そんな日もあるさ

マスケロン(私)の喜怒哀楽、日常のイロイロ。

2010年10月より、イタリア&旅行関係は「La mia Tasca-マスケロンのポケット-」http://mascheron.at.webry.info/ に移動しました。

マスケロンの表玄関は、右のサイドバー
「AL MASCHERON」になっております。
ここは、その中の日記です。

2010年10月より、イタリア&旅行関係は
に移動しました。
UPはなかなか・・・だけど。

テーマ:

去年からだったかしら?

この橋が渡れなくなったのは・・・

多分二の丸の修復工事だと思うけど、あと数年はキープアウトのハズ。

なので、銀杏の木も遠くから眺めるしかない。

 

この高校の、春の桜と秋の銀杏が好きだ。

 

そんなこんなで、夕方帰ると室内の様子が変。

棚の調味料が落ちてたり、お風呂場の排水溝の目皿がズレてたり。

 

地震?

いやいや、このくらいのコトが起こる震度なら私も感じてるはずだし、もっと別のものが落ちててもいいハズ。

 

と・・・

な、なにぃ~~~!?

 

明日の朝のパンがっ!

 

 

もしかして排水溝から侵入した?

なんて色々考えてたら、私の部屋でゴソゴソと物音がした。

 

しかもタンスにも入り込んだ形跡が見つかった。

服の上には噛み砕いたパンと、その上には糞のようなゴマ粒ほどの黒い物体。

ヤバイ!

その上の、いつも開けっ放しにしている作り付けの戸棚を閉めて・・・

 

しばらく物音がしたけど、今は息を潜めている。

その部屋で、これから寝るんだよね~・・・。

 

Who are you?

 

ネズミか?

イタチか?

 

恐怖の夜。

明日は早起きしなくちゃいけないのにぃ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は・・・

 

母の代わりにお赤飯を作り、

 

抹茶を頂き、

 

母の代わりに近くの温泉に行った。

 

そして献杯。

 

 

気がつけば、もう15年も経ったんだね。

 

私はまだ何も報告が出来ない。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

天気は崩れそうもないと判断し、墓参りへ。

母方のお墓(両国)とは間逆の山間部なので、交通の便がとんでもなく悪い。

 

洗濯をしていたら9時台のバスに間に合わなくなり、次の12時過ぎのバスに乗る。

ウネウネした山道の、道の終わりまで

 

バス停から小走りで山を上り、チョコっとお墓の枯葉を取り除き、花を供えて参拝。

17分後の駅行きに乗り遅れたら、次のバスは3時間後。

写真を撮る余裕もなく、ただひたすら下る。

・・・ウソ。

2枚だけ撮っちゃった。

ので、危うく乗り遅れるところだった。

ふう~・・・。

 

そして車内から撮影。

山あいから抜け出たー!

 

この間、叔父の葬儀をした斎場を通り

 

もうすぐ駅

 

歌の文句じゃないけど、そこにアナタたちはいない。

アナタたちの魂は。

「会いに行く」と言うより、墓参りという行為が目的のような気がする。

それで自分の気が済むような、そんな感じ。

 

墓参りをするたび、先日亡くなった友達を思い出す。

墓の冷たさが好き・・・だって。

 

帰りに久しぶりにMIRAIでランチ。

今日のランチパスタ(サラダ、スープ付)は生ハムと蕪のオイルパスタ。

ちょっとショッパかったかなぁ・・・。

 

昨日の夜から喉が痛い。

今朝から鼻水も少々。熱はなし。

ヤバいも?と、べっ甲飴をひたすら舐めている。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は新木場で「お別れの会」が行われた。

 

最後のライブ、みたいな。

そんな感じ。

やっぱZEROで取り上げたね。そりゃ、そうだね。

 

あー、やっぱ行きたかったなぁ。

と思いながら、ロンドンのライブの写真を見ていた。

まだ平井君が叩いてた頃、JOYRIDE発売直後の頃。

 

この頃は、まさかこんなにBIGになるとは思ってもいなかった。

まして、20周年を迎えられないなんてことも。

 

でも、キミの歌は・・・声は永遠に残る。

 

私は・・・父親の声を覚えてない。

父との手紙のやり取りや写真は大切な思い出だけど、悲しいかな声だけは、どうしても思い出せないのだ。

だから、父を思い出す時にいつも完全じゃなく、それは無くしてしまったピースなのだ。

 

そのせいかな?

実は声に敏感な私。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

月曜日に頂いたアジ。

お隣のご主人は釣りが趣味のようで、年に必ず一度は大漁のおすそ分けに預かる。

ここんとこ肉のメニューが続いたので、これはグッドなタイミング!

しかも、いつも小アジ。

もちろん好物のアジの南蛮漬け。

この日は買い物に行かなかったので、あり合せの野菜(玉ねぎとピーマンとセロリ)で。

もっとも、人参は高いのでスーパーに行っても買わなかったけど。

お酢と味醂と砂糖、塩。

こういう時、ダシ入りのお酢が便利なのだわ~♪

 

常備菜だけど、3日もあれば食べつくしてしまう、んまい一品。

 

ただ・・・ここんとこ寒い日が続いたので、ぶっちゃけ温かいものが食べたかった。

鍋の季節だというのに、白菜が1/4カットで198円!
大根1本398円!

 

信じられない高騰ぶり。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8年前、初の黒人大統領誕生という劇的な日に、アメリカ国内も日本も、世界中が沸いた。

そして今日、実業家の大統領誕生という(しかも、よく分からんスケベなオッサンという)ショー劇的(衝撃的)な結果となった。

果たして、メキシコの壁は作られるのだろうか?

沖縄から基地は無くなるのだろうか?

 

慌てず騒がず、わが国は我が道を行こう。

 

ということで、先月から溜まっていたメニューは、奇しくもアメリカの家庭料理。

いやいや、正確に言えばアメリカ料理を中華風にアレンジしたもの。

しかもスペアリブw

 

そういや賞味期限が危ないな、と、後から足した大豆でポークビーンズ。

 

それから・・・

かれこれ四半世紀前から「シアワセの食べ物」と呼んでいる、チキンガンボ。

まあこれも正確に言えば「クレオール料理」なんだけどね。

吉祥寺のソウルバーで初めて食べて衝撃が走った。39度の熱が出た時でも「ガンボを食べて体力つけなきゃ」と、フラフラになりながらも店に行ったこともあった。

丁度、母が入院してて看病の毎日だったんだよね。

だから、どうしても早く回復しなきゃいけなくて、真っ先に浮かんだのがガンボだった。

ソウルバー、ライスンのガンボ

 

今となっては簡単に食べにいけないので、先日Y子さんに作り方を聞き、作ってみた。

家にあったのが粉末のクローブだったり、カイエンペッパーがなくて一味唐辛子で代用したので忠実に作れなかったけど、初めてにしては上出来~!

スパイスで味の確認。有り合わせの野菜を入れて(オクラなし)

 

 

本番!

 

最後はジャスミンライスを添えて

 

無くなるのが悲しくて、お水を入れてはスパイスを入れて又作り、の繰り返し。

シアワセな数日間だった♪

 

家庭料理だから、それぞれ味の好みはあるけど、吉祥寺の店を超えるガンボはないと思う。

ロタ島で食べたシーフードガンボより断然!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ひえ~、大変なことになっちまったね。

ジョーカーも上手く使わないと、とんだことになりかねない。

 

と、アメリカの今後に目を向けながらも、やはり気持ちは食べ物に。

 

こんにゃくのお惣菜。

常備菜のつもりが、2回で食べきってしまった。

豚バラと玉ねぎとゴボウの炒め煮。

オイスターソースを加えて、ちょっと中華風。

 

それから、油揚げとゴボウの炒め煮。

右側は胸肉の味噌漬け、奥に柚子風味のべったら漬け。

ちぎって煮物にすることが多いけど、この切り方も案外歯ごたえがあって、又宜し!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

放置状態のまま、11月に突入。

先月下旬には色づいていた、市街地の紅葉。

 

 

私がウカウカしてても、ちゃんと秋はやってくる。

 

秋はカラフル。

 

だから人間はシックな服を着るのか?

ていうか、もう冬支度だ。

その前に、もう少し秋の色を楽しみに出かけようかな。

でも・・・最近市街地にもイノシシが出没しているらしい。

隣の畑の作物を食べられたとか、お堀を泳いでいたとか・・・二の足を踏んでしまうな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さてさて、パイナポーとくれば、やはりアポーでしょう。

1ヶ月前、短大の友達から届いた地元のワイン。

練馬にワイナリーがあったなんて驚き!

この小さい瓶は山葡萄のワインで、とても面白い味だった。

しっかりと葡萄の味がするけど決してジュースではなく、ちゃんとお酒(ワイン)としての存在感もあり。

俗に言う「フルーティー」の一言では片付けられない、不思議なワインだった。

 

フルボトルのメルローで何を食べよう・・・

と思っていた時に、スーパーで見つけた紅玉。

ウチのスーパーでは滅多に見かけない、紅玉!

本当は青リンゴがいいのだろうけど、今回は紅玉でイタリアン。

マイアーレ・コン・レ・メーレ

豚肉とリンゴの煮込み。

炒めて煮込むだけの、簡単で美味しいフィレンツェはメディチ家の一品。

 

本来はリンゴの形を崩さないように煮込むのだけど、私はもう少し崩れたほうが好きさ。

 

アポーペンをイタリア語で言うと

メーラ~ペンネ・・・なのか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

そうそう、このお土産。

仕事・その2の大学生クンの台湾土産。

 

私の台湾の食の思い出と言えば・・・

ラーメンというものが存在しない。

お粥が美味しかった。

スイカと大根餅も。

ウーロン茶も美味しかったな。

 

日本食もあり、テイクアウトの(巻)寿司屋さんもあったりして、お昼ご飯にと買った。

ところが・・・

買った量とパッケージの大きさが合わなくて、何度もパッケージを替えて詰め替えていた。

日本の巻き寿司とは少し違い、中に海苔があり、一番外側には白胡麻がまぶしてある、いわゆる裏巻きのようなものだった。

そのため、パッケージを替える度に彼女の手には胡麻とご飯粒がくっつき、見ているこっちとしては・・・あう~!!!

日本では有り得ない行為。

 

夜市の屋台も、埃っぽくて・・・あう~!!!

な台湾。

初海外旅行だった。

 

だから、リベンジ(リピート)したい台湾でもある。

今は、どうなっているかな?と。

 

そんな時に貰ったお土産がパイナップルケーキ。

へぇ~、こんなのあったんだー。

確かにフルーツは美味しかったもんね。

このお土産も美味しかった。

 

土鳳梨酥。

調べたら、土は「昔ながらの」という意味だそうで、鳳梨酥はフォンリースーと発音するらしい。

昔ながらのフォンリースーというのだから間違いない!

何が?というと、パイナップル100%の本物とパイナップルと冬瓜を混ぜたものと、冬瓜だけの偽物があるとか。

この事実は食べたあとで知ったので、繊維質云々なんか気にせず食べたけど、「土」がつくんだからパイナップル100%だろう。そう信じたい。

パッケージにも創業1908年と書いてあるんだから、信じようじゃないか。

陳允寶泉―CHEN YUN PAO CHUAN―

 

台湾リベンジの際には、お土産にしたい一品。

もう少しグレードアップした、小ジャレたのを買うかも?だけどペンは刺したりしないよ。

パイナッポーケーキ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。