1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2017-05-31 06:44:43

平社員よりも社長の方が長生きする理由とは?

テーマ:┣業務提携セミナー
おはようございます。

最近はついついのんびりしてしまう
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



真偽のほどを裏を取って確かめた訳ではありませんが、
先日、ネットで

「社長、会長といった経営者は、社員よりも平均寿命が長い」


という記事を見つけました。


そしてさらに、サラリーマン社長よりオーナー社長のほうが、
ずっと長生きするということだそうです。


普通どう考えても、社員よりも責任の重い社長のほうが
ストレスは大きいはずです。

それもサラリーマン社長よりはオーナー社長のほうが
ずっと責任も重く、多くのプレッシャーを負っているはずです。

社長という仕事はある意味、
社員全員の人生を背負っているともいえます。


社員の雇用を守り、毎月の資金繰りに苦労し、
常に競争の中に身を置きながら、命を削るように仕事を
しているのが社長という仕事です。


であるにもかかわらず、
なぜ社長のほうが社員よりも長生きするのか?
















この理由を一言で言うと、


***************************
社長の方が社員よりも、
「選択の自由」があるから!

***************************

ということだそうです。


社長にとって会社の利益に対する責任を
負うことは大きなストレスになるのは間違いないことです。


でもそれ以上に、自分で考えて判断することができる、
つまり選択の自由が与えられている快感のほうがはるかに大きく
健康に良い影響を与えているのだそうです。


そう言えば遠藤もここ数年は重い病気を
しなくなりましたニコニコ


このように、


==================
選択の自由が与えられている方が良い!
==================

のは業務提携の契約交渉でも様々な場面で
当てはまります。


その中でも、

*******************************
複数の相手と交渉をして最適な
相手を選択できる!

*******************************

という状況はかなり良いです。


人は複数の観点から物事を見ることで
真実にたどり着ける可能性が格段に
高まるのです。


A社と交渉している内容をB社にぶつけ
B社と交渉している内容をA社にぶつける。


このようにA社とB社を比較しているうちに
自社にとって最適な相手がどちらかわかりますし
またベストな交渉条件も見えてくるのです。


これは1社としか交渉していないと
なかなかこうは行きません。さらには
交渉の最後の方には、


「この話を必ずまとめなければ。。。。」


と言ったへんなプレッシャーのような
ものが発生し、自社にとって不利な条件でも
呑んでしまう、と言ったようなことがよく
起きます。


まさに最初にお話した、
選択の自由がなく健康を害してしまう
社員と同じ状況になります。


よって、あなたも業務提携の契約交渉に
臨む際にはぜひご自身の選択の自由を確保するように
してみてくださいね^^



下記のセミナーでは、
「契約交渉で選択の自由を確保するためのノウハウ」
について様々な観点から詳しくご説明します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
=============================
第44回業務提携徹底活用セミナー
7月4日(火)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/master-license/entry-12277067543.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
=============================

これを聞けばきっと[[name1]]さんも健康を害することなく(笑)
契約交渉をスムーズに進められるかも?


もしご興味があればぜひ遊びに来てくださいねニコニコ




今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 販売店・代理店契約ドットコム
 契約書・覚書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-30 06:46:08

「今、作らせますからー」と軽く言われました。

テーマ:┣業務提携セミナー
おはようございます。

最近はついついのんびりしてしまう
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



先日のことです。


友人達と4人で、とある居酒屋で
飲み会をしていましたビール


この居酒屋は都内でも何店舗も出している
ものすごく流行っているお店で、この4人で
集まるときはいつも使っています。


今回は新しく大手町にオープンしたお店に
行ったのですが、まーとにかくお客さんで
いっぱいでした。


50人ぐらい入っていたでしょうか。


ところがフロアの店員さんはたったの「2人」ですガーン
恐らく厨房の中の調理人も「1人」だけのようでした。


これではきちんとしたサービスが提供できるはずが
ありません。

ガーン料理が全然出てこない。


ガーン呼び出しブザーを10回押してもやっと1回
 来るぐらい。

ガーン締めにカレーが出てくるのですが、
 出てくるまでに1時間も待たされる。


また、締めのカレーを食べ終わった後に
楽しみにしていたエビの料理が1品出てきていないのに気づき、


「すみません、もう今更いいんですけどエビの料理が
 出て来なかったですよね?」


と聞くと、



「あーそうですか?今、作らせますからー」



といかにも「メンドクサイ客だなー」というオーラ満載で
対応されましたショック!


「申し訳ございませんでしたの一言ぐらい言っても
 罰は当たらないのでは?」


と言うのは遠藤の心の声(笑)



まーとにかくひどかったですショック!


忙しさのあまり、
良いサービスが提供できなかったのは
100万歩譲って「しょーがないなー」
で済ませられるかもしれませんが
最後の対応だけはもう堪忍袋の尾が
ブチ切れました!


もう次からは別のお店を使うことに
決定です(苦笑)


このように、

*********************************
忙しすぎて余裕をなくすと
正常な判断・対応ができなくなる!

*********************************

のは業務提携の契約交渉でも同じです。


具体的には無理なスケジュールで
契約締結まで漕ぎ着けようとすることが
これに当たります。


これではロクなことになりません。


無理なスケジュール通りに契約締結できれば
契約条件はなんでもホイホイ相手の言う事を
呑んでしまう、みたいな感じです。


もちろんそんな状況で契約締結しても
長くは続かず1年も経たないうちに
トラブルが発生して契約解除になって
しまうのがオチです。


だから、じっくりとゆっくりと一つ一つ
諸条件を詰めていく「余裕」が欲しいのです。


遠藤のお客様の例ですと、
海外企業の業務提携では交渉に数年かけることも
珍しくありません。


それぐらいゆっくりとした時間軸なのです。


よって、あなたも業務提携の契約交渉に
臨む際には、じっくり、ゆっくりと時間をかけられる
環境、スケジュールを整えてからにすることを
ぜひお勧めしますよニコニコ



下記のセミナーでは、
「契約交渉におけるスケジューリングと順番決め」について
かなり詳しくお伝えします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
=============================
第44回業務提携徹底活用セミナー
7月4日(火)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/master-license/entry-12277067543.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
=============================

これ、知っていると知らないとでは
交渉の成果に大きな差が出るとても
重要なポイントです。


「契約交渉におけるスケジューリングと順番決め」を
サポートするツールもお渡しします。



もしご興味があればぜひ遊びに来てくださいね^^
ニコニコ




今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 販売店・代理店契約ドットコム
 契約書・覚書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-29 07:15:32

サッカーがプロレスになった場合の対応方法とは?

テーマ:┣業務提携セミナー
おはようございます。

昨日は楽しい飲み会だった
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



ある本で
現代のビジネス市場をサッカーとプロレスに例えて
説明していました。


サッカーは11人対11人で戦うスポーツです。


でも現代では、サッカーの競技場のサイズは
そのままなのですが、プレーヤーの数が増え、
あたかも50人対50人で戦っているようなもの
だとのこと。



これはわかりやすい例で言うと
どんどん中国、台湾、韓国の安価/中品質な
製品が日本に流れ込んでいることをイメージ
すると良いかもしれません。

異業種が自社のマーケットに新規参入することも
あるでしょう。


競技場の中は100人がひしめき合い
プロレスのような取っ組み合いの状態であると
言うのです。


このようにサッカーがプロレス化するような
市場では今まで通りの戦略は通用しません。


今まで通りのきれいなパス回しのサッカーではなく
相手をボカスカと殴り倒すようなプロレスの技術が
必要になります。


そして何よりも大事なのが、

******************************************
プロレス化したサッカーの新しいルール作り
******************************************

です。


今までのサッカーのルールはもう使えないので
新しいルールの制定が必要になるのはごく当然の
ことです。


でもそれは前例がないので、
試行錯誤して一つ一つ作っていくしかないのです。


この、

******************************************
プロレス化したサッカーの新しいルール作り
******************************************

の考え方は業務提携の契約交渉と非常によく
似ています。


A社とB社が業務提携して新しいビジネスを
しようとする訳ですから、それをトラブル0で
スムーズに運用・管理するルール作りこそが
業務提携の契約交渉なのです。


前例のないことですので、
想像力/創造性をいかんなく発揮しなくては
ルール作りなどできません。


また、当然実際の実務をよくわかっている人で
ないと無理です。



ところが多くの経営者が、

「契約書」と聞いただけで想像力/創造性を
発揮するどころか、

×ネットからダウンロードしてきた雛形を
 テキトーに直して使う

×実際のビジネスの内容もろくに知らない
 法律家の先生に丸投げする

×「めんどーだからイイヤ!」とルール無用の
 ビジネスを続ける

と言ったことを繰り返しています。


これでは業務提携がうまくいくはずがありません。


よってあなたも業務提携の契約交渉に
臨むときにはぜひ、


「自分たちで新しいルールを作る!」


という気概をもってリーダシップを発揮して
取り組んでくださいね^^法律家はあくまでも
サポートに使うだけですよ。



下記のセミナーでは、
「経営者がリーダーシップを発揮してルール作りを
 するためのノウハウとツール」
を参加者全員にお渡しします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
=============================
第44回業務提携徹底活用セミナー
7月4日(火)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/master-license/entry-12277067543.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
=============================

全てはここから始めないと本当に後々
苦労することになります。



もしご興味があればぜひ遊びに来てくださいね^^
ニコニコ




今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 販売店・代理店契約ドットコム
 契約書・覚書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

無料メルマガ登録フォーム
お名前(姓)
メールアドレス

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。