MasaYan24Hours

MasaYanの気まま日記

備忘録の為のメモ。ごくたまに思ったことも書きます。

コメント歓迎!



テーマ:
以下のサービスに移行しましたので、よろしければ覗いてみてください (*^ ^*)


MasaYan's diary
AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
だいぶ授業にも慣れてきた。

担当は、物理学・数学演習 1、3。

2 つほど、思うことを既に書いた。

新年度始まる

大学生活について考えた。

で、授業ごとにいろいろ考えているので、第 3 回目。

今回は、「どこまで教えるか」について。

以前の記事 (大学生活について考えた。)で、大学では自由に思うことを信念もってやりなはれ、ということを書いたのだが、どう間違えたのか、最近、きちんと教え過ぎていたような気がする。

最近の授業中の流れはこうだ。

1.) 演習の授業なので、各自問題を解いている所に回っていって、質問等を受け付ける。

2.) やっていない人がいたら、やるように指示。このとき、全然分かってない人がいれば、問題が解けるレベルになるまで、授業前の知識をさかのぼって説明。

3.) ある程度説明したら次にいく。

4.) やらない人はまたすぐやらなくなるので、気にかけて定期的に教える。

以上をしながら、黒板に学生の回答が出そろったら発表してもらう (演習の授業は、問題を解けた人が黒板に解答を書いて、発表するのだ。)。

で、今週の両授業で若干疲れを感じた。

この疲れは何なんだ、と自分の中で今回考えた。

冷静に考えて、以前の記事 (大学生活について考えた。)と言ってることとやってることが違う。

やり過ぎだ。

まぁ、こうなった理由は、最初の記事 (新年度始まる)に書いたように、ちょっとつまずいてしまった人が引っかかってるちょっとした問題を取り除いて、再びがんばってもらおう、という考えがもとになっているんだと思う。

また、「だれでも、授業内容は (最低自分が教えている演習問題は)、全部理解できる」という信念もある。

なので、初期の段階の手厚い援助は妥当だと思う (一般的にはそこまでしなくていいが)。

だが、もう 6 回目の授業が終わり、前期も約半分終わったところで、これを続ける理由はなくなったのだと思う。

なぜなら、やらない人はいくら教えてもやらないのだ。

そこにむなしさを感じ、疲れを感じたのだ。

よくあるあれだ、「期待し過ぎ」。

そんなに思うようにいったら、人生悩みなんてないですよ、と。

結局は、前回の記事 (大学生活について考えた。)が的を得ている。

そろそろ手厚い援助は止めて、自発的にがんばるフェーズ (段階) にさしかかっている。

なので、次回の授業からは、こちらから、やっていない人等に積極的にサポートには行かないことにしようと思う。

急にそうすると、戸惑うこともあるかもしれないので、その旨伝えるかどうか、伝えるならどういう形式で伝えるか、考え中。

一方で、考え方自体は変わらない。

やろうと思う人には最大限のサポートを提供する。

授業中の質問を受け付け、授業外の時間の質問も歓迎。
(ただ、今やる気がなくて、後で (例えばテスト前とかのみ) 訊きに来る人がきっといると思う。また、例えば 1 年後とか、結局ここで勉強する内容を習得できていないために、また教えるハメになることを考えるとやはり憂鬱になる。物理は積み重ねなので、今できない問題があるために、先に進んだときに結局前の壁を乗り越えなければならない状況になることが多い。)

結局は、自分でやらないと身に付かない。

もっといえば、理解するためには、それなりの時間を割かなければいけない。
AD
いいね!(0)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
IMAP (Internet Message Access Protocol) というのは、便利な機能だ。

メールは全部サーバーに残ってしまうが、ローカルで振り分けたメール等がそのまま反映されるため、他の端末からも同じ状況が再現できる (今日は「である調」)。

ローカルのメーラーからも普通に使えるのがよい。

で、今回はメールに関する (IMAP は特に関係なかったかも) 記事を書こうと思う。

と、いうのも、今まで知らなくて、知って、驚いて、設定して、少しはまったのでメモ。

今回紹介するのは、以下のサイトを参考にした。

[Mac の Mail.app の設定]
http://macnotizbuch.blog29.fc2.com/blog-entry-11.html

[iPhone/iPad のメールアプリの設定]
http://blog.saizo.net/?eid=871945

>>> 目的 <<<

自動転送されたメールから返信する際に、転送元のメールアドレスを使って返信する。

[A さん] ---> {メール} ---> [アドレス 1] ---> {転送} ---> [アドレス 2] ---> [私] ---> {アドレス1 からの返信} ---> [A さん]

(分かりづらくてすみません)

>>> Mail.app (Mac) の設定 <<<

Mail.app の環境設定 > アカウント -> アドレス 1 の登録 -> 一旦保存

次に、再度アカウントを開いて、「メールアドレス」のところに、優先順位の高い (主に返信したい) メールアドレスを書き、「,」(半角カンマ) で区切って使いたいメールアドレスを書き込む。-> 保存

以上、これで返信を私用としたときに、デフォルトでボックスの前に書いたメールアドレスが選択され、さらに他のアドレスも選択可能。

(ちなみに、アカウントを別にいくつか作れば、選択は自由にできるが、デフォルトのメールアドレスが変わらない。)

>>> iPhone/iPad の設定 <<<

こちらは少しはまったので丁寧に説明する。

「設定」>「メール/連絡先/カレンダー」>「アカウントを追加...」>「そのた」>「メールアカウントを追加」

(注) メールアドレスが gmail でも、「その他」を選ぶのがポイントです。

名前: てきとう

アドレス: メールを主に受けるアドレス

パスワード: 対応するパスワード

説明: てきとう

ここで一旦保存。

できたアカウントで、きちんと送受信ができることを確かめる。

再度、「設定」>「メール/連絡先/カレンダー」より、先ほど作ったメールアドレスを選択。

「アカウント (メールアドレス)」をタップ。

「アドレス」の所に、Mac のときと同様にアドレスを「,」でつなげて書く。

(注) iPad では問題ないのだが、なぜか iPhone では上記の行程で、「,」が打てない!「メモ」などに

xxx@yyy.zzz,kkk@lll.mmm

等準備し、コピーしておけば対処できる。

これで、完了。

ここで、検証していないが、一点注意。

例えば、gmail のアカウント (アカG) とそれ以外 (アカO) を持っているときに、アカG を踏み台としてアカO のメールを送りたい場合、踏み台の承認をしておく必要があるかもしれない。

やり方は、

gmail アカウントを開き、設定 > アカウントとインポート > 名前: 欄の別のアドレスからメッセージを送信

gmail 以外のアドレスでも、送信サーバーを踏み台にするよう設定しなければ送信できないかもしれない (と思われる)。

以上。

これでより快適な環境で暮らせます。

めでたしめでたし。

normal
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
演習の授業を担当するようになっていろんなことを考えています。

今、考えているのは、大げさに言うと「大学の授業・生活とは」。

「個人的な考え」、それも暫定的な考えなので、つっこみどころ満載かもしれませんが、少し書いておこうと思いました。

大学の授業の性質について書きます。

まず、大学とは、

1. 研究機関

であり、

2. 教育機関

であります。

各大学によってその重点は変わります。

ただ、きちんと研究者がいる大学では、1 に重きが置かれると思います。

では、そのような機関で、どういう教育が必要か、と考えます。

それは、もちろん、

a. 研究者・専攻の専門者を育てる教育

b. 一般教養を育てる教育

かと思います。

今は専門の授業を教えているので、a のみ考えます。

専門といっても、基礎知識から応用、研究の最先端まで、教えようと思えばいくらでも深く、その内容に限りはありません。

そして、学習指導要領などもありません。

なので、基本的には教える内容は自由だということです。

にもかかわらず、その中で学習院大学も含め、各大学が (物理に関しては) ほぼ同じような内容を教えているのは、それが最も基本的で、何を今後勉強するにも必要な内容だからです。

例えば、学習院大学では、数学をかなり真面目に時間を多く取ってやっています。

見方を変えれば、学習院大学物理学科がきちんと教育に重点を置いてカリキュラムを組んだ結果だと思います。

さて、次はその授業を受ける学生について考えてみます。

最近授業をしていて思うのは、それなりに多くの学生が高校のような授業を期待しているということです。

具体的には、

i. 授業は先生が教えてくれるもの

ii. 必ず答えがあるもの

iii. 授業を順番に追っていけば、全てが分かる

iv. テストでいい点を取るためのもの

などです。

まず、もちろん授業は教えますが、常にそうではありません。

特に、今担当している演習の授業等は、各自で考えることが重要だと考えます。

教えてもらうのではなく、自ら学ぶ姿勢が必要です。

また、もちろん演習では答えがあるものを出しますが、一般的に研究には常に答えがあるとは限りません。

演習では、一応そういう (解ける) 問題にしていますが、基本的には答えがない問題を出してもいいのです。

理由は、研究が分からないことを探求する作業のため、解ける問題ばかりをやっていても力がつかないからです。

むしろ、答えが出ない問題に、いろいろな角度からアプローチする練習が演習の中でできると理想的です。
(それをやる時間がないので、まずは基本を押さえる問題になっている。基本ありきだし。)

さらに、学問は深いので、授業だけでは全領域をカバーできません。

授業をマスターすればそれで事足りると思うこと (というか足りた状態があると思う考え方) は、状況を見誤っています。

そして、【重要】テストでいい点を取るために学ぶのではありません。

これは大学に入るために勉強するのか、大学で勉強するため (または大学でしかできないことをするため) に勉強するのか、といったことと同じです。

テストは、自分の理解度を示す尺度であって、目的ではありません。

なので、「完全な回答 (模範解答) は何なのか」とか、「この問題には欠点がある」とか、「合っているか、合っていないか」という質問とかはナンセンスです。

完全な回答かどうかは、内容を理解していれば、自ずと分かります。

正しい書き方に執着するのは、テストを念頭に置いているからで、理解を念頭におけば、自分で理解していること、それで十分です。
(もちろん、それを他人に伝わる形で示す術を身につけることは重要です。)

問題がおかしいと思うならば、何がおかしくて、何を考えなければいけないか、仮定しなくてはいけない状況の物理的/数学的意味は?と考え、議論する姿勢が望ましいと思います。
(自ら問題を見つけ考えることの重要性。)

また、回答の正解/不正解の質問からは、何も議論が生まれないです。

自分の回答と他の人の回答が異なった場合に、自分のアプローチはこうなので正しいと思う、という主張をすることでそれについての議論ができ、考えが深まります。

以上は、大学が a 研究者・専攻の専門者を育てる教育を行っていることを前提に出て来る考え方です。

一方で、学生の人たちには個人的には他の感情もあります。

大学生の特権は、その自由さです。

最も時間を自由に使える人生の期間だと思います。

なので、各自が意思を持って、活発に動いたらいいと思います。

学問を極めるために入ったのなら、そのように取り組めばいいです。

場合によっては、授業に出なくても自分でどんどん進めるならそれもありです。

または、しっかり遊びまくる、というのも選択肢としてあっていいと思います。

ただ、何も考えずに遊ぶのでは意味がありません。

遊びという自己啓発に意味があればそれはそれで、ただ授業を受けるよりもいいと思います。

各々がしっかりと自分のやりたいことや目標をかなえるために取り組めば、それでいいのです。

ただ、最終的にそう過ごした大学生活の責任は全て自分にあります。

全てを選択する自由と責任を負っているのです。

そういう考えで、向き合ってほしいと思います。



ぁー、偉そうなこと書いた。

今日はもう帰るか。。。まだ仕事あるけど。。。(ぉぃ

(補足)
最後に自由にやったらいいと書き、さらに責任があると書きましたが、単位が取れる/卒業できるかを含めて自己責任なので、お忘れなきよう。
入ったからには、授業の範囲は理解して卒業していって欲しい。
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お久しぶりです。


新年度が始まりました。


今年度から、初めて授業を受け持つことになり、既に 2 クラス x 2 度行いました。


受け持っているのは、物理・数学演習 1 と 3 です。


物理・数学演習 1 の授業中に、


「ホームページ (ブログ?) 見ましたよ」


と T 君から指摘を受けたので、やっとブログを書く気になりました。
(もう見てないかもしれないけど。。。)


月 1 以上で続けたいと思います。
(目標は達成できて初めて意味をなす!)


さて、授業ですが、最初はどうなることかと思っていましたが、なんとか終えました。


というか、結構楽しんでます。


教えるの面白い。


演習 1 の方は新一年生と、再履修の人が数名。


こちらは元気があっていい感じです。


三角関数の加法定理から始めてますが、やってみるとなかなか面白い。


ちょっと一般的でない解き方をしていますが、証明にかなり論理性を必要とするので、そういった考える力をつけるのにはいい気がします。


それから、複素数の基礎に入ります。


複素平面を習っていない人も居るようで、質問を受けたら簡単に説明します。


演習 3 の方は、3 年生と、再履修の人が数名。


こちらは、ちょっと人数が少なめになってしまいましたが、楽しくやっています。


複素関数の話から入ります。


コーシー・リーマンの関係式を出したり、正則かどうか調べたり (同じことか)、そこら辺です。


3 年生は徐々に量子力学の問題に入る予定です。


これらの演習問題は、私にとって今年は初めてということで、隣の席の K 助教からいただいています。


なので、結構数学よりの内容。というか、学習院大学の物理学科の授業は、全体的にかなり数学より。


まぁ、物理をやるために必要な数学なんですが、かなり 1 年生からガッチリやります。


これらの授業に全部ついてくると、残りの授業や自分で本を読むときにスムーズだろうなぁと思います。


なので、がんばってもらいたいですね。


演習を教え始めて、もちろん、先に K 助教の例年の問題を自分で解いて準備するのですが、教えると思って解くと、いろんな細かいポイントに目がいきます。


こういう質問が来たら、これはどこから導いたんだっけ、という感じに。


自分の復習にもなってます (本当はマスターしとかないといけない)。


演習では、周りと協力すること、分からないことは質問すること (すでに授業外の時間に質問に来る人多数でいい傾向です。研究の時間が取りづらいですが!(^^;))、を言っています。


もちろん解き方が分かったら自分でやってみる必要がありますが、そのきっかけとして相談しながら解いてもらえればいいと思います。


演習の授業では特に、自分が大学 1 年になったばかりのことを思い出します。


推薦で合格したので、他の進学校からの入学生と違い、数学・物理の知識があまりにも無く、全部単位を落とすのではないかと絶望したことを思い出します。


なんとかなったのは、よい友人と巡り会い、学校が終わったら、演習の問題をそいつの家で教えてもらいながら必死に解いていたからです。


多分、そいつが居なかったら、悲惨なことになっていたのかもしらないなぁと思います。


なので、授業が分からなくて/問題が解けなくて焦る気持ちとかはとてもよく分かるのです。


今は教える立場なので、そういう学生がちゃんと理解して自分で進んでいけるようになるというのが理想で、できるだけそうしたいと思っています。


分からないまま時間を無駄にせずに、分かって楽しい時間を過ごしてほしいなぁと思います。



さて、当面 (来週かまたは再来週まで) の目標は、学生の名前を全部覚えることです。


3 年生は大体覚えました。


1 年生は 25 % くらいか。。。


1 年生の名簿をあいうえお順で作ったのが失敗だった。


座ってる席に合わせて作ればもっと覚えやすかったのに!!!


次の授業が楽しみです。
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。