Drummer MASEEETA(ドラマー・マシータ)

Facebookページも宣伝
2015-05-07 23:58:01

最高のふたり『松千』と再会〜共演するよ!

テーマ:音楽
ここではごぶさたしてます、マシータです!


来る 2015年5月17日(日)に、渋谷の老舗であり伝説のロックBarB.Y.Gにて、自分が最高にリスペクトするアコギ&ヴォーカルデュオ松千のワンマンライブに、ゲスト出演させてもらうことになりました、、、この共演、本当に光栄で、超絶楽しみにしてまして、


九州は長崎・佐世保が生んだ、女性Vo.&男性Gt.デュオの『松千』はね、もうホントかっこいいんだよとしかいいようがないんだけど、

少しだけ補足すると、ロックやブルーズ、ジャズやソウルなどをルーツにしながら、日本の歌謡やフォーク、ポップスをもがっぷりと飲み込んだ、ヴォーカル:花田千草と、ギタリスト:松本健太の2人による、最高に素晴らしい音楽グループ。

デビュー時からその実力が評価されフジロックへの出演を果たしたり、2006年にはサウンド・プロデューサーに亀田誠治氏を迎えて楽曲制作をし、グループとして新境地を見い出した『Hello Friend』『ライト』など多くの名曲が生まれ、

時には、ジャニス・ジョップリンのように熱く激しく、一方では、正当でまっすぐなポップミュージックをも体現することが出来る、聴く者をさまざまな角度から魅せてくれる素晴らしいアーティスト、それが自分の 松千 の印象。



そんな彼らとのそもそもの出会いは、もう10年以上も前の話で、


自分が加入していたBEAT CRUSADERSがデビュー直前、2004年の夏、彼らの地元である長崎のライブハウスでのイベント出演時に対バンしたのが、最初の出会いだったんですが、


彼らの代表曲でもある『ショー』の演奏が始まった途端、何だこれはと。こんなすごいアーティストが日本にもいるんだと。自分の中でそんな衝撃と興奮が駆け抜けたのを、今でも本当によく覚えていて、


そんな音楽的衝動をくらいながらも、その後彼らと再会することもなく、10年の月日が流れることになってしまうのですが、


再会のきっかけは、去年秋にシンガーソングライターの ヨースケ@HOME がセッティングしてくれた、とある野外イベントに向けてのスペシャルバンドで、そこにヨースケが松千や自分を呼んでくれて。ただ、そのイベントは悪天候のために残念ながら開催されず、バンドもリハーサルを重ねつつも、本番を迎えることが出来なかったんだけどね。


そんなこんなの経緯がありながら、今年でデビュー10周年を迎える松千が、今年の活動の新機軸のひとつである、この彼ら主催のライブイベント『スピリットムジーク』に、ゲストで自分を呼んでくれることになった、というわけでした。


いやー、、去年秋のライブがやれなかったのはホント悔しかったけど、再会させてくれたヨースケにホント感謝だわ。。。


そして先日、松千と本番の会場である渋谷のB.Y.Gさんで、初リハーサルをしてきたので、ここでその模様をアップしとくよー。


3人


千草


マツケン














千草POWER

マツxマシ2


そして次回リハーサル、5/12(火)の夜は、会場から生配信、俺たちの演奏を見せちゃうかも!? なんて試みも考えてるので、ぜひ見てもらえたらと。まぁ何より、本番の5/17(日)に観に来てちょうだい。


あと、イベントの告知ムービー!




ぜひともヨロシク!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
子連れドラマー、マシータさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み