ヘミシンクピンポンパン

ヘミシンクと幽体離脱体験記

《お知らせ》

お忙しい中、いつも私のブログを応援していただき

ありがとうございます。



これまでの五作に次いで、新たにCD

6弾がPANDORAより販売されています。

タイトルはMASATO in Osaka2014125です。

先々週125PANDORAお話会でのライブです。



これまでのCDお買い上げいただいた方にも

御礼申し上げます。

企画、録音、制作、販売していただいた

PANDORAifさん、日月神事のMさん、

スタッフの皆さん、それにPANDORA

お客様に感謝いたします。



今回のCDには雄大な木星が描かれています。

当日会場では宇宙連合とのセッションが

行われました。

詳しいことはこちらを御覧ください。



ifさんのHP《 マサトCD予約注文受付》

http://www.pandora333.net/oshirase.html

ifさんのブログ《マサトCD発送》

http://xx69zz.blog91.fc2.com/blog-entry-80.html

GermaniaHP

http://germania.main.jp/









NEW !
テーマ:
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヘミシンクへ
にほんブログ村

寒そうなところで、樹木も草も生えておらず暗い灰色の砂に覆われ、それは砂鉄のように見えていた。山の斜面は重苦しい暗い丘のようにいくつにも重なり、うねうねと果てしなく続き、その間を縫うように道路が走っていた。道路にはたまに車が通過していったが、頂上の方では渋滞になっていた。先の方で事故でもあったのかそれとも何か…ガイドに尋ねてみた。
(続く)



――――――――――――――――――――――――
《植松聖容疑者、相模原の障害者施設襲撃事件NO2…許可された犯行、容疑者の手紙》 


私「何ですかこれは」
ガ「脱出する人たちの群れです」

車の屋根の上には車内に収まりきれなかった荷物が山のように積み上げられ、ロープでくくられていた。険しいダイナミックな山岳地帯で大陸のアルプスを思わせるような地形だった。見渡すかぎりの山脈が地平線の彼方まで広がっており、雪をかぶった連峰が白い光を反射させていた。

植松の運転する車だろうか?私はその中から見ていた。この男の前には渋滞はなく、調子よく山岳地帯の尾根にそって走っている道路を駆け抜けていった。彼の顔は見えない。彼の座席の後ろには、血の気を抜かれたような人間のバラバラ死体が、幾つも山のように積まれていた。これはこの事件に関する非言語交信だが私には意味がわからなかった。

この男は何者ですか、と訊いてみた。ガイドはバシャールだった。
バ「火星です、火星と月のエネルギーの作用です」
「月齢を調べてみてください」
私「彼は何をやったのです?」
どんなことにも意味があるのだ。

ヴィジョン変わる。
道路が見え、そこには道路標識があり、標識には小さく時刻が記入されていた。それはこの時間帯は通過する事ができるという意味の時間限定の通行止めの標識だった。これは植松容疑者がこの時に通過したという意味の非言語交信だった。クリックアウト寸前で、見落としているものがたくさんあるように思うが、おおまかな意味はわかる。彼は安全かつスムーズにここを車で走りぬけ、それによって犯行は可能となったということらしい。

私「それでどうなるのです」
バ「それだけです」

犯行は許可されたのだ。彼は実際に犯行を予告し時の権力者の一人、衆議院議長宛に襲撃計画の全貌を手紙に書き、そこには安倍総理にもよろしく伝えて欲しいと書いてある。そしてその手紙を衆議院議長公邸に自ら持ち込んでさえいた。妄想に取り憑かれたような行動だが、隠れてひっそりと犯行が行われたのではないのだ。

この事件は容疑者が手紙に書いてあることが、実際には社会の闇の奥に潜む本音なのだということを晒してしまったように見え、それによって犯行は許可されてしまったのだ。もちろんそれは我々の集合意識のことだ。この事件によってきれい事の建前が白々しく、くっきりと浮き彫りにされてしまった。


――――――――――――――――――――――――
《植松容疑者が書いた手紙(全文)》


衆議院議長大島理森様
この手紙を手にとって頂き本当にありがとうございます。
私は障害者総勢470名を抹殺することができます。
常軌を逸する発言であることは重々理解しております。しかし、保護者の疲れきった表情、施設で働いている職員の生気の欠けた瞳、日本国と世界の為と思い居ても立っても居られずに本日行動に移した次第であります。

理由は世界経済の活性化、本格的な第三次世界大戦を未然に防ぐことができるかもしれないと考えたからです。障害者は人間としてではなく、動物として生活を過しております。車イスに一生縛られている気の毒な利用者も多く存在し、保護者が絶縁状態にあることも珍しくありません。私の目標は重複障害者の方が家庭内での生活、及び社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる世界です。

重複障害者に対する命のあり方は未だに答えが見つかっていない所だと考えました。障害者は不幸を作ることしかできません。フリーメイソンからなる●●●●が作られた●●●●●●●●を勉強させて頂きました。戦争で未来ある人間が殺されるのはとても悲しく、多くの憎しみを生みますが、障害者を殺すことは不幸を最大まで抑えることができます。今こそ革命を行い、全人類の為に必要不可欠である辛い決断をする時だと考えます。日本国が大きな第一歩を踏み出すのです。

世界を担う大島理森様のお力で世界をより良い方向に進めて頂けないでしょうか。是非、安倍晋三様のお耳に伝えて頂ければと思います。私が人類の為にできることを真剣に考えた答えでございます。衆議院議長大島理森様、どうか愛する日本国、全人類の為にお力添え頂けないでしょうか。何卒よろしくお願い致します。

植松聖の実態
私は大量殺人をしたいという狂気に満ちた発想で今回の作戦を、提案を上げる訳ではありません。全人類が心の隅に隠した想いを声に出し、実行する決意を持って行動しました。
今までの人生設計では、大学で取得した小学校教諭免許と現在勤務している障害者施設での経験を生かし、特別支援学校の教員を目指していました。それまでは運送業で働きながら●●●●●●が叔父である立派な先生の元で3年間修行させて頂きました。
(続く)
マサト





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヘミシンクへ
にほんブログ村

NO-4226

2016年 7月26日 火 PM5:55~PM6:30 35分
CD メディテーション

ミッション
事件のあったこの日、植松聖容疑者をヘミシンクで訪問してみた。


2016年7月26日未明、神奈川県相模原市にある障害者施設『津久井やまゆり園』で、何者かによって、入居している障害者が19人刺殺されるという痛ましい事件があった。犯人は犯行後、午前3時過ぎ、神奈川県警察津久井警察署に、「私がやりました」と出頭し、午前4時半前に、殺人未遂と建造物侵入の容疑で緊急逮捕された。被疑者はこの障害者施設『津久井やまゆり園』の元職員で約3年2ヶ月もの間務めていたという。さらに驚くべきなのは、被疑者は障害者が大嫌いで『障害者は社会的に不要な存在だから死ぬべきだ』という思想を持っていたという。

この事件のあった日、私の家の至るところで何かが腐敗したような悪臭が漂っていた。たまにこうしたことがあるが、何故か妻は全然気がついてないようなので私は黙っていた。朝起きてからPCのスイッチを入れた私は、MSNに十数名が刺殺されるというニュースを見つけて、いったい何処の国の話なのかと思ったら日本の事件だった。

まさか!何かの間違いだろうと思いテレビをつけるとNHKだけがこの報道をしていた。それで本当にあったのだと思い驚いた。夜になるとさすがに間の抜けた民放も大騒ぎでこれは大ニュースとなっており、私はこの時やっと家の中の異様な臭いの原因がなんであったのか知った。

この大麻と刃物による事件は、大麻による無害性を主張してきたグループと、銃が刃物に比べてはるかに殺傷能力が高い、ということを主張してきた人々にとっては打撃だ。そして被害者が障害者であるということによって、被害者遺族は表に出にくく警察もメディアも扱いに苦心している様が見え、この事件はこのままでは早晩消えてしまうかもしれない。早速ヘミシンクで探索してみた。



――――――――――――――――――――
家の中に漂う死臭は夜眠りにつくときも感じていたが、私はこのワークの時はすっかり忘れていた。本当はこの臭いについて訊くべきだったのだ。私の家に限らないと思うが、悍ましい臭いだけでなく、時には深い森の匂いや、香水のような花の香りで満たされることがある。

それはその日の天候や季節とはなんの関係もなく、不意に家全体や、あるいは家の中の特定の部分だけが、特徴的な匂いで一杯になるのだ。そんな時はいつも目には見えない存在が来ていた。その存在にとって、私のいる場所は大切なところになっているのだ。

目を閉じ、暫く瞑想していた。この事件のことを思いながら、やはりアセンションで狂った奴が出てきたのだと考えていた。この男もサイコパスなのだろうか。この男が書いたという手紙にはフリーメーソンとか宇宙人といった単語があったらしい。笑スピの素養でもあったのかもしれない。

《関連過去記事》
Tの前世とガイド訪問 NO1~
http://ameblo.jp/masato356/entry-11282045188.html
大津自殺中学校探索 NO1~
http://ameblo.jp/masato356/entry-11303534861.html
極悪非道鬼畜餓鬼共のガイド、前世拝見NO1~
http://ameblo.jp/masato356/entry-11307766043.html
麻原彰晃ガイド訪問NO1~
http://ameblo.jp/masato356/entry-11354922301.html
無差別殺人事件の闇 NO1~
http://ameblo.jp/masato356/entry-11811720284.html
人を殺してみたかった女子大生NO1~
http://ameblo.jp/masato356/entry-11986581205.html
寺内容疑者、女子生徒誘拐容疑で逮捕 NO1~
http://ameblo.jp/masato356/entry-12146527077.html
フロリダ銃乱射事件、オマルマティーン容疑者NO1~
http://ameblo.jp/masato356/entry-12172196706.html

やがて波が打ち寄せる浜とか、川べりのようなところが見えていることに気づき私は暫く眺めていたが何も変わらない。ヴィジョンは重く進行が遅いという予感がした。次に高山地帯が見えてきた。私はそれを上の方から移動するドローンの視点で見下ろしていた。

寒そうなところで、樹木も草も生えておらず暗い灰色の砂に覆われ、それは砂鉄のように見えていた。山の斜面は重苦しい暗い丘のようにいくつにも重なり、うねうねと果てしなく続き、その間を縫うように道路が走っていた。道路にはたまに車が通過していったが、頂上の方では渋滞になっていた。先の方で事故でもあったのかそれとも何か…ガイドに尋ねてみた。
(続く)
マサト




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ヘミシンクへ
にほんブログ村

彼らが信じているのは教祖や指導者や教師といった自称族、成りすま師族が率いるスピリチュアルの溜まり場、砂場、お花畑というサロンであり、それなしには自らの場所を確保し自らを築けないのだ。ピーチクパーチク話題にして騒ぐだけで、宇宙の存在がいよいよ身近に感じられるようになった時、彼ら彼女たちは恐れおののき一目散に逃げ出す(笑)。でなければ顔を引きつらせ足を震わせながら得意のアハハハ~という畜獣の高笑いでごまかすのだ。自らの中に宇宙人を見つけられない人々だ。
(続く)



―――――――――――――――――――――――――
《宇宙人を拒絶する人々…宇宙連合が降臨する日NO5》

そして彼らは宇宙人という言葉さえ受け入れられず、彼らが内に見る宇宙の存在は美しい天使や、それに準じる理想的な美しい人々、現実感の乏しい、現実に積極的に背を向けたような存在であり、崇め奉る神とか救世主でなければいけないのだ。彼ら宇宙連合はその種の人々を敬遠し、それによってあなたの側に彼らは入ることが出来ないのだ。そのような態度をやめたときあなたと彼らは繋がる。

連合「そうなったとき、私たちは合うことになります」
私「それはいつですか」
連合「あなたしだいですね」
私「…私しだいとはどういうことでしょう」
連合「あなたしだいで人々は変わるのです」
「あなたの宇宙ですからね」
私「ありがとう、頑張ってみますよ」



《宇宙連合が降臨する日…宇宙人を拒絶する人々レビュー》
こういう方面で一番頑固で意固地で、世界の足を引っ張っているのが日本なのだ。宇宙人などいない。爆笑~~。巷の人々の会話ではそのようなものは社会人として、常識ある大人として、そうしたことを話題にすることさえ恥ずかしいこととされている。スピリチュアルの探求者でさえ彼らの存在を理解せず、日本人の中には宇宙人という言葉が流通されることに対して激しい嫌悪を持っている者たちがおり、難解で面倒な用語を創り出しそれを布教させようとしている。

そのような人々の主張は宇宙人という言葉は正しい表現ではないというものだが、確かにその通りにちがいないのかも知れないが、他国籍の人々を外人と呼びながら、宇宙人という言葉を使いたくないというのは実際にはその言葉が恥ずかしくて嫌でたまらないと感じているのだろう。お上品で高学歴で、幾つもの言語を理解し使い分け、超高度で難解で抽象性を好む知性の持ち主にはそれは受け入れがたいものらしい。

合衆国大統領候補のヒラリーはUFOと宇宙人情報を追求し公開することを公約していることを思えば、正しいか正しくないかにこだわるというこの現実感覚の欠如には人間としてなにか大事なものを失っているのではないかと思ってしまう。この種の自称先進的哲学の探求者たちもこの方面、地球に降りてくる宇宙人という考え方を否定し、世界の足を引っ張る日本人の中に入るだろう。自らの中に宇宙人を見つけられない人々だ。

UFOや宇宙人よりも我々は魂を知るべきなのだ。スピリチュアルの真剣な探求者でさえ魂となるとたちまち唯物思考が始まる。これが笑スピ笑ヘミとなると魂をプラズマ生命体だと思っているらしいのだ。これは物質そのものであり、人の身体の電気的部分に焦点を当てており、それは電気ウナギ見たいなもので森羅万象を脳内現象だと説く人々と一脈通ずるものがある。

《私が在る》というのは間違いないのだ。それを消してみたところで無駄なあがきで何も始まらず進まない。始めるのも進めるのも存在するのも面倒になった時は寝るのがいい。その時はあなたも宇宙も消えるのだ。魂とはあなたがいま見て感じているその世界のことであり、それを宇宙とも神ともいう。150億光年の広がりを持った宇宙はおろか壁の向こうも天井の上も床の下も我々は知覚しておらず、ただ想像し、推理し、仮説を立てているだけなのだ。それによって得られる認識であり、引き出しの中もポケットの中でさえ未知の世界だ。

それを内部宇宙と呼び、我々が未知に既知を投影する力を内部知覚と私は呼んでいる。それは心の中の宇宙という文学的小説的世界ではないのだ。壁の向こうの存在を証明することはできず、月を見ていない時は、月は在るのか無いのかを証明することもできず、ただ未知に既知を投影するという日常的な、言ってみればそれは動物的本能とでもいうしかなく、在るのは当たり前ではないかという現場の感覚であり、内部知覚の99%は物質という光の影を落としこむという方向に費やされている。

それをプレアデス精神の反映、プレアデス反映と呼んでいる。これが創造の源としてあり、創造の神とは我々のことなのだ。アセンションに到達した我々には、これまで隠されてきた光も闇も全てが表に出てくる。あなたの内部宇宙で沈黙し続けていた暗黒太陽に炎が点火され、それは大日となって黄金の輝きを放射しはじめるのだ。

それがアセンションであり、我々の世界には再びゴールドの時代がやってくる。その精神によって宇宙の存在をうけいれるだろう。それはたぶん後数年のことだが、その前に大波乱がやってくる。そのような洗礼、儀式を通過しなければ我々は変わらないのだ。

黄金はただのレアメタルへと転落した時代からこれまでになかった精神性を復活させる。その時しかし金本位制や、蓄財としてのゴールドは意味をなしていないかもしれない。もうそんな時代ではないのだ。この数年の内に現在の経済システムは大打撃を受け激変するのだ。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
マサト

《PS》
ブログ訪問していただき感謝いたします。
彼らはシリウスレベルからやってくるでしょう。もう秒読みに入っているのです。頑なな日本人が世界の足を引っ張る事のないようにしたいものです。宇宙人はあなたの隣りにいるはずです。コメント欄復活させるべく鋭意努力しておりますが、相変わらず基本設定が無反応で困っています。もうしばらくお待ち下さい。





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。