メロメロパーク
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-04-30 19:31:38

イギリスの政治制度2(議会)

テーマ:時事キーワード
今日の「時事キーワード」はイギリスの議会についてです。

イギリスの議会には、下院と上院があります。
下院の役割として、立法、税法の承認、政策問題の議論などがあります。
上院では下院からおくられてくる法案を再点検します。
あくまでも点検ですので、下院が「どうしてもこの法案を通したいんだ。」と言えば上院に拒否する権限はありません。
上院議員は、国民の選挙によって選ばれた人たちではないからです。
上院のメンバーは、世襲議員や貴族なのです。
一方、下院の任期は5年で、小選挙区制によって選挙されます。

いつも応援ありがとうございます!!→人気blogランキング
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-29 12:41:43

イギリスの政治制度1(国家元首)

テーマ:時事キーワード

今日から「時事キーワード」は政治制度特集として、「イギリスの政治制度」を何回かに分けてアップしていこうと思います。

イギリスはなんと言っても女王様の国ですよね。
それにイギリスは僕の大好きなバンド、QUEENの出身地です。(余談でした)

イギリスは立憲君主制の国で、国家元首は、エリザベスII世です。
女王陛下は、行政府の長として、議会の召集・解散、法律の制定・公布、宣戦、講和、栄典の授与, 文武官の任命などの権能を持っています。
ただし、これらの権利を行使するには内閣の助言を必要とします。

エリザベス女王は、イギリスの国家元首であるばかりでなく、英国連邦(カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど)の国家元首でもあります。

ぜんぜん関係ない話ですが、豪華客船の「クイーンエリザベスII世号」の長さと「ランドマークタワー」の高さが同じだって知ってました?
どちらも296mなんですよ。
びっくりしません?

いつも応援ありがとうございます!!→
人気blogランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-28 20:13:50

第5条

テーマ:今、憲法を見直そう!!
第5条 皇室典範の定めるところにより摂政を置くときは、摂政は、天皇の名でその国事に関する行為を行ふ。この場合には、前条第一項の規定を準用する。

「摂政」という言葉を聞くと平安時代の「摂関政治」のことを思い浮かべる。
「関白」というのは今はないようだ。

ちなみに、皇位については「皇室典範」によって男系の男子という定めがあるが、摂政については皇后などの女性でも成れるようだ。

摂政を置く場合というのは、「天皇が成年に達しないとき」、「天皇が、精神若しくは身体の重患又は重大な事故により、国事に関する行為をみずからすることができないとき」などであるが、この場合の「成人」は20歳ではなく18歳らしい。

行政書士試験における憲法の勉強には、皇室典範のチェックも必要だなあと思います。

いつも応援ありがとうございます!!→人気blogランキング
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-27 20:33:55

3条、4条

テーマ:今、憲法を見直そう!!
第3条 天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。
第4条 天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。

天皇の権能について書かれています。
このへんは、結構行政書士試験にも過去出題されています。
天皇は象徴であり、皇位は世襲制なので国民の代表ではない?
よって国政に関する権能を有しないということでしょうか?
では、形だけの国事行為を天皇が行うことの意味は?

なんてことを考えてみましたが、答えが出ないのでこんへんで失礼しま~す。

いつも応援ありがとうございます!!→人気blogランキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-26 21:03:19

アメリカの政治制度4(行政府)

テーマ:時事キーワード
JR西日本の福知山線で本当に悲しい事故が起こりました。
実は幼少の頃、大阪に住んでいるときに何度か利用したことのある路線です。
当時は非常にローカルな線で、今回のような大惨事が起こるなどとは夢にも思いませんでした。
本当に悲しい事故です。
被害を受けた方々、亡くなられた方々のことを思うと本当に心が痛みます。
心よりお見舞い申し上げます。

では今日の「時事キーワード」はアメリカの政治制度の最終回です。

・行政府

アメリカの行政府は、大統領府、14の省庁、独立行政機関の3つに分かれます。

大統領府は、ホワイトハウスを中心に補佐官と政策機関などから成り立っています。
政策機関の主な機関には、国家安全保障会議、経済諮問委員会、通商代表部などがあります。

省庁のトップは長官ですが、連邦議会の議員は長官になることができない。

このように、アメリカの政治制度は、厳格な三権分立で構成されています。

いつも応援ありがとうございます!!→人気blogランキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-25 20:54:57

第2条

テーマ:今、憲法を見直そう!!
今日は「今、憲法を見直そう!!」の第2条です。

第2条 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。

皇位継承問題が時々話題になっています。
皇太子様と雅子様の間には男の子がまだ生まれていないからです。
しかし、憲法には「天皇は男子でないとだめですよ。」という文言はありません。
このことは条文にもあるように「皇室典範」という法律に規定されています。
「皇室典範」を改正すれば女帝の誕生もありえるわけです。
僕個人の意見を言わせてもらうと、女帝であってもいいと思います。
今の時代、性別にこだわる意味はないと思うのですがどうでしょうか?

いつも応援ありがとうございます!!→人気blogランキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-24 21:19:00

アメリカの政治制度3(議会)

テーマ:時事キーワード

今日の「時事キーワード」はアメリカの政治制度の3回目「議会」についてです。

アメリカの議会は上院と下院から成ります。
上院は、各州から2名ずつ直接選挙によって選出され、任期は6年で2年ごとに3分の1ずつ改選されます。
下院は、各州から人口に比例して小選挙区制で選出され、任期は2年となっています。

アメリカでは、法案はすべて議員が提出します。
大統領には法案提出権はなく「教書」という形でしか議会に提案することしかできません。

上院が参議院、下院が衆議院に似ていますが、アメリカの議会には解散がないのが特徴です。
そのため、下院の任期が2年という非常に短い機関に設定されているのかもしれません。

いつも応援ありがとうございます!!→人気blogランキング

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-23 20:59:06

第1条

テーマ:今、憲法を見直そう!!
今日から「今、憲法を見直そう!!」は条文に入ります。

第1条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

ここで使われている「象徴」の意味は、鳩が平和の象徴であるのと同じような意味らしい。
エジプトや中国では鳩料理を食べるらしいが、彼らにとって鳩は食べ物の象徴なのかも知れない。

とにかく明治の時代には、天皇は神のような存在だったらしいが、今ではそんな大それた存在ではないらしい。

いつも応援ありがとうございます!!→人気blogランキング
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-04-22 19:55:38

アメリカの政治制度2(大統領)

テーマ:時事キーワード

今日の「時事キーワード」は「アメリカの政治制度」の2回目、大統領についてです。

・大統領

 

大統領の役割は下記のとおりです。

1.行政部の最高責任者
2.国家元首
3.外交の最高責任者
4.軍の最高司令官

大統領は、行政部最高責任者としての役割を持っています。
アメリカにも内閣はありますが、行政各省の長官の集合体にしか過ぎません。

そしてアメリカには国王のような存在がいませんので、国家元首としての役割も持ちます。

日本では内閣が条約の締結権を持ちますが、この権利にはあくまでも国会の承認を必要とします。
アメリカの大統領も条約と同等の協定を締結する権限を持っています。しかし日本の場合とはちがい議会の承認を必要としません。

宣戦布告の権限は連邦議会にありますが戦争遂行の権限は大統領にあります。

大統領は議会に対し、法案を提出することはできません。しかし、議会で可決した法案に対し拒否権を発動することができます。
その場合は再度議会で3分の2以上の多数で可決すると法律となります。

このように、アメリカの大統領は日本の総理大臣に比べ非常に大きな権限を持ち、リーダーシップを発揮できるしくみになっています。

いつも応援ありがとうございます!!→人気blogランキング


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-21 20:54:05

前文3

テーマ:今、憲法を見直そう!!

今日は日本国憲法前文の最後です。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。


他国との協調が日本国民のみならず、地球上の人類すべての責務であると言っています。
戦争を知らない僕らには信じられないことですが、日本は「悪の枢軸」だったわけです。
過去の反省、そして理想の実現を願う決意を前文で誓っています。
がしかし、近隣諸国に対し、この決意が伝わっていないようです。
本当に近隣諸国の理解を得、仲良くなれる時代はいつ来るのでしょうか?

いつも応援ありがとうございます!!→人気blogランキング

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。