ソクラテス純情派<格言にrealityを>

ー現代の著名人やニュースな人々に「善く生きる」という観点から、由緒正しい様々な格言等を引用し、独断的なコメントで自己満足を図る


テーマ:

ソクラテス純情派<格言にrealityを> プロフィール:1922年、ニューヨーク生まれ。コロンビア大学名誉教授。「源氏物語」の英訳に感動し、日本研究の道に入る。日米開戦後は情報士官として日本語の通訳官を務めた。その後、ハーバード、ケンブリッジ、京都大学に学ぶ。松尾芭蕉の「奥の細道」をたどる旅をし、英訳も出版。2008年、文化勲章を受賞。今回、東日本大震災を契機に、日本国籍を取得する意思を表明した。


Messageー「やがて死ぬ けしきは見えず 蝉の声」 by 松尾芭蕉
ソクラテス純情派<格言にrealityを>

 

東日本震災後、日本を離れる外国人が後を絶たない。外資系ビジネスマン、プロ野球助っ人、そして子供を置き去りの中国人妻達。外国での原発報道を見ると一概に彼らを責められない。だがこの逆風の中で親日家ぶりを遺憾なく発揮し、私たちを熱くさせてくれる人達もいる。


 まずは日本大好きシンディ・ローパー。運命のいたずらか、彼女は地震が起きた3月11日に来日。成田空港が封鎖され、横田基地から羽田空港を経由し、都内のホテルに着いたのは12日午前4時半。多くのミュージシャンがライブを中止したり帰国するのを横目に、コンサートで東北への支援を訴え、募金活動を行った。


ソクラテス純情派<格言にrealityを>

 彼女はまだ売れる前、ニューヨークの日本食レストランの女性オーナーに声をかけられた。その日暮らしのシンディに「いつまでもこんな事してちゃだめよ」と仕事をくれた。シンディは「いらっしゃいませ」という日本語を最初に覚えたらしい。彼女の底抜けに明るいパフォーマンスの裏に、下積み時代をしっかり支えた日本人の存在があった。

 

 もう一人、日本への思いをこれ以上ない形で表したのがドナルド・キーンだ。国籍変更。それは生活していく上で、必要であり、合理的な場合がほとんどだ。ひたすら愛情や信念を明らかにするために帰化するというのは前代未聞ではないか。

 
ソクラテス純情派<格言にrealityを>  彼は芭蕉の「奥の細道」に魅せられ、東北や北陸を訪れた。平泉中尊寺の仏像に心が震えた。最も印象的な句は、やはり平泉を詠った「夏草や 兵どもが 夢の跡」。その美しき東北が、津波で絶望的な状況にある。まさに無常だ。人生最後の時を、愛する地で、愛する人々と共に過ごしたいと思ったのだろうか。


 芭蕉の句で同じように世の無常を詠ったのが、このメッセージだ。「元気な蝉の声を聞いていると、すぐ死んでしまう気配は感じられない」

 この句を知った後、うるさい蝉の泣き声が急にSOSに聞こえてきた。たった一週間の命を、力いっぱい生きている。それが神に与えられた役割なのだろう。


 それでは震災後の今、日本人はどう生きればいいのか。日本人に与えられた役割とは何だろう。日本の伝統文化を奥底まで理解する芭蕉やドナルド・キーンから学ぶ事は多いはずだ。芭蕉が東北の現状を目の当たりにしたら、一体どんな句を詠んでくれるだろうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:


ソクラテス純情派<格言にrealityを> プロフィール
:1957年、在日韓国人実業家の二男として佐賀県に生まれる。幼少時は極貧の生活を送るが、父が密造酒、パチンコ店経営等に大成功を収める。名門久留米附設高校を中退後、紆余曲折を経て、カリフォルニア大学バークレー校に編入。卒業後、福岡市でソフトバンクの前身となる会社を興す。


Message-「高い自己にふと出会う日がある。澄み切った高級な自分自身に、恩寵のように気づく瞬間がある」  by ニーチェ
ソクラテス純情派<格言にrealityを>

 ユニクロ柳井社長10億円、久米宏2億円、イチロー1億円、ペヨンジュン10億ウォン。その他著名人から義援金の申し出が相次いでいる。

 そして昨年度長者番付で日本人1位(6,723億円)の孫正義氏。桁違いの100億円の寄付を表明した。稀代のパフォーマーか、それとも名前に恥じぬ大人物か。


  「義援金」って言えば「義援金」って言う

  こだまでしょうか?・・・

 元来猜疑心の強い私は、有名人やスポーツ選手による被災者援助TV広告等にはあまり共感できない。その多くは中途半端な自己満足であり、思いやりの押し売りではないのか。絶望の淵にある被災者を最後までケアする覚悟があるのだろうか。

  だがこのメッセージを目にして、少し気持ちが変わった。誰でも邪悪な心と共に、純粋な高い自己を内在しているかもしれないと


ソクラテス純情派<格言にrealityを>


 孫氏の人生は凄まじい。汚水に足がつかるような朝鮮人部落での幼少期。父のビジネスが成功し、ついにアメリカ留学。米大学での検定試験の際、州知事とまでかけあい、辞書持ち込みと試験時間延長を認めさせた。ガリバー企業NTTへ挑む、その「権力への意志」や「超人」的な生き方はニーチェに通じるものがある。

 今回いち早く被災地を訪れ、義援金だけでなく、引退するまでの全ての役員報酬の寄付も申し出た。素直にその覚悟を賞賛したい。

 

 先日福岡の美容室オーナー達がチャリティーを行い、「経営は決して楽ではないが、被災者の様子を見ると、そんな言い訳をしている場合じゃない」と真剣に話していた。TVでも一般市民が、何かできることをしたいと、自然に、誠実な表情で答える。少し前なら欧米ではともかく、日本で堂々と答える人は殆どいなかった。

 一過性のものか、それとも本来の姿に近づいているのか。 高い自己が長く続くことを祈るばかりだ。


ソクラテス純情派<格言にrealityを>
「義援金」って言えば「義援金」って言う

「一人じゃない」って言えば「一人じゃない」って言う

こだまでしょうか?

いいえ誰でも


 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ソクラテス純情派<格言にrealityを> プロフィール: 福島原子力発電所の冷却機能が停止。その復旧作業に約800人が従事していたが、度重なる爆発や火災のため、東京電力は750人に避難命令を出した。そして海外メディアが残る50人を’Fukushima50’と呼び、その勇気と責任感が世界中で賞賛されている。現在はいろいろなチームが加わっているが、彼らの情報は一切開示されていない。


Messageー「最高の勇者でさえ、自分が本当に知っている事に勇気を持つのは希なことだ」 by ニーチェ(1844~1900)
ソクラテス純情派<格言にrealityを>

 東京消防庁ハイパーレスキュー隊の記者会見は感動的なものだった。佐藤総隊長の妻は「日本の救世主になって下さい」とメールを送り、他の隊員の家族も気丈に励ましの言葉を送っていた。そしてその精鋭部隊が防御服へ着替えるのに、普段よりかなり時間がかかったことを指摘。「我々は一般隊員と違い、放射能の怖さを熟知している。それだけに恐怖心があったのだろう」と分析した。

 そして彼らと同様、放射能の恐怖を熟知したFukushima 50は、記者会見を開くこともなく毎日放射能を浴びながら、まだ原発と格闘している。
 


「真っ暗な原発施設内を、懐中電灯を頼りに作業員は移動する。時折耳にする爆発音。放射能から身を守るための白い防御服。そして重たい酸素ボンベを背負っている」ニューヨークタイムズ紙は臨場感を持ってその厳しい状況を伝えている。また他の米紙は「彼らは致死量の放射線を浴びる可能性があるし、彼らもその事はわかっているはずだ」と伝えている。

ソクラテス純情派<格言にrealityを> 原発事故に関しては海外メディアの情報量が圧倒的だ。フェイスブックに開設されたページには、Fukushima50に「心から尊敬しています」「世界中が感謝しています」などの書き込みが集まっている。


ソクラテス純情派<格言にrealityを>  この極限状況の中で、様々な日本人像が浮かんできた。自らの悲しみを抑えて他人を気遣う被災者。いち早くボランティアを志願する人。この時とばかりの義援金詐欺。運命を受け入れ、あるいは志願し、重い任務につく消防隊、警察、原発作業員。我が身可愛さに九州でも電池やカップ麺を買い占める人達。

 「善く生きる」とは何か。意識的に、そして無意識にこれほど多くの日本人がこの問いに向き合ったことはないだろう。


 もう一つエピソードを。原発業務に長年従事していた定年まであと半年の男性。今回の事故を知り、現地での作業を志願した。自分が本当によく知っている、およそ地球上で考えられる最も危険な業務だ。その父を「家では頼りなく見える父が、この上なく誇りに感じた」と娘さんが述べている。 

 昔読んだ漫画、’硬派銀治郎’で忘れられないセリフがある。「男ってのは普段は何色でも構わないんだ。いざって時に黄金色に輝きゃなあ」

 私もそうありたいと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ソクラテス純情派<格言にrealityを> プロフィール:平成23年3月11日午後2時46分。マグニチュード9.0の大地震が東北地方から北関東を襲った。今日で25日目となるが、現在死者1万2259人、行方不明者を合わせると約3万人という空前絶後の大災害である。多くの被災者が家族や家を失い、避難所生活を続けている。


Message-「重要なのは何を耐えたかではなく、いかに耐えたかということだ」  by セネカ(BC27~AD68)ソクラテス純情派<格言にrealityを>

 

昨年6月鳩山由紀夫に一言いいたくて、そして言葉の力を信じて始めたブログだが、今回の惨状に対してはこの1ヶ月近く、メッセージが全く思い浮かばなかった。子供や家を一瞬で失った親たち。彼らを励ます言葉などあるだろうか。彼らにとって復興とはどんな意味を持つのだろうか。

 

ソクラテス純情派<格言にrealityを>  ヴィトゲンシュタインに倣って「語り得ぬものについては沈黙せねばならぬ」と終わらせるのも一つだが、日々流れてくるニュースの中には心を熱くさせてくれるものがある。海外でも好意的に報道されている。

episode1・足を怪我し救急隊員に救出された女性が、面倒をかけたことをわび、他に早く助けるべき人がいないのか尋ねた。

episode2・中国人研修生20人を非難させ、逃げ遅れて行方不明になっている男性。

episode3・中国人女性の手記「約80人で救出を待っており、私が貧血になると赤ちゃん連れの主婦が粉ミルクをくれた。携帯は2つしかなかったが、中国人の私に最初に使わせてくれ、その後行列して順番に使っていた。私を支えたのはミルクではなく彼らの優しさだった」


ソクラテス純情派<格言にrealityを>


 当初から被災者達の秩序ある行動、他者への思いやりは驚きを持って海外で報道されていた。この無慈悲で困難な状況を、人間としての誇りを失わずに耐えている彼らには、本当に頭が下がる。特に中国では日本への応援メッセージが急増しているようだ。抗日ドラマにより日本人の残虐性をたたき込まれている彼らも、ほんの少しだけ日本人観を変えつつあるのかもしれない。

 古代ローマの政治家であり、哲学者でもあったセネカはこんな言葉も残している。

「運命は我々から財産を奪えても、勇気を奪うことはできない」

 
ソクラテス純情派<格言にrealityを>  
今日も自衛隊や米軍による遺体捜索が行われている。だが燃料不足により、遺体を火葬すらできない状態が続いている。家族はガレキの山から、せめて思い出の品を探しだそうと必死だ。子供の給食エプロンを見つけてすすり泣きする母親には、かける言葉もない。まだTV広告のように、勇気を出してがんばろう、という状況ではないだろう。

 いかに耐えるか。亡くなった家族の魂に寄り添いながら、いつの日か一歩踏み出して欲しい。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ソクラテス純情派<格言にrealityを> プロフィール:1987年生まれ。学習院大学時代に、選抜チームで2度箱根駅伝に出場。卒業後は埼玉県庁に入庁、春日部高校定時制主事として勤務する。市民ランナーとして各マラソン大会に出場。東京マラソン2011で日本人トップの3位に入り、実業団選手をおさえ世界陸上日本代表に内定した。




Message-「初めて自分で自分をほめたい」 by 有森裕子(1966~)
ソクラテス純情派<格言にrealityを>

 1992年、バルセロナ五輪女子マラソンの代表選考は国民的関心を集めた。最後の枠を有森と松野明美が争い、直前に松野が開いた「私を選んでください」会見もまだ記憶に残っている。

 結局記録で劣っていた有森が選ばれたが、雑音をはねのけ、見事に銀メダルを獲得した。さらにアトランタ五輪でも銅メダルに輝く。その時の発言が、流行語にもなったこのメッセージだ。


 先日二人の再会シーンがTVで放映され、有森は涙ながらに代表に選ばれた時の苦悩とプレッシャーを吐露していた。そして「このメダルは本当は子供に見せたかった」と寂しそうにつぶやいた。現在はボランティア活動や陸連の理事など精力的に活動している。


ソクラテス純情派<格言にrealityを>  一方五輪落選でショック状態になった松野。引退後はそのおしゃべりを武器にタレントとして活躍した。だが次男がダウン症と診断され、元気なアスリートだった彼女はその事実に苦しんだようだ。仲間の母親達から助けられ、明るさを取り戻し、今は熊本市会議員として活躍している。

 すべてを手に入れるのは至難の技だ。対照的な人生だが、自分の生き方を貫いている2人は、心から褒められていいのではないか。


 定時制では、教職員も事務員も生徒と一緒に給食を食べる。私も3年間、アルコールなしの夕食を経験した。一方実業団選手は栄養士やトレーナーのサポートが万全のはずだ。冷静に考えると勝てるはずがない。

「今できることを、今あるものを使って、今いる場所から始めなさい」

 環境への不平・不満に対する、戒めの言葉だ。川内氏はこのルーズベルトの言葉を見事に実践している。

 定時制には世間に対して少し卑屈になっている生徒も多い。ぜひ彼らにひたむきで懸命な姿を見せて、一歩前に出る勇気を与えてほしい。


 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ソクラテス純情派<格言にrealityを> プロフィール:富山県出身、19歳。富山北部高校時代はサッカー部の主将を務めた。ボランチとして活躍、3年次には県リーグ2部から1部へ昇格した。富山外国語専門学校からニュージーランドで語学研修中、地震で被災。救出時に利き足である右足を切断。



Message-「”辛い”という字がある。もう少しで”幸せ”になれそうな字である」 by 星野富弘(1945年~)ソクラテス純情派<格言にrealityを>


 クライストチャーチは美しい町だ。4階のカフェテリアで食べるサンドウイッチも格別だったに違いない。そしてその時、M6.3の地震が襲った。床ごと崩れ落ち、がれきに埋まる。仲間と励ましあったが、右足の感覚が麻痺してきた。「足をきるぞ」と言われた時、もう選択の余地はなかっただろう。「生きているだけでいい」奥田君はベッドの上で気丈な笑顔を見せた。


 星野富弘さんは大学卒業後、1970年中学校に体育教師として赴任した。2ヶ月後、宙返りの模範演技で失敗し、頚髄損傷の重症を負い、下半身麻痺となってしまう。9年間にわたる母親や看護士の献身的な看護、そしてキリスト教への入信。彼は口に筆を加え、水彩画やペン画を書き始め、自作の詩を添えるようになる。

 元スポーツマンが自らの過酷な運命を受け入れ、詩画作家として見事に蘇った。

ソクラテス純情派<格言にrealityを>

 6年前のJR福知山線脱線事故でも悲劇が起きた。大学生の林浩輝さんが両足を切断、車椅子生活を強いられる。仲間に迷惑をかけながらの復学は、精神的に辛かった。ある日「俺といて楽しいか」と尋ねると、「当たり前だろう、同情でつきあっているわけじゃない」と友人は答えてくれた。

 一人だけで絶望や辛さから抜け出すのは難しい。深い愛情や友情に支えられて、幸せに一歩近づけるのかもしれない。絶望をくぐってきた星野富弘の「いのち」という詩がある。

「命が一番大切だと思っていたころ 生きるのが苦しかった

 命よりも大切なものがあると知った日 生きているのがうれしかった」

ソクラテス純情派<格言にrealityを>

 健人君の母親には、仲間たちから激励の電話やメールが相次いでいる。TVでも彼の人望を感じさせるコメントが多い。だが極限状況から平穏な日常生活に戻ったとき、新たな深い精神的葛藤を味わうだろう。その時こそ今以上の周囲の支えが必要になる。

 地震でなくなった方々のご冥福を祈ると共に、健人君にはいつか命よりも大切なものを見つけて欲しい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ソクラテス純情派<格言にrealityを>

プロフィール1963年、埼玉県生まれ。九州大学大学院修了後、日本航空に入社。1996年、スペースシャトル・エンデバー号に日本人初のミッションスペシャリストとして参加、ロボットアームを駆使し、空中浮遊物を回収。2013年末から約半年、ISS(宇宙国際ステーション)にて、船長としての任務が決まった。



Message-「昨日の夢は今日の希望であり、明日の現実である」  by ロバート・ゴダード(1882~1945)ソクラテス純情派<格言にrealityを>


 1986年、スペースシャトル「チャレンジャー」の空中爆発。その映像は全世界に衝撃を与えた。高校教師を含む7人の宇宙飛行士は、宇宙への夢半ばで大空に散った。だが人類の宇宙への想いは止むことがない。

ソクラテス純情派<格言にrealityを>  若田光一氏はISSの日本人初の船長として、新しいミッションに取り組むことが決まった。大学在学中に鳥人間コンテストに出場するなど、その志は揺らぐことがなかった。


 ゴダードはアメリカのロケット工学者だった。高校在学時よりロケット技術に取りつかれ、個人レベルで先進的な研究、開発を行う。だが当時はまったく評価されず、ニューヨークタイムズ紙も彼の実績を酷評した。1969年になってやっと同紙はその社説を撤回し、謝罪。彼の研究成果が広く知られるようになる。

 彼の高校時代の夢は人類の希望となり、勇気ある飛行士達によって現実となった。

 ゴダードが宇宙に興味を持ったきっかけは、H.Gウェルズ著「宇宙大戦争」である。火星人が地球を武力で侵略するその物語はあまりにリアルで、ラジオドラマは当時アメリカ全土でパニックを引き起こした。映画も繰り返し製作されている。


 さて地球外生命体は存在するのだろうか。宇宙の始まりと終わりは?

 車椅子の物理学者ホーキング博士は「おそらく人類は孤独ではない」と語り、アインシュタインはもっとシニカルにこう述べている。

「無限なものは二つある。宇宙と人間の愚かさである。前者については断言できないが」

             
ソクラテス純情派<格言にrealityを>  

 宇宙を語ると、人類を超えて神を考えることになる。答えの出ない問題に想いをはせるのも悪くない。不毛な国会、八百長相撲、時には現実逃避が必要だ。人類はアインシュタインの言葉を超えられるのだろうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ソクラテス純情派<格言にrealityを> プロフィール:1986年、愛媛県生まれ。小1でサッカーを始める。名門東福岡高校に進学するが、全国的には無名だった。明治大学時代に頭角を表し、ユニバーシアード代表にも選出された。在学中にFC東京と契約。昨年のワールカップでエトゥ(カメルーン)を抑え、注目を集めた。今年1月チェゼーナへ完全移籍、そして先日インテルへのレンタルが決定した。



Message-「ペレを目指すより、最高の自分を目指せ」  by ペレ (1940~)
ソクラテス純情派<格言にrealityを>

 セリアAでの中田英寿のデビューは鮮烈だった。ユベントス相手に前半3点リードされたペルージャ。だがペナルティエリア右サイド、角度のない所からまさかのゴール。2点目はキーパーのこぼれ玉を蹴りこんだ。熱狂するホームの観衆。熱くなった。MLB野茂のジャイアンツ戦初登板と並んで心に残る試合だ。

  ソクラテス純情派<格言にrealityを>                                                          だがイタリアは甘くない。中田はASローマへ移籍後、トッティとのポジション争いに」敗れ、レッジーナで活躍した中村俊輔の移籍先は、残念ながらスコットランドリーグたった。

 名実ともに世界のトップクラブ、インテルで、長友はどこまでやれるのか。


 生涯1281ゴール。171cmと小柄だが、その抜群の身体能力は、パーフェクトバランスと呼ばれた。ペレは今でもサッカーの神様として、世界中から賞賛と尊敬を集めている。あの悪童マラドーナでさえ、「もし天国にもサッカーがあってプレーできたら嬉しいね。でもペレにはいてほしくないね」と彼の偉大さを認めている。

 その神様ペレだから言える、このメッセージだ。


 長友は愛媛県出身。中学時代はゲーセンで遊び歩く日々だったが、恩師との出会いが彼を変えた。競輪選手だった母方の祖父。ラガーマンだった父方の祖父。その血筋をしっかり引き継ぎ、磨きをかけ、ドーピングに勝る筋肉とスタミナを手に入れた。ソクラテス純情派<格言にrealityを>                                                                         瞬時のオーバーラップ、ドリブル、クロス。活躍の鍵は仲間からの信頼だ。彼にパスが出るのか、クロスを信じて合わせられるのか。

 ストイックな中田も悪くないが、長友の全力プレーもさわやかだ。W杯で真剣勝負したエトゥとの凹凸コンビは、ちょっとユーモラスで和ませる。

                               

 さて「最高の自分」とは何だろう。手垢のついた言葉で言えば、自己実現、ナンバー1でなくオンリー1を目指せということか。positiveな意味での分相応とも言える。 だが人間の欲は落ち着きがなく、乗せられやすい。東国原は東京都知事の器ではないし、沢尻エリカはバリス・ヒルトンにはなれない。そして戦場カメラマンはいずれ戦場へ戻っていくべきだろう。

 自称元不良少年長友。ゲーセンのよどんだ熱気から飛び出し、最高の舞台でオンリー1の左サイドバックを目指す。

 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ソクラテス純情派<格言にrealityを> プロフィール:1945年生まれ。共立薬科大学入学、在学中に共産主義者同盟の学生組織に参加。卒業後病院に勤務しながら、様々な労働運動に関わる。1971年に連合赤軍を結成し、後に副委員長となる。大量リンチ・殺人事件 により死刑が確定。今年2月5日、獄中で病死した。


 


Message-「繰り返される虚構こそが、受け容れられる真実となる」  by ウラジーミル・レーニン(1870~1924)
ソクラテス純情派<格言にrealityを>

 「総括」と称し、仲間を次々と死に追いやった大量リンチ・殺人事件。浅間山荘事件 のTV中継もまだ記憶に鮮明だ。日本中を震撼させた連合赤軍。

 だがその幹部、永田と往復書簡を行った瀬戸内寂聴 さんはこう書いている。「ごく普通の女の子で、頭のいい、素直な、正義感の強い、馬鹿正直な人」 東京地裁判決での「執拗さ、底意地の悪さ、冷酷な加虐趣味」とのギャップは一体何だろうか。オウム真理教の犯罪者達も高学歴で元来まじめな人が多かった。


ソクラテス純情派<格言にrealityを>

 ご存知レーニンは1917年、世界で初めて社会主義革命を成功させた。父の影響により、貴族の地位だったにも関わらず、奴隷や貧困問題に目を向け、階級制度への批判を強めた。そして大学時代マルクスの著作に触れたことが、彼の人生を決定づける。シベリア流刑、スイス亡命なども経験するが、彼の理想が輝きを失うことはなかった。

 だが続きがある。革命政権も一枚岩ではない。レーニンは暗殺未遂で負傷した後、犯人だけではなく、500人以上の反対派を処刑した。またロシア正教会などを反革命の温床とみなし、多くの主教達を処刑した。彼を継いだスターリン もこんな言葉を残している。

一人の人間の死は悲劇だが、数百万の人間の死は統計上の数字にすぎない

 レーニンも赤軍もオウム真理教も、彼らの唱える「正義」のためには、犠牲は許容されるということだろう。ソクラテスの説く「正義」の在り方とは、相容れない。アリストテレスのいう「中庸」の徳とも、もちろん無縁だ。


ソクラテス純情派<格言にrealityを>  いつの時代も「虚構」が姿形を変えて、繰り返し人々を襲ってくる。真実か否か、日々吟味しなければならない。民主主義とは面倒くさいものだ。過剰な自負心、使命感だけでは善く生きることはできない。

 1968年1月、佐世保でエンタープライズ入港阻止闘争 があった。小学校の外出禁止のお達しを無視して、父のバイクで小高い丘に登り、機動隊とデモ隊の激しい衝突を目の当たりにした。遠い記憶だが、7歳の僕にも熱狂は伝わってきた。だが現実というより、何か遠い国の物語、王妃奪還のクライマックスにしか思えなかった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ソクラテス純情派<格言にrealityを> プロフィール:1928年生まれ。士官学校卒業後、ソ連に留学。1973年の第4次中東戦争では、戦局を有利に導き、国民的英雄となる。1975年サダトの副大統領に任命され、1981年サダト暗殺事件の後、大統領に就任。約30年政権を維持してきた。親ソ派であったが、冷戦崩壊後、親米派に転じる。



Messageー「独裁は常に単なるアリアであって、決してオペラではない」 by オットー・ルードヴィヒ(1813~1865)


 独裁と聞いてまず頭に浮かぶのは、北朝鮮、ミャンマー、スーダン、ジンバブエ、イエメンあたりだ。長期にわたり、政権関係者や一族が富や権益を独占している。国民を犠牲にし、聴衆のいない中、得意げにアリア を歌い続けてきた。

 チュニジアで起こったジャスミン革命 。その余波がアラブ・アフリカ諸国を激しく襲っている。エジプトでも連日大規模なデモが発生し、長すぎたムバラク大統領の独裁劇も幕を降ろそうとしている。


ソクラテス純情派<格言にrealityを>


ソクラテス純情派<格言にrealityを>  オットーは1813年、歌劇王ワーグナー と同じ年に、ドイツに生まれた。写実主義の作家だった彼は陰鬱な作品をいくつか残している。ワーグナーは人格的にやや問題があったと言われるが、様々な革新的手法を取り入れ、ドイツオペラに確たる地位を与えた。ただその反ユダヤ的な思想はヒトラーに影響を与えたとも言われている。

 

 アリアは独唱者にとって一番の聞かせどころだ。叙情的、旋律的メロディで聴衆を魅了する。だがあくまでオペラの一部にすぎない。独裁国家では、序曲、重唱、そして合唱の担い手となるべき国民は、置き去りにされたままだ。これでは美しい楽劇を完成させることは永遠にできない。


 生まれつきの独裁者はそう多くない。理想に燃えて政権を取ったものもいる。だが「権力は腐敗する」という至言を超えられるものは皆無に近い。ムバラクも中東戦争では命を賭して戦い、国民的英雄となった。だがアメリカから多額の援助を受け、自己の蓄財に励み、国民の窮状からは目をそむけるようになった。

 アラブ世界で唯一イスラエルと平和条約を結んでいるエジプトだ。政変後、イスラム原理主義者がアリアを歌いだせば、米外交は中東に釘付けになるだろう。尖閣諸島や北方領土の問題は、アメリカの核心的利益ではない。


ソクラテス純情派<格言にrealityを>


 この高度情報化社会、民主化の流れは止められないし、止めるべきでもない。本質的な課題は、各国の市民が民主主義という政体をどう定義するのか、ということだろう。本当はその完成形などは存在せず、永遠に発展段階にあるのかもしれない。

 一昨年の政権交代で我々国民も高揚し、オペラを上演する幻想にひたった。ところがアリアを歌うべくステージに上がった民主党は、音符さえ読めない素人だった。


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。