1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2014-03-31 21:07:51

【開催レポ】第20回業務提携徹底活用セミナー

テーマ:┣業務提携セミナー
みなさんこんにちは!
先日4年振りに皇居の周りをマラソンして筋肉痛の
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



遅ればせながら2月21日(金)に開催した
第20回業務提携徹底活用セミナーのレポートです^^;



まずは恒例の名詞交換会からスタート!




パートナーの豊島さんも張り切っています!




もちろん遠藤も業務提携契約に係る最新のコンテンツ
を全部出し切りましたよ(笑)




ワークも盛り上がっています!






参加者の方々の評価も上々だったのでは
ないでしょうか?


参加者インタビューパート1


参加者インタビューパート2


参加者インタビューパート3


参加者インタビューパート4



懇親会もかなり濃いお話ができました。
今回も新たな業務提携が生まれそうです^^
↓ ↓ ↓ ↓




また、今回もセミナー終了後参加者の方々から、
メールを頂きました!
↓ ↓ ↓ ↓
***********************************************
遠藤先生


至れり尽くせりで、ありがとうございます!
日時が合えば、今度是非お手伝いに行きますね。

それでは失礼します。

***********************************************
遠藤様

先日はありがとうございました。

何も分からず、難しい言葉を聞くだけで難くなって
しまう私ですが、楽しく参加させて頂きました。
少しずつ勉強し知識を増やし活用していきたいと
思っております。

写真もありがとうございました。
************************************************
ありがとうございます。
貴重なお話をたくさん聞かせていただきました。
先日 大手のハウスメーカーとの契約だったので
一通り目を通して 特に不思議な困る点もなかったので
そのまま契約に至りましたが もう一度 確認してみようと
改めて思いました。こうしたことがこれからはあると思う
ので とても大切なお話を伺えたと思っています。
ありがとうございました。
************************************************

他にもたくさんあるのですが、きりがないので
ここまでにしておきますねショック!



また、今回のセミナーはこのお二人が
サポートしてくださいました!
本当に感謝、感謝、感謝です!!!!
https://www.facebook.com/chie.kano.79/about
https://www.facebook.com/satoshi.oct/about


遠藤がお願いした事だけではなく、どんどん新しい
アイデア/修正点を提案してくれて助かりました。

本当に安心して遠藤はセミナーに集中することが
できました。


こんな風に色々な方に感謝しっぱなしのセミナー。

少しでも多くの方にお役に立てるよう、今後も続けて
行きたいと思います。



みなさん本当にありがとうございました!




★次回の開催は4月5日(土)を予定しています。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/master-license/entry-11783079079.html
 


遠藤祐二



=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-03-31 06:59:31

ロー○ンの店頭でやっちゃいました^^;

テーマ:┣業務提携セミナー
皆さんこんにちは

一昨日のランニングで全身筋肉痛の
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


昨日、近所のロー○ンにゴルフ宅急便を
頼みに行きました。


遠藤の自宅からはこのロー○ンが一番
近いのでいつもゴルフバックを抱えて
行っています。


いつものように伝票を渡してお金を
払い終わると、店員さんが突然こんな
ことを言い始めました。


店員:「お客様すみません。4/2がゴルフを
    されるプレー日ですよね?」

遠藤:「はい。」


店員:「実はうちのゴルフ宅急便はご存知のとおり
    郵○局のゆ○パックを利用しているのですが
    期日までにゴルフバックが届かないかも
    しれないのです。」

   「消費税増前に宅急便の数が増えてしまったので
    期日までに届かない可能性がある事をお客様に
    伝えてください、と郵○局から言われているので
    一応お伝えしました。」



遠藤「はぁ~??????????????」



「一体何言っちゃってるの?」って感じです。



遠藤:「【ゴルフ宅急便】と言うくらいだからプレー日に
     間に合わなければ全く意味がないでしょうが?」

   「『プレー日に間に合うようにお届けできませんでした
    ので料金は返金します。』では済まされないでしょう?」

   「大体、大雪や自然災害が原因でそのような事を言うのなら
    まだしも、『消費税増前で荷物が増えているので対応でき
    ないかもしれません。』という言い訳はありえないですよね?
    そんなもんいくらでも事前に対応できたはずです!」

   「大体確実にプレー日までに届けられる保証ができないので
    あれば受付しなければ良いでしょーが??違いますか?!!」


と言った感じでぶち切れてしまいました^^;


店員さんのせいではなくて郵○局のせいなのですが
人間の器の小さい遠藤はそんな事考えるような度量は
持ち合わせてないのです。


営業妨害になるくらい店頭でやっちゃっいました(反省)



それにしてもさすが、郵○局、
やる事が違います(苦笑)


民間企業でこんな事やったらすぐに
評判がガタ落ちですよね^^;


このように

================
期限を守れない企業や個人が多い!
================

のには本当に驚かされます。


でも、これ逆にチャンスなのですよ^^


もしあなたが「期限をきちんと守れる人」
であればそれだけで強力なアピールになります。


更に言うと、

==============
「○○日までにやります!」
==============

と自分から相手に宣言し、その通りに
いつも実行できていれば揺ぎ無い信頼を
勝ち取ることができます。


でも、あなたはここまで読んできて
こんな風に思ったかもしれませんね。



「えーそんな事言ったらプレッシャーが
 かかってストレスがたまってイヤです!」



お気持ちはよーくわかります。


だからですね。

=================
絶対にこれだったら実現できる!!
=================

と言う期限を宣言すれば良いだけです。
ここで無理して適正な期限を言う必要
ないのですよ。


「これだったら余裕でできるな。。。」


とあなたが思う期限を言えば
良いだけの話です。


相手も事前に前もって知らされていれば
待ってくれる場合も多いです。


上記のロー○ン/郵○局のような訳の
わからん対応をするからいっぺんに信頼を
失ってしまうのです。


これ、業務提携契約の交渉でも全く同じです。


交渉が煮詰まって来ると、いよいよ契約書案を
どちらかの当事者が作成することになります。


その際に、

=====================
では私共で○○日までに契約書案を提出
させて頂きます!

=====================

と宣言してしまうのです。

もちろん期限はかなり余裕をもった日にちを
言うのがコツです。


そしてその通りに契約書案を提出できれば
かなり信頼してもらえます。

さらにはこちらが契約書案を用意する事で
契約交渉を有利にスタートできるという
メリットも大きいです。


あなたもぜひ契約交渉に臨む際には、

=====================
では私共で○○日までに契約書案を提出
させて頂きます!

=====================

と宣言するようにしてみてくださいね。



下記のセミナーでは、契約交渉に
おいて最もやっかいな期限の設定や
契約書案の作成について、その大事な
考え方を詳しく説明します。

=================
第21回業務提携徹底活用セミナー
4月5日(土)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://amba.to/1hVGwZ0
=================

残席がのこり、「」となりました。

恐らく今日明日中に満員御礼となると
思います。

もしあなたが交渉の進め方について
ご興味があればぜひ遊びに来てくださいね。


今日も最後までお読み頂きありがとうございました。


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014-03-28 10:35:35

A子さんのその一言で遠藤は・・・

テーマ:┣業務提携セミナー
皆さんこんにちは

明日のランニングに備えてハイな気分の、
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



遠藤がセミナーをやるときはいつも
新宿曙橋の下記の会場を使用しています。
↓ ↓ ↓ ↓
http://www.hello-mr.net/detail/?obj=17


今まで色々な会場を試しましたが、

・会場の広さ
・駅からの便
・機材
・使用料金
・使用時間は柔軟に対応してくれるか?
・予約の取りやすさ


等々を考慮するとここが今のところ
ベストです。


先日のことです。


折角予約した会場を都合により変更しなくては
ならなくなりました。

予約日から逆算してすでに30日を切って
いました。

まだ使用料は振り込んでいませんでしたが
キャンセル規定にしっかりと、

=================
お申込み~31日前まで⇒使用料の10%
30日前~15日前まで ⇒使用料の50%

=================

とキャンセル料金が書いてあります^^;


「アイタタター」と思いながらもダメ元で
 運営会社に電話してみました。


遠藤:「すみません。4月17日に新宿曙橋
    の会議室を予約をしてある遠藤と申します。」

   「まだお金は振り込んでいないのですが
    事情により予約日を変更して5月か
    6月にしたいのですが。。。」

   「なので完全なキャンセルではなく予約日
    の変更なのですが、この場合もやっぱり
    規定どおりキャンセル料50%を支払わ
    なくてはダメでしょうか?」


すると担当の女性に代わりました。

仮にA子さんとします。


A子:「ええ、キャンセル規定上はそうなっていますし
    すでに参加費をお振込いただいている場合は
    規定どおりキャンセル料を除いた50%を
    返金させて頂いております。」
   
   「また、使用料のお振込がまだの場合でも
    使用料の50%に当たる金額の請求書を
    発行することになっています。」
 
   「でも、ここだけの話、私共も請求書を発行する
    のも手間ですし、遠藤様の場合、いつもご利用
    いただいているのでキャンセル料は結構ですよ。」




それを聞いて遠藤は思わず、


「ヤッター!A子さんて何て話のわかる人なんだろう!」


とちょっと感動してしまいました。


そして今後も、「この会場を使い続けよう!」
心から思いました。





さてここで、あなたにちょっと考えてみて
頂きたいことがあります。


それは、

===================
なぜ遠藤がこんなにも「ヤッター!」と
心を揺り動かされたか?
===================

という点です。







それはですね。

===================
キャンセル規定が書面化されていたから
===================

なのです。


「もう書面化されている。」ということで
「もうダメだなー」と半ば諦めていた訳で。


そのタイミングで「実はOKですよ!」と
言われたものだから、その反動で感動して
しまった訳なのです。


もし仮に、書面化されたキャンセル規定が
明確に提示されていなかったらこれほど
感激することはなかっと思います。


このように、

===================
まずはどんな小さな事でも杓子定規に
書面化しておく。

===================

と言うのは業務提携契約交渉では、
非常に重要なポイントになります。


よく、

「こんな小さな事まで契約書に書いて
しまったら相手方が怒り出すのでは?」


と妙に遠慮してしまって書かない人が非常に
多いですがそれは間違っています。


まずは、その内容が理不尽で非合理的なもので
ない限り書いておくのですよ。そしてその後に

===================
「契約書ではあーなっていますが、
 実際は結構ですよ^^」
===================

と適当に譲歩をしてあげるのです。


そうする事で相手に大きな「貸し」を
作ることになります。


これを最初から遠慮して契約書に規定
しておかないと、相手は[[name1]]さんが
譲歩してもそれを全く借りとは思わず
当然の権利と思ってしまいます。


よって、あなたも契約交渉に
臨むときは、

====================
STEP1:
⇒どんな小さな権利でも契約書案に
 規定しておく。

STEP2:
⇒時と場合によっては、「契約書にはあー
 書いてありますが、結構ですよ^^」と
 相手に貸しを作る。
====================

ということを是非やってみてくださいね。

小さなところで貸しを作っておけば後々の
大きなところでは今度は貸しが大きな利子を
伴って帰ってくるかもしれないですよ^^
 


下記のセミナーでは、業務提携契約交渉に
おける、戦略について「心理」「ツール」
「法律」の色々な側面から説明します。

=================
第21回業務提携徹底活用セミナー
4月5日(土)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://amba.to/1hVGwZ0
=================

開催まであと1週間あまりとなりました。

もしあなたが交渉の進め方について
ご興味があればぜひ遊びに来てくださいね。


今日も最後までお読み頂きありがとうございました。


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

無料メルマガ登録フォーム
お名前(姓)
メールアドレス

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。