2007-01-26 23:15:34

JR馬橋駅から東京メトロ千代田線大手町駅まで乗車時間35分(直通)

テーマ:ブログ

馬橋駅から各駅停車に乗り千代田線大手町で下車し、階段を上って地上に出ていくとそこは日比谷通りです。

長い地下道のどこから出ても、日比谷通りに出て行くことが出来、威圧感のあるビル郡が目の前に広がっています。日本のビジネス街の中心部です。

日比谷通り東側には、箱根駅伝出発点の読売新聞社ビルがあり、その他には産経新聞、KDDI、JA、日本政策銀行、経団連、朝日新聞、NTT、大手町アーバンネット、みずほ銀行、三井住友信託、東京海上日動、日本生命、野村証券等の巨大なビル郡が建ち並んでます。

日比谷通り西側には、東京消防庁、三井生命、三井物産、三菱東京UFJ、りそな銀行、JFEホーデイングス、パレスホテル等があり、そのまた西側には皇居があり、地名が由来する大手門があります。

三井物産横の片隅には、「平将門の首塚」があリますが、ご存知でしょうか。

平将門は10世紀平安時代、京都朝廷に対し反乱を起こし、関東一円を制圧した下総の武将です。朝廷の意を受けた藤原秀郷に討たれ、その首は京都まで持ち運ばれ、都大路でさらされたということです。その首はさらされて3日後、胴体を求めて、怪しげな光を放ちながら東の空に向かって舞い上がり飛んでいき、その首がこの大手町の地に落ちたということです。この伝説は鎌倉時代末期には成立していたということですが、塚が築かれたのはいつ頃からなのでしょう。

大手町一帯を散策すると、あちこちで、ビルの建て替え工事が行われており、この辺一帯が大変な勢いで、変容していっているのが分かります。建物の高層化と共に商業施設の拡充も進んでいます。オフィスと商業施設、更には居住施設(この地域では居住施設は計画されていないようですが)、複合的な都市再開発は、現代的なテーマとなっているようです。新丸ビル、丸の内オアゾしかりです。

この辺一帯を歩いていると、新耐震基準適応ビルの建設、ファンドマネー、SPC(特定目的会社)、不動産の証券化、J-REIT、機関投資家、収益還元、低金利、地価の値上がり、賃料の値上がり、バブル再来といった言葉が思い出されます。

常磐線馬橋駅から大手町駅まで、千代田線が直通してます。乗車時間35分。

馬橋駅周辺には大手町まで通うサラリーマンがたくさん居住してます。


MAST(有)石川不動産 http://www.mast-ishikawa.com/


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

mast-ishikawaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。