NHK教育で月曜夜10時25分~50分までの25分番組「極める!」
5月31日から4週連続で「石井正則の珈琲学」が放映されています。

コーヒーの豆知識の集大成のような番組となっていますが、
今日(6月14日)放映の第3回は「コーヒーで健康に!?」というテーマで、
コーヒーと健康に関係する内容が紹介されていました。

健康への影響も気になりますけれど、
やはり気になるのは、コーヒーのダイエット効果ですよね(笑)

某あるあるでもコーヒーダイエットの紹介がありましたが、
この番組で紹介されていたコーヒーダイエットの方法は、

(1) 飲んでから1時間後に運動
(2) かならずブラックで飲む

番組中では石井正則さんが実際にコーヒーのダイエット効果検証実験の被験者となり、
効果を体感されていましたが、
60kg台の石井さんの体重で、飲んだコーヒー量が約300ml。マグカップ1杯分くらい。
使用したコーヒーのカフェイン含有量によっても多少の違いはあると思いますが、
コーヒーカップ1杯が150mlくらいですから、けっこうたっぷりな量ですね。

飲んでから1時間くらいで体内に吸収されるとのことで、
実験では飲んでから1時間は安静に(じっとして動かず)、
1時間後からトレッドミルを使って運動開始して検証しておりました。
そして、コーヒーを飲んだ時の方が、運動でのダイエット効果(脂肪燃焼促進効果)があるとの結果に。

重要なのは、コーヒーを飲んだだけで痩せるわけではないということ。
コーヒーを飲んだ後に運動すると、そうでない時と比べて「より効果がありますよ」ということです。
この辺の誤解のないよう、自分のダイエットにうまく利用していきたいものですよねw

■参考リンク

以下の4つの記事は、
某あるあるで紹介されたコーヒーダイエットとそれに関係した話題などをまとめたものです。
今回のコーヒーダイエットとまったく同じわけではありませんが、何かの参考にしてください。

コーヒーでダイエット効果アップ!押さえておくべきポイント
コーヒーで痩せる?効果的な摂取方法5つのルール
コーヒーで痩せる?効果的なのはインスタント?レギュラー?
コーヒーダイエットの効果が出にくい要因

以下の2つの記事は、おもにカフェインのダイエット効果についてのものです。
カフェインが関係するコーヒー以外のものとして防風通聖散をあげて言及しています。

肥満に効く薬?
カフェインのダイエット効果と防風通聖散

AD

今回の「揚げ物三昧ダイエット」 に併用するのは,コーヒーです.(^^;

もともとその他のサプリメントは,プロテインとビタミンCくらいしか摂っていないのですが.

ダイエットサプリメントであろうと,ふつーのサプリメントであろうと,

ダイエットや健康の「補助」的なものであることに変わりはありません.

通常のダイエットサプリメントの位置付けは「健康食品」.

吸収率,利用能,過剰摂取時の問題など...いろいろありますが,しっかりとデータをそろえて公開していないものが多いので,頼り過ぎは厳禁ですよね.


さて,今回併用するコーヒーも,過去にあるあるでダイエット効果がある!(「あるあるコーヒーで痩せる?効果的な摂取方法5つのルール」 )と放映されてはいます.

カフェインとクロロゲン酸による脂肪燃焼効果がダイエットに効果的だというものですが.

カフェインは脂肪燃焼促進作用のほかに利尿作用があるので,水分貯留によるむくみの対策にも効果があるかも.

カフェインとクロロゲン酸の相乗効果によるダイエット効果も期待はできますが.

これもダイエットサプリメント同様,あくまでも補助的なもの.


「コーヒーを飲んだだけで(食べ過ぎと運動不足の生活を送り続けても)痩せる」


というものではありませんよね.

というわけで,わたしの方もコーヒーを併用するとは言っても,

あくまでも補助,効果が少しであればいいな~程度の扱いになります.


コーヒーのいれ方,飲み方は以前にあるあるで紹介されたもの.


■浅煎りのものを 80~90℃でいれる

■ホット&ブラックで飲む

■3~4時間おきに飲む

■食後,入浴前に飲む


コーヒーはインスタントでもレギュラーでも効果に大差はないようですが,

お気に入りの「やくもブレンド」を利用します.

ダイエットに効果的...ということはとくにはありません.単に好きなコーヒーだというだけ.

苦味と酸味が少なく,香り高いコーヒーなので,コーヒーが苦手な人にも飲みやすいかも.

あるあるでダイエット効果が高いコーヒーとして紹介していた「マンデリン」&「ハワイアンコナ」の浅煎りは,いまだにセット商品(「あるある珈琲豆セット大好評につき100セット追加!」 など)がありますが,苦味と酸味が強いのでコーヒーが苦手な人には不向きかも.


ダイエットコーヒーというダイエット商品もいろいろと出ていますよね.


■ダイエットコーヒースリム
■スリムバランスコーヒー
■「美」スリムダイエットコーヒー


低インシュリンダイエットを強力にサポート!! ダイエットコーヒースリムお試し 食後にコーヒーを飲むだけで 簡単デトックス!スリムバランスコーヒー     コーヒー専門店が作った 「美」スリムダイエットコーヒー

以上のダイエット商品で実際に使ったことがあるのは,美スリムダイエットコーヒー.

ティーパックでいれられるコーヒーなので,ドリップよりは使いやすいですね.

わたしの場合は利尿効果抜群でした.ここらへんは個人差あるかもしれないけれど.本当はだんなにコッソリ飲ませようと思っていたんですけれど,あまりの利尿効果のためバレそうなので断念.

減量効果については,これのおかげだけで痩せたのかどうかは不明.


ダイエットコーヒーを利用してもいいとは思いますが,劇的な効果は期待しない方が無難かも.

ダイエットコーヒー,ダイエットコーヒーのサプリメントを利用する場合でも,徐放性でないかぎりはカフェインの効果は3~4時間程度,食後・入浴前服用が効果的,ということには変わりはありません.

それぞれの商品の使用上の注意をよく読んだ上,効果的な飲み方が利用可能であれば,取り入れてください.

また,喫煙によってカフェインの代謝酵素が誘導されます.

(=喫煙で,カフェイン効果が体内からなくなりやすくなる)

スモーカーの場合は,コーヒーやカフェインによるダイエット効果が弱くなる可能性がありますので.


■関連記事

「あるあるコーヒーで痩せる?効果的な摂取方法5つのルール」

「あるあるコーヒーで痩せる?効果的なのはレギュラー?インスタント?」

「コーヒーのダイエット効果が出にくい要因」

「あるあるコーヒーで痩せる?!効果的な摂取方法5つのルール」 の記事にもちょこっとだけ書いてあることなのですが...


コーヒーのダイエット効果,出る!という人,出にくい!という人,いろいろいると思います.

コーヒーによるダイエット効果の出やすさ,その他の食生活などが影響してくるので,個人差があるのは当然ですが.

個人差以外にいくつかダイエット効果が出にくい要因が考えられます.



■ 喫煙


タバコを吸っている人は,コーヒーによるダイエット効果は出にくいです.

理由は簡単.

喫煙者の方が非喫煙者よりもカフェインの代謝が亢進しているから.

カフェインを代謝する=カフェインを効果のない物質に変えるということ.

カフェインの代謝は,喘息の治療薬テオフィリン(商品名:テオドール)と同様,チトクロームP450のサブタイプCYP1A2が行っています.

CYP1A2は,喫煙によって誘導されますので,とうぜんカフェインの代謝が促進して効果が出にくくなるという結果に.

コーヒーのダイエット効果は,カフェインとクロロゲン酸が関与していますから,カフェインの効果が出にくくなれば,ダイエット効果も出にくい...ということになりますよね.


そういうわけで,タバコ吸っている方は要注意.



■ コーヒーを常用している


コーヒーを常用しているから,効果が出ないということはありませんが.

「すでに効果が出ている状態」にあるので,「それ以上の効果が出ない」...ということは有り得ます.

コーヒーを常用している場合には,コーヒーの飲み方の見直しと,その他のダイエット方法の見直しを.


カフェインに耐性ができているから,ダイエット効果が出にくい...

という意見には疑問が多いと思います.


カフェインの耐性については,組織耐性,代謝耐性はないとする意見,アップレギュレーション(受容体増加)よる感受性変化による耐性が生じるとする意見など,さまざまな意見があること.

またそれらの意見はダイエット効果に関係する脂肪遊離促進作用に対する耐性として調査していないこと.(眠気予防効果に関係する神経興奮作用に対して耐性が生じているかどうか...なので)

カフェインのアップレギュレーションによる耐性獲得は1週間程度であるので,それならば「あるある」での2週間コーヒーを飲んだ実験でも,すでに耐性が獲得されている状態であること.

コーヒー以外にも,緑茶,紅茶などいろいろなものにカフェインは多く含まれているわけなので,コーヒーを飲んでいないからカフェインに耐性がないとは言いがたいこと.

などなど.



■ 燃える脂肪が少ない or 少なくなってきた


コーヒーは,カフェイン&クロロゲン酸の相乗効果で,

脂肪遊離促進,脂肪燃焼促進して,痩せやすくなるというものですけれど.

無限に脂肪遊離促進,脂肪燃焼促進するわけではないですよね.

余計な脂肪が少なくなれば少なくなるほど,今度は体の方が脂肪が落ちにくくなるように働いてきますから.

そういう面からも,コーヒーを飲んでもダイエット効果が出にくい,ということもありそうです.