ヘミシンクピンポンパン

ヘミシンクと幽体離脱体験記


テーマ:
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヘミシンクへ
にほんブログ村

そしてそれが絶望という城壁であることにすら気づかず知らず、ゾンビと化し生涯を終えるのだ。だがその壁の内側は枢(クルル)という城であり、コスモスオリオンへの反転は枢から始まる。ここを通過せずしてアセンションはないのだ。あなたは恐らく自分が枢にいることにすら気がついてないのだろう。それが笑スピなのだ。
(続く)




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《あと4時間でアセンションNO5レビュー…4時間の意味》


笑スピ笑ヘミカリスマ成りすま師教祖やリーダーにヘラヘラのこのこついていくお花畑で群れ集うムーミン族、砂場の畜獣オムツ猫族でいる間は自分が見えないだろう。あなたは絶望という言葉を使うことさえ禁止され、その言葉を口にすることさえためらい、つまり思考することを禁止された哀れで愚劣な鹿馬なのだ。鹿馬につけるクスリは自分の中にしかない。

あなたが取り組んでいるのはアセンションではなく単なるファッションであり笑えるスピリチュアルというファシズムだ。自分の中に何も無いという現実を見るのが辛くて情けなくて、寂しくて、何よりそれは死ぬほど恐ろしい闇なのだ。

存在とか虚無とかゾンビは哲学の問題ではない。もっと身を切るように切実で泥くさいものだ。哲学オタクや心理学フェチはこうした問題を商売ネタにし、言葉を商品として売っているだけであり、彼ら自身がこの問題を扱えるのはそれについて何も知らないからだ。彼らは単なる行きずりの傍観者、観測者であり彼らの発する言葉は死語であり糞であり肥溜め痰壺でしかない。

彼らは哲人賢人聖者の名前やら理論を引っ張りだし、せっせと阿呆の見本市のように教養と学歴をひけらかし自らを権威づけし、その上にちゃっかりと乗っかり意味不明の誰にも理解できないような無意味な用語をつくりだし並べ立て、存在問題と虚無やら絶望について語るのだ。自分の生々しい感情と体験で語るべきだ。自らに体験がないのならば語るな。《走っていない奴は黙っていろ》…かつてナイジェル・マンセルはそう言ったのだ。彼は哲学者ではない。マンセルは一介の血なまぐさい運転手で枢から甦り、立ち上がった不死身の男だった。

彼ら学者オタクやフェチ変態族が枢(クルル)に堕ちれば講義やら論評やらセミナーやら執筆やらそんなことをする力さえなく、そこがどこかもわからず、口は開かず、ペンを握る手も動かず、そして歩き方さえわからなくなり呼吸するにも難儀し始めるだろう。そうやって家から一歩も外に出られなくなり、死ぬまでそこに留まり朽ちていくのだ。虚無を抱えて小さな砦で死ぬように生きるのだ。それが枢だ。ここでは発狂することさえかなわない。

アセンション後、哲学と宗教は消える。そんないんちき臭いものはなんの解決にもならず争いの種子でしかなく、人々はそんなものには見向きもしなくなり、このインチキ、詐欺に代わって人の幸福を願う真実の科学が台頭するのだ。それはもちろん何処かのカルト教団のことではない。あと4時間でカルトも消える。

絶望は貧困や借金や病気だけにあるのではない。それ以外は絶望という言葉に値しないという昭和の時代にしか焦点をあてられなかった喪家のような宗教カルトは絶望市場を見落とし、イヤ無視し会員数を激減させてしまったのだ。貧困借金病苦は高度成長という希望によって減少に向かったのであり、いまこそ本当の闇が迫っている。こんな時カルト宗教は搾取略奪以外に何もすることはないのだ。

虚無を解決するにはそれを避ける以外に方法がない。見ないようにするのだ。しかしそこから笑スピが集うお花畑や砂場に逃げ込むあなたはせっかくの機会を見失ってしまう。それは根源的な疑問であり暗黒であり、自らの内に神がいるという気付きにあなたは直面しているのだ。存在と虚無には答えはなく、それは神の問題であり神とはあなたの魂のことだ。

神様もそれには答えが見つけられず、それを知る唯一の試みが宇宙の拡大であり、無限を創造することにあり、極大と極小という無限の中心からそれを眺めるのだ。それに気づいたとき神はあなたのすぐ近くにいる。あなたは神様と問題を共有し、神様の問題があなたの問題になったからだ。

存在と無が何であるのかの答えは、その無限の中心である地球から見るしかないのだ。全ての惑星は地球であり、その中には無数の連なりへと成長していく内部惑星アラカンの世界が存在する。それは我々の分離された魂が一つの連なりとなり、全体へと繋がっていく姿なのだ。

《関連過去記事》
地球内天体、惑星ア・ラ・カンNO1~NO8
http://ameblo.jp/masato356/entry-12096378400.html
Ⅱ謎の天体・内惑星ア、ラー、そしてカン NO1~NO6
http://ameblo.jp/masato356/entry-12117250418.html
惑星アルスとサラス アラカンレビュー
http://ameblo.jp/masato356/entry-12119586673.html
未来人、連鎖する惑星…13 プレアデス次元やオリオン次元の上位存在NO3 
http://ameblo.jp/masato356/entry-12128981006.html

無数の宇宙が地球の中に存在する内部惑星というリングから創造されるのだが、無数と無限には神も手が届かず、彼方の世界のその先には未知が広がり、その先にはさらに未知が開かれていく。ただ神は無限の未知を思い出すという形で知り、それは我々のデジャヴュに似ている。アセンションとともに天文学者は今その無数の惑星世界を発見しつつあるのだ。

4時間後のアセンションという意味は私にはわかった。アセンションは内部宇宙で行われており、そこではネガとポジの統合が為されている。それは我々のプレアデス空間ではなくコスモスオリオンにあるのだ。ヘミシンクではフォーカス35前後にあたり、我々の潜在意識はそこに向けてあと4時間の距離に迫っているのだ。もちろん我々とはそのエンパスを持つ者たちのことであり、たぶんそれは全ての人々という意味ではない。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
マサト





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヘミシンクへ
にほんブログ村

それは哲学や心理学や精神分析の問題では無いのだ。もっともっと切実なものであり血であり肉であり内蔵や神経組織そのものが発する凄まじい例えようもない激痛なのだ。哲学オタクに心理学フェチやら精神病の自称先生、宗教家、そんないんちき臭い連中は何も理解せず、何もしない、ただ訳知り顔に批評ばかりする傍迷惑な薄っぺらい紙切れどもだった。
(続く)



―――――――――――――――――――
《あと4時間でアセンションNO4…引きこもりという覚醒》


そんなものをくどくどグチグチと説いているものは虚無のなんたるかを知らず、ましてや枢を知らず、統まるも知らず、彼ら議論ばかり重ね、せっせとなんの解決にも足しにもならない本を出版し、セミナーを開き、講義で存在問題を大層に取り上げ、布教活動に励んでいるのだ。

そしてこういうのにのこのこついていく笑スピネギ鴨族が後を絶たない。笑スピ笑ヘミ畜獣市場が彼ら成りすま師ビジネスの収入の源泉となっており、彼らサイコパスリーダー、人類の教師という自称族はスピリチュアルという流行に乗っているだけなのだ。ムーミンネギ鴨族も、はやり病に取り付かれているだけであり、あるとき忽然と目覚めワンネスではなく、ただのおばさんへと回帰したことに気がつくだろう。

スピリチュアルというファッションに取り組んでいるものに、覚醒や気づきはもちろん真剣さや真面目さもなく、群れて騒ぐだけのお花畑の天使や砂場のオムツ猫やその扇動者であるボスだ。気をつけたほうがいい、魂を弄び、遊ばれるこのような人々はいつか仕事も金も家庭も失い身体も壊してしまうだろう。そしてなお騙し、騙されたことに気づかないだろう。

命をかけて取り組んでいる人々にとって笑スピ笑ヘミは迷惑なだけだ。存在と無に対する答えは私の中に今も無く、唯一の解決はそれを体験することにしかない。自称覚醒者に自称霊能者、哲学オタクに心理学フェチといった大先生方はそれをビジネスの良いネタにしているのだ。

ガ「私達が学びましたよ」
「あなたを通じて世界が虚無へと、奈落へと堕ちていくさまを見ました」
私「つまり、これで私はこのままでお終いということですか」
ガ「そうです」「おめでとう」
私「グサッときますね、その言い方」
ガ「すぐ復活が始まりますよ」

私「それはいつです?」
ガ「4時間後」
私「…4時間後の意味は?」
ガ「意味を創造してください」
「意味があろうとなかろうと、あなたは成し遂げたのです」
「そこには何も無かったということを…」
私「あ~~、それもグサッときます」

これ以上聞き続けるのは苦痛だった。私はありがとうと言って終わった。いま読み返してみるとガイドは、代わる代わる応えている部分があり、二人いたような感じがする。宇宙連合だったのかもしれない。



《あと4時間でアセンションNO4レビュー》
アセンションはもう目の前でそこは誰かが誰かを支配する世界ではないのだ。支配を受け入れることを説いている者、そうすれば楽なることを、安心が得られることを説いている者を成りすま師救世主、サイコパスというのだ。そんな畜獣について行ってはいけない。答えはあなたの中にしかないのだ。それを見つける手段を持つべきだ。

アセンションは4時間後に迫り、ディセンションとして別れた地球にはゾンビが残りうろつき回るらしい。彼ら彼女たちは地上の覇者とも言えない、しかし覇者となることを追いかけ回した亡霊たちであり、それは処理する必要があるらしいのだ。その後始末という作業はこちらの世界にも何らかの形で反映されるのだろう。

部屋にこもりっきりで、数十年を過ごしている人々がいる。それは話題としてよく取り上げられ社会問題化しているが、一見普通に仕事をして結婚までして家族までつくり、一見何ら問題が無いかのように見える人々の中にも彼らと同じ種類の人々がいる。こちらの方はその引きこもるという状態を表現する術と勇気を知らなかったのだ。そうした人々を含めれば気付きに至った人は今すごく増えている。

虚無を抱えて生きるものは自らの中に核兵器を内包し、世界の終わりを体現している。開けてしまえば終わりが始まる。だから何も始まることはなく閉ざしたままそれを抱え、そのまま朽ちていくのだ。世間の基準ではそれはゾンビであり、最低の奴らとされる。虚無は全身をむしばむ癌のように人の一生そのものを侵食し、出口の見えない絶壁に囲まれていく。

そしてそれが絶望という城壁であることにすら気づかず知らず、ゾンビと化し生涯を終えるのだ。だがその壁の内側は枢(クルル)という城であり、コスモスオリオンへの反転は枢から始まる。ここを通過せずしてアセンションはないのだ。あなたは恐らく自分が枢にいることにすら気がついてないのだろう。それが笑スピなのだ。
(続く)
マサト




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヘミシンクへ
にほんブログ村

「朽ち果てた連中だ」
「吸血鬼どもよ」
私「あなたも頭蓋骨だ。骨だけの存在だ」
「確かに…私もそうしたものどもの一人」

私「あなたは戦士なのですね、ベルセルクですか」
「比較的新しい部類の狂戦士といえるかもしれない」

《関連過去記事》
枢(クルル)戦記ベルセルク NO1~NO3
http://ameblo.jp/masato356/entry-12099215958.html
(続く)




―――――――――――――――――――
《あと4時間でアセンションNO3…蝶が舞、虚無は踊る》


ここで一気に睡眠は深くなり会話は途切れヴィジョンは変わったが、うまく記録に取れなかった。この頭蓋骨の騎兵隊の大佐の左手が白い軍服の袖から見えていた。それは肉のついた手ではなく金属の義手だった。

手首を外すと腕があったはずのところに口径数センチのバズーカ砲が埋め込まれていた。彼はそれを無造作に打ち上げると、砲弾は空に向かって何処へともなく飛んでいった。これといって何かを狙っているという感じではなかった。

砲弾は地上に落下する前に爆発し、強烈な光と熱を放ち衝撃波が広がり地上を焼きつくした。きのこ雲が立ち上がり地上を徘徊していたゾンビどもは吹き飛ばされ、燃え上がり、溶け、そして蒸発してしまった。《後始末をしなければならないのだ》頭蓋骨は私に向かってそういった。

私は彼にありがとうと言って終わろうとしたが、彼の後ろには目の覚めるような吸い込まれそうな深い青い秋晴れの空が広がっていることに気づいた。頭蓋骨ベルセルクは消え私の前にはムンクの叫びみたいな絵が現れ、それは声にならない声を叫んでいるように澄み渡った大気を震わせようとしていた。

その絵は少しずつ遠くへ、後ろへと下がり、そして私は何故かしきりに《ありがとう、ありがとう…》と言い続けていた。その孤独な叫びを上げようとしている絵は、後退しながら何かの雑誌の表紙へと星屑のように落ちていき、それを一瞥すると雑誌をパラパラとめくっている人物がいた。

そこはなんとなく図書館みたいなところだと思った。そして雑誌をめくっているのは30代の始めの頃の私だということに気づいた。私はあるところでページをめくる手を止め、そこに映しだされているものを見つめ始めた。そこには画面いっぱいに開いた一輪の大きな花があり、それは後ろへと下がりながら画面を広げると次から次へとその周辺にある花が咲き始め、それから一匹の黄色い蝶が明るい陽射しの中に花を追いかけるようにあらわれた。

やがて蝶はひまわりの大群の中を飛び始め、その中を抜けると喋の前には大きな丸い太陽が地平線の上に出現し、一匹の蝶は大河を流れる無数の群れへと変容し、太陽に向かって飛んでいった。そして見知らぬ誰かの声が聞こえてきた。最後まで声の主はわからなかったが、こういう場合はいつもバシャールなのだ。

ガ「あなたの終わりです」
私「…終わりですか。始まってもいないのに終わるのですか」

ガイドとの間でこれまで何度となく繰り返されてきた終りと始まり、始まりと終わりの会話だった。結局なにも無いのだ。

ガ「そうです」「悔やみますか?」
私「もういいです…今はそれなりにいろいろやっているという実感があります」

ガ「そうですね、その実感こそが真実です」
「虚無に陥れば勝てないでしょう」
「虚無を味わえば無さえ失うのです」
「何も無い…という実感からは満足を得られず、何を悟ることもない…ということをあなたは知ったのです」

ガ「虚無は絶望しか生みません」
「それをあなたは知ったのです」
私「知るほどのもんでもなかったですね」

それは69年からずっと続き、今もある意味終わっていない私のミッションだった。生まれた時から続いていた死に対する恐怖、私が消えてしまうという恐怖はその年、私が12歳の時から存在という問題に切り変わったのだ。それはある日突然やってきたような気がする。

存在の意味が見いだせないというぼんやりとした困惑は数年かけて私を侵食し、存在の意味がわからないという恐怖へと転がり、私は枢(クルル)の泥沼の中でもがき、しかし枢が何であるのかもわからないうちに呆気無く半生以上が過ぎてしまった。

それは哲学や心理学や精神分析の問題では無いのだ。もっともっと切実なものであり血であり肉であり内蔵や神経組織そのものが発する凄まじい例えようもない激痛なのだ。哲学オタクに心理学フェチやら精神病の自称先生、宗教家、そんないんちき臭い連中は何も理解せず、何もしない、ただ訳知り顔に批評ばかりする傍迷惑な薄っぺらい紙切れどもだった。

(続く)
マサト



AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。