川越の中国茶専門店「Chabou's」

テーマ:

Chabou's


先日の川越観光で、ランチに寄ったお店「Chabou's」さん。

中国茶専門店で、ランチはアジアンフード、

ディナーはイタリアンが頂けるというお店です。


茶房'S_カエル


お店の中はアジアンムードたっぷり。

こんなカエルさんがいたります。

東南アジアではカエルは日本でいう招き猫のようなものとか。


昼間でも奥の席は照明を落としてあるので、落ち着いて

ゆっくり食事を楽しむことができます。


茶房'S_ランチプレート


私が食べたのは、1日限定10食という

「Chabou'sランチプレート」1200円。

どんぶりと生春巻き、鶏の唐揚げ、肉団子などが

セットになっていました。


さらにすべてのランチメニューにはドリンク、サラダ、

ごま団子、ひとくちデザートが付いてます。

いろんなものをちょっとずつ食べたい女性に

とってはぴったりのメニューですよね!

どれもとてもおいしくて、きれいに完食してしまいました。


茶房'S_チキンランチ


こちらは友人が頼んだ、「カリカリチキンの

オレンジとキーモン紅茶のソースがけご飯」1100円。

紅茶のソースっていうのがめずらしいですね。

チキンの香ばしい香りがとてもおいしそうでした。


茶房'S_工夫茶


ランチセットのドリンクに+200円~400円すると

本格的な中国茶器で工夫茶がいただけます。

一煎目はお店の方が煎れてくれたので、

本格的な飲み方が初めての私でも大丈夫でした。

中国茶は煎れ方にかなりの手順があって、道具も

いっぱい必要なんですね。


茶房'S_工夫茶_お湯


お湯もこんなガラスのポットで、テーブルに届きます。

ちゃんと下からアルコールランプで温められていました。

中国茶は茶葉にお湯をつぎ足して何杯でも

楽しめるので、ついつい長居してしまいますね。

この日も2時間ほどまったりしてしまいました。


ティータイムの時間もあるので、川越観光の

合間にちょっとお茶に寄ることもできそうです。

川越にいった際にはぜひ「Chabou's」さんに

行ってみてください!


お店の地図はこちら です。



おまけ・・・・・


Chabou's_猫


「Chabou's」さんの店先にいた猫ちゃんにゃー

のんびりくつろいでましたが、

近くによると隠れてしまう恥ずかしがり屋さんでした。



「Chabou's」 チャボウズ
川越市南通町 14-16Y's Garden

TEL 049-226-1441

【月~金】

ランチ  11:30~14:30  
ティー  14:30~17:30 
ディナー 17:30~24:00 
【土】
ランチ  11:30~14:00
ティー  14:30~18:00

定休日 日曜日・祝祭日

AD

川越観光に行ってきました。

テーマ:

先日のお休みに友人と川越観光をしてきました!走る人

川越は古き良き時代が今に残る街として、

埼玉県で人気の観光スポットです。


歴史的建造物や蔵造りの街並み、

駄菓子屋さんが立ち並ぶ菓子屋横町など

見所満載の街なんですよ。


ほんの一部ですが、私達が見てきた川越の風景を

紹介します。


喜多院


こちら「喜多院」には、江戸城より移築された

客殿、書院があり、客殿は「家光誕生の間」、

書院は「春日局化粧の間」と伝えられています。

それぞれ拝観することができ、江戸時代に

実際に使用されていた長持などの道具も

見学することができます。
他に山門・鐘楼門・慈眼堂なども重要文化財に

指定されています。


私も客殿と書院を拝観しましたが、

当時は本当に使用されていたんだと思うと

とても感慨深いものがありました。


五百羅漢


喜多院の境内にある「五百羅漢像」です。

喜多院の拝観券とセットになっているので

一緒に見ることができます。

様々な表情の羅漢様がずらりと並んでいました。

中でもこの羅漢様はふたりで内緒話を

しているようで、とてもおもしろいですよね!


川越観光パンフレットなどにも写真が載っている

有名なおふたりです。

本当に500体あるのか、数は数えませんでしたが

たくさんいる中からおもしろい表情の羅漢様を

見つけるという楽しみ方も発見しました。


どうやら自分に似ている羅漢様が必ず1人は

いるらしいですよ。

私にはすべておじいさんの顔に見えてしまい

ましたが・・・。


菓子屋横町


石畳の道に多くの駄菓子屋さんが軒を連ねる

「菓子屋横町」です。

一歩足を踏み入れると、お醤油やニッキ飴の

香りなど、辺りに懐かしい香りが漂います。キャンディー


TVでも多く取り上げられ、芸能人がたくさん

訪れている場所でもあります。

日本一長いという大きな麩菓子や、懐かしい

駄菓子がたくさんありました。


私達が訪れたのは午後4時頃だったのですが

その頃には、すでに店じまいをしているところも

ありました。

どうやら午後2時くらいまでには訪れた方が

いいようですね。



蔵造りの街並み


「菓子屋横町」から少し歩くと

「蔵造りの街並み」が見えてきます。

大きな通り沿いの両脇に蔵造りの商家が

建ち並んでいて、それぞれお土産物屋さんや

食べ物やさんになっています。

川越名物の「さつまいも」を使った料理や

お菓子などを食べ歩くことができます。


ちりめん細工のお店に川越限定の

「いも蔵くん」&「いも鐘ちゃん」グッズもあります。

とってもかわいいのでぜひお土産にどうぞ。


川越_いも蔵&いも鐘


時の鐘


「蔵造りの街並み」の一角に

川越のシンボル「時の鐘」があります。

江戸時代から何度か建て替えられているものの、

今も変わらず、川越の街に時を告げている時計台です。

夕日色に染まる街に、この鐘の音が響くと

何ともノスタルジックな気分になります。


以上で今回の川越観光は終了です。

まだまだ見ていないところがたくさんあるので

またいつか行きたいと思います。


来年のNHK朝の連続TV小説は

川越が舞台だそうですので、また観光に

訪れる方が増えるのではないでしょうか?


まだ行ったことがないという皆様、

ぜひ行ってみてくださいね。


川越観光には趣あるボンネットバスで巡る

「小江戸巡回バス」が便利です。

500円で乗り降りし放題のフリー券があります。


川越へは大宮駅から川越線で18分です!



AD