1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-28 06:58:13

先生がガンを治した方法とは?

テーマ:■業務提携の契約交渉
皆さんおはようございます。

春が少しずつ近づいているのを感じている業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


今、下記の本を読んでいます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
************************************************
37の病院・医師をまわり僕はガンを治した
https://honto.jp/netstore/pd-book_27502519.html
************************************************

著者の福島正伸先生は、
今更説明する必要もないほどの超有名人ですが、
25年以上も日本を代表する大手企業や全国の地方自治体で
約7500回、延べ30万人以上に研修・講演を行ってきた方です。


遠藤は2010年に、福島先生の究極のコンサルタント講座に
参加してものすごーく影響を受けました。当時、起業したばかり
だったので、


「こんなブッとんだ考えのおじさんがいるんだ~目


と講座に行くたびに驚いたのを今でも鮮明に覚えています。


その福島先生が近年は体の調子を崩されたのは
噂で聞いていましたが、まさかガンだったとは知らず
また、壮絶な闘病生活を送っていたこともこの本を読むまでは
全く知りませんでした。


もし、あなたの周りでガンで苦しんでいる人がいたら
ぜひこの本を勧めてあげてください。


とにかくこの本を読んでまず驚くのは、
ものすごくガンの治療法が多いことです。


手術・放射線治療・抗がん剤治療の3大治療を原則として、
代替治療として、下記のような治療法があるそうです。

・遺伝子療法
・免疫療法
・分子標的療法
・温熱療法
・ラドン療法
・高濃度酸素吸入療法
・水素吸入療法
・ビタミンC大量点滴療法
・αリポ酸点滴療法
・シップ療法
・ワクチン療法


またガンに効果があるといわれている「サプリメント」は
数え切れないほど存在し、東洋医学には気功・漢方薬などがあり、
さらには自然豊かな場所に旅行したり、生活に笑いを取り入れたり
感謝の気持ちをもつようにしたり、生きる姿勢そのものを改善する
ことでも免疫力を高めることができるらしいです。


そしてそれぞれの治療法を研究している医師達が
それぞれの知識、経験、信念に基づいて日々研究を行っていて
それぞれ言うことがバラバラなので結局は、


「自分で、できるだけたくさんの選択肢を比較検討して
 最終的には自己責任で最適な治療法を選択する!!」


という姿勢がないとガンとは戦えないと福島先生は
結論付けていらっしゃいました。


別の言い方をすると、
お医者さんに自分の人生を決めさせてはならないということですね。


福島先生は最終的には放射線治療の一つである「陽子線治療」
で治療を始める決断をしましたが、これも5つの病院で

「福島さんの病状では無理です。」

と断られ、6つ目の病院でやっと治療してもらうことになった
そうです。


このように、

=======================
できるだけ多くの選択肢を比較検討して
最終的には自己責任で最適な方法を選択する!

=======================

という姿勢が求められるのは業務提携の契約交渉でも
同じです。


遠藤はよくこのブログで「業務提携相手」について
比較検討の重要さを書きますが、その他にも、


「法律の専門家のアドバイス」


についても同じことが言えます。


特に業務提携の契約交渉においてはその条件の
ほとんどが、

「当事者間で自由に決められる条件」

であることが多いので、その決め方についての考えは
法律の先生によって全く異なるのです。


よって、あなたも契約交渉のサポートの
依頼を法律家にするときは、できるだけたくさんの
意見を聞くことをお勧めしますよニコニコ




ちなみに福島先生ですが本のタイトルにもあるとおり
37もの病院・医師をまわり、とうとう最後には遠く
鹿児島の病院でご自身のガンに最適な陽子線治療ができることを
見つけ出し、その後壮絶な闘病生活を経て、今は完治されました。



遠藤はここ3週間ほど前にお世話になった社長さんが
ガンで亡くなったばかりだったので、同様にお世話になった
福島先生がガンに打ち勝って本当に良かったですニコニコ




下記のセミナーでは、
契約交渉においてとにかく比較することの重要さを
「これでもか!」というぐらい様々な切り口でお伝えします。
↓ ↓ ↓ ↓
==========================
第42回業務提携徹底活用セミナー
3月28日(火)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/master-license/entry-12249370849.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
==========================


恐らく契約交渉に限らず人生全般に役に立つ
考え方だと思います。


もし、あなたがご興味があればぜひ
遊びに来ていただければ嬉しいですニコニコ




今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-27 06:46:01

間違いを指摘したら無視されました^^;

テーマ:■業務提携の契約交渉
皆さんおはようございます。

春が少しずつ近づいているのを感じている業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


先日、モヤモヤさまぁ~ず2をネットで見ていたら、
愛媛県松山市の、の・ボールミュージアム(野球歴史資料館)
にさまぁ~ずの2人が訪問し、そこに設置されている
パソコン端末で、野球3択早押しクイズゲームに挑戦する
という場面がありました。


ちなみに「の・ボールミュージアム」は松山市出身の
歌人、正岡子規の幼少期の名前である、「のぼる」から取ったそうです。


遠藤は不勉強で全く知らなかったのですが、
正岡子規の野球好きは有名で、
「打者」「走者」「四球」「死球」「直球」「飛球」などと
野球用語をオリジナルで訳し、ベースボールについて詳しく
紹介したそうです。


話を元に戻しますねニコニコ


さまぁ~ずの2人が野球3択早押しクイズゲームを
やっているうちに、


「日本で一番多くホームランを打った人は王選手ですが
 2番目は下記の3人のうちの誰でしょう?」

 「野村選手、落合選手、門田選手」




という問題が出ました。







答えは「野村選手」ということで正解したのですが、
クイズの端末画面での回答表示で、


「野村選手は2位、落合選手は3位、門田選手は5位です」


と出ていました。


この画面を見ながら大竹さんも、
「そうだよね~野村の次は落合だよね~」と
言ってました。



これ、もちろん間違いです!ショック!


正しくは、


「野村選手が2位、落合選手は6位、門田選手は3位です」


となります。



なんでこんなしょーもないことに遠藤が拘るかと言うと
門田選手のファンだからです!プンプン



まがりなりにも
野球歴史資料館の看板を背負っている施設で出しているクイズ問題で、
日本の誇る歴代ホームランバッターの本塁打の本数の順位を
間違えるなんて許せませんでした(笑)



なので、


「全国ネットでオタクの野球クイズの回答間違いが流れてたので
 早いところ修正した方が良いですよ~」


という趣旨のメールを上記の細かい状況説明と共に
の・ボールミュージアムに送ったのですが
今の所、完全に無視ですショック!


このような、

*******************************************
明らかな間違いを指摘されても認めない人達
*******************************************

は実は業務提携の契約交渉でもしばしば登場します。


契約交渉は時として熾烈を極めます。


だから少しでも自社に有利な条件を勝ち取ることばかりに
気が行ってしまい、それが相手に対して、「どんな小さな隙も
見せてはいけない!」という自己防衛の意識に変わることが
あります。


そしてその意識が過剰になるあまり、
明らかな間違いを交渉相手に指摘されても素直に謝罪して
訂正することができなくなる経営者が結構いるのです。





これ、とても大事なことですが、

=======================
自社の権利主張をすると同時に
相手からの信頼を最後まで失わないようにする!

=======================

ことができなければ、とても業務提携なんかできません。


ところが前述のとおり多くの経営者が
権利主張と信頼維持のバランスが取れないで
失敗しています。


この両方をやるのがとても難しいのです。


取りあえず「両方が必要なのだ!」と意識することから
始めることです。


あなたもぜひ業務提携の契約交渉に臨む際には、


「権利主張と信頼維持のバランスは今どんな感じかな~」


とご自身に質問してみるのをお勧めしますよニコニコ

下記のセミナーでは、
契約交渉において「権利主張」と「信頼維持」の
バランスをとる方法をより詳しくお伝えします。
↓ ↓ ↓ ↓
==========================
第42回業務提携徹底活用セミナー
3月28日(火)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/master-license/entry-12249370849.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
==========================


恐らく契約交渉に限らず人生全般に役に立つ
考え方だと思います。


もし、あなたがご興味があればぜひ
遊びに来ていただければ嬉しいですニコニコ




今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-24 06:54:38

悪事の片棒をかつぐように依頼されました^^;

テーマ:■業務提携の契約交渉
皆さんおはようございます。

春が待ち遠しい業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


昨日のことです。


事務所に電話があり、男性の声で下記のような
問合せを受けました。


男:「すみません。社員として長年使っている者の
   社会保険料や雇用保険の負担が重いので、
   業務委託契約に切り替えようと思っているんです。」

  「でもこれって労働基準監督署から、
   『偽装請負だ!』(=社員として使っているのに雇用せず
   あたかも独立した第三者との業務委託契約と見せかけること)
   と言われるリスクがありますよね?」

  「遠藤先生の所でその辺の所をうまくクリアできるような
   契約書を作れないですかね?」


遠藤:「やりませんよ!そんなもの!!!」

   (後は延々とお説教タイム!笑)



実は上記の偽装請負に限らず様々な業界の経営者から、

**************************************
関係当局の目を逃れる目的の契約書作成
**************************************

の依頼が結構ありますガーン


きっとお金目当てで請け負ってしまう士業の先生も
中にはいると思うので、このような勘違いしている
経営者が後を絶たないのだと思いますショック!


このブログをお読みいただいているあなたは
上記のような経営者ではないと思いますが、
とにかく

**************************************
関係当局の目を逃れる目的の契約書作成
**************************************

などは本気で関係当局の目を逃れる決断と準備が
できているケースを除き、原則、やめた方が良いと思います。


そんなことをしても時間とお金の無駄だからです。


上記の偽装請負の例で言えば、
「業務委託契約書さえきちんと取り交わしていれば
 大丈夫!」なんてことは絶対にありません。


労働基準監督署はあくまでも、
「実態して社員として使っているか否か?」を
チェックします。


契約書はあくまでも判断材料の一部にしか過ぎません。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


また多くの場合偽装請負が発覚するのは、
会社に恨みをもつ者の密告によるものです。


だから完全犯罪を成立させるためには(笑)

・実態としても社員と解釈されないような完璧な運用をする。
・密告しそうな社員は事前に手をうっておく

などの手配が必要になります。


これってきっと普通に社員を雇って使うよりも
何倍も労力とコストがかかると思います。


相当の知識と経験がないと無理なのは容易に想像がつき
初めての素人?が簡単にできるようなことではないと
思います。


そこまでわかっていてやるのであればそれは立派な
経営判断?かもしれませんが、そこまで深く考えて
やっている経営者の方はあまりいらっしゃいません。


上記は偽装請負の例ですが、その他のケースでも
基本的な考え方は同じです。


もしあなたの周りで軽く考えて同じような
ことを考えている経営者の方がいらっしゃったら、


「関係当局の目を逃れるための完全犯罪は
 かえって割高になりますよ。そこまでの
 知識と経験と覚悟はありますか?」


とぜひ忠告してあげてくださいねニコニコ




今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

無料メルマガ登録フォーム
お名前(姓)
メールアドレス

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。