正晶工務店 愛知県西尾市の新築注文住宅

「いちばんに住む人のこと」を考え、西尾市を中心に家造りをしています。新築やリフォームなど、どんな小さなことでも、住まいのことならお任せ下さい。設計から施工まで、誠意と卓越した技術で対応致します。


テーマ:

子ども部屋に出入り口が2つある理由は?

 

写真は愛知県西尾市の正晶工務店が施工した家の子ども部屋です。

 

お住まいのご家族には、お子様が2人。

2人ともまだ小さいため、大きな1つの子ども部屋を一緒に使っています。

 

お子様が成長し、1人ひとりの部屋が必要になったときには、真ん中に壁を造作し、2部屋に分けることを計画しています。

そのため、部屋の出入り口はあらかじめ2つ設置してあります。

 

天窓(トップライト)から差し込む光のおかげで、明るい室内

夏場の日差しを考慮して、天窓は北側に付いています。

この天窓には、暑い季節に室内の熱気を逃がす役割もあります。

 

この部屋の主照明は、壁のレールに設置されたライトです。

室内を必要以上に明るく照らすことなく、落ち着いて過ごせる空間となっています。

机に向かって勉強等をするときには、スタンドライトを使えば、充分な照度を確保できます。

もし必要ならば、壁のレールに取り付けるライトの数を増やすこともできます。

 

愛知県西尾市の正晶工務店の施工事例をご覧になり、「マネしたい!」と思われた方。

また、「こういうアイディアがあるんだけど、実現できる?」と聞いてみたい方。

ぜひ、正晶工務店の「貸し切り相談会」をご利用ください。

 

☆正晶工務店の「貸し切り相談会」 ご予約フォーム

http://masasyo.com/info.html

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

正晶工務店 愛知県西尾市の新築注文住宅さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります