世界学生選手権で学べたことを書きます。

そして、最後に

国際大会に出たら、

こんな嬉しい出来事があるってことも

面白く書きたいと思います。



ユニバーチャンピオンシップに出て学んだこと。(テコンドー以外で)

大きく5つ。

①世界は広い。

人生観や価値観等、

日本レベルで考えていると

つまらない人間になってしまうのでは

と思ってしまいました。

だから、

僕はこれから

常に世界を意識して、

何事にも取り組もうと思いました。

おおげさじゃなくて。

②世界相手に真剣勝負ができた。

学んだというより

素晴らしい経験ができたということ。

そして、練習すれば世界のエリート相手でも

勝負できると思いました。

ふと、

漫画 『スラムダンク』 の 安西先生の言葉を思い出しました。

「流川君、とりあえず日本一になりなさい。」 っと。

日本一になったら、確実に世界相手でも十分通用すると実感しました。

だからとりあえず日本一を狙います。

③勝つための秘訣。

勝つための秘訣がわかりました。

それは、

死ぬほど勝ちたいと思い、明確にイメージすること。

というような、結果に至りました。

それを

実感。

④目標を大きければ大きい方が良い。

これも実感。



⑤みんなの代表であること。

僕だけの力じゃない、みんなのおかげで代表になれているということ。

俺だけじゃない、みんながいるから。

人間一人じゃないことを実感!

感謝を忘れないことを実感!

名言や良い言葉は、たくさん知っています。

例えば、上記の④。

誰でも、一回ぐらいは聞いたことありますよね?

誰かから。

でもこれとか、ほかもそうだけど、

僕は頭が悪いから

なかなか僕の中でしっくりときません。 もちろん、なるほど~ と納得するんです!!

んで、感動もするんです!!

でも、なんとなくでしか理解していないのです。

僕は、自分が何事も経験しないとしっくりこないのです。

だから、

今回世界大会に出れて

上記のことを実感して、僕の中にしっくりきたことは本当に成果がありました!!!



これからも、これからも

もっともっともっともっともっともっと

自分の中での実感を少しでも増やせたらすごい幸せ。

増やしたい。

あとは、きちっっと

テコンドーの反省もいかして

もっともっと今を楽しくしていきたいと思います!!





国際大会に出たら、何が嬉しいか。。。


それは、



①知らない人に応援してもらえる。


チームJAPANですから、

ジャージもおそろいなわけです。

空港でも

だいぶJAPANの文字が目立ちます。

んで、

僕等が空港にいたときは、

知らないおばちゃん達の集団から、

「JAPAN頑張ってー☆」 とか言われちゃったりします。

これが何気嬉しい。



②世界に友達ができる。


国際大会なわけですから、

外人がいっぱいきます。

そして、大会側も選手同士でコミュニケーションの場を

作ってくれてます。

これはありがたい。

ので、たくさん作ろうと思えば海外に友達を作れます。

もちろん、ある程度の語学が必要ですが。




③上戸彩 と知り合える?!


上戸彩が今演じている、スッチーと知り合えます。w

JAPANのジャージを着ていなくても

向こうはすでに誰々がいるとかの情報をすでに持っているようです。

顔を見られただけで、

「日本代表の方ですよねー?」

と尋ねられました。

スッチーって怖いですね。。。




こんな裏体験ができるんだと

自分でもびっくりです。



もう眠いので寝ますおやすみー


AD