タンパク質と野菜でお腹いっぱいに食べると言っても、

ピンとこない人もいるようなので、食べてはいけないものと、

食べても良いオススメのものに分けて具体的に説明しますね。

 

 

1.食べてはいけないもの

 

1)米類、おせんべいなどの米食品、

パン、うどん、ラーメン、ピザなどの小麦食品などの炭水化物

 

2)タンパク質でも、普通のウインナーソーセージ、安いハム、

イミテーションのかに肉など、固めるために不自然な添加物や

保存料が加えられた、いわゆる練りもの類

 

皆さん「えーっ」と私を疑うかも知れませんが、日本の練り物には

体に非常に悪い添加物や保存料が一杯で、これらからの毒物を

体に入れると、なかなか痩せられないどころか、いつかは病気になります。

 

非常に勉強になるので、下記の「食品の裏側」を読んで、

この機会に食品添加物の恐ろしさを勉強するといいです。

 

 

 

3)ホルモンなどを与えられて育った鳥、豚、牛の肉類。

 

4)カマボコなどの練り物の多くも、添加物がたくさん入っていますので、

パッケージの後ろに書いてある成分表を賢く確認してください。

 

「妊婦は、ウインナーやカマボコのような『練り物』を食べるな」

とも言われているぐらい体によくないです。

 

★添加物には要注意

私はウインナー、安いハム、ソーセージ、安いカマボコを食べると

体に悪い添加物が入るのが即わかり、すぐ体が重く不調になり、

体重が落ちるどころか、増えてしまうので絶対食べません。

 

 

2.食べてもいいもの

 

(1)鶏肉の皮や豚、牛、魚介類の油、調理やサラダ用の油

 

人間は代謝を上げ、健康や減量のためにも、必須脂肪酸という油が必要。

肉についた油や鳥の皮なども、相当食べても全く問題ないので、

気にしないでどんどん食べるといいです。

 

私は、しゃぶしゃぶなどで、油のたくさんついた豚肉などを

山ほど食べても、ちゃんとたんぱく質と野菜をしっかり食べれば、

体重は増えるどころか減っているのがわかります。

 

(その食べた分の重さで翌朝体重が増えたように見えるかもしれな

いですが、夕方かその翌日には確実に体重が落ちています。)

 

2)酢豚、クランベリーソースなどの味付け用の甘み、甘い果物

 

 

3)グルテンに対する問題がないなら、てんぷら、唐揚げ、

餃子、トンカツなどの皮など気にしない。

 

タンパク質を美味しく食べるために、少しぐらいの炭水化物は大丈夫!

 

4)乳製品

 

※ただし、日本人は乳製品に対する消化酵素がない人が多いようで、

乳癌・子宮癌の原因にもなっているとも言われています。

私は避けていますが、自分の体の反応や減量のしやすさを

観察して決めるといいと思います。

 

5)イモ類、かぼちゃ類などの炭水化物は、ある程度の量なら全く問題なし。

 

 

とにかく、神経質になるのは健康にもよくないので、100%にこだわらない。

 

重要なのは、少しぐらい揚げ物の衣や芋類を食べても、しっかりタンバク質

と野菜を大量に食べる事。そうすれば、たんぱく質が炭水化物を燃やし、

体重として体にためこませないのです。

 

神経質にならず、できるだけ良質の食材をお腹いっぱい食べるのが重要です。

 

<リバウンドなしメタボ解消ダイエットの秘法〜その5>

 

添加物が多い、悪質のタンパク質では減量できない

 

 

======================================== 

ご質問やご相談はサポートセンターまで⇒「雅代メソッド・サポート」

 

banner 今日も人気ブログランキングのクリックをお願いします!

 

 

★世界最高の自然根本療法・ホリスティック(体・心・魂)の実践法や体験談が

ぎっしりつまった「ニュースレター 1年分」と資料を無料でプレゼント!

お申し込みはこちらを↓クリック↓

 

 

★最新の自然根本療法情報・ブログ情報・特別音声メルマガを無料配信!

聞くだけで賢く・元気・健康になるメルマガ。

購読はこちらを↓クリック↓

 

 

★「ネオセルプラス」先行予約キャンペーン 10月31日まで!

 

 

★重要★ 
コメントをどんどん書いて、他の人のコメントからも学んでね。