ヘミシンクピンポンパン

ヘミシンクと幽体離脱体験記

《お知らせ》

お忙しい中、いつも私のブログを応援していただき

ありがとうございます。



これまでの五作に次いで、新たにCD

6弾がPANDORAより販売されています。

タイトルはMASATO in Osaka2014125です。

先々週125PANDORAお話会でのライブです。



これまでのCDお買い上げいただいた方にも

御礼申し上げます。

企画、録音、制作、販売していただいた

PANDORAifさん、日月神事のMさん、

スタッフの皆さん、それにPANDORA

お客様に感謝いたします。



今回のCDには雄大な木星が描かれています。

当日会場では宇宙連合とのセッションが

行われました。

詳しいことはこちらを御覧ください。



ifさんのHP《 マサトCD予約注文受付》

http://www.pandora333.net/oshirase.html

ifさんのブログ《マサトCD発送》

http://xx69zz.blog91.fc2.com/blog-entry-80.html

GermaniaHP

http://germania.main.jp/









NEW !
テーマ:
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヘミシンクへ
にほんブログ村

それは大げさでも冗談でもなくアセンションとは捨てること、手放すこと、諦めることにあり、それらを悟ることにあるのだ。ガツガツとあれこれも手に入れようとする人々がプレアデス人であり、その本能的なまでの精神の貪欲な働きをプレアデス反映という。これは無知な私に押し付けられたプレアデス反映の後始末のワークだった。
(続く)



――――――――――――――――――――――
《バシャール、アセンションを語るNO3…九印と九神》 


侵食され、失われ、消えていく自分という存在こそが日々訪れる滅亡、死という体験であることに気づいた人はどれくらいいるだろう。笑スピ本を読んで頭に叩き込んだ単なる情報や知識だけではなく自らの体験によって、霊感によってそれに気づいたのであれば、滅亡とは、死とは、やみくもにただ単に自分を捨てることではないということも知っているはずだ。ただ捨て、諦めるだけならそんなことなら猿でもするではないか。

新興宗教やサイコカルトはそこにつけ込み、言葉巧みに喜捨や寄進へと誘導しようとする。サイコパス畜獣どもは代わりに免罪符を発行したり、喪家獄界にはそれ専用の窓口、財務部というのがあり、財務班という悍ましいゲシュタポまがいが従順な家畜信者を監視監督し、寄進は功徳と称して骨までしゃぶり尽くす。そして狂信者たちは競って自らを投げ出すのだ。

山林や海岸線の別荘地などは冗談ではなくただでも売れない。地方の不動産屋には引き取り依頼が殺到しているというのは私が住んでいる地域のことだけではないと思う。このようなものを手放すというのがいかに大変か、経験者ならよく知っていると思う。寄付することも出来ないのだ。受け取ったほうにとってそれは負債同然となる。

というわけで粗大ごみと成り果てた土地は捨てることもできず…ところが長年放置して行方不明となっていた土地の一部が隣の土地の所有者からの苦情の電話がきっかけとなり、その土地の所在が明確となり同時に買い手があらわれ、あっという間に商談が成立してしまったのだ。これら一連の出来事は全て妻のおかげでこの日、妻はその土地の売買手続きのために司法書士の事務所にでかけていた。入れ替わりに帰った私はこれをヘミシンクでチェックしてみたのだが、それはアセンションに関する以外なチャネリングへと進展していった。



――――――――――――――――――――――――
目を閉じてスタートする。すぐに誰かの声が聞こえてきた。《そのありがとうキャンディー…》???その声は突然奇妙なことを言い出し、それは私に向かって喋っているように感じた。そう云われれば私は黄色い小さな未知の固形物みたいなものを握りしめている事に気づいた。手を広げてみれば、それはキャンディーとかキャラメルに見えないこともなかった。

「それは大切なモノだよ」「みんなが欲しがる」と声は続けてしゃべり続けた。そしてちょうどここで妻がその売却金を持って帰ってきた。人によっては数百万は大した金額ではないのだろうが今の私にとってはありがたい。ほんの一部だがやっと売れたともいえるし、どこにあるのかもよくわからない土地がひとつ消えてくれたことに感謝した。

「もっと入るよ」声は桁がもっと上の数字を私に教えた。
私「それは何ですか」

「お前自身のものだ」
「それは他所からやってくるものではない」
「あなた達の力で手にするのだ」
私「何もそれらしきことはやっていませんが」

「お前たちは自分がなにをしているのかもわかっていないのだ」
「お前たちは世の中を変える。何もかも変えてしまう」
「戦士のようにな」
「ベルセルクのように暴れるのだ」
私「その人達は何をするのです」
「危ない人々ではありませんか」

「それがお前たちの現実になる」
「忘れないように」
私「ありがとう、あなたはどなたです」

「どろし…という、どろしくいん…だ」

私の耳には最初その発音は《ドロシークイーン》と場違いなまでにかっこ良く響いていたのだが、やがてそうではないことがわかってきた。彼の声だけが相変わらず聞こえていたが、気がつくとこの《どろし》という聞き慣れない音声の存在と私は何処かの小さなお堂のようなところにいるようだった。

そこは長い間すべての人から忘れ去られたような場所で、ほこりがうず高く積もっており、天井を支える中央の柱に《泥師九印》という文字が金色で刻まれているのが目に入った。これが彼の名前らしい。九印は九神と関係があるのかも知れない。

私「はじめまして、泥師さん」
「はじめてですよね?」

以前あっているような気がしていたが、彼はそれには応えなかった。《泥師》とは9神だけでなく川が氾濫し、泥んこの溜まり場同然となっていたという、なんとか買い手があらわれてくれた田畑の成れの果てのような土地とも関係ありそうだった。

「また会おう、お前たちはこれからもっと多くのことを思い出す」
私「お前たちとは誰と誰のことなんでしょうか」
「それはお前が決めることだ。お前が一番良く知っている」
私「ありがとう」

(続く)
マサト





AD
いいね!(83)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヘミシンクへ
にほんブログ村

バシャールもこの系統のチャネリングで、ザ・ナインが9代目だとしたらそれ以降の存在だと思われる。私のワークでも聞いたことのない言葉をよく聞くが検索してみるとアラビア語だったというのはかなりあった。バシャールは確か司令官とかそんな意味だったように思うのだが。
(続く)



――――――――――――――――――――――
《バシャール、アセンションを語るNO2…オリオン存在》 


バシャールたちが地球を発見したのは比較的最近、大戦後のことだと彼らは語っているので事実関係が合わないではないかと思う人がいるかもしれないが、それは彼らが接触したこのカオス宇宙、地球のゲートが《最近》という時空間にあったことを意味し、彼らはそこから我々がはるかな過去とか遥かな未来と呼んでいる場所、あるいはその物語という歴史があった我々の意識をくまなく探索し、そこに彼らの痕跡を残したのだ。

そうすることで彼らは我々の過去と呼んでいるパラレル世界に入り、彼らは神話の世界にも登場する。それらを我々が発見することによって気づきや覚醒へと繋がるように仕組んでいるのだ。そうした発見は我々が地下とか、地底とか長い間封印されたままの光のささない、開かずの間とか屋根裏と呼んでいる場所、つまり我々の内部空間に刻印されたのだ。

内部空間、内部宇宙を提案し肯定する人々は多いが、それを観念的存在だと思っているのかも知れない。内部宇宙は単なる考え方であり、ものの見方であり、たわいない比喩に過ぎず無邪気な言葉遊びなのだと。あるいはそれは心の中のこと、無意識や集合意識と呼ばれているもののことだと思っているかもしれない。

それは間違いではないが、その見方は内部宇宙のほんの僅かな一面にすぎない。あるいは心の中とは何を指しているのか何もわかっていないのだ。心の中!それこそ言葉遊びではないか。心の中とは物質の内部のことであり、あるいは物が光と電磁波を遮り、影と闇を生んでいるその内部の事だ。内部宇宙を覗き見ようとすれば、内部空間が存在しないとされている素粒子にまで行き着き、そこでようやく物質と非物質の境界が見えてくる。そこが物質界の地平線であり、心の宇宙はその先にあるのだ。 

我々が物の表面を見、知覚し、認識するその内部を内部空間とか内部宇宙と私は呼んでいる。 我々は常にどんな場合でも物の表面を撫ぜるようにしか物の外側を見ていない。 そして常に我々の知覚は正面にしか向いていない。決して物の後ろを、背面を、そして内部を見ることは出来ないのだ。 それを知覚背面、知覚正面、知覚内面と私は呼んでいる。


幽体離脱というのは意識的に出来るのだということを私が初めて知ったとき、その驚愕の体験を主導した存在がバシャールだった。それは91年であり、そのとき彼らは4人の小人としてあらわれていたが、それは私だけでなく体脱体験者の多くがその存在を目撃しており、彼らは伝説の存在として我々の神話世界にもあらわれているのだ。

体脱というのは一人でやっているわけではない。バシャールフォロワーたちは動画と書籍ばかり追い掛け回し、さながら宇宙人カルトの狂信者のような感じだがこうした人々も笑スピへと堕ちていく。彼らはあなたの中にいるのだ。そんなものを追いかけずともあなた自身の記憶、思い出、心のなか、夢のなかにバシャールは入っている。

彼らはO(オー)と呼ばれる存在として、現代の神話、アニメやマンガなどにも頻繁に顔を出している。我々にとって最大の肯定、ポジティブを表す言葉として日常頻繁に使われる言葉《OK》は世界中で使われているが、この言葉にも彼ら《O》の介入がある。《O》とはオリオンのことでありバシャールはオリオンの存在なのだ。


この日のワークの2日前に長らく放置状態で、何処にあるのかもわからなくなっていた土地が不意に売れた。他にも役立たずで、どうにもこうにもならないような山林の土地が何万坪とあり、別荘地や元田畑みたいな今となっては何処にあるのやらもわからない土地が他にもいくつもあった。

それらは場所を特定するのも困難で、その境界を調べるのは途方も無い作業となってしまい、いつかお隣さんとのトラブルのもとになるに違いないのだ。実際このワークの一週間ほど前にそのお隣さんの一人から電話がかかってきた。それが始まりのきっかけとなったのだ。

これらは今では所有すること自体が頭痛の種であり、バブルの頃は引く手あまたでもてはやされ数億円の不動産価値があったらしいのだが、今はただでも買い手がつかなくなっている。欲望の成れの果て、宴のあとの空虚なゴミカスでしかないものが私の手に押し付けられてしまっているのだ。私だったらこんな馬鹿な買い物は決してしない。若干とはいえ税金や管理費用だけでもバカにならず、この20年間で相当なお金が虚しく消えていった。

時代が変わり現代ではグーグルの衛星写真で、雲の上から位置と境界をチェックできるようになったらしい。県庁の土木課もそれを利用しているというのだが見たいとは全く思わない。山やら海岸線の土地を想像しただけで頭痛さえし、これらを処分しないかぎりアセンションはないなどと思っているのだ。

それは大げさでも冗談でもなくアセンションとは捨てること、手放すこと、諦めることにあり、それらを悟ることにあるのだ。ガツガツとあれこれも手に入れようとする人々がプレアデス人であり、その本能的なまでの精神の貪欲な働きをプレアデス反映という。これは無知な私に押し付けられたプレアデス反映の後始末のワークだった。

(続く)
マサト




AD
いいね!(97)  |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヘミシンクへ
にほんブログ村

NO―4052 
2016年4月29日 金 PM5:50~6:00 10分
CD なし

ミッション
ヘミシンクによるガイドとの交信。

この時のワークでバシャールはアセンションについて大いに語ってくれた。その全部をここに書くわけにはいかない。何故ならそれは確かに不思議な現象であり、理解するにはやはり体験が必要なのだ。もし情報として受け取ればそれはたちまち笑スピへと降下するにちがいない。だから書かないほうがいいだろう。それは妙な誤解を受けるのだ。強いて言えばアセンションとは一人ひとりに訪れるのであり、迷える人類に降り注ぐ光などではないのだ。笑スピ畜獣族はこれを決して理解しないだろう。これから夏にかけて特別な時間がやってくるのだ。

特別な人々はいなくても特別な場所と特別な時間は存在する。それを特異点というのだ。我々はいまその特異点に向けてまさに突入する直前にあるらしい。もちろん我々とは全人類のことなどではない。我々という言葉で結ばれるエンパスの持ち主、魂の自由を選択する人々のことであり、支配搾取洗脳略奪服従隷属という自由を選ぶ人にはイルミナという道が用意されている。多くの人々はこのようなカルトやミニカルトである畜獣連合に属したがるのだ。

アセンションは特別な選ばれた人々に訪れるのではない。魂の自由を自らの意志で選ぶ人々が進む道であり、特別な選ばれた魂、特権階級、エリートたちが行くのは笑スピというディセンションなのだ。

これは本や動画などに載せられているバシャールのお話ではない。バシャールは私のメインのガイドなのだ。ただし私にとっては膨大な数のガイドが宇宙連合におり、それを知覚する者たちにとってはやはり彼らはガイドなのだがヘミシンカーの殆どは非物質界にはガイドが溢れかえるほどいるということに気づかないようなのだ。霊的つながりがなければガイドではないと思っているらしい。

霊的つながりとは《関係》という以上の意味は無い。言葉をありがたがり祭り上げたがる人々によってガイドは守護霊などと呼ばれ、とてつもなく言葉による神格化が行われ、その言葉の権威主義という重みによってその結果ガイドを見失い離れていく…と言う現象をプレアデス反映という。

権威主義は既存の宗教や特に神道系に多く見られ、彼ら宗教者、神職は見失い離れていこうとする人々を巧みにそのもったいぶった大層な言葉や着飾った衣装や、時には美しい巫女さんを横に並べて身振りや手振りで操る。彼らの行いは人類支配者レプティリアンの血の本能、所業であり支配のための洗脳、マインドコントロールのためには権威付けは必須なのだ。それは彼らの集客と集金システムの根幹であり、すべての宗教、笑スピカルトには魂の自由や魂の救済など何処にも微塵もない。ただ意味のない言葉だけが飛び交い、大守護霊様を祭り上げ自らを貶めるのだ。

ヘミシンカーの多くがガイドの姿の選り好みばかりで、さっぱり前進できなくなっているのを私は何度も見てきた。そして大いに爆笑した。特に女性はイケメンガイドを好むようで、寂しい侘びしい人間性とか生物的欲求の厚さ高さを感じる。こういうのをお笑いヘミシンカー、笑ヘミというのだ。

バシャールは私のガイド、ダースベイダーがメインの立場から下りた後、それを引き継ぐような形で私のガイドとなっていたがバシャールとの交流はヘミシンク以前に遡り、私がまだその名前も知らなかった頃にまで遡る。それは少なくとも89年まで遡り、今思えば69年にまで遡り、あるいは彼らの出現は19年にまで遡るかもしれない。もちろんその頃、私は生まれてはいなかったのだが、彼らは笑スピ笑ヘミ臆病なオムツ猫族が忌み嫌うグレイの姿をしていた。しかし私はなんなく彼らを受け入れたのだ。

《9神》ザ・ナインと呼ばれている正体不明の存在がおり、彼らがグレイであることを知っているものは殆おらず、そもそもグレイとは何であるのかさえ知らずに笑スピ畜獣どもは迷える子羊子豚オムツ猫よろしく恐れ怯え逃げまわっているのだ。《9神》はエジプト系の様式を持っており、彼らの活躍は1900年代の初期にまでさかのぼると云われている。ハトホルもその一柱なのだ。

彼らは人々の眠れる意識に接触してくる。特に敏感な者たちはその存在からの情報や知恵知識をこちらに伝える役目をうけおい、60年代に入るとそれはリーディングとかチャネリングと呼ばれるようになった。初代から70年代の終わりまでに9つの存在があらわれ各国の、特に米国の初期の諜報組織に接触していたことが知られている。彼らは全てアラビア語風の名前を持っているらしいのだが初代に限っては興味深いことに何故か《トム》という名前なのだ。

トムというのはたぶん平凡な名前なのだろうと思うが私のワークには頻繁に登場する名前であり、霊界のもう一人の私の名であり、宇宙連合の相棒の名でもありどうしても9神の初代がトムと言うのは気になる。

バシャールもこの系統のチャネリングで、ザ・ナインが9代目だとしたらそれ以降の存在だと思われる。私のワークでも聞いたことのない言葉をよく聞くが検索してみるとアラビア語だったというのはかなりあった。バシャールは確か司令官とかそんな意味だったように思うのだが。

(続く)
マサト



AD
いいね!(90)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。