そんな日もあるさ

マスケロン(私)の喜怒哀楽、日常のイロイロ。

2010年10月より、イタリア&旅行関係は「La mia Tasca-マスケロンのポケット-」http://mascheron.at.webry.info/ に移動しました。

マスケロンの表玄関は、右のサイドバー
「AL MASCHERON」になっております。
ここは、その中の日記です。

2010年10月より、イタリア&旅行関係は
に移動しました。
UPはなかなか・・・だけど。
NEW !
テーマ:

今年の砂像の国はアメリカ。

 

これもトランプさんを意識してのことでしょうか?

 

小学生の頃はニューヨークに憧れていた。

ミュージカルや夜景の美しさに、異国への憧れが止まらなかった。

 

それから・・・

中学に入り、その憧れはヨーロッパに。

それは今でも変わらない。

これからも。

 

それと、この砂像を見に行くかは別問題だけどね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

なんか久しぶりの気がする。

こんなお昼ご飯は。

 

最近は面倒臭いと思ったり時間がなかったりで、丼物にしたり1品だけのおかずだったり。

時間もマチマチで、私はコレが一番堪えるんだけどガマンするしかない。

 

先日の大根の煮物で出た皮をキンピラに。

モヤシは少しカレー風味に。

梅酢と山椒の実を加えたイワシの煮付け。

根菜メインの味噌汁、そしてご飯。

 

日本人に生まれてよかったと思う。

なんて言うけど、今は海外にいても日本の食材が手に入る時代。納豆好きのYOUもいるくらいだから、何人に生まれても関係ないかもしれない。

タイ人がパクチーを食べながら「タイ人でよかった~!」と思うか否か。

パクチー好き歴、かれこれ20年の私は、タイに行ったことがなくても買うことができるし栽培も可能なのだ。

 

ただ、他国の料理を受け入れる懐の深さや柔軟さと、アレンジする応用力は日本人がトップだと思う。

最近注目されているダシ。

旨味という味覚を子供の頃から知っている私は「日本人に生まれてよかった~!」と思う。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

鳥取(東部?)では「とんどさん」と言う。

お飾りを燃やしに公民館へ。

今年ももれなく、公民館の人から「今年もワイン講座がありますよ~」と、朝の挨拶もソコソコに私に話しかける。

去年なんか、ギリギリに申し込みに行ったら「もう人数に入ってるから」と。

今年もそのパターンかな?

 

いつもは公民館で振る舞い豚汁を頂くのだが、今年は寒波のせいか例年に比べて人が多い。寒い中待つのも嫌なので、今年は諦めてコンビニへ。

いや、豚汁が欲しいわけではない。

15年に撮った豚汁

 

午後のお茶請けの「和菓子」を買うために。

 

別に決めているわけではないが、小正月というとお薄をいただきたくなる。食っちゃあ寝、飲んじゃあ寝の大正月は、何となく気が向かないせいかもしれない。言ってみれば、大正月にやり残したことを小正月で消化、ということだ。

そして筆を持つのも、そう。全てお正月行事の消化。

本当は今朝、お飾りと一緒に焼かなくちゃいけないんだけど、文字の上達は努力すれば何とかなるさ。

 

雪を被った鳥取城跡が青空に映える。

金つば1個とミニサイズの羊羹を買い、信号待ちの間に足下を撮影。

赤が青に変わる僅かな間に天気は一変、鳥取城跡も白く霞んでしまった。

やはりまだ寒波は居座っているようだ。

 

午後。

去年は絵しか描かなかったので(干支の申:1月5日UP)今年は、ちゃんと書道。

以前プリントアウトしておいた何枚かのお手本の中から、妙に目を引いた1枚。

 

―天衣無縫―

 

この4つの文字に引かれてしまった。

天衣無縫・・・

そんな文章を書きたい。

そんな自分でいたい。

と、無意識に思っていたのかもしれない。

 

十何枚書いて、お抹茶タイム。

 

お赤飯以外の小豆は、あまり好きじゃない私も、お薄の時は別。小豆粥を食べるより、こっちのほうがいいから。

でも、これ1つで3服もしたけどね。

 

それから余った墨で鶏の絵を描いた。

首の後ろから背中にかけてのラインが上手く描けないので、3枚で終了。

去年と同じく玄関に掛けた。

 

そんな1月15日。

そんな一日。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久々に、先日のミュゼ。

15日から・・・つまり明日から始まる「シイタケ(115)フェア」というネーミングだったか忘れてしまったけど、博物館内のカフェ・ダール・ミュゼでシイタケ三昧のメニューが登場するらしい。

期間は1ヶ月   だったかな?確か。

 

妙子さんもFB用の写真を撮ったりして、力を入れてま~す。

実はもともと鳥取はシイタケの研究が盛んで、しいたけ会館なるビルも建っている。

対翠閣という正式名があるにも関わらず、殆どの人は「しいたけ会館」と呼んでいるほどだ。

法事や会食に利用すると、タダで温泉に入れるんだけど、飲んで入っちゃあいけないよね。

 

そんなワケで、鳥取の隠れた名産品の一つが、この115

 

その115を使ったメニューは・・・

ドリア

鹿肉を詰めたフライ

 

試作品なので微妙に変わるかもしれないけど、この肉厚!

シイタケ好きには堪らないメニューだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

もうもうもう・・・

ゆるいお正月だっただけに、この吹雪は辛い!

 

 

そんな日は、温かい食事を。

 

ガンボにしようかアドボにしようか、まあどっちでも、と買っておいた手羽元は大根と煮る事にした。

んまい!

大根は乱切りが好み。

 

一日経つと大根も飴色に変わり、トロリとしてなお旨し!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

もれなくやってきた、この冬一番の寒波。

だがしかし、昼間は寒くはあったけど思ったほどの降りではなかった。

降ったり止んだりで、雲間から薄っすらと光さえ見えて、山陰は例外なのかと思ったほど。それより「日が長くなったなぁ」と、地球の回転を感じた夕方。

 

夜になり、台所からふと外を見ると・・・隣の小屋の屋根が白いことに気づいた。

えーーー、もしかして今降ってる!?

居間から外を見ると、やはり雪。

これは撮らなきゃ!と思いつつも、寒いのでガラス越しに1枚。

でもやはり外で景色を撮りたい~。

出てみると、思ったより積もっていた。

金木犀の葉っぱにも。

台所からも1枚。

明日の朝の景色は・・・?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

百恵ちゃん世代だと、真っ先に「ポルシェ」を思い浮かべるかな?

そこからもっと派生して、嘉門さん風に「松方弘樹」と言う人もいるかもしれない。

 

しかし私は悲しいほど車に興味がないので、ポルシェがどこの国の車なのか、さっき調べて知った次第だ。

ランボルギーニとかフェラーリーとかはイタリア車だと分かるんだけど、あ・・・フィアットも?

そしてそれらをフォルムで識別するなんてコト、一生無理!

国産車でさえチンプンカンプンなので、駐車場で友達や知り合いの車を見つける手段は、大概ナンバープレートに頼る。

 

車を持たない者の性なのか、私の能力が劣っているのか?

その両方かもしれない。

 

はるか昔のBFが乗っていた車(親の所有)がパブリカだった。

友達は「古~い!」と驚いていたけど、古いのかも分からない私にとってはどうでもいいこと。

車は車、4つのタイヤにエンジンが付いて車道を走れれば、みんな同じ。

そういや、昔・・・

黄色のワーゲン(ビートル)を見ると幸せになる、とかいう言い伝えがあったな。

あれは可愛いフォルムだと思った。

吉祥寺に住んでいた頃、行きつけのお店に行く途中の家で見かけた車も好きだった。しかも少し暗めのペパーミントグリーンで「これだったら運転してみたいな」と通るたびに眺めていた。まあそれもマークで「ワーゲン」と確認しただけで、それ以上具体的なことは知る由もなかった。

さっき調べたら「ワーゲン・バス、タイプ2-T1」というのだった。

顔がいいね♪表情が。

 

 

そんな私が「キレイだなぁ」と見とれる真っ赤な車がある。

消防車。

 

偶然見かけて思わず写メ(2011)

 

 

この間の日曜日に偶然見た、お堀端での出初式。

もう終了していたけど、赤い車がズラリと並んでいる様にテンションが上がった。

それだけで満足~。

あ、梯子乗りは見たかったなぁ。

 

良くないことだけど、救急車やパトカーは乗れる。

でも消防車って、乗ることは不可能じゃない?

だから永遠ともいえる憧れだったんだけど、各地で開催される「消防フェア」で試乗できるらしい。

子供限定かな?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の成人の日は、時折霰の降る寒い日だった。

長くて細い首に霰が容赦なく打ちつける。

その姿は健気で、折れやしないかと心配で眺める自分は、暖かな部屋の中で春の訪れを待っている。

ところが・・・折れたとしても案外ちゃんと咲き続け、甘い芳香を放っている。

スゴいな。

こういう強かさがほしい。

 

 

明けて今朝は晴れ。

隣の空き地で重機が唸りをあげている。

心の平穏を乱されるほどの大きな唸り。

それは決して重機だけのせいじゃないのは分かっている。

 

朝の天気のように、いつも晴れやかな気持ちでいたい。

気持ちだけは。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

紋付袴に憧れていたので「振袖はいらない」と言ったら、アンサンブルを作ってくれた。

母としては何か形にしたかったのだろう。
成人の日は近くに住むクラスメイトと最寄の駅近辺をウロつき、ケンタッキーおじさんと記念撮影。

今はもう無くなっちゃったみたいだ。

 

袖を通したのは、結局この一度だけで、今もタンスの肥やしになっている。
たくさんのものに守られていた学生生活、満ち満ちていた日々だった。

勉強以外のことにwww


サーファーだのハマトラだのニュートラだの、フクゾーだのミハマだの・・・。


この頃の私は、今の私を見てどう思うのだろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

少し前、ピースの又吉さんによって彼の名前が知られるようになった、と言ってもいいかもしれない。

尾崎放哉。

鳥取市出身の俳人である。

 

放哉生誕130周年の年、近所の「高砂屋」で展示物を見に行った。

初めて知ることばかりだったが、なかなか面白かった。

 

それから生家とか見に行ったりも。

うちの近所(校区)だったんだなぁ。

UPしようと思いながら、結局そのまま現在に至る。

 

それからなのか?

いつの間にか、気が付けばあちこちで歌碑を見かけるようになった。

 

昨日の神社周辺もそう。

 

文字が独特すぎて読めない!

 

 

むっつり木槿が咲く夕べ他人の家にもどる


とんぼ一つ風にさからふ水面なれ


雀が来る木が切られてしまった

 

これは去年の桜の頃、やはり近所の観音院で。

これが一番読みやすい。

 

昨日ネットで句を読んでみたけど、なかなか面白かった。

鳥取にも隠れた?有名人がいるんだねぇ。

まだまだ近く(チャリ移動可能距離)にあるので、時間を見つけて探してみよう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。