1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2011-11-30 07:37:47

どんだけ間違えてんのや!!

テーマ:■契約書の作り方(体裁編)
ジョイントセミナー情報は下記画像をクリック!
↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法



みなさん こんにちは

年末に向けて最近やたら色々な契約書案件の
問い合わせが多く、死ぬほど貧乏暇なし状態の

業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



遠藤が受ける問合せの中で一番多いのが・・・・・

契約書の訂正印について

です。


遠藤のホームページは一日約800件くらいアクセスが
あるのですが、その50%近くが「訂正印/捨印」の記事
で占められています。



そして今日も・・・

忙しいのに朝から立て続けに5件も訂正印に関する問い合わせ
の電話があって、もう仕事になりませぬショック!



ひとこと言わせてもらっていいですか?




どんだけ間違えてんのや!!プンプン




契約書に誤りが見つかったら、原則作り直しがベストです!

最近はすぐプリントアウトして製本もすぐできますので
面倒くさがらずにやるべきです。
↓ ↓ ↓ ↓
製本・契印のやり方はこちら


訂正印で契約書を修正するのは本当に神経を使いますし、
間違いやすいですし、更には「これ改竄じゃないの?」と
第三者にあらぬ疑いの目で見られるので、良いことは
一つもありません!



「でも、もう両者の押印もすんじゃったし、収入印紙も貼って
 しまって、差替えできないんです。」


という方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
訂正印・捨印についてはこちら


遠藤が今まで経験した「訂正印、捨印」に係る全てのノウハウ
が書いてあります。

ここまでマニアックなディテイルまで書いてある本は恐らく
日本中のどこを探してもないでしょう。


本音を言えば、皆様にとってこんなノウハウが必要にならない
ことを願ってやみませんが、万が一必要になってしまったときは
読んでみてくださいね。


今日も最後までお読み頂きありがとうございました!




遠藤祐二



=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
























AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-11-28 21:11:17

取引基本契約書:貸与図面

テーマ:■取引基本契約書
ジョイントセミナー情報は下記画像をクリック!
↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法



みなさん こんにちは

来週の業務提携徹底活用セミナーに向け、
今日は1日パワポ資料づくりに忙殺された、

業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。

やっぱりこういうの好きみたいですね^^
時間が経つのを忘れてしまいます。



今日も、取引基本契約書のポイントについて
少しずつ説明して行きますね。


**********************************************
取引基本契約書のポイントの目次はこちら
**********************************************




今日は
====
貸与図面
====

についてです。


買主が売主に貸与する貸与図面について、その目的は
貸与品とほぼ同じです。


大体日本の製造業において、開発や営業が得意な会社と
製造が得意な会社に分かれることが多いみたいです。


そして前者が買主/委託者となり、自社で開発した
図面を売主/下請会社に貸与して、製品を大量生産させる
パターンが多いです。


売主/下請会社は預かった図面について、善良なる管理者
としての注意義務を負い、買主の承諾を得ない限り、
複写、開示、再貸与ができないように契約書上に規定するのが
通常です。


但し、最近のグローバル化、グループ化、分社化などにより
売主/下請会社も買主から請け負った業務の一部をさらに
関連会社に請け負わせること
が多くなってきました。


そのようなケースでは、買主から預かった図面を関連会社
に開示する必要がありますので、契約書上、例外的に貸与図面
の開示を許される第三者として、明確に記述しておかないと
後でトラブルになりますので注意しましょう。


買主から見れば、売主/下請会社もその関連会社も一蓮托生
ですので、万が一関連会社で貸与図面に含まれる秘密情報が
外部に漏えいするようなことがあれば、売主/下請会社も
連帯責任を問われるケースが多いです。


関連会社が、中国等の日本から管理しにくい会社であるような
場合は最新の注意が必要ということになります。




今日も最後までお読み頂きありがとうございました!




遠藤祐二



=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
























AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-11-26 22:45:16

3つの奇跡

テーマ:├エンターテイメント
ジョイントセミナー情報は下記画像をクリック!
↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法



みなさん こんにちは

明日は気温もあがって陽気もよさそうなので
久しぶりにマラソンしてみようかと思っている、

業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。





今日は3つの奇跡が起きましたニコニコ




◆その1

肉離れになって以来、初めてのソフトボールの練習に参加し
五体満足の体で家に帰ってこれたこと。

そして自分の復帰を「よかった、よかった」と顔をクシャクシャ
にして喜んでくれる仲間がいることを再確認できたこと



◆その2

ソフトボール⇒懇親会後、バスで事務所まで戻ったところ
クレジットカードがごっそり入った定期いれをどこかで落とした
ことが判明!

バス会社に電話したところ、その3時間後になぜか東京メトロの
門前仲町駅から、定期入れを親切に届けてくれた人がいるとの電話
があったこと



◆その3

定期入れを落とした事が判明後、いつもなら色々なものに当り散らす
自分が、すごくおだやかな気持ちでいれたこと。「今回は何か素敵
なご縁があって、必ず定期入れは帰ってくる。」ということを信じて
疑わない自分がいたこと。




以前誰かが教えてくれました。


奇跡は起こすものではなく、気付くものだと。


人は何かを達成したから幸せになるのではなく、達成できると信じて
日々の生活を送れるようになったその瞬間から幸せになるのだと。

実を言うと、実際何かを達成したかどうかはそんなに大きな問題では
なく、たとえ道半ばにして途中で死んでしまったとしても、その最後の
瞬間まで、達成することを信じて死んでいけたならその人は幸せな人生を
送ったと言えるのだと。


そんなことをなぜか思い出した一日でした。




今日も最後までお読み頂きありがとうございました!




遠藤祐二



=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com





















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

無料メルマガ登録フォーム
お名前(姓)
メールアドレス

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。