11月13日(日)

『第2回峨山道トレイルラン』



峨山道とは。

石川県、輪島市「総持寺」と羽咋市「永光寺」の住職を兼ねていた峨山禅師が20年余り往来したと言われる伝説の古道。ちなみに峨山禅師は曹洞宗の礎を築いたゴイスーなお方です。


この大会のコンセプトが実に面白い。

峨山禅師の足音に耳を傾けながら能登の里山を駆け抜ける。そんな歴史に浸る大会なので基本エイドは水と塩だけ。

補給食はCP5徳田エイドのみ。私設エイドからの提供や仲間同士の受け渡し、自動販売機の使用も禁止されている。

エイド大好きランナーさんにはちょっと合わない修行といった趣旨だ。個人的にはこの方が好きかも。

実は当初春開催でしたが環境保護のため秋開催に変更となりました。待ちに待たされましたがこの時期だとフカフカ落ち葉の極上トレイルが待っているハズ。

ワクワクするねー(≧∇≦)

コースは総持寺(輪島市)から永光寺(羽咋市)までのワンウェイ。※一年ごとにルートが逆になるらいし。



距離は75km。累積高低差は2800m。制限時間は14時間半。



決して楽なコースでは無いが恐ろしいくらい楽観視してました。というのもこの2週間前走った山中温泉トレイルは累積高低差がこの倍以上あったからね。

楽勝やでー( ̄▽ ̄)

楽勝だから峨山タイム(10時間切り)を狙っちゃいます(`・ω・´)キリッ

でもそんな天狗の鼻をへし折られる事態になるとはこの時は全く想像してなかった(笑)


早朝5時過ぎ、スタート地点である総持寺に到着。空は星がきらめき凄く綺麗だったけど放射冷却で激寒。



顔ハメで遊びつつ仲間を捜索する。でもなかなか見つからない(((^_^;)



ウロウロさ迷ってると今回応援に来てくれたミツルさんランちゃんPJOさんと遭遇。嬉しいことにこの後も追っかけ応援してくれるのだ。

そして共に走る仲間とようやく合流。

毎度おなじみのウルトラの神ヤナさん、チャーハンぐちおさん、飛騨高山でカンチョーバトルをしたばんちゃん

そして初登場となるポンペさんドラゴンメイさん

ポンペさんはドクターなので佇まいにインテリジェンスがある。というと他のメンバーにはインテリジェンスないんかいってなるが…

フグ、チャーハン、カンチョー…

小学生レベルやん…(;・∀・)

ドラゴンメイさんはこのメンバーの中では唯一ゴリゴリのトレイルランナーさんだ。ご挨拶して驚いたが声が包み込まれるように優しい。早朝からドラゴンボイスにうっとりでした(笑)

今回はこんなメンバーで挑みます。無事にゴールの永光寺までたどり着けるのか!?乞うご期待。



みんなとワイワイしてたので時間が過ぎるのがとても早かった。しばらくすると和太鼓の音が鳴り響き、おっ!と思ったらスタートしてました(笑)

リラックスし過ぎやで( ̄▽ ̄;)


夜が開け始めた午前6時。

伝説の古道「峨山道」へ400人のランナーが挑むのであった。


つづく。
AD

コメント(6)