• 26 Feb
    • 2月26日 気が付けばフルメタルソニックで12本!

      本日は、バイブの達人 家城さんと出撃! 風は、弱い予報だったにも拘らず、この日も早朝からすこし強めの南西の風が。   ただ、前日に比べると風に伴うウネリは弱かった為、まずは定番の南湖 北エリアへ。   朝一は、名鉄沖のハードボトムと残りウィードが絡む6.5メーターラインからスタート。 魚の映りを確認しながらポイントに入るも、映り方はイマイチ。 タイミングが合えばベイトが入ってくることが多い為、しばらくは様子見を兼ねてメタル投入。   ベイト待ちの間、家城さんから、前回 自衛隊沖で連発しておられた際のメタルバイブの動かし方を伝授して頂きました。     開始早々、家城さんにお手本フィッシュ! 惜しくもランディング寸前でポロリでしたがお見事な一匹。   動かし方としては、一般的な軽快なしゃくりのリフト&フォールの繰り返しではなく、 まるで、ヘビダンやラバージグを操っているかのように、 10センチ~20センチだけ軽くリフトさせその後は、しっかりラインスラックをだして、 ラインテンションを完全に消した上で、メタルバイブをボトムに放置したのち次の動作に移るという方法   この、『ふわっと、ゆるり』 とアクションさせ、一度ボトムに放置することが、最大のコツの様でした。   しばらく、ベイトの回遊を待ったものの、 風向きの影響もあってか、魚が入ってくる気配がなかった為、ポイント移動。   少しレンジを深くして、名鉄沖の7メーターラインのハードボトムをチェックするも魚は留守のようで、対岸の木の浜沖へ移動しました。   南西の風が強かった為、風の影響をブロックできるようなポイントから釣り再開   早速、またまた家城さんにヒット! フルメタルソニック10gの ふわっと、ゆるりとしたアクションで!   そして僕にも伝授して頂いた動かし方でヒット! こちらもフルメタルソニック10g!   軽いリフトでも、しっかりキビキビとアクションしてくれる為、この釣り方との相性は抜群です!     そしてプチ連発! 動かし方は、同じく、ふわゆるなアクションで…       カラーは、家城さんお勧めのライムレモン! カエルぽいカラーですが、少しクリアアップした場合に、魚の反応は凄く良いように感じます。     気が付けば7本目! バイトも多く、コンディションの良いバスのプチラッシュが…         ポイントは、4メートルから8メートルへのブレイクにかけて、しっかりとしたウィードが残っている場所で。   浅い側から、深い側へとキャストし、ブレイクぎりぎりまでしっかりルアーをアクションしてあげると反応が続きました。   アタリが途切れたタイミングで、少しポイント移動。 周辺のエリアを魚探掛けし似たようなシュチュエーションを探してみることに。   水中岬に沈船が絡むポイントにて、 コンディションの良いバスを追加! こんだけ反応があるのなら、メタル以外でも釣れるんじゃないかと、 途中フットボールなども何回か投入してみましたが反応はありませんでした。泣     沈船でカエルカラーをロストした為、次はチャート系で!   試しに、いつも通りのアクションでリフト&フォールさせてみましたが、それではバイトは無く、 アクションをゆるふわに戻してみるとヒット! やはり動かし方で反応が変わる様に感じた瞬間でした…焦     最後は、連発したポイントに戻り、家城さんに〆フィッシュ! 最後もフルメタルソニック10g ライムチャートにて!     昼過ぎまでの釣行でしたが、 この時期に効果的なアクションの仕方を教えていただいたことで、 楽しい時間を過ごすことが出来ました!   今後 しばらくの間、琵琶湖に行けそうにないので、 次は、バクラト祭りを楽しみにしています!笑    キープキャストのお土産もありがとうございました! 永野ちゃんの限定味の高菜が楽しみです。        

      3
      テーマ:
  • 25 Feb
    • 2月25日 そんな筈では…

      朝からいきなり南風の爆風でした。 予報が見事に外れてます…   風だけでなく、うねりを伴っていることから南湖の北エリアで釣りをするのは厳しそうということで、今日はマリーナよりも南に絞ってランガンしてみました。   事前にこれを購入しました。ポイントのやまたてが詳しすぎます…   釣りを開始する前に、前日に購入した南湖ポイントマップにて自分の魚探に入っていなかった雄琴沖漁礁と堅田沖沈船の2か所をマーキング。   本格的なシーズンになってから釣りをする楽しみがまた増えました。     ポイントマーキング後は、下物沖へ。 浚渫の絡む台地でスイムジグを巻くもうねりと風が強く退避。 この後は六本柱南→ディープホール→貝捨て場→総門川沖と風裏に移動しながら今シーズン初めてのエリアばかりをチェックしてみましたがノーバイト。   狙い方を絞ってじっくり時間をかけないと、狙いの一匹にはたどり着けないと実感した一日でした。              

      テーマ:
  • 19 Feb
    • 2月19日  湖上でkeep cast!

      午前中、短時間勝負にて突撃!   今回は、春の釣りを意識して今年初めてプラグと巻物を投入し、 南湖の北エリアをチェックしてみました。   まずは、名鉄沖からスタート 水温は、前回とあまり変わっていない印象。 まずは、一匹触ってから『巻き』でサイズアップを狙いに行こうと計画を立てたのですが、、、   ポイントは、ある程度ウィードが残っているところを中心にベイトが入ってくるのを待ち伏せる作戦。 しばらく待機していると、大きなベイトの群れが入ってきてくれたのですが、 これが意外と反応が悪く大苦戦。 一時間ほど粘ってみるもヒットすることは無かったため、 一度見切りをつけて巻物で反応しそうなエリア探し。   浮御堂沖の少し北側が他のエリアと比べると若干濁りが入っているようで、 かけ上がり付近を中心にスイムジグ、ロングビルミノーで探るも反応なし。   エリアを対岸に移し、木ノ浜にて深いレンジを魚探かけ。   水中岬に沈船が絡むエリアで大量にベイトが映っていた為、 メタルバイブでアプローチしてみることに。   ちょうどタイミングが良かったのか、連続して短時間に2バイトあったのですが、 共にフッキングが悪く、惜しくもバラシ!   フォローでダウンショットやジグヘッドリグなどを投入するも魚からの反応を得ることはできず。   最後の悪あがきでまたまた名鉄沖に戻ってきたのですが、 朝一のエリアにベイトが留まっていない状態のようで手も足も出ずじまい。   またまたノーフィッシュにてAM11時30分に納竿でした。          

      テーマ:
  • 17 Feb
    • 2月16日  クリアアップに苦戦! 触りにいく展開で4本!

      今、最も旬な話題でワイドショーを賑わせている マレーシアから一時帰国中のTOM氏と出撃してきました。 高気圧の影響で、釣りをするには絶好の晴れ空! 気温も高くなる予報とのことで、果たして魚への影響は…       マレーシアと比べるととても寒いとの事。当たり前か…笑   マリーナを出発して、まず水中の様子を見た瞬間、二人同時に一言、 『えっ?! 水、綺麗過ぎじゃない?』 ここまれに見るクリアアップ具合!放水量が多い影響で北湖から綺麗な水が大量に流れ込んで来ているのが原因でしょうか。   この日も、まずは水温が安定しているであろう南湖 北エリアに標準を絞り、魚が映るポイントを探すべく魚探かけからスタート。   まずは、名鉄沖から。 なだらかなブレイクの浅い側、深い側と順番に南北に探っていき、ちょっとしたウィードの生え残りや魚が映ればメタルバイブを投入し様子を伺うも反応はイマイチ。   しばらく同じエリアを攻めてみましたが大きな魚群には巡り会うことが出来ず、 ここで先日、反応のあった木ノ浜方面へポイント移動。   木ノ浜エリアに着いてみると、こちらも水は非常に澄んでおり、いつもは見えないようなボトムもしっかり確認できる状態でした。   深めの水深に残るウィードを中心に数か所、ライトリグで丁寧に狙うも反応なし。 イマイチ決め手に欠けるということで再び名鉄沖へ。   今度は、レンジを下げて 水深7メートルを基準に魚探を掛けてみるとボトムに魚群発見!   魚が固まっているポイントを絞り込みつつ、探っていくと まずは、TOM氏のメタルジグにファーストバイト!   しかし、残念ながらしっかりフッキングせず…、そして連続してまたバイトが有るも、のらず… そうこうしていると僕にヒット!   ゴイニーでした。   この後もひたすら魚探に魚を映しながら打ちまくるも反応は得られず、 ちょっとしたハードボトムの周辺に魚群が居ついてることを確認出来たところで昼休憩へ。   昼からは、南エリアを少し狙ってみるも、北風によるうねりが強くなってきたため、再び北上し 名鉄沖へ。     再び魚探かけからスタートしてみると 今度は、先ほどより少しインサイドよりのラインで別の群れを発見、   こちらの群れは、残りウィードの周りに居ついている印象を受けたため、 一定のポジションにボートを保ちアプローチしてみることに   そうするとポロポロと、、、   メタルで…   ダウンショットで…     しかしながら、なかなかいい反応は得られず、 マリーナが閉まる時間まで粘ったのですが… 時間だけが虚しく過ぎていきました…   去年は、こんなビッグなモンスターを仕留めていたのですが…   ちょうど、温かくなるタイミングだったということで、 一匹を触りにいくのではなく、でかい奴だけに狙いを絞って攻めた方がよかったのかなと、 マリーナに上がってから二人反省してました。   次回はマレーシアにてリベンジしましょう!!!   今日は、釣りをしながら、マレーシアの釣り情報なんかをたっぷり教えてもらいました。 TOM氏は、英語だけではなく、マレー語まで習得しつつあるとのことで、 地元の釣りクラブのメンバーと仲良くなり、新規開拓をしまくっているそうです。 まだまだ、日本で紹介されていないポイントや激熱な怪魚の生息地も確認済みとのことで、 またマレーシアに行きたいなと心から思った一日でした。     懐かしい7年前の写真…、 マレーシアの釣り事情も大きく変わっているみたいですね…                

      テーマ:
  • 12 Feb
    • 2月12日 さっそく寒波にリベンジ! 何とか小バス 3本

      この日は、どうしても昨日、ボーズをくらった悔しさを断ち切ることが出来ず、 またもや短時間だけ出撃してきました。   前日の反省点としては、大きく2つ 一つ目は、ベイトの映りばかりを気にして水温の変化による魚への影響を追えていなかった。 二つ目は、水温がより低い南エリアへ移動し時間をロスしてしまったこと。   今回は、前日の反省点を踏まえ、北湖からの流入水で南湖の中でもさらに水温が安定しているであろう木の浜エリアにポイントを絞り とりあえず1匹!を目標に挑みました。   本日も南寄りの風がまぁまぁ強めの中、釣り開始!   具体的なポイントとしては、木の浜の中でも、水深が深いエリアをメインに 三号水門沖のエリを基準に北側、西側、南側の3つに分けてそれぞれ、地形変化や残りウィードに狙いを絞りライトリグ(カットテール4インチのDS)をメインにアプローチ。 弱気過ぎる気もしますが… とりあえず魚を触ることが目標なので…   急に晴れたかと思えば、いきなり曇り、そして雪が吹き荒れたりと、 めまぐるしく天候が変わる中、ひたすら耐えるに堪えポイントをこまめに移動しては丁寧に探っていきました。    こまめに、ポイントを移動しているとようやく よさげなエリア発見。  水温も7度台と他のポイントよりも若干高めでした。     8メートルから4メートルへのかけ上がりにしっかりとしたウィード残っており、 さらにその周辺に魚が映っていました。     カットテールのダウンショットにて 小さい魚ですが、本当にたまらんばいな一匹! 厳しいコンディションの中、 やっとの思いでキャッチすることができました。   日差しが出てきたタイミングが良かったのか連続ヒット!             風向きが変わり始める前の一瞬、風が止んだタイミングもチャンスだったようです。 あんなに厳しかったはずなのに条件さえ整えば、簡単に釣れるという… 改めて面白いなと思いました。     この後は、南風から北風へと大きく風向きが変わったタイミングで納竿。 とりあえず目標通り、小さいながらも魚を触ることは出来たので、次はサイズアップを狙っていきたいと思います。                        

      1
      テーマ:
    • 2月11日 寒波に完敗!

      週末 寒波到来の中、午前中の短時間だけ琵琶湖に浮いてきました。   早朝からまぁまぁ荒れてます。焦、 朝一は、それほど強く吹かない予報だったのですが…   早朝の気温は、マイナス1℃、最高気温は3℃の予定。 連日の冷え込みの影響で水温も下降傾向になり、なかなかバスを釣るには難しい状況ですが、こんな時こそ、個人的には一番テンションが上がります。   防寒着をしっかり着込みいよいよ出船。 まずは、いつも通り、魚のいるポイントを絞り込む為、魚探かけからスタート。 アクティバ沖からカネカ沖にかけて比較的水温が安定しているであろう チャンネルラインの西側、東側をベイトの映り具合やウィードの状況などを確認していきました。   沖から撮影した景色 山の上は、完全に雪化粧モードです。 そして風強すぎ…       この日、特に魚の映りが良かったのが、ミック沖のチャンネルラインの東側(烏丸半島沖の4メートルライン)、 水中は賑やかな様なので時間さえかければ釣れるだろうと思ったのですが…             結果から言うと やれども、やれども ノーバイト。   メインは、メタルバイブのリフト&フォールでのリアクション狙い。 フォローでライトリグも思いっきり投入しましたが唯々時間が過ぎるだけ… 水温が下がり過ぎているのでしょうか?   あまりの釣れなさに、ここで心に迷いが発生。 過去の経験では、水温の低下に伴い、魚が散っているはずの自●隊沖の状況が気になり始めました。 短時間勝負の為、あまり移動は得策ではありませんが、 迷いを断ち切るために自●隊沖に移動。   早速、前回好調だったエリアを中心に魚を探すも全盛期の面影は全くなく… かすかな期待を抱いた自分がバカでした。   移動してきたついでに、とりあえず魚がいないことを確かめる為、 さらに南下し競艇場沖に掛けて気になるポイントをチェックするものの反応はえられず。   最後は、『やっぱり魚の映りが良かった場所で勝負!』と烏丸半島沖に戻り再度チャレンジするものの時間だけがむなしく過ぎAM11時でタイムアップ! 寒波に完全敗北し、ボーズにて終了となりました。   今年は、「ボーズにならない」と小さな目標をたてていたのですが、 わずか3回目の釣行でミッションクリア出来ず!笑   結局、反省点の多い釣行となりました。                                          

      テーマ:
  • 29 Jan
    • 1月29日 ロクマル含むメタルバイブ、ライトリグで40本コース!

      本日は、今年初めて家城さんと出撃!   天気予報によると午後からの降水確率は高いものの、 午前中は風もなく、比較的穏やかな状態が続くとのことで、 午前中に狙いを絞り、先週好調だったエリアをチェックしてきました。   まずは、一気に南下し自●隊沖へ。 こちらのエリアでは、朝一番にも関わらず既に船団が出来ておりフルシーズンよりボートが多いのでは?というくらい大賑わい。   船団の中では思うように釣りができない為、船団からは少し距離をとった沖のラインから魚探掛けスタート まずは、魚が溜まっているエリアを絞り込みます。   魚探かけ開始5分、大群発見! 前回は、ポイントを絞り込むまで一時間以上掛かったのに…   早速、フルメタルソニックを投入してみると一投目からヒット。 魚群さえ捉えれば確実に反応してくれるというこのパターン熱すぎます!     続いて、家城さんに2017年初バス! ルアーはフルメタルソニック 10グラム タックルはMHクラスのロッドに14ポンドフロロ。 そしてここからは、怒涛の連発ヒット!   完全にパターンを掴まれておられるようで、 コツをお聞きすると、大きくリフト&フォールさせるのではなく、 ショートピッチにて、丁寧にそして優しくボトムを叩くとの事。 ロッドの振り幅でいうと15センチくらいでしょうか。   魚探に映る魚もボトムにベッタリということも有り、とにかく丁寧にボトムを攻めることが重要と教えていただきました。   若干サイズアップを図りながらワイワイ釣っていると気が付けば、船団に…焦 しかし、ボートが多くなってきても魚群は移動する気配はありません。 これが、非常にラッキーでした。                 そしてこのタイミングで家城さんに事件発生! トルクが半端ないことで有名なテクナロッドが、 バットから強烈に絞り込まれるクレージーファイト!   あがってきたのは… でけぇ。         初釣行でいきなりのロクマルオーバー! やりすぎです!笑 ルアーは、信頼と実績のフルメタルソニック10グラムでした。             この後は、日が昇ってきたこともあり、 魚探を見ていると魚が浮き始めた為、フォローで持ってきたスピニングでのライトリグ展開に。 ヒウオを意識したノーシンカーパターンが見事にハマりこちらも連続ヒット。 ワンキャスト毎に必ずアタリがあるという状態で、 サイズは20~40センチくらいまでですが、連続で何本釣れるか?なんて遊びながら、 久しぶりにライトリグの釣りを堪能することが出来ました。   連続匹数を数えだすと、プレッシャーに負けてしまい、 7投連続キャッチが最多でした。       こちらの釣り方も、二人でいろんなリグやワームを試してみましたが、 最終的には、ヒウオを意識したサイズとカラー、 そして何よりフォールスピードが重要という結論に至りました。     魚が沈めばメタルバイブを投入し、ベイトが映ったり、魚が浮けばライトリグという展開で、 この後もサイズは選べないもののバイトは途切れることは無かったのですが…     正午を過ぎたタイミングで、所用の為、後ろ髪を引かれる思いで納竿。   1月とは思えない釣れっぷりに、非常に満足度の高い釣行になりました。 次回は、サイズアップを狙うにはどうすればいいかを課題に挑みたいと思います。   家城さん今日も1日ありがとうございました。       2017/1/29(日) [6:30]晴れ/微風 気温 -1度/大潮 水温 瀬田川 7.1 琵琶湖大橋 8.7 安曇川沖 8.6 5点平均水位 -10cm 放水 150t/s                          

      4
      テーマ:
  • 22 Jan
    • 1月22日 メタルバイブ展開で40~45クラス×3本

      2017年初琵琶湖釣行に行ってきました。 琵琶湖の日の出。いつも見ても癒されます。 この日は、午後から南西よりの風が強まる予報だった為、風裏になる南エリアにポイントを絞り午前中だけ集中して釣りをしてきました。 展開としては、魚が固まっているポイントを絞り込み、リアクション狙いのメタルバイブで!久しぶりの釣行ということも有り、まずは魚探掛けに時間を使いました。 1月のわりに非常によく釣れているとの事前情報通り、自衛隊沖では船団が。1月にも関わらずこんなに湖上が賑わっているとは驚きでした。 まずは、唐崎神社沖の岬の先端4メートルラインから自衛隊前にかけてを魚探掛けからスタート。4メーターより浅いレンジではあまり魚は映らず、やはり船団が出来ているチャンネルラインが魚影が濃いようでした。 魚探の映像を見ていると、ウィードの残っているところには魚影は薄いものの頻繁に魚が映っており、比較的魚が散っているように感じた為、このエリアにこだわることなく、同じようなシチュエーションを探しひたすら南下してみることにしました。 柳が崎エリアを越えさらに、南下したところで、この日一番の魚影の濃いポイント発見!気が付けば一時間以上、ポイント移動ばかりしてました。 ウィードの上に魚の群れが…待ちに待ったシチュエーションに、ここぞとばかりにメタルバイブ投入。 1投目は、ウィードのしっかりとした感触のみを確認。そして2投目でいきなりヒット!こんなに簡単に釣れるとは、琵琶湖すげー!しかもかなり大きそう!久しぶりのバスに胸をドキドキさせながら慎重に寄せて来たつもりが、、、  まさかの途中でバラシ!  気を取り直し再度、メタルをしゃくっていくと早々にヒット! 今度は、完全に魚体が見えるところまで寄せて来たにもかかわらず、またバラシ!泣この後も、2度あることは3度ある で、まさかの3匹目もバラシ。  4度目の正直でやっと初バスをキャッチできました。 釣れたルアーは、この日、初めて導入したフラッシュユニオン フルメタルソニック10グラム軽いリフト&フォールでもキビキビと動いてくれて、非常に使いやすい印象でした。 この後も、同じエリアを中心にシンプルに魚影の濃いところをエレキで追いかけ、メタルをしゃくる展開で2本追加。   この後は、風が吹き始め、魚のポジションも変わり始めた為、潔く納竿。 バイトはあるものの乗せれなかったり、ファイト中のバラシも多く、課題が残る1日になりました。  でも正直、初釣りで無事、魚をキャッチできたので内心、ホッとしたのは内緒です。笑   2017/1/22(日)雲/微風気温 -1.5度/長潮水温 瀬田川 6.4琵琶湖大橋 8.7安曇川沖 9.15点平均水位 -9cm放水 120t/s         

      1
      テーマ:
  • 14 Oct
    • 釣りに行く訳!

      人間が趣味や好きなことに没頭している時には脳内で多くの化学物質が分泌されるそうです。この化学物質はドーパミンとよばれ、脳が喜びを感じた時に脳の中心部にある中枢から分泌される神経伝達物質の一種です。このドーパミンは人間の意欲や動機、学習といったものに強い影響力を持つと言われており、ドーパミンが分泌され始めると脳はより効率的に分泌作用を行おうとしニューロンという神経細胞をつなぎ変えようと活動します。またまた話がややこしくなってきましたがニューロンとは脳の情報処理・伝達を司る要の細胞であり、このニューロン同士のつなぎ目がシナプスと呼ばれ、この脳内で起こるニューロンのつなぎ変えこそが、学習そのものであるといわれています。こうして脳は快感を覚え、さらなるモチベーションが引き出される要因となってきます。 自分の感覚の中では、ドーパミンが分泌されている状態というのは、いつしか時間が流れるのを忘れ目の前の何かに没頭している時を指すのではないかと思います!  今の自分にとってはその何かに没頭できる時間の一つが『釣り』に当てはまります!  このような時間をできるだけ長く持つことが、きっと人生を豊かにする重要な方法なのではないかなと考えています。   随分、偉そうなことを書きましたが、 釣りに行く理由 それは単純に楽しいから。  釣りを通して自分の世界観をどんどん広げていきたいと思います。  

      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。