「自炊を諦めた3食外食派は -80kcalでスローダイエット」
http://beautystyle.jp.msn.com/dietfitness/feature/bijin_body/revengediet/throw/default.htm

http://beautystyle.jp.msn.com/dietfitness/feature/bijin_body/revengediet/throw/default.htm

外食より自炊で低カロリーな食事を心がける方が、痩せやすいということはありますが、
仕事やその他いろいろなことで毎食自炊が難しい場合もありますよね。
それどころか毎食外食になってしまう場合だってありえます。
朝食くらいは自炊したいものですけれど、出張中の場合は完全にムリですし。(-"-)

ただ、外食やコンビニ弁当だと痩せられない、カロリーコントロールができない、というものでもありません。
最近は、外食メニュー、コンビニ弁当などにカロリーが表示されているものがふつう。
上手に利用すれば、外食だってカロリーダウンは可能です。
とはいえ、極端に量を少なくする、というのでは辛いですし続きにくいもの。
ここでは、続きやすい、そしてムリのないカロリーダウン目安として、
「1食-80kcal」と提示したスローダイエットを紹介しています。

1食-80kcalなので、1日では240kcalのダウン。
食事置き換え型ダイエット食品の低下カロリーさと比べると、
大したことないように感じるかもしれませんが、
この程度のカロリーカットであれば空腹感も感じにくく、続けやすいというのが最大の利点。

食事量の場合、ムリなく減らせる目安が「食事の1~2割」になりますが、
この1~2割をカロリーで考えると、
2000kcal食べていたのを1600-1800kcalくらいにし、
1日200-400kcalのカロリーダウンをするということになります。
(必ずしも、食事量=カロリーではありませんが)
この1食-80kcal、1日で240kcalダウンもムリなく減らせる範疇に入っていますよね。

さらに、「80kcalくらいなら、ちょっと頑張れば減らせそう」、
そんな気持ちにさせてくれる数値でもあります。
ムリなくちょっとだけ頑張る、そして続ける、それでOKですからストレスもたまりにくいです。

難点は、減量ペースはゆっくりであることと、
もとから食事量が少ない人や低カロリー食を続けている人には使えないこと。
即痩せタイプのダイエット方法ではありませんし、
もともと低カロリー食である場合はさらなる摂取カロリーのダウンを狙うより、
消費カロリーアップをした方が効果があがりやすいですから。

実際におこなうときに、どのくらいが80kcalなのかについては、
上記リンク先でも紹介されていますが、
糖尿病食事療法のための食品交換表第6版 」を利用すると便利ですよ。

注意:
食品交換表はWebサイトでも数値を公開しているところもあります。
現在販売されているのは第6版ですが、
こういったWebサイトは第5版を参考にしているところが多いです。
(第5版のときに作成し、データを第6版に変更していないだけだと思いますが)
データが新しくなり、第5版と第6版では数値が異なる食材もありますので、
その点を理解した上で参考にしてください。
AD
つぎにゼロカーボ。

「低GIダイエットより効果的 1日1回ゼロカーボ食にチャレンジ」
http://beautystyle.jp.msn.com/dietfitness/feature/bijin_body/revengediet/0carbo/default.htm

http://beautystyle.jp.msn.com/dietfitness/feature/bijin_body/revengediet/0carbo/default.htm

言ってみれば、ゼロカーボ=炭水化物(糖質)ゼロ=炭水化物抜きダイエット。
こちらは、従来の炭水化物抜きダイエットではなく、
糖質制限食ダイエットをアレンジして紹介しているようです。

糖質を減らすことで痩せる理論については、紹介されているとおり。
糖質を減らさないと絶対に痩せない・・・というものでもありませんが、
糖質を食べ過ぎている人にはより効果的なダイエット方法です。

ここでは1日1回だけゼロカーボ食。1日1回だけとうのがミソ。
1日1回、できれば夕食にゼロカーボですが、ムリなら朝食でも昼食でも可。
(1日1回ゼロカーボのルールや気を付ける点などは、リンク先を参照してください)
炭水化物がどうしてもやめられない、
まったく炭水化物を食べないのは耐えられない、続かない、
そんな場合でも1日1回だけの我慢ならムリなくできますよね(笑)

とはいえ、残り2回の食事で羽目を外しすぎてはNGですが。。。

続きです。

まずは、14品目食事法。

『食事日記は面倒でダメ!そんなあなたも
 「14品目食事法」で低カロリーバランス食を簡単に実現』

http://beautystyle.jp.msn.com/dietfitness/feature/bijin_body/revengediet/14items/default.htm

http://beautystyle.jp.msn.com/dietfitness/feature/bijin_body/revengediet/14items/default.htm

14品目食事法は、食材を14種類食べるというものではありません。
すべての食材を14分類し、すべての分類の食材を1日の中で摂取するというもの。
14品目の分類については、
http://beautystyle.jp.msn.com/dietfitness/feature/bijin_body/revengediet/14items/it02.htm
を参照してください。
ルールはありますが、細かく食事記録をつける必要なし。
14品目を摂ったかどうかチェックしていくだけ。
Yahoo!ビューティーのダイエットダイアリーの栄養バランスチェックでも、
似たような効果が得られるかと思います。

この食事法。
食事日記やレコーディングダイエットが続かない人だけでなく、
食事日記やレコーディングダイエットで行きづまった人にもオススメの方法です。
食べた物を記録するだけで効果がある、食事日記、レコーディングダイエットですが、
難点は面倒なこと。

14品目食事法は、細かく食事内容をメモする必要がないので、
食事は大雑把に把握しておくだけでOK。
食事にどういった分類の食材が入っていたかをチェックすればいいので、
1日の終わりにその日の食事を思い出してまとめてチェックすることも可能です。
記録が簡単で、なおかつ、栄養のバランスチェックもできますから。

食事日記をつけているだけ、カロリー計算だけ、のケースが多いですが、
自分の食事の傾向や、偏りはなかなか把握できません。
食事日記とあわせてこの食事法を行えば、栄養バランスのチェックも行えるので、
さらによりよい食事へと変わっていけると思います。

Yahoo!ビューティーのダイエットダイアリー
http://dietdiary.yahoo.co.jp/guide/
も、同様に栄養バランスのチェックもできる機能付き。
良く食べている品目は大きなイラスト、あまり食べていない品目は小さなイラスト、
目で見てぱっと分かる仕組みになっているので、こちらも使いやすいです。
(14品目食事法と分類やルールは多少異なります)