疲労困憊したおじさんのブログ

元原発作業員 基本は反原発・kawawadesu0916@yahoo.co.jp


テーマ:
【柏市の家庭ゴミからも七万ベクレル超を検出】~自治体が収集する家庭ゴミの焼却灰が、八〇〇〇ベクレル/キログラムを超える指定廃棄物となった自治体は、二〇一六年九月現在、岩手県、福島県、茨城県、栃木県、千葉県、東京都の六都県がある。指定廃棄物の総量は、四八五件、一二万トンを超えている。







千葉県柏市では、南部と北部クリーンセンター、二つの清掃工場で家庭ゴミを燃やしている。事故前(福島第一)、焼却灰を高温で融かしてつくる「溶融スラグ」や「溶融飛灰固化物」にし、業者がそれらを買い取り、道路のアスファルトの下に敷く材料に利用していた。事故後の二〇一一年六月、それらの放射能濃度を測定すると、最大で七万ベクレル/キログラムを超える放射性セシウムが検出された。柏市はスラグ製造などを中止し、焼却灰などと共に市の最終処分場に埋め立てることにした。ところが、市の最終処分場は住宅や学校に近接している。安全性が懸念され、柏市は運び入れを中止し、南部クリーンセンター施設内に保管することに決めた。市は、焼却灰などの放射能濃度が上がった原因は、家庭ゴミに含まれていた庭木の草などではないかと考えた。そこで試しに草や稲わらを除いて焼却してみたところ、八〇〇〇ベクレル/キログラムを下回った。以後八月十五日から、南部クリーンセンターでは、草・木・枝などの分別収集を開始し、これらの焼却灰はクリーンセンターで保管を続けた。住宅や学校に配慮した形だ。また、二〇一一年七月二六日、柏市は県外の民間の最終処分場へ搬出を開始した。県外の搬入先がどこかは公表していない。現在、柏市の八〇〇〇ベクレル/キログラム以下の放射能汚染ゴミは、千葉県以外のどこかの山か海に、人知れず埋まっていることになる。住宅に近接したところしか最終処分場を持てない、地理的な制約を持った自治体の選択だった。【秋田県へ放射能汚染ゴミを搬出した松戸市】同じく千葉県松戸市には、家庭ゴミを燃やす二つの清掃工場がある。事故前から、そこで出てくる焼却灰を、秋田県小坂町にある最終処分場「グリーンフィル小坂」に運び込んでいた。松戸市は独自の最終処分場を持っていなかったためだ。しかし、二〇一一年七月に小坂町への搬入を止めざるを得なくなる清掃工場の一つで、飛灰に含まれたセシウム一三四と一三七の合計が四万七四〇〇ベクレル/キログラムも測定されたからだ。松戸市は七月四日に焼却灰の採取を行い、結果が判明したのは一一日であったが、検査結果が出る前に、計四〇トンもの搬出を行った。本来ならば検査に出す時点で放射能が検出されることを想定し、結果が出るまで一旦、搬出を停止すべきではないか。しかも、放射能が検出されたことが明らかになったにもかかわらず埋め立てされてしまっていた。小坂町は、七月一三日から関東圏の焼却灰の受け入れをすべて停止した。一九日には本郷谷健次松戸市長が秋田県と小坂町を訪れ謝罪するに至った。(ここまで) ーーーーーーーーーー  昨日、2月16日に集英社新書から発売された、まさのあつこさんが書かれた「あなたの隣の放射能汚染ゴミ」から引用させていただきましたが、ご意見ご感想をお願いいたします。



2/17 弓場清孝
AD

テーマ:
柏市柏下の中央体育館周辺で先月、国の基準値(毎時0.23マイクロシーベルト)を超える空間放射線量が測定されていたことが、市への取材で分かった。市は現場の除染を進めている。
 市民が一月一日に、体育館の地表近くで国の基準値を大幅に上回る約六マイクロシーベルトを測定し、市に届け出た。・・・(東京新聞)



ーーーーーーーーーー

AD

テーマ:
千葉県内の某公園の枯葉のストックヤードの空間線量(高さ約50cm)



電話で確かめると「堆肥化」と言われましたが・・・・このまま、放置すれば濃縮するでしょう。
しかも、セシウムの性質は土壌に吸着しやすいのですが・・。例えば広島原爆の時のセシウム137は半世紀を隔てて山間部においては2009年にも見出されているのです。








次に取り上げる関連動画ですが先日、たんぽぽ舎さんで開催された「まさのあつこ」さんのお話をご覧ください・・。
「東電事故の汚染土を「安全に」「全国にばらまく」環境省方針って何





2・10 文責・執筆: 弓場清孝
AD
コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。