「Mr.カラスコ」 交渉“決裂”
契約更改交渉後の記者会見で、ヤクルト・古田監督の顔写真のコピーを掲げ移籍の可能性をアピールする楽天イーグルスの悪役マスコット「Mr.カラスコ」=13日午後、仙台市宮城野区の球団事務所
契約更改交渉後の記者会見で、ヤクルト・古田監督の顔写真のコピーを掲げ移籍の可能性をアピールする楽天イーグルスの悪役マスコット「Mr.カラスコ」=13日午後、仙台市宮城野区の球団事務所

 楽天の悪役マスコット「Mr.カラスコ」が13日、契約更改交渉を行ったが“決裂”した。

 代理人ルイス・バレラさん(ベネズエラ国籍)を通じ、交渉を求めてきたカラスコだが、交渉とは名ばかりで、ただ暴れていただけの20分で決裂した。

 島田球団社長は「会話ができないんじゃ意味がない。そもそも契約した覚えがないし、4月1日に(球場に)住み着いて、勝手に暴れてただけ」と怒りをあらわにした。

 カラスコも記者会見ではいつもの通り、意味不明に暴れ回り着席せず。ヤクルトの古田監督の顔写真を掲げ、移籍の可能性をちらつかせた。

 そんな姿勢にも同社長は「保有権がないから他球団に移っちゃうかもね」と相手にしなかったが、「再度交渉の申し入れがあれば応じる」と含みを持たせた。

 球場内でバイクを暴走させたり、客席に乱入したりと変わったパフォーマンスで人気があり、シーズン後もプロレス教室などで活躍中だが、このままでは東京の空へ飛んでいってしまうかもしれない?

AD