21年目のおじさん達

テーマ:
今を遡ること21年前、

とある会社の社歌をレコーディングするために仲間を集め、

帰りの喫茶店で「なんか面白いことやりたいよな~」とか「昔からアカペラコーラスやりたいって思ってたんですよ」とか言って、

「じゃあやるか!!!!!!!」

と結成したのがアカペラコーラスグループV.A.Freedom。

10年目あたりまではアカペラブームも相まって全国各地飛び回り、ファーストアルバムは1年ちょっとの間にライブの手売りだけで3000枚以上販売。

その後はそれぞれのスタンスの違いもあって開店休業状態になったりもしたけど、なんだかんだ続いて。

そして去年結成20周年を迎え…たのに何もせず!!

気分新たに21年目!!久しぶりにライブやりますd( ̄  ̄)

歌は楽しくトークは全力!!

是非お越しくださいませm(_ _)m

V.A.Freedom
「LIVE2016~Reborn~」

2016年4月6日(水曜日)
19時開演

仙川フィックスホール
東京都調布市仙川町1-25-2
京王線仙川駅徒歩5分

3000円(全席自由)

お問い合わせ
株式会社サウンドフィックス
042-370-1844

または直接私へ(笑)
{C4649E58-9794-4BC6-80A6-E0AD6DE7B892:01}

{F32EDB41-AF7E-4F97-A8D3-E17FB7EFC569:01}


AD

おかわりするよ

テーマ:
あと一週間…

限定30席と言いつつ、よく見たらチラシに40席と(^^;;

まだ間に合います!

そして、

「クラシックが聴きたい」という声が聞こえてきましたので、

夜の部を追加します!

午後は弾き語り(と言いつつバンド付き)と手料理、夜は真面目に(ほぼ不可能)クラシックとお酒を。

出血大サービスし過ぎて「もう少し考えてやってください」と打ち合わせの度に仲間に言われる今回のライブ。ファン感謝祭の看板に偽りなし!!

席に限りがありますのでお店か私にご予約いただけると安心。あなたも私も(笑)

よろしくお願いしますm(_ _)m

オペラ歌手なのにギター弾き語り、
オペラ歌手なのに歌よりトークが長く、
オペラ歌手なのに料理でおもてなし!?
「いつものアナタ」に送るファン感謝祭

太田代将孝ライブ
「我歓譚歌~わかんたんか~」

2016年2月21日(日)
14:00~ フード&ドリンクタイム
15:00~ ポップスステージスタート

19:00~ クラシックステージスタート

Diningわかんたんか
盛岡市南大通1-9-2 メゾンデプレ2F

昼 ¥3.000(軽食・デザート・ドリンク付)

夜 ¥3.000(ワンドリンク付)

昼夜通しチケット ¥5.000
{ABAF2F54-1A2F-4071-84E5-2E6696732588:01}

AD

俺の料理が食いたいか!?

テーマ:
2/21にランチコンサートっぽいことをやります。 

演奏も料理も…俺がやるd( ̄  ̄)

歌はCMでも聴けるかもしれませんが、手料理を食うチャンスは二度とない!!

限定30席予約制です。是非お越しくださいd( ̄  ̄)




歌って喋って調理する!?

太田代将孝ライブ
「我歓譚歌~わかんたんか~」 

2016年2月21日(日)
14:00~ フード&ドリンクタイム
15:00~ ライブスタート

Diningわかんたんか
盛岡市南大通1-9-2 メゾンデプレ2F 
019-681-3727 

¥3.000(軽食・デザート・ドリンク付)
限定30席予約制

オペラ歌手なのにギターで弾き語り、オペラ歌手なのに歌よりトークが長く、オペラ歌手なのに料理でおもてなし!?「いつものアナタ」に送るファン感謝祭!! 

御予約はわかんたんか(019-681-3727)、または本人へm(_ _)m

{760241FF-1395-4D93-B902-2B3CC4800867:01}

{F9261BAB-8541-45D8-BE1B-95C03A7260FF:01}


AD

表現するということ

テーマ:
あっという間に1月も終わりそうですが…

あけましておめでとうございます!

って今頃(笑)何かのタイミングでブログを書こうと思いつつ今日まで引っ張ってしまいました(^^;;

昨日今日と文化庁公演。只今羽田空港に到着したところです。

今日は高松市内の養護学校でオペラ公演。一緒にステージに立った生徒さんも客席で観てくれた生徒さんも、なんであんなに素直に反応してくれるのかと思う楽しい公演でした。

親御さんや先生方、もちろん生徒さん達本人には様々な御苦労があることは重々承知。その上で言わせていただきます…

「感情のまま表現する」って何と素晴らしいことか!!!!!!!

舞台上でも歌や芝居はもちろん、拍手や歓声、廊下での挨拶、全てが全力。ガツンと心に響いてくる。そしてアクセル全開に見えて実はしっかり状況を把握して絶妙にブレーキかけてるんだよな~

養護学校や支援学校でのコンサートはいつも楽しくなりますが、今日は言葉では書き表せない感動をたくさんもらい、「表現するとは何か」「演ずるとは何か」という我々にとっての永遠のテーマに対するひとつの答えをみせていただいた気分。

やりたいからやる
楽しいからやる
やるからには全力でやる

言うのは簡単だけどやるとなったら難しいこと。彼等が本気で音楽に向き合ったらどんなことになるのか見てみたい。たぶんその姿が私の目指す表現者の姿なんだと思う。

本当に勉強になりましたm(_ _)m

みんなありがとう!!

写真は淡路島通過中の1枚と高松の激うまカレー屋さんタンタン!
{E832C885-F6FB-4F20-9B49-6E8BDD6F2008:01}

{695B8819-1B78-46DD-89A6-A0BF344A4344:01}

安心してください!?

テーマ:
1ヶ月以上放置してましたね(^^;;

すみませんm(_ _)m

相変わらずの放浪流浪の日々。しっかりと生きております(笑)

イーハトーヴシンガーズのレッスン、個人のレッスン、三枝成彰「レクイエム」、レミゼ、イーハトーヴ交響曲…本番の数は少ない方ですが、それぞれが責任重大なもんで結構ハードでしたが充実した日々。

そんなわけで諸々振り返り!!

・イーハトーヴシンガーズ
来年のコンサートに向けて動き始めています。東京は2016年4月17日に四谷区民センター大ホールで公演決定!来年のメインステージは…オペレッタ「こうもり」です!

岩手は6月末かな~?何故日にちが空くかと言うと、大変だけどいつかはイーハトーヴシンガーズでやりたいと思っていた作品の出演オファーがあるかもしれないんですよ(^^;; 

さてどうなるやら?!

・レミゼ
去年に引き続きバルジャンを。上は高いは下は低いはで大変な役。クラシック的なアプローチだけでは一味足りず、シャウトするだけではドラマが生まれない。「歌手と名乗れるのか?」と問われるような役。

まさにWho am I !!

仲間にも恵まれ稽古も本番も楽しい時間。それぞれ活動する場所が離れてますが、次の機会にはもっと時間をかけて音楽を練り上げたいな。そしてツアーしたいよね!!
{AAE90DC3-0F2C-48D2-B455-B0BD42F32C33:01}


・三枝レクイエム
ここ10年近くお手伝いしつつ大変お世話になっている六本木男声合唱団倶楽部のコンサート。会場の東京カテドラルは響きも素晴らしく歌い手にとってはありがたい場所。

三枝レクイエムは難易度高めですが、ハーモニーが決まった時の美しさったら涙ちょちょぎれますよ!!

指揮は大友直人先生、コンマスは高木和弘さん、イーハトーヴ交響曲花巻公演の時と一緒。北京行った話や数日後の公演の話をしたら非常に喜んでくれました。d( ̄  ̄)
{0E89C0AE-8FC9-4B42-965D-0B0087C92B91:01}

{C418C71E-D7B1-4B42-8699-6848C80B3520:01}


・イーハトーヴ交響曲
いわて教育の日10周年イベントとして行われた冨田勲作曲「イーハトーヴ交響曲」。合唱団のメインは高校生ということで今までにない爽やかなサウンド。そこにイーハトーヴシンガーズとコールMが大人の渋みを加えて冨田先生曰くの「史上最高!」をいただきました。

北京公演の後も言われた気もするな?(笑)更に進化したと受け取ります( ̄▽ ̄)

練習日程がなかなか合わなかったり、オケとのバランスに苦労したり大変な事も多かったのですが、終演後冨田先生がわざわざ楽屋までいらして「ハーモニーはもちろん素晴らしいんだけど、皆さんの合唱は心に直接届くんです。ありがとう…」と涙を浮かべながらお話いただきました。

我々の音楽は確かに冨田先生に伝わっている。それだけで充分で…はないですね。次に向けてのハードルが更に高くなりましたよこりゃ!!まだまだこの作品に向き合っていきたい。心からそう思います。

出演者の皆さん、スタッフの皆さん、オケの皆さん、各校の顧問の先生方、児童合唱の先生方、そして合唱団の仲間達、お疲れ様でした!ありがとうございました!
{52B176AF-3970-4B9E-BB9E-58F4896B1D4A:01}

{4AD2B7FE-F295-44F0-8346-7A043A4641BF:01}



・個人レッスン
いままでお試しな感じでレッスンしてた若者2人。目標に向かって本気でやりたいというのでこちらも本気で付き合ってやることに。

個人であれ合唱であれ、どうせやるなら「この先生で良かった」と思ってほしい。だから出し惜しみするつもりは全くないしどうやったらもっと良くなるのか常に考えてますね。昔から変わりません。

長く続く人、いきなり辞める人、来たくても来れない人。いろいろありますが結局は「縁」なのかなと思ったり。

若者2人との「縁」はどんなもんかな?(笑)頑張って欲しいです。

イーハトーヴ交響曲も最初に関わった時は完全にアウェーな感じだったのが、今では「合唱は岩手の人で!」と言ってもらえるように。出演者やスタッフの皆さんにも仲良くしていただいて(特にミクチーム!)、これも有難い「縁」だなと感じております。

イーハトーヴシンガーズもどこまで「縁」が広がるか…花巻でも仙台でも一緒にやりたいという声が聞こえて来ました。来年には動き出すといいな~

「今以上レッスン会場が増えたらスケジュールは大丈夫なんですか?」と心配されますが…

安心してください!

空いてますよ(笑)