ヘミシンクピンポンパン

ヘミシンクと幽体離脱体験記

《お知らせ》

お忙しい中、いつも私のブログを応援していただき

ありがとうございます。



これまでの五作に次いで、新たにCD

6弾がPANDORAより販売されています。

タイトルはMASATO in Osaka2014125です。

先々週125PANDORAお話会でのライブです。



これまでのCDお買い上げいただいた方にも

御礼申し上げます。

企画、録音、制作、販売していただいた

PANDORAifさん、日月神事のMさん、

スタッフの皆さん、それにPANDORA

お客様に感謝いたします。



今回のCDには雄大な木星が描かれています。

当日会場では宇宙連合とのセッションが

行われました。

詳しいことはこちらを御覧ください。



ifさんのHP《 マサトCD予約注文受付》

http://www.pandora333.net/oshirase.html

ifさんのブログ《マサトCD発送》

http://xx69zz.blog91.fc2.com/blog-entry-80.html

GermaniaHP

http://germania.main.jp/









NEW !
テーマ:
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヘミシンクへ
にほんブログ村

ひとたびそれが出来上がるとたちまち、表舞台から姿を隠し、ミクシーやら何やらの会員制の秘密倶楽部みたいなブログとかHPに移行し、ゴキブリの巣みたいなものをつくって日の当たらないジメジメしたところに潜り込んで、仲間内でチマチマこせこせした活動をする。ミクシーにはそんなヘミシンカーがたくさんいるようだ。
(続く)



―――――――――――――――――――――
《幽体離脱、アセンションから1ヶ月目の満月NO9…走ってない奴は黙ってろ!》


こうしたちっぽけな笑ヘミは傲慢と増上慢へと転落し、大したヘミシンク体験もないのに組織力、つまり成りすま師の才能だけで、人を集め布教を始め組織の拡大を目指し、そうやってミニカルトが始まるのだ。

何故かヘミシンカーにはこのタイプが非常に多く、私がブログを始めてから出会ったヘミシンカーの全てがこれだった。素直さや純粋さや、それに真剣、真面目、誠実、情熱、こうした態度が欠けており、ただ人を利用しようとする気持ちばかりがあくせくとあり、そうした人々は今では笑ヘミと呼ばれるのだ。

私はそういうのは大嫌いで、私のヘミシンクも幽体離脱も青空のもと、太陽のもと、月のもとで常にオープンな姿勢で取り組んできた。共同探索をするのに相応しい人々は、今では何処にもいないと感じている。笑スピや笑ヘミばかりで時間の無駄であり、何より物足りないのだ。彼らに調子を合わせるというのはとても無意味なことであり、愚の骨頂と気づくのに長い時間がかかってしまった。

笑ヘミや笑スピに対して、私は教える側にまわるべきなのだろうが、あいにくその気はさらさらないので悪しからず。私には自称リーダーや成りすま師に治まるサイコパスの才能は絶無であり、トカゲ蛇族との繋がりを断ったものはそんなことをすることもないのだ。

幾つかの出版社から書いてみないかという誘いがあるが、話が進み始めると文字数やら言葉の制限、果ては内容にまで細々と踏み込んでくる。今どきそんな指図をうけてまで本を出すことに何の魅力も意味も感じないので全て蹴ることにしている。書店のスピリチュアルコーナーに並べられているのは笑スピ本ばかりで、出版する方もそれを買う物好きもスピリチュアルをマンガ程度にしか考えていないようだ。というより漫画のほうが圧倒的にはるかに凄いではないか。

アメブロのような広大な空間で、今でもオープンに共同探索をやり続けている人々をたまに見かけるが、中身はともかくとしてなかなか立派ではないか。継続すればいつか…ではなく気がついた時には素晴らしいスピリチュアルな体験、エンパスやシンクロや覚醒を体験し、それによって素晴らしい現実を切り開いているだろう。

ヘミシンクは継続しなければ意味がない。やがてそれは呼吸と同じように普通で自然なこととなるまで続けるのだ。それによって自分の目で見て、体験してガイドやハイアーセルフを知覚し、自らの宇宙を探索し自らの高位自我と繋がっていく。それが真のスピリチュアルであり、大神霊界やらメンタル界やら大層な言葉ばかり覚えてもそんなものになんの意味もない。知ったふうな無意味な専門スピ用語や、宗教用語ばかり振り回す人々を、私は神智学ヤクザとか宗教ヤクザと呼んでいる。

こうした方面の情報や知識などは検証もできず、さらに検証の対象でさえなく、全く無意味、無価値でありそれはカルト宗教の狂信者が鵜呑みにしているサイコパス教祖や会長様の教えるお経やお題目、その辺からかき集めてきた教義と同じであり、彼らカルトが力を持つのは信者から搾取して集めた金と、その集金力、蓄財によるのであり、それ以外にはなにもない。

あなたが求めているのはスピリチュアルな真実ではなく、こうしたものを背景にした力であり、あなたは要するに権威が欲しくてたまらないのだ。何処か安心できる大きなところに所属し、それによって権力と権威のおこぼれに預かりたいのだ。そのために必死になってスピ単語を頭に詰め込み、教祖様がお喜びになる宗教のお勉強に頑張るのだ。

自分の言葉で、自らの体験で語らない限り宇宙連合や宇宙戦争、それによる統合とかワンネスというのは意味を為さず、言葉だけ踊れば単なる狂人の妄想であり、ましてやそれをチャネリング情報として体裁を整え、布教活動に励むのだとしたら詐欺的としか言いようがない。

自らのチャネリングが必要なのだ。それはヘミシンクで誰にでも可能であり、誰もが非物質界に参入し自由に活動できる。《走ってない奴は黙っていろ》かつてナイジェル・マンセルはそう言ったのだ。彼は霊能者ではない。偉大な一介の車の運転手、F1ドライバーだった。


司令官について教えてほしい、という私の質問にヤヘーシュは直接応えず、ここでヴィジョンは変わった。鮮やかな花がら模様の、光が透き通るような幅の広い帽子を被った妻が笑って私の方を見ていた。

ヤ「彼女は私達の有能なファシリテーターです」
私「ファシリテーターって何ですか?」
ヤ「あなたをサポートしている人のことです」
私「妻も宇宙連合?」

ヤ「あなたとは前世から一緒です」
私「息子とチャポはどうなんですか」
ヤ「あなたと強く関わる人々は全て宇宙連合へと繋がるのです」
私「私には嫌なヤツのほうが遥かに多いのですが」

強く関わるというのは、むしろ嫌なやつにこそいえるような気がしていた。あんな連中と…そんなことを思い浮かべ、ゾッとすると同時にヴィジョンが変わった。
(続く)
マサト




AD
いいね!した人  |  リブログ(1)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヘミシンクへ
にほんブログ村

成りすま師チャネラーや自称覚醒者に自称ヘミシンク教師は知った顔をして統合について、親子のあるべき愛についてとくとくと語るのだろう。それらは全てネットや書店の笑スピコーナーの本に書いてあることの丸暗記やコピペ、転用であり私から見ればそんなものは爆笑するしかないのだ。
(続く)


―――――――――――――――――――――
《幽体離脱、アセンションから1ヶ月目の満月NO8…夢見る道徳好きのムーミン族》


盗用転用コピペが知恵であり、知識だと思い込んでいる今の笑スピブロガーや自称笑スピリーダーは、家族という最も親しい関係の中にトカゲ蛇族の霊統、血統が入っていることには思いもよらないのだろう。

経済環境的にはともかく、平々凡々と何不自由なく大切に育てられ、生涯をボンボンとして過ごせる家庭環境は、それはそれで問題はないのだが、すべての人々がそうであるとは限らないのだ。このようなタイプはレプティリアンの存在に気づくこともなく、ただ笑スピ本に書いてある蛇族を鵜呑みにし、それを丸暗記し、ただ本の中の知識として信じるのだ。

それが実は身近にいることには気づかず、そんな知識は役にも経たず、ただのお笑いであり、スピリチュアルでもなんでもない、ただの盲信者でありカルトに巣食うアホ共と何ら変わりない。自らの目で見るという体験をお坊ちゃま君たちは見逃しているのだが、おそらく何も見えないのだろう。

何も見えないのをネタにヘミシンクコーチになった人や、軽トラがガイドのヘミシンクトレーナー。私がヘミシンクを始めたばかりの頃にも、そんな程度の人々がまわりに沢山おり、そんな程度で人を集めセミナーを開き、恥ずかしげもなくスピ起業していた。先生と呼ばれなければ気が収まらないという、どうにも困った人たちだった。

なんの体験もないのに自分を大きくかっこ良く見せ、人を操る術だけは匠で、彼ら彼女たちは自己プロデュースだけは長けたサイコパス、つまり吉外であり、聴力を失った作曲科?佐村河内守だった。このような人々、成りすま師族の中身こそが実はレプティリアンであり、確かに彼らはまわりは愚か、自らも見えてはいないのだ。

ブログを見ていると、こういうのにノコノコくっついて行く畜獣、迷える子羊、おむつ猫ムーミン族が相変わらず今も後を経たず、笑スピ笑ヘミ界の中核をになうメジャー集団であることがわかる。成りすま師自称族から見る時、絶好のカモネギグループであり彼らの商売の最大のマーケットなのだ。

こうしたカモネギ族には人を見るという大人の常識、感性はなくオウム真理教のような滑稽なカルトが何故あれほど人を集め栄えたのか、ということに対するいい答えになる。単純にいうと畜獣カモネギ族は鹿馬なのだが、こういうのに限って学校の成績などは良くて、胸を反り返すほど高学歴を誇り、プライドばかりが天をつくように高かったりする。まさにオウムの犯罪者、信者たちがそうだったのだ。

笑スピおむつ猫ムーミン族とは天性の無思考力と依存症という才能であり、私はそうした人々を畜獣とかゾンビと呼んでいる。畜獣たちは霊性以前に私のような普通で素朴な人々が普通に持っている、洞察力や観察力、一般常識こそが大切であり、霊感などではなく普通の大人としての感を養うべきだ。

もっと謙虚になり、そして人の話をよく聞き、礼を尽くし、人や物に対する感謝という習慣を身につけるべきだ…とあなたは笑ヘミ笑スピの自称指導者、自称先生からきっとそのように教わっていることだろう。爆笑~~~。

そんなことなら猿でもほざくではないか。これはいま世間で話題になっている道徳教育であり、こんなことを教えている奴にろくな人間はいない。自分の頭で考えられるようになるには《何故》と問いかける習慣こそが必要なのだが、これが欠けていると道徳に簡単に洗脳される。

笑スピ自称リーダーはこの《道徳》にさぞかし喜んで飛びつくことだろう。父母を敬い大切にしましょうとか、人類みな兄弟とか、大東亜共栄圏とか(笑)、それらはスピリチュアルよりはるかに簡単で、はるかに統合に導きやすいからだ。

笑スピ笑ヘミの言う統合とは《囲い込み》というスピ商売のがさつな動機であり、それがファシズムへと繋がる道を切り開くのだ。戦前と同じ状況であり、そのうち天皇陛下礼賛や靖国詣でをはじめるだろう。というより既に何年も前から笑スピ界でそれは始まっている。道徳というのは出るべくして出てきたという感じだ。

ヘミシンカーは気の小さいちんちくりんな人々が多く、共同探索と称するグループワークを行いながら、次第に隠避なゴキブリみたいな集団を作っていく。やたらと中心に納まりたがる人物によってメンバーの囲い込みが行われ、それはカルトがどのようにして形成されるかの格好の観察対象みたいなもので、たちまちミニカルトが形成されていく。

ひとたびそれが出来上がるとたちまち、表舞台から姿を隠し、ミクシーやら何やらの会員制の秘密倶楽部みたいなブログとかHPに移行し、ゴキブリの巣みたいなものをつくって日の当たらないジメジメしたところに潜り込んで、仲間内でチマチマこせこせした活動をする。ミクシーにはそんなヘミシンカーがたくさんいるようだ。
(続く)
マサト




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヘミシンクへ
にほんブログ村

私の近くにモーターボートに乗ったレディがいた。髪を優雅にアップにし女というよりまさにレディという感じで、黒いワンピースにノースリーブでうなじが美しく、もう一人の私がこのレディの隣にいた。そしてマリリンでバットを振り回している私を見ているようだった。私はこの女性を常に後ろから見ており、顔は見えず何者なのかわからないが、強い日差しを嫌っているようだった。
(続く)


―――――――――――――――――――――
《幽体離脱、アセンションから1ヶ月目の満月NO7…シリウス連合》


マリリンの前には数隻のヨットが浮かんでいたが、飛んでいったタイヤは誰かの船の上に落ちたようで、もし人に当たれば悪くすると死ぬかもしれない。いやそれは確かに、誰かにあたって死んだのだ。声が聞こえてきた。

声「さぁ、これで○○が死にましたよ」
「あなたの奥さんの代わりに」
私「あ~、良かった」
「妻なしには私は生きていけないのですから」
声「それならば…あなたは変われたでしょうに」
私「そんなことまでして変わる必要はない」
「世界の終わりと一緒に死にますよ」
声「いいですね」
「応援しますよ」

このワークの後、しばらくしてかつての私の支配者一族KOの親類の一人が死んだという事を妻から聞いた。私の一生はこいつらとこいつらが阿呆のように拝んでいた新興宗教によって邪魔され、泡のように消えてしまった。

死んだのはとある人の奥さんだったが、ガイドは冗談や気休めを言ったのではなかったのだ。本来なら私も葬式やら見舞いやらであしげく交流しているはずの人だったが、KO一族とは完全に断絶しており、惑星リラの状態で私は死んだことを知りもしなかった。

実に面白い…ということを私は妻の前には出さず、私のヘミシンクはよく効くと思った。全ての支配者は滅ぶのだ。笑スピ、笑ヘミには想像もつかないだろう。幽体離脱やヘミシンクがどれほど現実に作用するか。

声の主に皮肉っぽいところはなく、自然な調子で少なくとも私にはそう聞こえていた。
私「あなたはどなたでしょうか」
声「ヤヘーシュです」

間違いなく私のワークでは初めて聞く名前だと思ったが…いや、そうではなかった。アセンションが宣言された、あの6月20日の満月の日からしばらくして、この存在は不意にあらわれたのだということを思い出した。彼は確か…宇宙連合の司令官ということだったが、私はこの司令官云々がどうにも腑に落ちず、この言葉は私を苛つかせるのだ。

私「思い出しました。シリウス連合の司令官ですね」
ヤ「あなた方の世界にも連合の司令官や指揮官の立場の人々がいるのです」
私「自称する人はたくさんいますね」
そいつは詐欺師だろうと私は言いたかったがなんとか抑えた。
私「どんな立場なのです? 司令官とは」

彼らの世界に戦争はない。国防にあたる仕事は宇宙レベルには全然必要ない。そんな程度では宇宙連合とはとても言えない。にも関わらず、私は連合のまさしく壮大な膨大な数の艦隊が、宇宙を航行するのをいつも眺めていた。

それらは様々な形をしていたが、主力となるのは宇宙空間では全く必要ないと思われるミサイル型をしており、主翼や尾翼らしきものまでついており、幾つかは空母の形をしており、その形は地球的には頼もしく勇ましい典型的なハリウッドスタイルなのだが、そのあまりにも地球的な形によって、私はいったいなにを見ているのかと今も思い続けている。エササニのピラミッド型とかその他、生体の器官を思わせるような物は少数派なのだ。

宇宙連合の艦隊とか、司令官というのは、ブログやネットや書店の笑スピコーナーでよく見かけるが、それは我々のレベルで避けては通れない、しかしそれなしには思考できないという、言葉によるやむを得ない表現であり、実際のところ司令官とか艦隊というのはどういったものなのかいつか訊いてみようと私は思っていたのだ。それがオリオン大戦と繋がっているのだろうとは思うが、彼らはそれを戦いとは決していわず、統合であると言うのだが。

《関連過去記事》
150222金星と火星の接近NO2
http://ameblo.jp/masato356/entry-12000519582.html
アセンションの鍵
http://ameblo.jp/masato356/entry-10723020375.html
エササニ創世記探訪NO1~
http://ameblo.jp/masato356/entry-10801693712.html
体外離脱・琴座探索NO3
http://ameblo.jp/masato356/entry-11041993578.html
再掲載・オリオン大戦とアセンションへの道
http://ameblo.jp/masato356/entry-11375467670.html
オリオン大戦レトリーバルNO1~
http://ameblo.jp/masato356/entry-11375467670.html
弥勒菩薩とオリオン大戦
http://ameblo.jp/masato356/entry-11735302229.html

成りすま師チャネラーや自称覚醒者に自称ヘミシンク教師は知った顔をして統合について、親子のあるべき愛について、とくとくと語るのだろう。それらは全てネットや書店の笑スピコーナーの本に書いてあることの丸暗記やコピペ、転用であり私から見ればそんなものは爆笑するしかないのだ。
(続く)
マサト



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。