疲労困憊したおじさんのブログ

元原発作業員 基本は反原発・kawawadesu0916@yahoo.co.jp


テーマ:
過去記事です。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
12月28日東京新聞「話題の発掘」に「不安運ぶ汚染土ダンプ」と題し以下の記事が掲載されていたので紹介し考えてみたいと思います。


福島県内の常磐自動車道などで、東京電力福島第一原発事故で発生した除染廃棄物を中間貯蔵施設(大熊町・双葉町)に運ぶダンプカーが目立ち始めた。

作業日一日あたり行き交うのは現段階で二百台。二〇一七年度は三百~三百五十台に増え、東京五輪がある二十年度は最大で三千六百台に上がる見込みだ。

除染廃棄物は最大二千二百万立方㍍の発生が見込まれ、環境省は二十年度までに五百万~千二百五十万立方㍍の搬入を目指す。

(抜粋)・・・ダンプは常磐道から大熊、双葉両町内の一般道を走る。二葉町関係者は「十一月に中間貯蔵施設が本格着工し、工事の大型車も加わって大変な状態だ。ダンプが中央線をはみ出して走るなど今でも危険。一時帰宅した町民が事故に遭わないか心配している」と言う。

*環境省は十七年度、前年度比で三・三倍の五十万立方㍍の輸送を見込む。輸送量は中間貯蔵施設の用地確保や道路交通対策の進展に合わせ増える予定。最短では二十年度に六百万立方㍍のピークを迎える見通しだ。

(抜粋)・・環境省は「試算の評価では交通容量内に収まり、追加被ばく線量や振動、騒音もおおむね問題はない」と説明するが、双葉町は「ICと中間貯蔵施設を結ぶ道路の確実な整備をはじめ、国には万全な対策を求める」と強調する。(12/28東京新聞)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*『東京五輪がある二十年度は最大で三千六百台に上がる見込みだ。』

*『除染廃棄物は最大二千二百万立方㍍の発生が見込まれ、環境省は二十年度まで  に五百万~千二百五十万立方㍍の搬入を目指す。』

*『二葉町関係者は「十一月に中間貯蔵施設が本格着工し、工事の大型車も加わっ  て大変な状態だ。ダンプが中央線をはみ出して走るなど今でも危険。一時帰宅  した町民が事故に遭わないか心配している」と言う。』

*『環境省は「試算の評価では交通容量内に収まり、追加被ばく線量や振動、騒音  もおおむね問題はない」と説明するが、』

これらの記事を読まれたみなさんはどう思われましたか・・五輪のために犠牲はやむを得ないとお考えですか・・交通事故だけではなく被ばくは・・?
環境破壊は・・?

2016/12/28 文責・執筆 弓場清孝



AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。