<首の皮一枚でつながっていた私たちの命。核戦争の始まりの終わり>

 

これは本当に頭殴られた動画です。

最後に貼るので是非、全編みてほしい。

 

 

時は冷戦時代。

ソビエトからキューバに核が持ち込まれていたことが判明する。

 

キューバ上空でアメリカの偵察機をソビエトが撃ち落とした事を期に

ケネディに『もはや核戦争は避けられない。』と進言した男。

 

その名は『カーティスルメイ』

 

別名、皆殺しのルメイ。

 

第二次世界大戦中、日本の60を超える都市の爆撃を指揮した男。

 

ルメイはソビエト全土に7000メガトン

広島型原爆の46万個分の核爆弾を落とす計画を立てていた。

 

 

その核爆弾を発射する予定の基地は、日本にもあった。

それが、沖縄。

 

沖縄には密かに1300発の核爆弾が持ち込まれ、

32基の核ミサイルが配備されいていた。

 

 

核の先制攻撃をしかければ、北半球全土が放射能で汚染される。

ルメイはケネディに言った。

 

『絶好のチャンスです。今なら勝てますよ』

 

あとは、ケネディのゴーサインを待つだけだった。

 

 

当時のケネディの決断に影響を与えたスパイがいた。

ソビエトの最高機密をアメリカCIAに渡していた男。

 

『ベンコフスキー』

 

ベンコフスキーのファイルでは、もしアメリカが核の先制攻撃をしたとしても、キューバのミサイル基地壊滅には至らず、ソビエトの核の報復攻撃を受けることになる、という分析結果だった。

 

それを聞いたケネディは、決断した。

 

『核攻撃はしない。ルメイの作戦は却下する。』

 

 

その後も水面下でなんとか妥協点を探る中、

ギリギリでソビエトが譲歩した。

 

 

1962年10月28日

ソビエトがラジオでミサイル撤去を発表。

米国のトルコミサイル撤去と、

キューバへの軍事侵攻をしないという条件付き。

 

 

そして、全世界が救われた。

 

 

それはひとえに、当時の大統領がJFケネディだった事と、

ベンコフスキーのスパイファイルがあった御陰だったと思う。

 

 

この動画を見た時、本当、首の皮一枚で

今の私たちや全人類の命が繋がってたんだと思った。

 

 

マジで鳥肌立った。

 

 

もしルメイの進言をそのまま採用していたら、

今頃、私たちはどうなっていたんだろう……。

 

 

そして結果的に世界を救ったスパイ、ベンコフスキーは

KGBに拘束、処刑された。

 

その1年後、ケネディは暗殺される。

 

彼は政府紙幣を発行しようとしていたし、マフィアとCIAの取り締まりも強化、

軍事予算も削っていたし、核戦争も始めなかった。

 

 

もしかしたらマフィア、軍産複合体、CIAからはかなり邪魔だったのかもしれない。

暗殺事件後、数年間で32人の目撃証言者が変死している。

 

機密文書開示もなぜか2039年と長く設定されている。

 

 

ちなみに先日のニュースで、アメリカのオバマが『核の先制不使用』(核を自らは使わない約束)を検討しているとニュースがあったけれど•••

 

 

世界で唯一、核爆弾を落とされた国、日本の首相の安倍氏が

その先制不使用に反対するメッセージを送っている。

 

首相、核先制不使用に反対、米に伝達 米紙報道

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016081690135540.html

 

ワシントンポストが報道した内容。

これは、、、、、壮大なギャグなのか、、、、?

 

(追記。安倍氏は最近、この報道を否定したらしいですが、二枚舌の彼なので何が真実かはわかりませぬ)

 

 

<民間人300万人を虐殺したベトナム戦争>

 

その後継者、ジョンソン大統領はベトナム戦争を推し進める。

北ベトナムはソ連。南ベトナムはアメリカ。

 

ベトナムで行われる、ソ連とアメリカの代理戦争。

 

北ベトナムの共産主義思想が

アジア全土に広がることを恐れたアメリカ。

 

CIAと軍部が手をくんで、

共産主義者を南ベトナムから一掃しようと、罪のないベトナム市民を拷問、虐殺。

 

作戦名は『フェニックス作戦』

 

その元で虐殺された民間人、2万人。

共産主義者が潜むとされた村は、全て焼き払われた。

 

そして北ベトナムに落とした爆弾255万トン。

太平洋戦争で日本が受けた爆弾が13万トンだから、まさに鬼畜としか言いようがない。

 

 

その残酷さに世界中がベトナム戦争に非難の声をあげた。

 

 

ジョンソン大統領とFBI、CIAは、ベトナム戦争に反対する者を

『共産主義の陰謀』とみなし、国内でも徹底的に監視、盗聴、脅迫した。

 

 

アメリカで共産主義を徹底的に摘発する『赤狩り』

魔女狩りのように共産主義者を摘発、逮捕する。

 

 

共産主義者とデマを流された、

マーティンルーサー•キング牧師は暗殺された。

 

反ベトナム戦争を唱える最も影響力のあるアーティスト、

ジョンレノンも暗殺された。

 

 

当時、ハリウッドの俳優連名の中で、

次々に『反政府主義者』『共産主義者』を摘発していた売れない俳優がいた。

 

FBIのスパイでもあった彼の名前は、後のアメリカ大統領

『ドナルド•レーガン』

 

レーガンは後に大統領就任と共に軍事費を増大、

軍備をどんどん拡張していく。

 

 

話は戻り、まさかの南ベトナムが陥落。

アメリカが始めた戦争に、アメリカが負けた。

 

ベトナム人死者、300万人。

アメリカ兵死者、5万8千人。

 

 

そこに残ったのは、大量の武器と死体と憎しみだけ。

 

動画ではCIA職員さえも、ベトナムに行ってみて、

自分達がやっていることに疑問を持ったという。

 

 

そして戦地はアフガニスタンへ。

ソ連とアメリカの代理戦争が場所を変えて繰り返される。

 

 

その頃、CIAの軍事訓練を受けていたのが

『オサマ•ビンラディン』

 

 

ちなみに彼は911の時、ブッシュに敵だと名指しされたが、

彼らは同じ石油会社(アルプスエナジー社)の株主。

 

ビンラディンの兄はイランイラク戦争の時にアメリカからイラクへ武器をおろし、

米国もビンラディンの兄も共に儲けていた。

 

 

CIAはベトナム戦争での作戦や、政府要人の暗殺、

国外で金と武器をまいてクーデターをくわだて政権を転覆させたり(内政干渉だね)

 

その事の責任を米国議会で問われることになった。

 

 

イランでCIAが100万ドルの金と武器をバラまいて、政権を転覆させ、

石油利権の4割をアメリカの石油メジャーが取っていった話は、

私のセミナーでも別資料でやっている。

 

 

ざっと内容をまとめたけれど、本当に、

知らないことってすごく怖いと思った。

 

 

東西冷戦時代、まさか沖縄に核爆弾が1000発以上も配備されていた事、

もしもルメイの作戦が採用されていたら、

ベンコフスキーの情報がなければ、

 

核戦争が勃発して、北半球が壊滅していた事……

 

 

当時、どれだけの日本人が知っていたんだろう。。。

 

まさに私たちの命は、首の皮一枚で繋がっていたんだね。

 

 

そして上に書いた『盗聴、盗撮、監視、拘束、逮捕』

これが日本でも刻々と準備されつつあること。

 

 

もうすでに法律も整えられ(秘密保護法)

元CIAのスノーデンが日本について、かなりの警告をしていること。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160822-00049507-gendaibiz-bus_all&p=1

 

今、どれだけの日本人が知ってるんだろうか。。。

 

 

国民が知らないうちにどんどん法律を作り、

時にはねつ造してでも戦争の理由を作り出す。

 

なぜなら、利権も入るし、儲かるから。

これが軍産複合体が戦争をやりたがる理由。

 

 

でも日本の安倍内閣や日本会議は『日本の国際的メンツ』の為に

沢山の法律を整える。憲法も改正する。

 

そんな中二病みたいな人たちが、

軍産複合体の狡猾な思惑に、勝てるわけがないと私は思う。

 

 

そしてそんなことが刻々と進んでることも知らない、多くの日本人たち。

 

 

何を、誰を、支持するかは別として、

一人一人が日本の現状に気がつかないと、マジで手遅れになるよ。

 

 

とにかくこの動画は一見の価値があります。

表で習う歴史ではなく、その裏で政府が秘密裏に何をやっていたか。

 

 

歴史や世界の仕組みをわからない人も見れば、かなりわかるように作ってあります。

拡散してください。

 

NHKドキュメンタリー

新・映像の世紀 第4集 世界は秘密と嘘(うそ)に覆われた 


 http://www.dailymotion.com/video/x3o82pr_the-century-of-pictures-new-version-vol-4_news

AD