本当の自分がいる訳ではなく、
社会において様々な役割を演じ分け、
その演じている役割の総体が自己を形成しているだけ


という事なのかもしれませんねニコニコ


だから俳優/女優のように

=========================
いかに自分の納得がいくように役割を演じられるか?
=========================

が良い人生を送れるか否かを決めてしまうのかもしれません。


この、

==========
自分の役割を演じる
==========

ことが重要なのは実は業務提携の契約交渉でも
同じです。


交渉はゲームのような一面があります。


だからある程度駆け引きなどが必要なのですが、
チームで交渉する際には、メンバーのキャラ設定なども
事前に決めておくと良い場合が多いです。


例えば、

・Aさんはガンガンと主張する役割
・Bさんはまあまあと場をまとめる役割
・Cさんはあまり発言せず交渉の記録をたんたんと取る役割

みたいな感じです。


遠藤は、ここの事前設定をしておかなかったせいで
交渉の途中で内輪もめを始めてしまった交渉チームを
今まで何度も見てきました。


よって、あなたも契約交渉の臨むときは、

===================
今日の自分はどんな役割を演じるのか?
===================

という事を事前に設定してから参加して
みてくださいね。



下記のセミナーでも、
「契約交渉で求められる様々な役割」についてお話しします。

==========================
第37回業務提携徹底活用セミナー
4月22日(金)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
https://www.facebook.com/events/1112076815493442/

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
==========================

まずは「交渉でどんなキャラが必要とされるのか?」
を知ることはかなり有益です。


もしご興味があれば
ぜひ参加してみてくださいね^^

今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。



遠藤祐二




=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-29 06:42:41

セミナー参加の心得

テーマ:┣業務提携セミナー
おはようございます。

最近、タイムマネジメントに本格的に取り組み始めた^^
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


先日のことです。


とあるコーチングのセミナーに参加していました。


参加者の中にちょっと年配の女性がいて
ワークの最中に他の参加者のダメ出しを
しまくっていました^^;


「ちょっと、あなたは○▲□×が足りないわね!」

「いい?あなたは、×□●○をやるようにしないと
 いつまで経っても変わることなどできないわよ!」



挙句の果てには講師の先生に対しても、


「先生、このワークは×◆●◎のように進めた方が
 いいんじゃないかしら?今のままでは皆さんの
 理解が足りないと思うんです。」



とダメ出しです^^;


会場は当然、シーンとなってしまいましたガーン


必ずいますよね。こういう方(苦笑)





一方、遠藤の友人のSさんはセミナーに
参加すると、いつもこんな感じです。


ワーク中に他の参加者が何か言うと、


「そっかー!それは気づかなかったなー!」


講師が何か言うと、


「うぉー!そうかー!」


「深いなー!」


などとそれを周りにも聞こえるような大きな声
でずっと言ってます。とにかくリアクションが
大きいのですニコニコ



あるときSさんがその訳を遠藤に教えてくれました。


「遠藤さん、僕はセミナーに参加する時は
 周りの参加者や講師の人の発言には
 普段の3倍増しでリアクションすることにしてるんです。」


「そうすることで参加者や講師が乗ってきて
 ますます良い事を言う。」


「そうしているうちにその良い循環がセミナー会場全体に
 行きわたって全員が大きな学びを得ることができる。」


「これだけでもやらない理由はないでしょう?」



同じセミナーに参加するのでも、
最初の女性はしょーもない自己重要感を満たし、
Sさんは自分のビジネスの大きなヒントを持って帰る
のだと思います。


このように、

====================
相手の良さや持ち味を殺さずに引き出す!
====================

ことが重要なのは業務提携でも全く同じです。


って言うかそうでないと全く意味がないです(笑)


それなのに、最初の女性のような態度で交渉に
臨んでいる経営者が少なからずいます。


もうそのような人は放っておいて、
あなたにはぜひ、

「相手の良さを最大限に引き出すにはどうしたら?」

といつも知恵を絞ってもらいたいです。


ポイントはやはり、

=====
 質問力
=====

でしょう。



下記のセミナーでは
「業務提携に必須の質問」について
2つのカテゴリーに分けてお話しします。

==========================
第37回業務提携徹底活用セミナー
4月22日(金)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
https://www.facebook.com/events/1112076815493442/

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
==========================

具体的には、

(a)交渉中に聞き出したい5つのポイント
(b)各契約書別の質問集を使ったワーク

です。


遠藤は「契約交渉のための4つのツール」について
お話しするのですが、上記の質問はその内の最も
強力なツールになります。


もしご興味があればぜひ参加してみてくださいねニコニコ



今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。



遠藤祐二




=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

無料メルマガ登録フォーム
お名前(姓)
メールアドレス

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。