いのち

テーマ:

命の使い方について

 

 

日野原先生は105歳でも

精力的に全国を講演され

子供たちに命の授業を

されていますがその映像を

たまたま見る機会がありました。

 

 

「命とは何だと思う?」という

先生の問いかけに対し、子供たちは、

「心臓が動いていること」

「脳が働いて考えること」

「生きていること」と答えました。

 

 

先生は

「命とは1人1人に与えられている時間」なんだよ。

 

だからその大切な命(時間)を

自分のためだけに使うのではなく、

与えられた命を少しでも

他人のために使ってほしい。

 

そんなことを話されてます。

「命は人のために何かをする時間なんや」

と認識すると自分が生まれてきた意味、

自分が生きている意味が 

腑に落ちる気がします・・・・

 

 

 

私たちの命=時間を他人のために

精一杯使いたいと思います!

 

 

 

というわけで皆さんを元気づける

私たちの1周年復興支援イベントは

 
{60EDEE8C-833E-4B63-AAD7-9ED30662DBC1}

初めての広安小でのイベントは

大阪本場たこせん、綿菓子、

ポップコーン配布 

そして小さな子供たちへの

バルーンアート(もちろんプレゼント)  

不思議なマジックショー

など盛り沢山なのです。

 

 

本日からチラシ配布しますので

ぜひともご参加ください。

すべて無料ですよ(^^♪

 

AD