FPの資格

テーマ:

最近FPという資格について考えています。


色々思うことがあるんですが、

以下のサイトに自分が思っていたことと同様のことがズバっと明快に記されています。

結論的なことや、全てが解決されているわけではないんですが

一応参考になると思います。


http://blog.mfpoffice.org/home/2006/11/index.html


「FPの仕事って要するに何?」っていう記事です。






AD

今日のサザエさん

テーマ:

今日のサザエさん、見ましたか?


マスオさんは気持ちが表情に出るので困っていると


波平さんが

「それは正直者だからだよ」

って言いました。


でもマスオさんは

「世の中、正直だけでは困ることがたくさんあるんです・・・」

(注 こんなニュアンスだったと思います)


私は、「そのとおり」って思いました。


その後、舟さんが

「でもそんな正直者が好きですよ」


ほのぼのとしました。


「そのとおり」って思った自分が小さく見えました。


私が小学生だった頃、

学校教育では、協調性を強く教えられていた気がします。

みんなと協力してやろう!


最近の風潮って

何か個人主義に偏っているんではないでしょうか?

人と違うことをやれ!

自己主張を通せ!

結果がすべて。

どんな手を使ってでも結果を出す。


正直者がバカをみる世の中になっているような気がします。


AD

パチン考

テーマ:

先日パチンコをしました。


私はパチスロ派なのですが

最近店があまりにも出していないので

他の客が箱を重ねているパチンコに足を運んだ次第です。


今のパチンコは台の脇にお金を投入する所があります。

昔は「硬貨」投入口だったんですが、

今では「千円札」投入口になっています。

で、その千円が本当にあっという間に消化されます。

パチスロも最低投資金額は千円ですが、

リールを止めるタイミングとかは人それぞれ差があるので

投資金額千円にはそれでも少しは時間がかかります。

しかし、最近のパチンコは、

なかなかデジタルが回転するチャッカーに入りづらくなっているし、

また、たとえ入ったとしてもその出球は数コしかないので

本当にあっという間って感じです。


昔は1発台ってのがあって、

しかも硬貨投入口から100円を投入し、

特定の部分に玉が入ると

1万円GETしていたものでした。

100円が1万円に、・・・

つまり100倍になったんです。

店にもよりますが、

その1発台の「本日の大当たり回数」も

1日に数十回ある台もあれば、数回しかない台もありました。

でも1回もない台は数台しかなかったように記憶しています。

仮に1回もない台ばかりのような店はお客が寄り付きません。


今のパチンコ(パチスロも同じ)は

連チャン機になっています。

1度大当たりすると

運がよければ何度も繰り返す。

その結果、出玉の箱を重ね、10万円超なんてこともあります。

でも、そんな台はお店に数台しかありません。

特に最近は・・・

よく出している店でもせいぜい数万円分の箱を重ねている客しかいないでしょう。


よく考えてみると

最低投資金額千円を投入し、

100倍、つまり10万円になるのはかなり難しいことは確かだ。

確かに箱を重ねている人もいるが

はたしていくら投資しているのだろう?


そんなことを冷静に考えている私も

実は、100倍を夢みている人間の1人です。

・・・トホホ



AD

おとといの日曜日に

東京ディズニーランドに行ってきました。

すごい人でした。


家族で前日予定を立てました。

それは

私と4歳の娘とで***というアトラクションに並んでいる間に

ジェットコースター物に弱いカミさんに

FP(ファーストパスポート)を片っ端から取ってくるというものでした。


ところがこのFPが曲者で

あるアトラクションで1枚取っちゃうと

それを消化しないと、次の別のFPは取れない仕組みになっていました。

だから、万一かなり遅い時間のFPを取ってしまおうものなら

それに乗るか、そのFPの有効時間が経過するまでは

ずーと並ばないといけなくなってしまいます。


運良く私達がとったFPは

1時間後のもので

上記の計画を実行して気がついたんで

もう1つFPが取れました。


ところで

ディズニーランドには何体かのキャラクターがいます。

ミッキーマウスやミニー、ドナルドダック・・・

私はこのぐらいしかわからないのですが


10/15(日)の夕方4時30分頃


スプラッシュマウンテンの出口付近にいた


キャラクターのウサギ!


オメーは何やってんだよ!コラッ!


ウチの娘がウサギさんと写真が撮りたいって言ったんで

じゃあ一緒に撮ってもらおうと待っているのに


オメーはギャル系のおねーさんに


抱きついたり、


引っ張りまわしたりしてんじゃねーぞ!


コラ!


小さな子供達が


みんな写真を撮ろうと待っているじゃねーか!


こら!


顔がわからないのをいいことに

ずーとギャルと楽しんでいただろ!


ウチの娘だけでなく他にも一杯子供が待っているじゃねーか!


他の親もあきれて


「セクハラうさぎ」って言ってたぞ!


それがオメーのキャラクターかい!

                      

非常に腹ただしい光景でした。







一緒に考えよう!

テーマ:

【中小企業の会計に関する指針】《各論》「貸倒損失・貸倒引当金」より

損益計算書上の表示

貸倒引当金の繰入、戻入(取崩)は、債権の区分ごとに行う。

当期に直接償却により債権額と相殺した後、     ・・・ 注1

貸倒引当金に期末残高があるときは、

これを当期繰入額と相殺し、

繰入額の方が多い場合は、

その差額を貸倒引当金繰入額として、

次のとおり表示する。

~略~

なお、

繰入及び戻入については、

実務上、

いわゆる洗替方式による処理が行われていることが少なくないが、

上記の取扱いにより表示されることに留意する。         




きなり変な出だしでスミマセン。


上記は、中小企業の会計処理の拠りどころだそうです。

前提として

債権の貸倒れに備え、それに対して引当計上しなさいって規定されています。


さあ、ここで簡単な問題です。


①当期発生した売掛金100円が当期において貸倒れました。


どう仕訳しますか?



(正解) 貸倒損失/売掛金 100円

      (借方)   (貸方)


では、


②前期発生の売掛金200円が当期貸倒れました。

なお、前期末に、貸倒引当金500円を設定しています。


どう仕訳しますか?

 

(正解) 貸倒引当金/売掛金 200円

      (借方)    (貸方)


上記中小企業の会計に関する指針(以下「指針」と呼びます)の 注1 部分は

②の処理のことを述べていると思います。


②のポイントは

前期以前の債権

貸倒引当金を充当する

という点でしょうか。


以上で今日のブログは終わり・・・ません。


次に法人税基本通達を見てください。


【法人税法基本通達(以下「通達」と呼びます)】

(一定期間取引停止後弁済がない場合等の貸倒れ)

9-6-3 

債務者について次に掲げる事実が発生した場合には、

その債務者に対して有する売掛債権

(売掛金、未収請負金その他これらに準ずる債権をいい、

貸付金その他これに準ずる債権を含まない。以下9-6-3において同じ。)

について

法人が当該売掛債権の額から備忘価額を控除した残額を

貸倒れとして損金経理をしたときは、これを認める。・・・ 注2

(昭46年直審(法)20「6」、昭55年直法2-15「十五」により改正)

(1) 債務者との取引を停止した時

(最後の弁済期又は最後の弁済の時が当該停止をした時以後である場合には、これらのうち最も遅い時)

以後1年以上経過した場合                ・・・ 注3

(当該売掛債権について担保物のある場合を除く。)

以下省略


簡単に言えば、

1年以上経過した売上代金(=売掛金)は

覚えておくためにちょっとだけ残額を帳面に残し、

あとは貸倒れとして損金経理すれば認めますよ

ってこと。

実務ではよく使われるものです。



さあ、一緒に考えてください。


「1年以上経過した売掛債権」は

上記「指針」通りに経理処理してあれば

当然貸倒引当金が設定されています。


そして、「通達」に従って貸倒れ処理しようとすれば

前期以前の債権の貸倒れになるので

「指針」に従って処理するなら

簡単な問題として掲げた②のような仕訳になります。


ところで


②の仕訳って「損金経理」に該当するんだろうか?


指針に従って処理することにより

通達が使えない?

ってことになっちゃうんでしょうか?


ウ~ン

難しい・・・