マスターよりお詫びです。

テーマ:
報告が遅くなってしまって
大変申し訳ありません。
この度、マッシュマンズ・カフェは
10月に閉店いたしました。

いろいろな事情があって、
なかなか公に閉店をお伝えできなかったのですが、
ホント申し訳ありませんでした。

ぼく自身もまさか
こんな終わり方になるなんてという、
予想や計画もできない
終わり方になってしまったこと
ホント申し訳ないやら情けないやら。

2002年6月にオープンして
12年と少し、
それはそれはたくさんのお客様に
支持していただき
ありがとうございました。
心から感謝しております。

オープン当初、お店の新聞に
書いたこともあるのですが
マッシュマンズ・カフェは初め
10年できっぱりと辞めるつもりでいました。

逆に言えば、どうすれば10年間
お店を続けられるかを考えて
いろいろやってきました。

長く来続けてくれるお客様を作り
大事にすること。
長く支持してくれるには
どうしたらいいんだろう。
ただひたすらにそんなことを考えて
12年が経ちました。

予定よりも2年長くやったから
ぼくの中では、
よくやったなぁっていう思いだけです。

12年好きにやってきて
いい思いもたくさんさせていただいて
ぼくの中には大きな財産として
残っております。

ただ、ぼくの性分として
惰性で毎日を過ごすとか
お店にしがみついて生きていくとかは
なんかできなくって。

常に新しい何かに向かってないと
自分がダメになっちゃう気がするし
そうゆう方向にしか
生きていけないみたいで。

だから新しいお店を出したり
してきたわけなんだけど。

マッシュマンズ・カフェは
できればもっと長く
続けたいという思いもあったけど、
でもきっと、ぼくの人生の中では
さて次に行くかっていう時期だったと
思うんです。

今のぼくにとって一番大切なものは
お店や仕事から
家族に変わりました。

お店をやっていると
それはそれは家族には
いろんな苦労をかけてしまいます。

子供が望むことにも
全くと言っていいほど
応えてあげられないし。

夫や父親としては
きっと最低です。

だからこれからは
もう少し家族のために
生きようと思ってます。

なのでマッシュマンズ・カフェを
終わりにしたこと
許してくださいませ。

いつの日かどこかで
小さいお店でも
やれたらいいなぁって思ってます。

ジャズの流れる
粋な小料理屋なんてどうかなぁ。

忌野清志郎が亡くなって、
最近は高倉健が亡くなって、
ぼくが憧れるかっこいい大人が
どんどんいなくなってしまうんだけど
ぼくはいつまでもかっこいい大人で
いたいと思います。

なのでこれからも
まだまだチャレンジです。

マッシュマンズ・カフェを
愛してくださった皆様
本当にありがとうございました。
AD

最大の問題が。

テーマ:
昨日は休みで
家でギターの録音して
やっとレコーディングが
終わりました。

お店のクリスマスプレゼントの
CD制作のお話です。

後はスタッフの歌の
録音を残すのみ。
なんとか終わりが
見えてきましたわ。

毎年クリスマスには
お店からのプレゼントってことで
CDを作ってます。

ぼくのオリジナル曲です。

MTRという録音機器を使って
少しパソコンの力も借りて
何ヶ月もかけて
曲を作っております。

今年用に用意したのは
全部で15曲。

すべて使うかはわからないし
ボツにした曲や
過去に作った曲もあるんだけど
なんとかいい感じに
なりそうです。

ただ、
しかし、
最大の問題がひとつ。

今スタッフを募集してて
この先の人員が定まってないんです。

このままじゃクリスマスの時期
スタッフ足りません。

歌の録音も
終わらせられません。
はー困った。

というわけで
マッシュマンズカフェただ今
スタッフを募集しております。

なんとなく応募もあるんだけど
学生さんだったりで
条件合わなくって。

CDは果たして
完成できるのか?
クリスマスにちゃんと
お店やれんのか?

試練はまだまだ続くです。


AD

壁を取っ払え。

テーマ:
最近チラホラと
音楽好きのお客さんが
来てくれるようになってて
うれしいかぎりです。

オーナーという立場上
お客さんに軽く
声かけたりするのは
当たり前なわけですが
音楽の話をしだすと
当然ながら素の自分が
出るわけです。

なんと言うか
そうゆう人と人との
会話ができることが
うれしいわけなんですね。

お店のオーナーとお客さんという
壁を取っ払える瞬間に
お店の醍醐味があるわけです。

なかなかそうゆうことが
今は少ないんですけど
少しずついい感じに
なってきてるかなぁ。


AD