ヘミシンクピンポンパン

ヘミシンクと幽体離脱体験記

《お知らせ》

お忙しい中、いつも私のブログを応援していただき

ありがとうございます。



これまでの五作に次いで、新たにCD

6弾がPANDORAより販売されています。

タイトルはMASATO in Osaka2014125です。

先々週125PANDORAお話会でのライブです。



これまでのCDお買い上げいただいた方にも

御礼申し上げます。

企画、録音、制作、販売していただいた

PANDORAifさん、日月神事のMさん、

スタッフの皆さん、それにPANDORA

お客様に感謝いたします。



今回のCDには雄大な木星が描かれています。

当日会場では宇宙連合とのセッションが

行われました。

詳しいことはこちらを御覧ください。



ifさんのHP《 マサトCD予約注文受付》

http://www.pandora333.net/oshirase.html

ifさんのブログ《マサトCD発送》

http://xx69zz.blog91.fc2.com/blog-entry-80.html

GermaniaHP

http://germania.main.jp/









NEW !
テーマ:
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヘミシンクへ
にほんブログ村

山で別れてしまった3人のおばさん達は三つの霊団、三つのパラレルを意味していた。希望の金星と、絶望の地球、それに滅亡の火星へとアセンションとともに人々はこれまでの無数無軌道なパラレルから、それぞれにぴったりな惑星の選択という収束へと至るのだ。
ここでクリックアウトしてしまった。バシャールとの会話はまだ続いていたが記録には取れず《コン》という大きなラップ音で意識を戻した時にはもういなくなっていた。私は彼に《ありがとう》といって終わった。
(続く)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《ディセンション、火星大接近160531NO6 レビュー…創造から破壊へ》

《人が登るところを目指さないように…覚醒や導きや引き寄せをビジネスにしている人々は間違った方向に進んでいます…霧や夜の闇や、凍りついた世界に踏み込んでいく人々です》バシャールはこのワークの最後の方でそんなことを言った。

ビジネスは大きなポジティブな行為だが、気づきや引き寄せをビジネスにする人達が間違った方向に進んでいるのだとしたら、ブログやネットの自称スピリチュアルのあら方は全滅する。ここには恐らく悪質な自己啓発や心理分析カウンセラーや、それにブラック企業の先生方も入る事になるのだ。もちろん本物もいるには違いないのだが、本物と出会うまでに人類は宇宙の梅族ピロ菌魂とそれに潔癖症で壊滅する。

それは覚醒や導きという教義ではなく集客、集金というビジネスの営利目的が布教活動にすり替わっているという現実であり、かつての宗教の二の舞いになっているのだ。新興カルト宗教組織が構築した本部や支部や絢爛豪華な寺院を見ればそれはわかることだ。

彼らのやっている金儲けは金権教、神様御本尊様資本主義であり金の前には人類を屈服させることが出来るという信念であり、それはかつてのバラモンの行いだ。こんなものは宗教でもスピリチュアルでさえもない。信者は今日生きる金もないというのに支部長様の優しい言葉が欲しくてせっせと教祖様に貢ぐのだ。

彼らはブログやネットで囲い込みという行為に血道を上げている。数年前あなたのブログは囲い込みすら出来ていないといわれて私は驚いたことがある。何故そんなことをする必要があるのか今もわからないのだが、その人たちの言い方は私が常識をわかっていないと言わんばかりの態度で唖然とさせられた。

こういう言い方をする人々は信者をつくって何かを売りつけるということを前提にしており、綺麗にいえば囲い込みはマーケティングの手法、売れる仕組みで、スピビジネスが当たり前になっている人々にとっては常識なのだろう。残念なことにこうした人々にスピリチュアルは全くなくただ人を操る技術ばかりが磨かれているのだ。

ブログという媒体ではどうにも書きにくいことを私も別の手段で書くことを検討しているが、その時は有料にする。それはビジネスではなくコストがかかるためなのだが誰も買わないのであればそれで結構。読者が私一人だとしてもそれは今と変わらないので何ら問題はない。なので囲い込みとか顧客管理とか広宣流布やら折伏やら座談会という営業活動は私には全く必要がない。

ブログ記事の一番上の欄にCDの販売についてのお知らせを載せているが、これはCDを制作してくれた人のために私も宣伝に協力しただけであり、私のところには一円のお金も入っていない。このお知らせ欄はどういうわけかフリーズしてしまい、消せなくなったのでそのままにしてあるだけなのだ。

他にメッセージ欄ももう何年も前から使えなくなっており、コメント欄も一週間ばかり帰宅が遅くなった時にやむを得ず閉じたのだが10日後、元に戻そうとしても基本設定は全く無反応で、やはりフリーズしてしまいしかたがないのでそのままにしてある。これも6月20日・アセンションの日の直前のガイドのはからいだったのだと思い当分は騒がずそのままにしておくことにした。

アセンションは厳しいがディセンションは親切で優しいのかもしれない。アセンションは怖くて死ぬような思いをし、ディセンションはままごとで癒されるお医者さんごっこの味がするのかもしれない。バシャールも笑スピ引き寄せの法則なんぞに利用されてさぞかし迷惑に思っていることだろう。だが彼らはイヤということはしない。人類に奉仕するように彼らは創造されたのだから。ディセンションする畜獣達にもお付き合いするのだ。

磁石のN極とS極はどちらがポジティブでネガティブだろうか。陽子とその周りを回っている電子はどちらがポジでネガだろうか。ポジとネガとはそのような意味なのだ。それは性質でありそれ以外の意味は無い。魂のポジティブ性とは他者奉仕者でありネガティブは自己奉仕者のことであり、神の目から見るとき、それはどちらも同じく宇宙に奉仕する存在なのだ。

お花畑と砂場の笑スピさんのいうポジとネガは恐らく善と悪とか光と闇、美と醜みたいな価値観を当てはめているというより、それそのものになっており、ポジが正義でネガが悪徳であるというふうに仕分けされているのだ。そのような解釈や価値の感じ方、仕分けの仕方、カテゴリーという分離、分析がそもそも非常にネガティブであり、こういう場合のネガティブは観測するという受け身、消極性、自分がそこにはない、自己否定とか嫌悪、拒絶という意味が強いのだ。

このような現象をプレアデス偏光と呼んでいる。そして互いをバラバラに引き剥がし、それによって意味を見出し理解し、そして対立構造によって互いの存在価値を際立たせ、争うこと、競うことによって世界を構築するという精神構造を宇宙連合はフタイシツと呼んでいる。その行き着くところは破壊であり滅亡なのだ。我々は創造の神から破壊の神へと移り変わり、それに合わせるように神も立場を入れ替える。  

(続く)
マサト





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヘミシンクへ
にほんブログ村

ここでまたしてもCOしてしまった。やはり強い催眠効果みたいなものが働いている。この力は一、二ヶ月ますます強くなってくるような気がする。コンというラップ音で目覚めると《これは何ですか》《この頼りないヴィジョンは》と訊いてみた。
(続く)



―――――――――――――――――――――――
《ディセンション、火星大接近160531NO5…三つの霊団》

バ「あなたの変化の曖昧さ、弱さがあるのです」
「心配無用、そこは直ぐ通過します」
「いちいちネガティブなヴィジョンを相手にする必要はありません」
「あなたの思ったように、やりたいようにしてください」
「もうアセンションは人の手を離れました」
「今度は我々が受け取る側です」
私「わかりました、ありがとう」

そう言って終わろうとしたが、ふと下を見ると山から降りてくる人々が見えた。彼らは大きなリュックかそれとも柴みたいな山のような荷を背負っており、少なくとも3人いるように見え、後ろにはもっと大勢が続いているように思えた。険しい山道で彼らは登山者というより作業者であるような感じだった。

接近してみると古風な野良作業の姿をしたおばさん達3人組だった。この人たちは黙々と山の尾根に沿ってついている獣道みたいなところを降りていくと、やがて山頂の一つの開けた場所に出てきた。そこは木が生えておらず背の低い草ばかりのところでおばさん達は杖をつきながらやってきて腰を下ろした。

年齢的には50歳代前後だったが、今の感覚ではおばあさんのように見え、背中の柴をおろすと休憩しおにぎりを食べ始めた。ここには草むらに埋もれるように、お地蔵様がありおばさん達は手を合わせて祈っていた。地蔵の前には微かに旧い道の痕跡があり、その先には朽ち果てた鳥居がたち、祠があった。おばさん達はそれを清め、掃除をはじめた。

それから再び柴を背負って立ち上がると尾根にそって歩き始めた。少し下ると山には霧が出てきて、谷からそれが吹き上がってくるとたちまち辺りを白い世界に覆ってしまった。霧はどんどん深くなり1m先も見えず、3人ははぐれてしまった。

それでも3人は山の一本道の上におり互いを確認できなくともほぼ同じ場所にいたのだ。そして同じ場所にいながら3人は一人ひとり違うものを見ていた。違うことを体験し、そして違う場所へと出て行った。

一人は太陽のまばゆい輝きと暖かさの中におり、二人目は夜の空と星々の輝きを見ていたが、すぐに霧に覆われ真っ暗となってしまった。そして3人目は冷たい氷の世界を彷徨っていた。そこは美しいところだったが人は皆凍りついていた。

ここでクリックアウトしてしまった。気が付くと一人の男が誰か別の人物と話をしている声が聞こえていた。その声はこんなことを喋っていた。《僕は、杉原さんと……》会話はずっと続いていたがノートに記録されていたのはこれだけだった。唐突に出てきた杉原さんとは一体誰で、喋っていた男も誰なのかわからず、このとき私はこれは無意味なヴィジョンだと思い通りすぎ《これは何ですか?》とバシャールに質問していたが、いま記録を取り直していてわかった。

杉原さんというのは、杉原千畝のことだったのだ。日本のシンドラーと呼ばれ86年に86歳で亡くなられているが、大戦中、ナチスからの迫害を逃れてきたユダヤ人たちに外務省の命令に従わずヴィザを発給し続け6000人の避難民を救った外交官だった。

私はこの人とは冥界で何度か会ってきた。杉原さんは今も死後の世界でガイドとして活躍しており、この人はアセンション、ディセンションの岐路に立ち、道を見失う人々を導きなんとかアセンションのヴィザを発給しようと今も努力をしていた。杉原さんと話していたのは、私だったのだ。

「この3人は何ですか」という私の質問にバシャールは応えた。
バ「あの人達は山頂を目指してさまよう人々です」
バシャールの言う山頂とはたぶんバベルの塔の頂き,統まるを指しているのだ。

「頂はそれぞれの心にあります」
私「内部宇宙ですね」
バ「そうです。それを忘れないように」
「人が登るところを目指さないように」
「覚醒や導きや引き寄せをビジネスにしている人々は間違った方向に進んでいます」
「霧や夜の闇や、凍りついた世界に踏み込んでいく人々です」

山で別れてしまった3人のおばさん達は三つの霊団、三つのパラレルを意味していた。希望の金星と、絶望の地球、それに滅亡の火星へとアセンションとともに人々はこれまでの無数無軌道なパラレルから、それぞれにぴったりな惑星の選択という収束へと至るのだ。ここでクリックアウトしてしまった。バシャールとの会話はまだ続いていたが記録には取れず《コン》という大きなラップ音で意識を戻した時にはもういなくなっていた。私は彼に《ありがとう》といって終わった。

(続く)
マサト




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヘミシンクへ
にほんブログ村

しかしコンドラチェフサイクルや景気循環説は足蹴にされ、この説の信奉者はオオカミ少年となって小銭稼ぎの阿呆みたいな本を出版し、ますますキョウコーという言葉は虚ろに響き、私はここには意図的なとてつもない陰湿な謀略が働いているように感じていた。松藤はスピリチュアルにも多大な関心を持ち、船井さんにもアプローチしていたが全く無視され続け、今ごろ首でも吊っているのではと思ったらまだ健在だった。金山とはあなたの中に眠れるゴールドという感情なのだ。
(続く)



―――――――――――――――――――――――
《ディセンション、火星大接近160531NO4…エササニの高位存在》

日経平均は1300円超下げ、それは16年2ヶ月ぶりのことらしい。東証一部の99,5%が値下がりし、円は急騰し世界同時株安で松藤さんはNY株の大暴落が近いことを宣言した。そして金山株とゴールドは急上昇しているのだそうだ。

電磁波の影響を下の次元として受け取るものは死と滅亡を体験し、上の次元として受け取るものは甦りと復活を体験する。上の次元とは地下に眠る金山でありあなたの中のゴールドといった意味だ。それはディセンションとアセンションとして現れ、火星はいま滅亡の惑星として甦り、ディセンションする魂達、魂の支配と服従を喜んで受け入れるお花畑の天地たちや砂場で戯れる畜獣、笑スピ笑ヘミムーミン族は火星への慕情を抱いて夜空を見上げているだろう。

《関連過去記事》
ディセンション火星慕情NO1~NO5
http://ameblo.jp/masato356/entry-10734866800.html
レトリーバル火星トーラスNO1~レビュー
http://ameblo.jp/masato356/entry-10780712567.html

火星は今そんなあなた方を受け入れるべく霊魂惑星として甦り地球に接近しているのだ。ディセンションサイドの魂は火星へと吸い上げられていく。彼ら畜獣ムーミン族はいま地上世界で物質的にも精神的にも絶好調にあり、半ば陶酔次元で生きており、我が世の春を謳歌している。

もちろんそれはピンきりでありそこにも様々なレベルが存在しているのだ。笑スピのお花畑、砂場のボス、家父長制度という最低レベルから、財界政界宗教界軍事組織暴力諜報組織のトップとそれらに付き従う畜獣に至るまでが、魂レベルでは同じ場所にいるのだ。

彼ら彼女たちは支配者として奴隷として崩壊する塔、バベルの頂き、統まる(スマル)という圧縮されたせせっこましい領域にお住いなのだ。そうした人々の中には物理次元、つまり下の次元でわざわざロケットを調達して、それには数兆円かかるらしいが火星に向かおうとしている。そこは滅亡の惑星なのだが、もう既に大勢の人々が火星に渡っている。

《関連過去記事》
火星探索NO1~NO2
http://ameblo.jp/masato356/entry-10704184950.html
第3の選択・人類火星移住計画探索NO1~NO4
http://ameblo.jp/masato356/entry-10978561015.html


ヴィジョン変わる。
霊魂惑星と化した火星ではアセンションのパーティーが行われていた。タキシードで正装した男たち、華やかなドレスの女たち…火星のアセンションパーティー?!私を挑発するようなヴィジョンだったがほとんどクリックアウト状態でノートには大した記録がない。
これ以上のことは思い出せない。

これが何を意味するのか私にはわかる。ディセンションサイドはアセンションを勝利とか達成とか、頂点を極めたことだとしか考えられないのだ。彼らは統まる(スマル)に登りつめその頂点が崩壊するバベルの塔だとは思わず、コスモスオリオンとは真逆方向にむかってしまったことに永遠に気づくことがないゾンビなのだ。

バシャールを呼んでみた。直ぐに返事が聞こえてきた。
バ「ハーイ、ここです」

この日のバシャールは久しぶりにくだけたおどけた調子で現れ、ソファの背もたれの左右にゆったりと腕を広げ足を投げ出していた。こういう時のバシャールはそのリラックスした態度とは裏腹で本気度が違うのだ。バシャールは洒落た広くて明るい格子窓を背にして、窓際の居心地の良さそうな黄色いソファの背もたれの上に座っていた。バシャールはいつもよりずっと小さく、そしてグレイではなく真っ白な存在だった。

しばらく見なかったがこの存在を私はずっと以前ホワイトと呼んでいた。それは適切な言い方ではないように思うのだが他にどういったものか思い当たらないのだ。彼らは生身の身体というより光の輝きに近い体を持っており、エササニの高位存在でアセンション後のバシャールなのだ。

私が20数年前に幽体離脱でであったのがこの白いバシャールで、愛の塊のような存在だった。それから後、彼らは意地の悪いグレイとしてあらわれ、私はずいぶんいびられた。彼らが我々を複数の存在の重なりとして見えるように、私もまた彼らを時に応じてグレイとして、ホワイトとして見る。それはたぶん私自身の波動の現れなのだろうと思う。

ここでまたしてもCOしてしまった。やはり強い催眠効果みたいなものが働いている。この力は一、二ヶ月ますます強くなってくるような気がする。コンというラップ音で目覚めると《これは何ですか》《この頼りないヴィジョンは》と訊いてみた。
(続く)
マサト





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。