2011年12月11日(日) 19時42分36秒

プロレス絶滅講座~第二回いたいた選手権 いたー!試合前にあったよね編~

テーマ:プロレス絶滅講座

はい、というわけで第四回目のプロレス絶滅講座です。今回は前回お送りしました、といってもだいぶ前なんですがね・・・


第一回いたいた選手権 いたー!少年プロレスファン編


のシリーズ第二回目、


第二回いたいた選手権~いたー!試合前にあったよね編


をお送りしようという次第でございます。


ね、あれほど流行ったのに今ではみんなが忘れてしまっていることってあるでしょ?やまだかつてないCDとか人気がピーク時の内田有紀とか、携帯電話の光るアンテナとか・・・


そういうののプロレス会場版で、特に今回は試合前によくあった、見かけたあんなことやこんなこと、行ってみたいと思うんですよ。


では行ってみましょう!!


まずはこちらから!!



天井から吊るされたマイクでコール


これわかるかな?リングアナウンサーが選手をコールするじゃないですか?あのマイクがね、昔、天井から吊るしてあるタイプのものがあったんですよ。あのリングを照らしているライトのところにあって、コールのときは下がってきて、試合中は上がっているという形でね。



団塊Jrのプロレスファン列伝
これですね


海外のプロレス中継なんか見ていてこれが出てくると、ああ~なんかアメリカってやっぱ違うんだなぁ~なんて思ったもんでした。MSGとかこれでしたよねぇ~。


続いてはカッコイイ選手コールのこちら!



選手のコールのとき、テープを投げる


ありましたよね!!とにかくすごかったんだよねぇーテープ。あ、テープといってもガム・テープとかじゃないですよ。七夕なんかで竹に飾りを作る糊のない紙のテープですね。色もたくさんあったでしょー?あれコールのとき投げ入れてたよねぇ!!人気がある選手ほど多く投げられたんだよね。テリー・ファンクなんかいつも絡まっててね、見ててムカついたもんですよね。


結局、会場がゴミになるとか選手が場外で足を滑らして危険などの理由でなくなってしまったのか、やる人自体がいなくなっちゃって見られなくなってしまったのかわからないんですが、いつのまにかなくなちゃいましたよね。


これは日本のプロレスの独自の文化でしたよね。発祥はどの辺なのかな?興味があるなぁー。


次はテープに関連しているこれです。

選手のコールのとき、テープを投げるファンに紛れてトイレットペーパーを投げるファン


これいたねー!!一体なんだったんだろうね?みんな紙テープ投げるから自分も投げたくなって・・・でも紙テープを用意して持ってきてないから会場のトイレから拝借して・・・投げちまえー!!ってやってたのかな?まさかわざわざ家からトイレットペーパー持ってくるとは思えないから、やっぱりトイレから拝借したんだろうなぁ。


まぁ形状は理屈では似てるけど、ないからって本当にそれを投げてしまうこの辺が・・・このファンの一生懸命さがおもしろいよね。紙テープを投げるという文化が生んだ“味”でしたな。


次はちょっと迷惑だったというこちら



音の出る風船を飛ばすファン


選手コールとか、それが終わってレフリーが選手に話しているときとか・・・あとはゴングがなってすぐとかかな?風船を飛ばすヤツが昔はいたんですよ。これは新日本の会場でよくありましたですね。


でも風船といっても普通のじゃなくて、吹くところにプラスチックが入っているもので・・・飛ばすと、空気が出るところのプラスチックの部分が笛になっててね、ピーっと音が出るというね、そういう風船を会場に持ってきて飛ばす輩がいたわけなんですよ。テレビで見ているとそうでもなかったけど、会場では結構迷惑だったようで新日本プロレス側からやらないようにとテレビを通して注意されたんだよね。もちろんファンは応援の意味としてやっただけで悪気はなかったので注意後はすぐなくなったけど・・・しかし当時のファンはいろんなことを考え出すエネルギーを持っていたんですね。


次は試合前ではないんですが、音関連のこれ



コールに合わせて笛を吹くファン


これはですね、たとえば“イーノーキー!!イーノーキー!!”というファンの猪木コールに合わせて“イーノーキー(ピーピーピー)!!イーノーキー(ピーピーピー)!!”と笛を吹くというね、やつで・・・でもこれ多分、蔵前が両国に変わったとき絶滅したのかな?聴かなくなったなぁ。というかどうでもいい話でしたね、スイマセン・・・


というわけで次です。



試合前に花束の贈呈


これは今でも地方なんかでは興行師のタニマチなんかの知り合いがやりますが、まー見かけなくなりましたよね。


当時、地方興行のテレビ中継なんかはご当地の


“ミス○○”


なんていうのがリングに上がって花束渡したりしてたんだけどなぁ~・・・あ、失礼。ミス○○ってのは、たとえば山形だったらミスさくらんぼとかいるじゃないですか?そういう地方の特色のある方が花束嬢でリングに上がって花束贈呈してたんだよね。でもなぁ・・・そういうのは今じゃ絶滅でしょうね。


ところで花束贈呈ってのは、あれはいつ頃から、どういった理由で行われていたのかな?うーん、やっぱこれも日本だけのプロレス文化だったんじゃないかなぁ・・・おそらくボボ・ブラジルにおいしく食べて欲しいため・・・いやいや、力道山時代からの名残なんだろうね。


では次は非常に興味をそそられたこれで~す。



試合前の国歌斉唱


これはねー、世界タイトル戦やリーグ戦の決勝や、あと格闘技戦なんかで見られましたが、なかなか深かったですよね。だってあの頃、試合前から暴れてて手の付けられないような外人レスラーがですよ、この国歌斉唱のときにはキチっと立って静粛に国歌を聴いてたんだもんねぇ・・・


たとえばスタン・ハンセンなんかいつも試合前からアグレッシブだったじゃないですか?でも国歌斉唱になったらちゃんとカウボーイ・ハット脱いでジッとしてるんですよ。ディック・マードックなんかは国歌終わったと敬礼なんかしてね、カッコよかったですよねぇ~。子供心にね、こういうギャップっていうのは強大だったんですよね。そうそれは言ってみれば・・・ホラ、普段はすっごく真面目でおとなしくてぜんぜん目立たない女の子なのに、いざHになったらアン・ルイスのように変貌してしまうような・・・


いや!!


あ、まぁつまりね、外人レスラーのそういうのを見ると、とにかく興味をそそられたもんでしたよね。そしてなによりあの激闘の前の静粛なフインキが最高だったんです。


ちなみに古舘さんの本に書いてあったんだっけかな?古舘さんが言うに、この国歌斉唱って当時難しかったそうですね、実況が。日本と諸外国のタイトル戦の場合だと、けして試合前に


「試合に先立ちまして“両国”国歌の斉唱です」


と言ってはダメで・・・


「試合に先立ちましてアメリカ国歌斉唱、続いて君が代の斉唱です」


とやらないといけなかったとか・・・いやー、時代を感じます。


続いてはタイトルマッチ関連のこれ。



タイトルマッチのコミッション宣言が政治家


これはもう無理だろなぁ・・・いやね、ありましたよね昔はね。タイトル戦のコミッション宣言で政治家が登場するというのが。


コミッション宣言、よく全日本プロレスではロード・ブレアースがやってたでしょ!?あれがね、昔の新日本ではなんと政治家がやってたんですよね。


ボクの年代だとなじみなのは野末陳平なんだけど、それ以前だと、あの二階堂進がやったりしてたんですぜ!!すごくない?二階堂進って超大物政治家だったじゃないですか?ねーこんな人がプロレスのリングに上がりコミッショナー宣言なんて今ならまずありえないですよね。当時のプロレスのバリューと恐るべし勢力を感じます・・・


はい次です。



シリーズ開幕戦で参加選手によるサインボール投げ


シリーズの開幕戦の会場でですね、そのシリーズに出場するレスラーがボールにサインをして、それを持ってリングに上がり、会場のお客さんに向かって一斉に投げるというファンサービスがありましたよね。


これはねぇ・・・テレビで見ててホントうらやましかったんだよなぁー・・・あの頃は開幕戦、だいたい後楽園ホールだったんですよね。大人になってからはかなり行ったけど、あの頃の後楽園ホールは遠くに感じたもんだったな・・・


それにしてもこれ、今はやってないですよね?やっているのかな?多分ないんじゃないかなぁ・・・


では最後はこれです。



試合前に○○へ寄付


今の事情はわからないんですが・・・以前は試合前に恵まれない子供たちの代表や団体なんかにプロレス団体から寄付をするというのがあったんですよね。印象に残っているのはやはりアントニオ猪木かなぁ・・・まだガウン姿の猪木が試合前にリング上で渡すところ、よく目にしましたよね。そのたび、ああ強い男は優しくなくては駄目なんだと、思ったもんでしたよねぇ・・・


ところで、その寄付という関連でよく目にしたのがこの外人だったんだけど・・・みんな覚えているかなぁ?



団塊Jrのプロレスファン列伝
・・・?


プロレスをテレビで見てるとね、よくリングサイドにこの女性座っていて映り込んでいたの覚えていませんか?なんかの代表で、プロレスファンでもあった記憶があるんですが・・・名前がわからないんだよなぁ・・・誰か覚えている方、もしいましたら教えてくださいね。


さて、というわけで第二回いたいた選手権 いたー!試合前にあったよね編、いかがでしたでしょうか?みなさんにはどんないたいたが蘇ったかな?


では次回のプロレス絶滅講座でまた一緒に遊びましょーね





PR

コメント

[コメントをする]

1 ■写真の女性(^O^)

お久しぶりです(^O^)


写真の女性はイーデス・ハンソンさんですよ(^O^)


関西弁を喋る面白い『ガイジン』でしたね(^O^)


馬場さんと仲が良く全日本プロレスの会場によく来ておられましたね(^O^)

2 ■無題

全日のリングサイドはイーデス・ハンソン、新日のリングサイドには野末陳平が常連でしたね
(笑)
記事に関係した話ですが…たしか83年のIWGP開幕戦。ホーガン入場時に観客がホーガンの頭上に赤いノボリを掲げ、それを見た古舘さんがホーガン応援のノボリだと思い『ノボリが立っております!!』と実況したら何と「大売り出し」ノボリだったので、さすがの古舘さんも一瞬失笑して絶句(古舘さんの笑い声がかすかに聞こえます)

3 ■相変わらず切れ味抜群の記事ですね!!

イーデス・ハンソン…キン肉マンではイヤデス・ハンソンさんでしたね。

先日、ローカルインディー団体の北都プロレスを観戦した際には、

選手のコールのとき、テープを投げる

試合前に花束の贈呈

シリーズ開幕戦で参加選手によるサインボール投げ

試合前に○○へ寄付

の4つがまだ生存していましたね。

天井からのマイクは確かよく音が途切れた為にやめてしまったんじゃなかったでしたっけ?
生中継でよく途切れてた記憶があります。

国歌斉唱は私も好きでしたね。
あとコミッショナーへのベルト返還。
破壊王が一度復活させましたけど、今はまたやってませんね。
あれがあると締まるんですが…30分番組になってしまった以上は難しいですかね。

「試合に先立ちましてアメリカ国歌斉唱、続いて君が代の斉唱です」<古舘アナはさらに「続きましてアメリカ国歌、スター(なんちゃらかんちゃら)フォーエバー、“星条旗よ永遠に”です」って言ってた時期ありましたよね。

もう一丁、追加するなら…これも絶滅しましたよね。

http://murasakilg.blog64.fc2.com/blog-entry-17.html

4 ■イーデス・ハンソン

懐かしい方ですね。
子供の頃、全日本プロレスを見ると必ずいました。
90年代に入ると、中継のある大阪大会になると必ずTVに映る最前列ど真ん中に円広志さんが座っていました。
同じく中継のある後楽園では上島竜兵さんもいました。
これも今では見られません。

他には絶滅したものでは、「松井」「山田」などと画用紙に名前を書いて選手入場時に掲げている高校生。
選手のコスプレや、ペイントをする観客。
後は、「密航者」ですね。

5 ■無題

お久しぶりです。またブログ再開したので宜しくお願い致します。なんか懐かしさ満載のほのぼのする記事ですね。全日かドラゴンゲートを観戦したんですけど、どっちかでボール投げありましたよ。サインじゃなかったですけど(笑)。

天井から吊るされたマイクでコール。これ見てみたいです!ミス○○もありましたね。懐かしいです!

6 ■はじめまして!!

はじめまして!!
このブログを見つけて再開をとても楽しみにしてました。

7 ■紙テープに絡まるテリー

ありましたね、紙テープに絡まりながら暴れるテリー(笑)観てるほうが「ムキー!」って、ウザったくなりました。

紙テープの中に混じって投げ込まれるトイレットペーパー…あれ、あんまり深く考えたことなかったんですけど、やっぱり会場からパクった可能性高いですかね?普通の紙テープも試合中に投げるお馬鹿がいたりして、昔は悪い子が多かったですなぁ。

でも最近の話で、プロレス観に行った時に見知らぬ人から「これ、○○選手のコールの時に投げて下さい」って紙テープ渡された事があるんですけど、昔なら頼まれなくても用意して投げてましたよね。何だかちょっと寂しい感じがしました。

ハンソンさん、私も名前忘れちゃってました。
(^_^;)
デラプロか何かでハンソンさんのインタビュー記事が載った事があった気がします。
彼女さんの方が「人権擁護団体の人で…」とか、私よりも詳しく知ってましたよ。なかなかやりますな。

8 ■懐かしいですねぇ~。

タイトルマッチでの国歌斉唱と言えばUWFインターナショナルが高田VSオブライト(だったかな?)でやった時に、

「懐かしいな~。」

って、しみじみとしましたね。

このベルトに権威を持たすための大事な演出。

コレのフロントの努力があったからこそ僕は小学6年生までプロレスを純粋な格闘技だと信じてましたよ。

あとアントニオ猪木のカリスマ度の現れであった「のぼり」なんか懐かしいですね。

大人になってからアレが裏方さんの「仕込み」と聞かされガッカリしましたが…。

紙テープですが、独断小僧様のコメント同様僕も会場のヒトに紙テープを手渡されました。

あれは5年程前のZERO ONE MAX…。

果たして栗栖正信さんは紙テープを喜ぶヒトだったのか…。

イーデス・ハンソンさんっ!!

今は無き雑誌『Kamipro』でのインタビューでたいへん含蓄のある興味深いコメントをされてましたが最後に、

「タイトルマッチだけは真剣勝負やで。」

って、ファンとしては嬉しいコトをおっしゃってましたね。

プロレスファンのタレントは多いですがこのヒトと斎藤清六は独特な存在感を醸し出してましたね。

9 ■トーキョー・トム様

どーもコメントありがとうございます(^^)

そうですね、ハンソンですね!!

当時は誰かわかんなくて・・・でもいつもリングサイドにいるなぁと思ってたもんでした。

実はあまりプロレス以外でみたことがなく・・・そうですかぁ。関西弁なんですね(^^)

これあれですかね?よく片岡鶴太郎がマネしてた人でしたっけ?

10 ■丸顔の海賊団様

大売り出しの話に30分くらい悶絶して笑ってしまいました(≧▽≦)

いやぁ~この当時の時代のファンのパワーですよね!!普通、ノボリを持ってくるだけでも大変なのに、それが大売出しという・・・いいですよね(^^)

ハンソンさんは全日本でよく見ていたんですね。今は何をしているのかなぁ?

11 ■紫レガ様

ありがとうございます(^^)

キン肉マンのイヤデス会長!!いましたねぇ!!なんかるとイヤデス!!っていう・・・なつかしい(^^)

いやぁ・・・ボクはホント今のプロレスって見てないのでわからなかったのですが、まだ生存していることって結構あるんですね。勉強になりました。

コミッショナーへの返還、ありましたね。今は放送時間と、あとコミッション自体があやしいから難しいのかなぁ・・・昔はボクシングのタイトルマッチくらいの規模が、プロレスにもあったんですけどね(TOT)

そうそう、スターアンドなんとかかんとか・・・これ、話は関係ないですけど、一度、夜のヒットスタジオでなんかの外人がアカペラで歌ったんですよね。で、そのあと古舘さんが

「続きましてコミッショナー宣言です」

ってギャグを入れて・・・大爆笑した思い出があります(^^)

http://murasakilg.blog64.fc2.com/blog-entry-17.html

↑これ、ありましたね!!この放送の時、みんなで“猪木、ガンバレ!!”ってコールで合唱してましたよね!!あれがなんか異様におかしくて(^^;

今このおじさん、どうしているのかなぁ・・・

12 ■ジョーカーナリ様

あー、円広志さんもいましたね!!

以前は芸能人も多くいたんですが・・・それ自体も絶滅状態なんですかねぇ・・・

「松井」「山田」などと画用紙に名前を書いて選手入場時に掲げている高校生、このお話は第一回の方で書いていますのでよかったらご覧ください(^^)

13 ■H.T様

お久しぶりです!!復活ですね!!いやぁこちらこそよろしくおねがいします!!

そうですかぁ・・・いやーサインがなくとも、ボール投げ、ファンにはうれしいですよね!!

昔はサインボールじゃないんですが、テリー・ファンクのラッキーコインとかね、レスラーが自ら作ってきたものを会場に投げたりするのもあったんですよ(^^)

天井マイク、昔のWWFのMSGなんかでやってた記憶があります。いかにも海外のプロレスって感じでよかったですね(^^)

では今後も、またよろしくお願いします!!

14 ■ロットン様

はじめまして!!どうもありがとうございます(^^)

なかなか時間がなく、本当に数が少ない更新なんですが、今後ともよろしくお願いします(^^)

15 ■独断小僧様

テリーはねぇ・・・本当にイライラさせてくれましたよね(^^;

そう以前はいろいろなものが投げ入れてましたよね。あと選手の入場のときに選手に・・・あれは千羽鶴なんですかね?首にかけるファンなんてのもいましたよね(^^)

えー!!紙テープを渡されたんですか!!うーん・・・そういえば独断さん、マスクドの引退試合の時、女子プロレスの試合で赤い紙テープだけ投げ入れられたのありましたよね、確か・・・あれもそういう趣向なんですかね?昔は紙テープの量がレスラーの人気度と比例してたもんでしたが・・・きっといろんなことを考える人がいるんですねぇ(^^;

おおさすが彼女さん!!彼女さんのカリスマはファンというより、ある意味関係者なみの破壊力級ですからね!!もしかするとハンソンさんをひきつけるかも知れません(≧▽≦)

って、すいません・・・

16 ■オサム様

国歌斉唱、本当に貴重なシーンになってしまいましたよね(TOT)

紙テープ、やっぱり渡すところ多いんですねぇ・・・ちょっと驚きです。しかも栗栖正信ですか・・・やっぱり紙テープよりイスの方が喜ぶような気がします(^^)

しかし・・・オサムさん、他の場所ではなく、ここ団塊Jrのプロレスファン列伝の中では、プロレスは純粋な格闘技ですよ。ノボリも仕込ではないので大丈夫です。タイトルマッチだけでなく、全部真剣勝負です!!ボクはいいオッサンですが、プロレスは未だに小学校から中学校の気持ちのままで受け止めています。ここのみんなもそうです。だからオサムさんにも六年生の時の気持ちで楽しんでいただけたらうれしいです(^^)


17 ■お久しぶりです

出遅れました・・・。

さすが流星さん。どれも「あるある!」って事ばかりですね!共感だらけです。

ブームの時は、弊害でマナーの悪いファンも多かったですが、会場は熱気に包まれていましたよね。

また、試合前のセレモニーも豊富で、ゴングが鳴るまでの高揚感が何とも言えなかったりして。

花束嬢ねぇ。よく館内の野次で、「右がいい~!」「左ぃ~!」「全部!!」とか飛んでたもんですが(笑)地方によっては、見るからに水商売風のお姉様が居たりして(笑)プロモーターの人脈なんだろーなー。と思ってました。

色々思い出して、ノスタルジーに浸れましたよ。今回も楽しませてもらいまして有難うございます。

18 ■亀熊様

どうもお久しぶりです!!

いやぁ~ありがとうございます(^^)

そうですね、迷惑な行為もありましたが、何かしようというあのファンの勢いっていうんですかね?アツかったですよねぇ!!こういった気持ちと、あのゴングまでの時間がよかったですね(^▽^)

花束嬢、きれいな人多かったですね!そうです、地方では全くプロレスに縁も所縁もないようなお水風な女性がリングインしてましたよね。あと、どんなにがんばって前の方の席のチケットを取っても、いざ会場に行くとこれまたプロレスに縁も所縁もないようなお水風な女性がボクよりはるか前にいたりして・・・やっぱり人脈ですかね(^^;

コメント投稿

[PR]気になるキーワード