2007-02-01 21:47:30

JR馬橋駅から東京大学のある根津駅まで29分

テーマ:ブログ

JR馬橋駅から東京大学のある東京メトロ千代田線根津駅まで29分です。

上り列車最後方でおりて階段を上っていくと不忍通りにでます。目の前に根津1丁目の交差点があり、不忍通りを南方向に行くと、左側に不忍池があり、上野の動物園・水族館が見えてきます。右側には、横山大観記念館、中華料理で有名な東天紅が見えてきます。最近この辺り一帯、高層マンションがちらりほらりと建ってきているようです。マンション分譲で有名な大京は、池之端に19階建てのタワーマンションを建築中です。価格は7,000万円~2億8000万円だそうです。

不忍通りを北方向に行くと左側奥に根津神社があります。つつじで有名な神社です。1年中、観光とお参りの方で賑わってます。

東京大学には、根津1丁目の交差点を南西方向に向かい、なだらかな坂を登っていきます。

上っていく途中の地名は弥生町です。この町で土器が発見されたことにより、土器は弥生式土器と命名され、その土器が作成された時代は弥生時代と名付けられ、町の名前は一躍有名になりました。進行方向左側の路地裏に弥生美術館があります。隣接して竹久夢二美術館・立原道造記念館もあります。

坂を登っていくと右側に農学部、左側に工学部の建物が見えてきます。坂を登りきると本郷通りに出ますが、交差点を左に行けばやがて、東京大学の赤門が見えてきます。

東京大学の赤門を入っていってみましょう。

レンガ造りの古い建物が建ち並んでます。最近建て替えが進んでいるようですが、粗悪な建物もたくさんあるようです。あまりの建物の古さにびっくりすると共に、保守があまり行き届いていないのにもびっくりしてしまいます。赤門を入っていって、左側には図書館・法学部・文学部・工学部の建物が連なり、右側には、経済学部・医学部・理学部等の建物が連なります。正面は安田講堂です。夏目漱石の小説で有名な三四郎池は安田講堂の右側下です。三四郎池の裏手東側は東京大学付属病院です。

病院裏手には、三菱の創始者、岩崎弥太郎の旧宅があります。現在は東京都の管理下に置かれ一般公開されています。そしてそのすぐ裏手に、東京大学のすぐ裏手と言ってもいいですが、三菱史料館があります。意外とこちらの建物は知らない人が多いようです。幕末と明治、創始者岩崎弥太郎と三菱、国家と三菱、三菱の今日までの発展、手にとるように展示されてます。興味のある方には、お勧めのスポットです。

JR馬橋駅から東京大学までは本当に近い距離です。東京ですと、どうしても家賃が高くなり、駐車場を借りたらもっと大変ということで、意外と馬橋駅近辺には東京大学に通学される方がたくさん住んでいます。物価が安くて、静かな街、落ち着いた街、風俗の無い街。勉強には最適の街です。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

mast-ishikawaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。